ゲームボーイ アドバンス ips 液晶。 やってよかったGBAのIPS液晶交換! ついでにシェルも変えちゃいました

【改造】GBAにバックライト液晶を搭載する方法【配線あり】│uk.mylively.com

ゲームボーイ アドバンス ips 液晶

ここ最近よく目にしたのが、『ゲームボーイアドバンス』の液晶を、バックライト付きで視野角の広いIPS液晶に交換するというものでした。 すでに各所でいろいろと紹介されているので今更感もありますが・・・・・・まぁ詳しくはを見よう! じゃなくて、私個人が感じた部分についてあれこれご紹介していきたいと思います。 ちなみに今回は日本のお店ではなく、定番となっているで注文しています。 こちらは改造済のシェルがセットになっているものですが、なぜそれを選んだかというと、そもそも中古で購入した 『ゲームボーイアドバンス』 の裏蓋が弱くなっており、上手く閉まらないというのも理由のひとつです。 ついでにこれも交換することに。 交換用のシェルとパーツ、それに色違いで緑色のパーツと、IPS液晶の交換セットが入ったケース(右下)です。 PS液晶セットのケースの中味。 結局使わなかった、謎の棒(左下)などが入っていました。 値段は約5000円で2週間ほどで日本に到着 さて、今回購入したのはシェルとIPS液晶交換のセットとですが、ふたつ合わせてお値段は5538円ほどでした。 1月12日に注文し、1月27日に自宅に到着しているので、だいたい2週間ぐらいみておけばOKではないでしょうか。 交換シェルのセットではなく、IPS液晶の交換だけならちゃんでも売られていることがあるので、こまめに在庫をチェックしておくのもいいかもしれません。 早速交換しちゃおう! ってわけで、早速交換しよう・・・・・・と思ったものの、イマイチ手順やポイントがわからず。 そこで参考にさせてもらったのが、hijiQuish channelさんの動画です。 専用のネジ回しみたいなのが付いてきたな~と思っていたのですが、なぜだか先端部分が見当たらず。 すこし悩んだものの、後ろ側を外すと『ゲームボーイアドバンス』を外すときに必要な2種類のネジが出てきました。 ということで、そちらのドライバー等を使い赤丸で囲った裏蓋のネジを外していきます。 このうち電池蓋の近くの黒いネジだけは普通のプラスドライバーで外せますが、それ以外は特殊なY型ドライバーが必要です。 裏蓋が外せたら、今度は基板が取り付けられている3つのネジを外していきましょう。 こちらも通常のプラスドライバーでOK。 こうした作業ではネジの種類がいろいろあり、どれがどれかわからなくなりがちです。 また、小さいためなくしてしまうこともあります。 そこでおすすめなのが、100均やスーパーなどで売られている、ちょっとした小物入れです。 こうしたものを用意しておくことで、作業も捗ります。 このあとで必要になってくる部分ですが、『ゲームボーイアドバンス』には初期型と後期型の2種類があり、基板とディスプレイを接続するケーブルが前期が40ピン、後期が32ピンになっています。 サイズがそもそも異なりますが、ケーブル近くの数字を見ることでも確認することができます。 つまり前期型ということですね。 ケーブル部分は抜けないような仕組みになっており、指やピンセットなどでずらしてからケーブルを抜いていくことになります。 通常はここからシェルの加工が必要ですが、今回は加工済シェルを購入しているため、古いほうはお役御免となります。 ハンダ付け以外は難しいところはなし!? ちなみに、シェルの方には液晶部分に張る保護プレートのほか、裏蓋に張るシールなどもセットで付いてきました。 この保護プレートはやや傷があったので、IPS液晶に付いてきた方を使用しています。 質感的にも、シェル付属のモノよりそちらのほうが良かった印象です。 今回は、この写真のように右上に合わせましたが、結果的にはこれで問題ありませんでした。 ここまで作業を終えたら、あと一息。 ハンダ付けは輝度を10段階で変えるようにできるというだけなので、必ずしも行う必要はありません。 しかし、今回はせっかくなので、挑戦してみました。 ちなみに、40ピンの場合はそのままで問題ありませんが、32ピンのときは、今テープが貼ってあるところを折り曲げて基板に接続する必要があります。 はめ込み画像か! と思うレベルの変わりよう ということで、交換前と比較してみたところ、まるではめ込み画像のように映像がくっきりと。 視野角も大幅に向上しており、どの角度からも見えやすくなりました。 これは、想像以上に感動ですね。 たった5000円でできちゃうなんて、やらないほうが損といえます。 一番面倒な部分はシェルを削るところですが、あらかじめかこうされているものを購入すれば、そうした無駄な工数も大きく省くことができ、色も変更できるので気分転換にもなります。 これに味をしめて、他の機種も改造してみたくなってきました(笑)。 2020年1月30日追記:参考にした動画の方と同様に、電源ランプのパーツをつけ忘れていることに気が付き、再び中を開けて取り作業をしなおすというポカをやってしまいました。 皆さんも気を付けましょう!.

次の

【GBA】初代ゲームボーイアドバンスをIPS液晶に換装!【製作編】

ゲームボーイ アドバンス ips 液晶

GBA SPはバックライト液晶化で格段に見やすくなる GBA SP液晶バックライト化完了。 これであと3年は戦えるぞ。 Before:改造前(フロントライト)は見づらい 改造前のGBA SPはフロントライトです。 発売当時は「暗いところでもプレイできる!」と喜んだものですが、いま見ると 明るいところじゃないと見にくい、、、 After:改造後(バックライト)は非常に見やすい バックライト化により、メチャクチャ見やすくなりました。 画面自体が光っているから暗い場所でもはっきりくっきり見えます。 スマホに慣れたいま、ゲームボーイとかゲームボーイアドバンスをプレイすると画面が見にくくて結構しんどいんですよね。 バックライト化、おすすめです。 GBA SPをバックライト液晶化する方法 参考サイト 改造の内容はこちらのサイトを参考にしました。 改造は初心者には難しい バックライト化する方法は、 液晶自体の交換です。 分解し、オリジナルの液晶を外し、バックライト液晶を接続すればOK。 ですが 基板の配線パターンを切断(パターンカット)したり、配線を はんだ付けする必要があります。 改造手順は以下のとおり。

次の

【GBA】初代ゲームボーイアドバンスをIPS液晶に換装!【製作編】

ゲームボーイ アドバンス ips 液晶

2001年に任天堂から発売された携帯型ゲーム機、GBA(ゲームボーイアドバンス)は今の20代、30代の方ならよくお世話になった方も多いはず。 今回ご紹介する動画は改造したGBAをメルカリで購入し、レビューをする動画。 改造されたGBAは、ディスプレイをIPS液晶パネルにすることで画面がかなり綺麗になったり、明るさ調整ができるようになったりと、当時の純正GBAではできなかったことができるようになっています。 ただし、この改造GBAにもメリットとデメリットがある模様。 まずはこちらの動画をチェック! 解像度4倍、IPS液晶の実力 この改造されたGBAは通常のGBAよりも解像度が4倍。 つまり、通常のGBAよりもドット絵がきめ細かく表現されているわけだ。 さらにIPS液晶になったことで、画面は綺麗になり明るさも調整できるようになった。 また、どの角度からでも見えるようになったのは嬉しい。 当時GBAで遊んでいた頃は外では液晶画面が反射してしまい、とても見づらかったことを思い出すが、この辺はGBA改ではかなり解決されていそうだ。 動画を投稿したけんいちさんは、メルカリで購入したそうだが、不良品を引いてしまったことや、IPS液晶のデメリットなどを説明している。

次の