バファリン 解熱。 バファリン プレミアム|解熱鎮痛薬

市販薬のバファリンは安易に使ってはいけない!バファリンの効果と問題点とは?

バファリン 解熱

昔から親しまれる解熱鎮痛剤 この日本において、知らない者はいないと言っても過言ではない 解熱鎮痛剤として、常備薬の地位を確立しているバファリンは 服用されたことがない人の方が少ないのではないでしょうか? それだけ、日本人に浸透しているバファリンという薬ですが この薬はもともと1950年代にアメリカで開発、販売が始められ 日本では1963年、ライオンから販売が開始された経緯があります。 主成分をアスピリンとし、その他胃に負担を掛けない成分を配合 そしてそれらは比較的安価で、価格設定にも反映しているため 企業から庶民まで、幅広く使われるロングセラーとなりました。 ただ上記の多くの商品は、その名称からある程度推測出来ますが そうでないもの…つまり、通常のバファリンと一体何が違うのか 今ひとつ分からないものもあるのではないでしょうか? 特にバファリンプレミアムなんて、具体的に何がプレミアムなのか 通常のバファリンとどこが、どのように違うのかという疑問など いろいろと思うところがあるのではないでしょうか? 以降では無印のバファリンとプレミアムにスポットライトを浴びせ その違いを解説していきますので、商品選びの参考にして下さい。 バファリンプレミアムと他のシリーズの値段の違い まずは、無印とプレミアムの値段の違いからについてですが、 大体ではあるものの… バファリンA:1錠あたり32. 5円 バファリンプレミアム:1錠あたり49円 上記は20錠での販売価格を除算したもの このような価格の違いがあります。 その他のバファリンも参考として… バファリンライト:1錠あたり32. 5円 バファリンEX:1錠あたり59. 8円 10錠販売のみ バファリンルナi:1錠あたり32. 5円 バファリンEXは、10錠販売ですので単価が高めになりますが やはりプレミアムは、プレミアムと言うだけはあるのか 価格の高さが明確だと言えます…が、どうしてなのでしょうか? それは、副作用の緩和と効果の迅速性の向上が理由となります。 内訳についてですが、まずバファリンというは一般的な認識で 「強い薬」という印象が少なからずあるのではないでしょうか? 「症状を抑えたいけど、薬がキツいからやめておこう」なんて 副作用を考慮して服用しない方も、決して少なくないでしょう。 効果に関しても、無印でもその効果は十分に迅速であるものの それ以上に早い効果を求める意見もあるのではないでしょうか? それらを解決したのがバファリンプレミアムなのです。 成分を効率良く、そして副作用に対して身体の保護をすべく 新たな成分を配合することで、要望を実現した訳なのです。 つまりは、無印の上位互換と言っても差し支えはないでしょう。 もっとも、より良いものを作るのためにノーリスクとは行かず その分価格が向上してしまった…それが値段の違いの理由です。 よって、もし無印かプレミアムのどちらか悩まれているなら 無印で効果も十分、特に副作用も気にならないのであれば無印 もっと早く効果を得たい、副作用が心配と思うならプレミアム と言った感じで選ぶのがベターになるかと思います。 バファリンプレミアムは1回で何錠服用するの? 同じバファリンであっても、違いがあるのは前項のとおりです。 では服用方法とか一度に何錠服用するか等、その辺りについて 違いがあるのかどうかも疑問になると思います。 まあそれらについては、取扱説明書を見れば明白なのですが 一応ここでもある程度ご説明させていただきます。 無印 一回2錠で1日2回が限度、15歳未満服用禁止 プレミアム 一回2錠で1日3回が限度、15歳未満服用禁止 となりますが…プレミアムが、1日に服用出来る限度が1回多い そして服用方法は錠剤ですので、双方ただ飲むだけとなります。 僅かな違いのように思えますが、通常強力である市販薬を 1回多く余分に服用出来るというのは、案外メリットなるのです。 何故なら、基本的にバファリンというのは朝昼晩に服用する等 定時、定期の性質を持たず、症状が現れた際に服用するという 「とんぷく」的な運用をされる方がほとんどになります。 ですが1日は24時間と長い訳で、その間で3回頭痛を起こせば 無印では1日2回という限度があるため、3度目に対応出来ません。 状況が状況ですし、3回目の服用をする方もいるでしょうが それは正しい服用ではありませんし、副作用の心配もありますし メーカーも対応してくれない可能性があり、とても危険なのです。 しかしプレミアムであれば「3回目」が許されていることから 頭痛が頻発する方からすると、とても頼もしいと言えますよね。 1回分増えただけに過ぎないのですが、たかが1回されど1回で そこに悩まされ続けた方は決して少なくないものと思われます。 ただし、これは服用時の注意書きにも記載されているのですが 一度服用した後は、必ず「4時間以上」空け「空腹を避けて」 次の服用をするようにして下さい。 【まとめ】 性能の面では、単純にプレミアムの方が勝ると考えていいでしょう。 仕事で忙しい、なかなか休めない方には、心強い味方となります。 もっとも、本来なら薬だけに頼らず休暇、休息を取るべきですが… なお薬と言うのは、合う合わないが激しい物ということもあって 必ず全ての方に対して上位互換となる訳ではないと言っておきます。 もっとも、飲んでみないと分からないところがあるのが難点ですね。

次の

【解熱鎮痛薬】処方薬「カロナール」と同じ市販薬~アセトアミノフェン配合市販薬~

バファリン 解熱

2.悪寒・発熱時の解熱。 バファリンAの構成成分 2錠中 アセチルサリチル酸660mg、合成ヒドロタルサイト(ダイバッファーHT)200mg バファリンAの用法・用量 なるべく空腹時をさけて服用してください。 服用間隔は6時間以上おいてください。 次の量を水又はぬるま湯にて服用してください。 成人(15歳以上):1回2錠。 1日2回服用を限度とする。 15歳未満:服用しないこと。 <用法・用量に関連する注意> 1.用法・用量を厳守してください。 2.錠剤の取り出し方 添付文書図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。 バファリンAの主な副作用 1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)授乳中の人。 (4)高齢者。 (5)薬などにより アレルギー症状を起こしたことがある人。 (6)次の診断を受けた人。 心臓病、腎臓病、肝臓病、胃・ 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 関係部位・・・症状 皮膚・・・ 発疹・ 発赤、かゆみ、青あざができる 消化器・・・吐き気・嘔吐、食欲不振、胸やけ、胃もたれ、胃腸出血、腹痛、下痢、 血便 精神神経系・・・めまい その他・・・、歯ぐきの出血、出血が止まりにくい、出血、発熱、のどの痛み、背中の痛み、過度の体温低下 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称・・・症状 ショック()・・・服用後すぐに、皮膚のかゆみ、、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、 動悸、意識の混濁等があらわれる。 ()、・・・高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。 肝機能障害・・・発熱、かゆみ、発疹、 黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 ぜんそく・・・息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しい等があらわれる。 再生不 良性・・・青あざ、、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、 血尿等があらわれる。 5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください バファリンAの添付文書.

次の

バファリン プレミアム|解熱鎮痛薬

バファリン 解熱

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる) 1. 次の人は服用しないでください (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)本剤又は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。 (3)15才未満の小児。 (4) 出産予定日12週以内の妊婦。 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください 他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬、乗物酔い薬 3. 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください (眠気等があらわれることがあります。 ) 4. 服用前後は飲酒しないでください 5. 長期連続して服用しないでください 相談すること まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称 症 状 ショック (アナフィラキシー) 服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症 高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がない等が持続したり、急激に悪化する。 肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 腎障害 発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛(節々が痛む)、下痢等があらわれる。 無菌性髄膜炎 首すじのつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐き気・嘔吐等があらわれる(このような症状は、特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人で多く報告されている。 間質性肺炎 階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。 ぜんそく 息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しい等があらわれる。 再生不良性貧血 青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。 無顆粒球症 突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。

次の