札幌国際大学 学部。 札幌国際大学の学費一覧

札幌国際大学観光学部の情報(偏差値・口コミなど)

札幌国際大学 学部

国際化が進む今、国際学部に注目が集まっています! 特に、大学卒業後の就職ではグローバルな人材が求められています!! 本ページでは、2019年度に大学入試を控えた受験生向けに、全国の国公私立大学の 国際学部の偏差値をランキング形式でご紹介しています。 国際学部と関連が深い学部に外国語学部がありますが、このページは国際学部のみに限定しております。 外国語学部の偏差値情報をお調べしたい方は「 」を御覧ください。 各大学の偏差値は予備校や模試によって異なります。 あくまでひとつの指標としてご覧になってください。 各大学の詳細は偏差値テラス内の記事でご紹介しています。 学科や専攻ごとの偏差値は各大学の記事でご覧になることができます。 記事では、オープンキャンパス情報、入試日程、合格最低点等の役立つ情報も掲載しています。 気になる大学、学部が見つかりましたら、ぜひ記事の方もご覧になってください。 最終更新【2019年11月】 以下は偏差値テラスでも 人気の記事です。 偏差値に加え、 入試日程や方式、学費、奨学金などの情報も掲載しています。 国公立大学の特徴や私立大学との比較も掲載しています。 偏差値55以上の国公私立大学を見やすくまとめました。 医学部を除いた理系学部全般(理、工、農など)を対象としています。 医学部でも看護学科などは対象外で 医学科のみに限定しました。 国際学部とは?? 国際学部では国際学を研究する学部です。 また、国際人の育成を図った学部で、 語学にも注力しています。 国際学では、主に、民族間紛争や核実験の問題などの 国際問題を広い視野で解くことを目的とします。 そのため、在学中は一般教育をはじめとして、 外国語や国際関係史などを中心に学びます。 また、国際学部では留学を推奨している大学も多いです。 国際学部では英語も重要ですが、国際問題の解決を第一とする学部であるため、 単に英語などの外国語を学びたい方は外国語学部などが向いているでしょう。 国際学部に向いている人は英語を使ってグローバルに活躍したい方などが挙げられます。 偏差値は東進が発表するA判定偏差値を採用していますので、ボーダーライン偏差値よりも高い値になっています。 学部に複数の学科がある場合、一番偏差値が高い学科の偏差値を学部の偏差値として採用しています。 大学名をクリックすると各大学の詳細情報が掲載されている記事に移動できます。 また、資料請求ボタンをクリックすると、資料請求ページに移れます。 ぜひ志望校探しにご活用ください。 一旦閉じる 総評 国際学部は、国公立大学だと東京外国語大学や神戸大学の偏差値が、私立大学だと早稲田大学や上智大学、同志社大学の偏差値が高くなっています。 また、ここ最近では青山学院大学の大学ランキング上昇に伴い、グローバル学部関係の偏差値が軒並み上がっているのも特徴の一つとして挙げられます。 これは、青山学院大学は国際学部(国際政治経済学部)を看板学部としているため、知名度・偏差値共に高くなっていることが要因と思われます。 国立大学では、特に、東京外国語大学、国際教養大学は国際的な学部のみの大学となっており、非常に国際色の強い大学となっています。 そのため、語学や国際関係、留学等に興味がある方に非常に向いているでしょう。

次の

札幌国際大学短期大学部の学部別に授業料や入試情報、取れる資格まとめ

札幌国際大学 学部

沿革 1960年 1967年 札幌大学開学/経済学部経済学科、外国語学部英語学科・ロシア語学科設置 1968年• 札幌大学女子短期大学部開学/英文科・国文科設置• 経営学部経営学科設置• 第1体育館完成 1970年 1971年 札幌大学経済学部・外国語学部第1回卒業式 1972年 札幌大学経営学部第1回卒業式 1974年 大型電子計算機導入 1975年• 3号館完成• 第2体育館完成 1979年 経営学部附属産業経営研究所設置 1980年 1981年 新図書館完成 1982年• 札幌大学女子短期大学部文化学科、経営学科(経営管理専攻・秘書専攻)設置• 英文科・国文科を英文学科・国文学科に学科名変更 1983年 アメリカ・ネブラスカ州立大学カーニィ校と姉妹校提携 1984年 語学教育センター開設 1988年 中央棟完成 1989年• 法学部法学科設置、札幌大学附属企業法務研究所設置• 国際交流センター開設• 埋蔵文化財展示室開設 1990年 1990年 沖縄大学と単位互換協定を締結 1991年 サークル会館完成 1993年• 大学会館"Linden Hall"完成• 外国語専攻科(英語専攻)設置• 情報処理教室に新情報処理教育装置導入 1994年 京都精華大学と単位互換協定を締結 1995年 学内LAN「札幌大学ネットワークシステム(Su-net)」敷設 1996年 アメリカ・マリアン・カレッジと留学協定を締結(短大) 1997年• 文化学部日本語・日本文化学科、比較文化学科設置• 経営学部産業情報学科設置• 大学院法学研究科修士課程設置• 大学基準協会に維持会員として加盟• 6号館完成• カナダ・セントメアリーズ大学、カナダ・サスカチュワン大学、アメリカ・ボール大学と留学協定を締結 外国語学部• 立正大学と単位互換協定を締結 1998年 アメリカ・マリアン・カレッジと留学協定を締結(大学) 1999年• 大学入試センター試験を実施• アメリカ・ネブラスカ州立大学リンカーン校と留学協定を締結 大学• 大学院経営学研究科修士課程設置• アメリカ・南フロリダ大学と留学協定を締結 外国語学部• オーストラリア・シドニー工科大学、ニューキャッスル大学、ビクトリア工科大学、クィーンズランド工科大学と留学協定を締結 経済学部 2000年 2000年• 大学院外国語学研究科修士課程設置• アメリカ・エディンボロ大学と留学協定を締結 外国語学部 2001年• 大学院経済学研究科修士課程、大学院文化学研究科修士課程設置• 能力開発センター開設• 中国・広東外語外貿大学と交流協定を締結 文化学部• アメリカ・セントマイケルズ大学と留学協定を締結 外国語学部• 和光大学と単位互換協定を締結• 北海学園大学大学院経済学研究科、北星学園大学大学院経済学研究科と特別聴講学生に関する協定を締結 2002年• 中国・安徽工業大学と交流協定を締結 経営学部• 中国・華東理工大学と交流協定を締結 経営学部・文化学部• 韓国・高麗大学校と交流協定を締結 経営学部• ニュージーランド・オークランド工科大学と交流協定を締結 経済学部 2003年• 韓国・中央大学校と交流協定を締結 経営学部• イタリア・ボローニャ大学と交流協定を締結 文化学部• オーストリア・ヨアネウム応用科学大学と留学協定を締結 経済学部• 札幌圏大学・短期大学単位互換協定(Green-Campus)に加入• セミナーハウス完成 2004年• 大学基準協会の相互評価で大学基準適合認定を取得• 韓国・韓瑞大学校と交流協定を締結 文化学部• 北海道札幌平岸高等学校と高大連携協定を締結• 北海道札幌丘珠高等学校と高大連携協定を締結• 酪農学園大学大学院酪農学研究科と特別聴講学生に関する協定を締結• 経済学部附属地域経済研究所設置• 大学院文化学研究科附属ペリフェリア・文化学研究所設置 2005年• 札幌新陽高等学校と高大連携協定を締結• 中国・天津外国語学院と交流協定を締結 経営学部・文化学部• 外国語専攻科(英語専攻)を廃止 2006年• 法学部自治行政学科設置• 経営学部産業情報学科をビジネスコミュニケーション学科に名称変更• 女子短期大学部経営学科経営管理専攻と秘書専攻を経営学科に統合• イタリア・ペルージャ外国人大学と交流協定を締結 文化学部• 札幌大学孔子学院開設• イギリス・リバプール・ジョン・ムアーズ大学と交流協定を締結 文化学部• 韓国・全州大学校と留学協定を締結 文化学部 2007年• 文化学部日本語・日本文化学科と比較文化学科を文化学科に統合• 札幌大学サテライトキャンパス開設• 韓国・培材大学校と留学協定を締結 文化学部• 大学創立40周年記念ホール"PREA HALL"完成 2008年• 中国・華東理工大学と交流協定を締結 大学• 中国・深圳大学と交流協定を締結 大学• 大学会館"Linden Hall East"完成 2009年• 札幌学院大学、北星学園大学、酪農学園大学と札幌圏教職課程コンソーシアム協定を締結• 札幌大学地域スポーツ・文化総合型クラブ「めぇ〜ず」を設立• 経営学部経営学科とビジネスコミュニケーション学科を経営学科に統合• 法学部法学科と自治行政学科を法学科に統合• フィンランド・ラップランド大学と交流協定を締結 大学• 台湾・国立台中技術学院と交流協定を締結 大学• 中国・大連外国語学院と交流協定を締結 大学• 台湾・嶺東科技大学と交流協定を締結 大学• 北海道松前高等学校と高大連携協定を締結• 北海道札幌東商業高等学校と高大連携協定を締結• 札幌大学総合研究所設置• アメリカ・ボールステート大学と交流協定を締結 大学 2010年 2010年• 「ウレ シパ・プロジェクト」発足 大学 /学修支援センター設置• 中国・広東外語外貿大学、中国・天津外国語大学、韓国・全州大学校、韓国・培材大学校、 韓国・中央大学校、韓国・高麗大学校と交流協定を締結 大学 2011年• 大学基準協会による大学評価 認証評価 の結果、大学基準適合認定取得• 東日本大震災への持続的支援プロジェクト「リムディ・11」を創始• 星槎国際高等学校と高大連携協定を締結• 北海道開発局と北海道の国際物流活性化に向けた連携協定を締結• アメリカ・パシフィック大学オレゴン校と交流協定を締結 大学 2012年• 特定非営利活動 NPO 法人 札幌大学スポーツ・文化統合型クラブ「めぇ〜ず」認可設立 2013年• 韓国・光州女子大学校と交流協定を締結• 中国・中国海洋大学と交流協定を締結• 札幌大学地域共創学群開設• 札幌大学女子短期大学部キャリアデザイン学科開設• 札幌大学インターコミュニケーションセンター 現:国際交流センター 「SUICC」完成• パウダールーム「SWITCH」完成 2014年• 札幌大学ダンスコミュニケーションラボ「SCore」完成 2015年• 中国社会科学院財経戦略研究院と学術研究交流協定を締結 2016年• 中国・大連民族大学と交流協定を締結 2017年• 札幌大学学生立志テラス「S-wing」完成• 札幌大学子育てサロン「Stove」完成• 北海道議会と包括連携協定を締結• 稚内北星学園大学と包括的連携協定締結• サハリン国立総合大学・モスクワ国立総合大学と三大学間連携協定締結• 鹿児島国際大学と包括的連携協定締結 2018年• 中国・黄山学院と交流協定を締結 2019年• 札幌大学女子短期大学部こども学科開設• カンボジアメコン大学と交流協定を締結•

次の

札幌国際大学 観光学部 学部での学び|大学ポートレート

札幌国際大学 学部

沿革 [ ]• (11年)4月 - 札幌区立女子職業学校の同窓会が札幌静修会女学校を設置• (26年) - 学校法人札幌静修学園設立• (昭和44年)4月 - 札幌静修短期大学開学(家政学科、幼児教育学科)• (昭和46年) - 幼児教育学科を児童教育学科に改組• (昭和49年) - 教養学科開設• (昭和50年) - 家政学科を生活科学科に改組。 (昭和51年)4月 - 法人名を学校法人札幌静修学園から学校法人静修学園に、名称を札幌静修短期大学から静修短期大学に変更。 と法人分離• (昭和55年) - 静修短期大学北海道生活研究所を設置• (昭和58年) - 秘書科開設• (昭和61年) - 総合情報館LIM竣工• (元年) - 英語学科開設• (平成2年) - 秘書科を秘書学科に改称• (平成3年) - 児童教育学科を幼児教育学科に名称変更。 能力開発講座キャリエ開設• (平成4年) - 北海道生活研究所を北海道環境文化研究センターに名称変更• (平成5年)4月 - 静修女子大学として開学(人文・社会学部国際文化学科、社会学科)。 教育懇話会が発足する• (平成9年)4月 - 法人名を学校法人静修学園から学校法人札幌国際大学に、名称を静修女子大学を 札幌国際大学に変更。 静修短期大学を札幌国際大学短期大学部に改組する。 札幌国際大学大学院開設(地域社会研究科地域社会専攻修士課程)• (平成11年)4月 - 観光学部観光学科開設。 大学全学部で男女共学制に移行。 短期大学部に専攻科幼児教育専攻を開設。 情報教育センターと記念館(創風)を竣工• (平成12年) - 短期大学部生活科学科を総合生活学科に名称変更。 短期大学部秘書学科を廃止。 北海道環境文化研究センターを札幌国際大学地域総合研究センターに名称変更• (平成13年)4月 - 大学人文・社会学部に心理学科(臨床心理学専攻、社会心理学専攻)を、大学院に観光学研究科観光学専攻修士課程を開設。 それに伴い、人文・社会学部社会学科のジャーナリズムコース・コミュニティデザインコース・社会心理コースの3コースをジャーナリズムコース・コミュニティデザインコース・ビジネス創造コースの3コースに改める• (平成14年)4月 - 短期大学部英語学科を英語コミュニケーション学科に名称変更。 人文・社会学部にメディアコミュニケーション学科(マスメディアコース・メディアデザインコース・メディアアートコースの3コース)開設。 総合情報館LIMを総合情報館に名称変更• (平成15年)4月 - 人文・社会学部を改組し、人文学部(国際文化学科)と社会学部(社会学科)を設置。 札幌国際大学地域総合研究センターを札幌国際大学北海道地域・観光研究センターに改組。 短期大学部の教養学科を廃止• (平成16年)4月 - 社会学部の社会学科をビジネス社会学科(ビジネス創造コース・都市文化コース・地域総合政策コース・ライフデザインコースの4コース)に名称変更。 短期大学部の幼児教育学科を幼児教育保育学科に名称変更• (平成17年)4月 - 大学院心理学研究科に臨床心理実務専攻修士課程開設• (平成18年)4月 - 人文学部の国際文化学科を現代文化学科に、社会学部を現代社会学部に、ビジネス社会学科をビジネス実務学科(ビジネス創造コース・スポーツビジネスコース・健康ビジネスコースの3コース)に、メディアコミュニケーション学科をマスコミュニケーション学科(マスコミュニケーションコース・報道ジャーナリズムコース・スポーツジャーナリズムコース)に名称変更。 大学院心理学研究科が日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定校に認可。 第一体育館竣工• (平成20年)4月 - 人文学部心理学科社会心理学専攻を改組し、子ども心理専攻を設置• (平成21年) - 観光学部観光学科を改組し、観光ビジネス学科、観光経済学科を設置。 スポーツ人間学部を開設し、スポーツビジネス学科・スポーツ指導学科を設置する。 クラブ棟竣工• (平成23年)4月 - 大学院心理学研究科の臨床心理実務専攻を臨床心理専攻に名称変更。 第二体育館竣工• (平成25年) - 観光学部観光経済学科を国際観光学科に、短期大学部総合生活学科を総合生活キャリア学科に名称変更• (平成28年) - 大学院にスポーツ健康指導研究科 スポーツ健康指導専攻を開設 学部学科 [ ]• 現代文化学科• 心理学科• 臨床心理専攻• 子ども心理専攻• 観光ビジネス学科• 国際観光学科• スポーツビジネス学科• スポーツ指導学科 大学院 [ ]• 観光学専攻(修士課程)• 臨床心理専攻(修士課程)• スポーツ健康指導専攻(修士課程) 臨床心理専攻は平成18年4月から、第1種大学院となり実務経験なしに臨床心理士の受験資格が与えられる大学院となった。 また、心理相談研究所と称する下部組織があり、ここでは有料で教員や大学院生によるカウンセリングを実施している。 他大学との協定 [ ] 学術交流等協定校(国内)• Green Campus (札幌国際大学・・・・・・・・・・)• 国際・学術交流等協定校(国外)• (・)• (韓国)• (韓国)• (・) 短期大学部 [ ] 学科• 総合生活キャリア学科• 幼児教育保育学科 平成17年まで10年間就職率は、100%である。 特に、保育士、幼稚園教諭など教育職が90%以上を占めている。 専攻科• 専攻科• 幼児教育専攻 詳細はを参照。 付属機関 [ ]• 心理相談研究所• キャリアセンター 著名な大学関係者 [ ] 教職員• - 元教授(2020年6月末解雇処分)、「民俗学という不幸」など著書多数。 - 元教授、日本史が専門で「北海道の歴史」など著書多数。 - 元、にて「日本百名湯」を連載するなど著書多数。 - 観光学部教授、まちづくりコーディネーター、館長。 - 人文学部講師、元(HBC)。 - 元人文学部教授、教育学が専門。 - 元理事長、本学創設者の一人、元学長。 - スポーツ人間学部スポーツ指導学科教授、元プロ野球選手で高校野球指導者。 出身者• - 備考 [ ]• 観光学科は観光学部についで国内2番目に設置された。 の幼児教育学科は付属の幼稚園もある。 学内に「コカ・コーラ札幌国際大学」というがありでは上位入賞の常連である。 のな髪型の禁止や、教員学生共に大学構内での一切の喫煙の禁止といった厳格なが設けられている。 記念館「創風」内にある茶室は、一般の学生には開放されていない。 学校自体の閉館時間が午後9時半に設定されている。 2019年度から受け入れる留学生の数を大幅に増やしたが、日本語能力の不十分な留学生も多く、このことを巡る問題から大月隆寛の懲戒解雇問題に発展している。 脚注 [ ]• Newsweek日本版. 2020年7月11日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の