納豆 レシチン。 納豆の機能性成分(大豆のイソフラボン・サポニン・レシチン)について|Natto (fermented soybeans)

納豆

納豆 レシチン

レシチンとは?基礎知識から学ぼう こちらのカテゴリでは、レシチンがどのような栄養素で、摂取することでどんな効果があり、どんな役割を果たすのかなどについて解説しています。 レシチンとは レシチンは「ホスファチジルコリン」と呼ばれ、身体を構成する細胞を作るために、必要不可欠なリン脂質の一種です。 リン脂質にはいろいろな構造のものがあります。 その中でも代表的なものがレシチンであり、動植物の細胞に必ず存在します。 細胞は袋状になっており、その細胞を包み込んでいる袋の部分が細胞膜です。 レシチンはその細胞膜の大事な構成要素です。 脳や神経細胞に多く含まれており、生物の身体活動において大切な役割を果たしています。 そのため、継続的にレシチンを摂取することにより、アルツハイマーの予防、動脈硬化の予防、肝臓機能の保護など、さまざまな疾病や生活習慣病を予防すると言われています。 レシチンとレチシンって同じもの? サプリメントの成分表示を見ると「レシチン」と書かれていたり、「レチシン」と書かれていたりするものがあります。 ドラッグストアなどでサプリメントを購入する時に、困ってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実はレシチンとレチシンは同じものです。 英語で書くとlecithinとなるので、 「ci」「thin」をどう読むかだけの違いなのです。 レシチンの特性 動植物の細胞に必ず存在しているレシチンは、脂肪とたんぱく質を結びつけて血液の中をスムーズに移動しやすくするので、脂肪のエネルギーとしての利用効率を高めます。 また、乳化作用によって生体の細胞膜から栄養を取り入れたり、老廃物を排泄しやすくしたりします。 脂肪分解作用によって、高血圧や動脈硬化の原因となる血管へのコレステロール沈着を防ぎ、コレステロール値をコントロールしてくれます。 レシチンなどのリン脂質が不足すると、細胞膜の正常な働きを保つことができなくなったり、血管にコレステロールがたまってしまったりするなど、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病につながる症状を引き起こします。 油と水をなじませる作用の性質を持つレシチンは、細胞膜から栄養を取り入れたり、老廃物を排泄したりする役割も持っています。 美肌効果の作用も期待されるなど、老若男女問わず健康的な生活を維持するために、レシチンは注目の成分であると言えるでしょう。 レシチンを多く含む食品 レシチンを含む食品として有名なものは「卵黄」と「大豆」、他にも穀類・胡麻油・小魚・レバーなどに含まれています。 レシチンを豊富に含む食品は卵黄・大豆以外には、白身魚卵・茹でた鶏レバー・焼いた赤身牛肉・乾燥パセリ・納豆・茹でほうれん草などがあります。 1日のレシチン摂取量の目安としては、成人の場合3,000~6,000mgくらいが推奨されています。 成人に必要なレシチン摂取量は1日5,000~10,000mgとされていますが、現代の日本人の食生活からのレシチン摂取量は1日1,000mg以下となっています。 食生活のバランスが崩れがちな日本人にとっては、レシチンを摂取することが難しい状態になっているようです。 もちろん食品からも摂取できるレシチンですが、十分な量のレシチンを摂るために、補助的にサプリメントを活用することもおすすめです。 大豆レシチンと卵黄レシチンの違いとは 両方とも基本的にはレシチンなので働きや効果に大きな違いはないので、特性を良く理解して目的にあった方を選びましょう。 レシチンに対するホスファチジルコリン量の違いから、大豆レシチンは長く血液中に留まってコレステロールが血管壁に付かないように乳化させ、血中コレステロールを減少させるので動脈硬化予防効果が期待できます。 一方、卵黄レシチンは神経伝達をスムーズにするので、アルツハイマーや認知症の予防や改善に効果があります。 レシチンを構成する成分について レシチンは細胞膜を形成したり、 脂質を運搬したりする働きを持つリン脂質を主体とする混合物です。 レシチンの成分はホスファチジルコリン、ホスファチジルエタノールアミン、ホスファチジルイノシトール、ホスファチジン酸、ビタミンB群などがあります。 油と水をなじませる乳化作用の性質があり、細胞膜から栄養を取り入れたり、老廃物を排泄したりする助けをしています。 脳の新陳代謝によって絶えず入れ替わるので、毎日補給されないと不足して脳の老化や痴呆などの原因となります。 体内では合成できない成分なので、食品やサプリメントから摂取する必要があります。 大豆レシチンの安全性を解明 大豆レシチンを考えた時、気になるのが遺伝子組み換えではない大豆(非遺伝子組み換え大豆)を使っているかどうか。 しかし、大豆レシチンは、たとえ原料が遺伝子組み換え大豆であったとしても、遺伝子組み換えではない大豆(非遺伝子組み換え大豆)と安全面での違いはなく、安全性の高い成分と言えます。 なぜなら、遺伝子組み換えで危険視されているのはDNAと、これによって生じるたんぱく質。 大豆レシチンはそれらが除去・分解されているため安全と言えるのです。 レシチンとレチノールの違い レシチンとレチノールは名前が似ているものの、はたらきは異なります。 レシチンはリン脂質の一種で、代謝促進や記憶力の維持に関わるとされている成分。 レチノールはビタミンAとして皮膚を健康に保つはたらきを担っています。 含まれる食品も効果も異なりますが、レチノールは一日の摂取量を超えると副作用をもたらすので、食事に取り入れるにも注意が必要です。 レシチンの副作用について レシチンは自然由来で体に良い成分とされていますが、副作用の心配は特にありません。 過剰摂取すると副作用が起こる可能性があります。 体調次第では吐き気や下痢、腹痛が起こるケースもあるので気をつけましょう。 原材料は大豆や卵黄が主なので、アレルギーを持っている方は要注意です。 レシチンサプリの効果的な飲み方 レシチンサプリを効果的に飲むなら、飲むタイミングや一緒に飲むドリンクに注意しましょう。 飲み方によってはサプリメントの効果が弱く出たり、強く出たりといったことがあります。 飲むタイミングは自由ですが、食品の栄養素と一緒に吸収される食後がベター。 一度に飲み切れないなら、分けるのも良いでしょう。 大事なのは飲み続けることです。 ただし過剰摂取はNG。 体の調子を整えるはずが、かえって体調が悪化してしまう可能性もあります。 ここではレシチンサプリの飲み方について紹介しています。 レシチンの研究結果まとめ レシチンが健康に対して及ぼす影響については、様々なところで研究が進んでいます。 レシチンの作用についての研究と、その研究の結果をまとめました。 胆汁の分泌を助け、コレステロール値を下げる 2010年にブラジルのサンパウロで、高脂血症の患者に1か月の間大豆レシチンが含まれたカプセルを毎日1つ服用してもらうという実験が行われました。 実験の前後で採血を行って総コレステロールおよびLDLコレステロール値を測定したところ、平均して総コレステロール値で約4割、LDLコレステロール値で約4割から5割の減少がみられました。 このことから、 高脂血症患者におけるレシチンの投与が胆汁の分泌を促進し、コレステロール値を減少させているのではないかという仮説が立てられています。 [注1] 精神状態や気分を安定させる ドイツで行われた研究によると、レシチンを摂取後にストレステストを受けた人とそうでない人を比較したところ、レシチンを摂取していた人のほうがストレスによって分泌されるコルチゾールというホルモン値の上昇が低く、ストレスが緩和されている傾向にあるとの結果が出ました。 これはレシチンに含まれているホスファチジルコリンというリン脂質の一種によるものの影響と考えられており、以前に牛の脳から抽出したホスファチジルコリンに同様のストレス緩和効果があったことがわかっています。 [注2] 高齢者の気分を安定させ、日常機能を助ける レシチンが脳に与える可能性があると言われている影響の中でも、他の成分にない特徴として注目されているのがこの効果です。 大豆レシチンから製造したホスファチジルセリン100㎎とホスファチジン酸80㎎を配合したサプリメントを、うつ病でない アルツハイマー型認知症の高齢者に一日3回、2か月間投与したところ、気分、および認知機能に対してプラスの影響を与えたとの報告があります。 [注3]この効果から、レシチンが認知機能に対して効果があるのではないかとの期待が高まり、注目を集めています。 注1:US National Library of Medicine National Institutes of Health/Influence of soy lecithin administration on hypercholesterolemia. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih.

次の

レシチン効果 4つの効能と副作用 エビデンス

納豆 レシチン

椎名さん(獨協大学 ドイツ語学科2年)男性 家政大学出身の母と、料理人である祖父をもつわたしは幼いころから食について関心をもち、高校生のころから自分でお弁当を作るようになりました。 その際、母が昔使っていた栄養素についての教材を読み、レシチンの存在と効果を知りました。 レシチンは大豆や卵黄などといった、調理のしやすい食品に多く含まれています。 そのため、毎日のお弁当の1品に卵焼きや煮豆を加えたりと、簡単に摂取することができます。 日々の積み重ねがとくに重要である、語学をおもに勉強しているわたしにとってレシチンは強い味方であり、今でも陰から疲労回復や記憶力向上の手助けをしてくれているのではないかと思っています。 春山さん(東京大学 教養学部文科三類 2年)男性 わが家の食卓には、けっこう頻繁に大豆食品が登場していた気がします。 頭と体によさそうだから、調理が楽だから、親のダイエットにつきあわされて……。 いろいろな場面で、手軽に取れるヘルシーなタンパク源として重宝していました。 とくに豆腐は、さまざまな調理法があり、飽きずに食べられる食品。 麻婆豆腐は、大好物の一つでした。 また、レシチンは熱に弱いそうですが、豆腐はそのまま食べてもおいしいのも利点かな、と思います。 板山さん(東京女子大学 現代教養学部心理学専攻2年)女性 わたしは小さいころは豆腐が苦手だったのですが、小学生のころによく給食に出ていた豆腐ハンバーグや揚げ出し豆腐でだんだんと克服していき、今では好きな食べ物の一つです。 豆腐はレシチンを多く含むだけでなく、おかずやスイーツにも取り入れてアレンジできる食材です。 また、レシチンにはコリンという物質が含まれていて、自律神経にも効果があります。 とくに受験期のお子さまには1回1回の食事によって、疲れた脳と心を癒してもらいたいです。 古谷さん(東京女子大学 現代教養学部2年)女性 豆腐のおやつや納豆をよく食べていました。 レシチンは大豆に多く入っているとされています。 ですが豆腐をあまり好んで食べなかった私に、昔から母が豆腐ドーナツや豆腐白玉などの豆腐を混ぜたおやつをよく作ってくれて、おいしく食べていました。 また納豆も好きでふだんからよく食べていましたし、とくに受験期は毎日のように食卓に出ていました。 そのころはただ「健康にいいらしい」というざっくりとした認識だったのですが、それが脳を活性化させ、集中力や記憶力を高めることにつながっていたのだと思います。 レシチンはギリシャ語で卵黄を意味する「レシトス」に由来しています。 数種類あるリン脂質の総称で、ホスファチジルコリンとも呼ばれています。 また、レシチンはわたしたち人間の体内に存在するリン脂質としては最も多く、約60兆個ある細胞の細胞膜を構成している成分です。 学習や記憶、睡眠に深くかかわりがあります。 レシチンの特徴として、乳化作用があげられます。 レシチンを構成するリン酸とコリンは親水性、グリセリンと脂肪酸は親油性であるため、水と油どちらともなじみやすい性質を持っています。 この乳化作用によって、細胞内の水溶性物質と脂溶性物質を溶け合わせ、細胞内に栄養を取り入れること、細胞外に老廃物を排出することが可能となります。 この性質をいかし、レシチンはケーキやアイスクリームなどといった脂肪分の多い食品の乳化剤(食品添加物)として使用されることがあります。 「レシチンは記憶力によい」という話はよく耳にしますが、レシチンは記憶をつかさどる伝達物質、アセチルコリンの材料でもあります。 つまり、レシチンが欠乏していると神経伝達物質であるアセチルコリンの量が減ってしまい、情報がうまく伝達しなくなってしまいます。 それが記憶力の低下につながるのです。 レシチンは原料が何であるかによって「大豆レシチン」と「卵黄レシチン」に大きく分けられます。 この二つに含まれているレシチンの効果に大きな違いはありません。 レシチンを含む食品は、卵や大豆製品といった日常生活で口にすることの多いものです。 日ごろから少しでもレシチンの存在を意識して食事をすることで、記憶力や集中力の向上が期待できるのではないでしょうか。 *この記事で紹介しているレシピはアレルギー対応はしておりません。 アレルギーをお持ちの方はご注意ください。

次の

レシチンとは?基礎知識から学ぼう

納豆 レシチン

納豆に含まれる栄養素の中で、イソフラボンやナットウキナーゼは有名ですが、セレン、レシチン、アルギニンを聞いたことがありますか?今回はこれらの栄養素について調べてみました。 セレン セレンは抗がん作用、また、抗酸化作用により細胞の老いを防ぐ効果があると言われています。 納豆100gあたり、235マイクログラムのセレンが含まれています。 セレンは、過剰摂取しすぎてしまうと、嘔吐や肝機能不全などの中毒症状が起こる場合があります。 女性なら2パック、男性なら3パックまでなら大丈夫です。 しかし子供は体が小さいので年齢によってとりすぎないように調整しましょう。 レシチン レシチンは細胞に必要な栄養を取り入れ、不要となった老廃物を排泄する働きがあります。 人間にある60兆個の細胞一つ一つにレシチンが存在します。 レシチンには、美肌、糖尿病予防、腎臓・肝機能の正常化、動脈硬化予防、ビタミンA・ビタミンEなどの吸収促進の効果があります。 レシチンは納豆100gあたり、190mgの含有量があり、納豆のほか、ピーナッツや卵、うなぎなどに多く含まれます。 成人で1日に推奨される摂取量は3000〜6000mgですが、日本人の食品摂取量から換算された量は、1000mg以下ということです。 納豆と一緒に他の食材でもレシチンを摂取しましょう。 スポンサードリンク アルギニン アルギニンはアミノ酸の一種で、活力成分として精力剤、エナジードリンク、最近ではダイエットサプリメントなどによく利用されています。 成長ホルモン分泌の促進、血管の老化防止、免疫向上、脂肪代謝促進、筋肉骨格の強化、美肌に効果的です。 納豆100gに含まれるアルギニンの含有量は1000mgで、成人の1日の摂取目安は2000mg〜4000mgですので、アルギニンを摂取するには納豆はよい食品と言えます。 まとめ 普段聞き慣れないセレン、レシチン、アルギニン、など、納豆には本当にたくさんの栄養素が含まれており、それぞれ様々な効能が重なり合い、健康維持に必要な食品と言えます。 過剰摂取に注意する栄養素もありましたので、少しずつ、毎日摂取するようにしましょう。

次の