ポケモンボスゴドラ育成論。 コドラ

ポケモンバトルのススメ ボスゴドラ育成論

ポケモンボスゴドラ育成論

ポケモン ボスゴドラについて ボスゴドラを育てようと思うのですが、 (HGSS DP) 育成論をみると努力値がすばやさにふってあるのを多く見ます でも、ボスゴドラってスピードおそいんだからあげても普通のスピード(より衰えてる?)くらいにしかならないのでは??と思うんですが…。 ロックカットを技に導入するのはわかります。 もうひとつすみませんが…; 変化形の技で「上がった」「ぐーんと上がった」とありますが、 1段階、2段階上がるとどのくらい上がるのか、できれば つよさをみるの能力値を確かめるところを参考に教えてください>< こんなにたくさん質問をしてしまってすみません 1つでもいいので答えてくれると嬉しいです。 いじっぱりボスゴドラはSに252振ることでちょうど130族を抜かせる素早さになります。 さらにボスゴドラはタイプの関係とDの低さにより一発でやられることがかなり多いです。 能力アップに関しては他の方の通りで ついでにいうとHGSSでは頑丈はほぼ無駄特性なのでいしあたま確定でいいと思います。 下の方の言うメタバ型の場合Hに252振って襷を持たせる必要があります。 Bは振る必要ないかと まず、石頭で素早さに努力頭を振る必要はないと思います。 アナタのボスゴドラは基本型を推奨します。 そして努力値は 攻撃252 そして耐久はきちんと計算をして努力値を振ります。 技はアイアンヘッド、れいとうパンチが推奨です。 そして一段階、二段階上がるごとに・・・という説明をします。 能力値の解説は前の方が説明なさっているので省略。

次の

ボスゴドラの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ポケモンボスゴドラ育成論

全国 No. 1 m 重さ : 360. HPが全快のときに一撃でひんしになる攻撃を受けてもHPが1だけ残る。 いしあたま わざの反動でダメージを受けない。 隠れ特性 夢特性 へビィメタル 自分の重さが2倍になる。 ボスゴドラのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ボスゴドラの特徴 【良いところ】• HGSSのタマゴ技で、タイプ一致威力150の「もろはのずつき」を習得しました。 特性「いしあたま」と反動技「もろはのずつき」の相性がとてもよいです。 ボスゴドラと似ている、素早さの遅い岩タイプのエースにはドサイドンがいます。 ボスゴドラは威力150の「もろはのずつき」、ドサイドンは威力100の「ストーンエッジ」を使うので、ボスゴドラの方が火力は高いです 約1. 27倍。 ノーマル技がほとんど効かないので、カビゴンなどのメインウェポン「おんがえし」読みで交代出しができます。 見せ合いありのルールなら、コチラのスターミーなどで相手のカビゴンを誘い出し、「おんがえし」読みで交代しましょう。 見せ合いありだとコチラにボスゴドラがいるとバレているため、交代読み「じしん」を撃たれることもありますが・・・• ハピナスの「れいとうビーム」読みでの交代出しができます。 「こだわりハチマキ」持ちならば、ハピナスに逃げられても交代先のポケモンに「もろはのずつき」で大ダメージです。 交代際にハピナスに「みがわり」を貼られると面倒なことになりがちなので、注意が必要です。 これらは特殊受けという共通点があるため、コチラの特殊アタッカーでうまく誘い出せればボスゴドラを交代出しする起点をつくることができます。 見せ合いありの時は特に有効です。 【悪いところ】• 物理耐久がかなり高いですが、格闘・地面技が4倍弱点です。 メジャーな物理アタッカーで格闘技も地面技も持たない可能性があるのはギャラドスくらいのため、物理受けはムリです。 ギャラドスにすら「たきのぼり」で弱点を突かれてしまいますね・・・• 鋼タイプのため、ドラゴン技に耐性があります。 ボーマンダの「りゅうせいぐん」などを半減できますが、ドラゴンはサブウェポンに「じしん」を持っていることが多くキビシイです。 素早さが遅いので、相手との撃ちあいに弱いです。 よって、有利な相手に交代で出し、技を一発撃って逃げる撃ち逃げ戦法をとることになります。 似たような戦法をとる岩ポケモンにドサイドンがいます。 ドサイドンは電気技読みでの無償降臨ができサンダースやライコウに強いですが、ボスゴドラは電気技に耐性がないのでサンダースに交代出しできません。 カビゴンの「おんがえし」読みでの交代出しのときに「じしん」を受けるとキビシイです。 ドサイドンは特性「ハードロック」でカビゴンの「じしん」を耐えますが、ボスゴドラは地面技が4倍弱点のため安定しません。 特殊耐久は低いので、特殊アタッカーにも出せません。 安全に交代出しできる相手が、カビゴンの「おんがえし」や「こだわりハチマキ」持ちの物理アタッカーの岩技程度に限られるので、バトルに出るチャンスが少なく、使いにくい感があります。 「メタルバースト」は決まれば強い反射技ですが、読みが難しいです。 格闘・地面技や特殊技だと耐えずに死んでしまったり、かと思いきや相手の攻撃が弱すぎて反射してもダメージが少なかったり・・・ 素直に「もろはのずつき」をした方が安定はします。 「もろはのずつき」の命中率が80と悪いです。 岩技以外では、ドサイドンはメインウェポンとして命中安定の「じしん」を持ちますが、ボスゴドラのタイプ一致の技は鋼技であり撃つ相手が少ないです。 とはいえ、安定して交代出しできる相手が少ないため工夫が必要です。 耐性を利用したり、味方で「リフレクター」「ひかりのかべ」を貼ったり、相手の鈍足耐久型ポケモンを起点にして場に出す回数をなんとか稼ぎます。 性格・努力値について。 いじっぱりの攻撃特化とします。 素早さは調整です。 ハピナスに後出しするので、4振り55族抜き調整がオススメ。 ボスゴドラの素早さ個体値がVなら、52だけ振れば4振り55族を抜くことができます。 ついでに同速のレジアイスも抜きやすくなります。 残りはHPに振ります。 持ち物について。 決定力を上げる「こだわりハチマキ」です。 コレを持つことにより、「もろはのずつき」で防御特化スイクンやエアームドにすら6~7割のダメージを与えることができます。 技について。 「もろはのずつき」「じしん」「ばかぢからorきあいパンチ」「れいとうパンチ」という技構成とします。 「もろはのずつき」は受けがほぼ不可能なメインウェポンです。 「じしん」は、「もろはのずつき」に耐性のある鋼タイプに効果抜群です。 半減「もろはのずつき」>等倍「じしん」であることに気をつけましょう。 大抵の場合、「もろはのずつき」「じしん」の2つで事足りてしまいます。 残りの技は撃つ相手がピンポイントとなり、撃つ機会はほとんどありません。 「ばかぢから」は、鋼タイプでありながら「じしん」の効かない「ふゆう」ドータクンに等倍ダメージを与えることができます。 撃つと攻撃・防御が下がってしまいますが、撃ち逃げ前提のボスゴドラにはあまりデメリットがありません。 しかし半減「もろはのずつき」とほとんど火力が変わらないため、「ばかぢから」でなく「きあいパンチ」を入れておき、確実に交代読みができる時に限り使ってもよいです。 「れいとうパンチ」はガブリアス・グライオンほぼピンポイントの技です。 素早さが相手の方が早いため、交代読みで撃つしかなく使いにくいですが、他に技がないので入れておきます。 獲物?• 獲物?• 獲物?.

次の

メガボスゴドラの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモンボスゴドラ育成論

基本データ• 0kg• 種族値:HP70 こうげき110 ぼうぎょ180 とくこう60 とくぼう60 すばやさ50 特徴・せいかくの候補• ぼうぎょに長けた典型的なはがねタイプといえます。 とくぼうが低く、とくしゅ攻撃を1度でも食らうと致命傷になるこちらもいわタイプの典型的な型であるといえます。 しかしはがねタイプであるだけに抵抗が多く、ダイパから覚えられる新しいわざによってとくぼうの低さを逆に利用することもできます。 もちろんもともとの攻撃力も備わっているので強力なわざで押すのが基本となるでしょう。 種族値と戦い方から考えると、せいかくはいじっぱりかわんぱくとなります。 わざ候補• アイアンヘッド タイプ一致のぶつりわざ• アイアンテール タイプ一致のぶつりわざ。 めいちゅうが不安• ストーンエッジ タイプ一致のぶつりわざ• いわなだれ もともとのこうげきが高いのでダブルバトルに• ドラゴンダイブ ドラゴンポケモンに大ダメージだが、普通にタイプ一致わざで押しても良い• ゆきなだれ 強攻撃で倒そうとするドラゴン・じめん・くさポケモンに• じしん はがね・いわの効きづらいはがねポケモン対策• だいもんじ ストーンエッジ・じしんの両方を入れず、受けで出てきたはがねポケモンに• メタルバースト きあいのタスキと組み合わせるといりょく絶大• ステルスロック じわじわ系の基本わざ• てっぺき 補助の基本わざ• でんじは すばやさの低いボスゴドラには有効なわざ 構成・努力値配分 以上を考えてみると、ぶつり型とバースト型で2つに分かれそうです。 ぶつり型• 努力値:こうげき252 ぼうぎょ252 HP6• みず・じめんポケモンには抵抗できませんが、適度にぼうぎょの努力値をとくぼうに移せば、ラティオスのようなとくしゅ型にゆきなだれで大打撃を与えることができます。 バースト型• せいかく:ゆうかん• 努力値:HP252 こうげき252 ぼうぎょ6• もちもの:きあいのタスキ 弱点となるわざをわざと食らってから反撃を狙います。 メタルバーストはカウンターのような後攻わざではないので、必ずすばやさを下げてください。 もし相手が警戒しているようならへんかわざでけん制すると良いです。 まとめ・・・• こうげきが高く、とても使いやすいポケモンです。 弱い相手にはとことん弱いですが、メタルバーストによって反撃を狙えます。 逆に相手になったときは、メタルバーストとゆきなだれに注意してきあいのタスキの効果を解除しましょう。

次の