宇宙でいちばんあかるい屋根 ネタバレ。 映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」あらすじキャスト│原作のネタバレ結末や主題歌も

映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」あらすじキャスト│原作のネタバレ結末や主題歌も

宇宙でいちばんあかるい屋根 ネタバレ

清原果耶が映画初主演を務める『 宇宙でいちばんあかるい屋根』より、主人公を演じる清原が大粒の涙を流す姿を捉えた特報映像が新たに公開された。 野中ともその同名小説を映画化する本作。 2021年前期の連続テレビ小説「おかえりモネ」のヒロインに抜てきされた清原が主演を務め、主人公の14歳の少女・大石つばめを演じる。 隣に住む大学生(伊藤健太郎)に密かに恋心を抱くつばめはある夜、唯一の憩いの場である書道教室の屋上で星空を舞う派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)と出会う。 最初は自由気ままな星ばあが苦手だったつばめだが、いつしか悩みを打ち明けるようになる。 今回公開された特報映像は、つばめの「今、空飛んでましたよね!? 」という驚きの声からスタート。 楽しそうにはしゃぐ星ばあと過ごしながら、悩める少女だったつばめの表情が輝き出す様子が映し出されていく。 そして「ありがとう、星ばあ」というセリフとともに、つばめが星ばあに寄り添って涙を流す印象的な場面も収められている。 ほかにも映像では笑顔を見せる伊藤をはじめ、父役の吉岡秀隆、育ての母役の坂井真紀、産みの母役の水野美紀、書道教室の先生役の山中崇、元カレ役の醍醐虎汰朗といった、つばめを取り巻く人々を演じるキャストたちの姿を見ることができる。 監督を務めたのは『新聞記者』(2019)で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人。 清原が藤井監督とタッグを組むのは2019年公開の『デイアンドナイト』に続いてとなる。 (編集部・大内啓輔) 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は9月より全国公開 2020年6月9日 8時00分 When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の

小説『宇宙でいちばんあかるい屋根』原作本はどんなあらすじ?

宇宙でいちばんあかるい屋根 ネタバレ

すごくおおざっぱにいってしまえば「思春期」を舞台にしたお話。 でも不思議と嫌な青臭さがない。 それはきっと、「私の話」で終わっていないからだと思う。 日常の些細な瞬間瞬間にわき上がる小さな小さな葛藤を知らず知らず に乗り越えて、私たちは成長していく。 多くの人と出会い、すれ違って別々の道を歩んでいく。 それが当たり前だと思えてしまう現在から、誰もが通る「あの頃」を 思い返すとき、思う。 どうしてあんなにも不器用だったんだろう、と。 まだ形にならないぼんやりと感じる大切なもの。 14歳の主人公が星ばぁとの出会いを通して、それらが力強く愛しさに 変わっていくまでの物語。 目に見えないもの、かつて見えていたもの。 この本を読み終えたとき、眠っていたそれら全てがちょっとだけ自分 の中で暖かく躍動する。 「私は元気だよ」 そう誰かに伝えれるように生きよう。 自分を取り巻く様々な存在の大事さを改めて感じされてくれた大好きな お話です。 どうぞゆったりとした気持ちで読んでみてください。

次の

小説『宇宙でいちばんあかるい屋根』原作本はどんなあらすじ?

宇宙でいちばんあかるい屋根 ネタバレ

清原果耶が映画初主演を務める『 宇宙でいちばんあかるい屋根』より、主人公を演じる清原が大粒の涙を流す姿を捉えた特報映像が新たに公開された。 野中ともその同名小説を映画化する本作。 2021年前期の連続テレビ小説「おかえりモネ」のヒロインに抜てきされた清原が主演を務め、主人公の14歳の少女・大石つばめを演じる。 隣に住む大学生(伊藤健太郎)に密かに恋心を抱くつばめはある夜、唯一の憩いの場である書道教室の屋上で星空を舞う派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)と出会う。 最初は自由気ままな星ばあが苦手だったつばめだが、いつしか悩みを打ち明けるようになる。 今回公開された特報映像は、つばめの「今、空飛んでましたよね!? 」という驚きの声からスタート。 楽しそうにはしゃぐ星ばあと過ごしながら、悩める少女だったつばめの表情が輝き出す様子が映し出されていく。 そして「ありがとう、星ばあ」というセリフとともに、つばめが星ばあに寄り添って涙を流す印象的な場面も収められている。 ほかにも映像では笑顔を見せる伊藤をはじめ、父役の吉岡秀隆、育ての母役の坂井真紀、産みの母役の水野美紀、書道教室の先生役の山中崇、元カレ役の醍醐虎汰朗といった、つばめを取り巻く人々を演じるキャストたちの姿を見ることができる。 監督を務めたのは『新聞記者』(2019)で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人。 清原が藤井監督とタッグを組むのは2019年公開の『デイアンドナイト』に続いてとなる。 (編集部・大内啓輔) 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は9月より全国公開 2020年6月9日 8時00分 When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の