納税 猶予 国税庁。 新型コロナウイルス感染症に関する対応等について|国税庁

国税クレジットお支払サイト

納税 猶予 国税庁

新型コロナウイルスの影響で令和元年分の確定申告書を期限内に申告できなかった場合、申し出をすれば申告期限の延長取扱いをすると国税庁が発表しました。 また税務署の職員が、新型コロナウイルスに感染した人の濃厚接触者となったため、 職員が在籍する税務署の業務が一部中断する事態に発展しています。 新型コロナウイルスの影響は未知数ですが、現時点においての税金や税務署業務の状況と、今後予想される対応についてまとめました。 しかし令和元年分の確定申告期間が延長したことに伴い、税務署職員は引き続き確定申告相談対応をしておりますので、 税務調査に着手できません。 また新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、税務調査自体の縮小・延期している税務署もありますので、 例年よりも実施される件数は減少すると考えられます。 納税が困難な人の納税猶予措置がある 国税庁は、新型コロナウイルス感染症の影響により国税を納付できない人に対しての納税猶予措置を公表しています。 納付が困難となった人が税務署に申請を行い、法令の要件を満たせば、換価の猶予が認められます。 原則として猶予期間は1年以内です。 なお納税猶予措置の申請は、申告期限前から可能であり、電話または窓口で相談可能です。 <納付が困難な場合の納税猶予要件> 1 国税を一時に納付することにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがあると認められること。 2 納税について誠実な意思を有すると認められること。 3 換価の猶予を受けようとする国税以外の国税の滞納がないこと。 4 納付すべき国税の納期限から6か月以内に申請書が提出されていること。 5 原則として、担保の提供があること。 nta. 現段階で具体的な内容は公表されていませんが、早ければ今年から適用できる優遇税制措置が施行されるかもしれません。 ただ注意点として、法律は原則として 過去にさかのぼって適用するケースはほとんどないです。 そのため 優遇税制が適用されるのは、早くても今年分(令和2年分)からであり、令和元年分の所得税が還付になることは考えにくいです。 ただ行政機関で掲載されている内容は、言葉が難しく、理解しづらいものが多いです。 その場合には関連記事を読み、理解の助けにしてください。 (執筆者:平井 拓).

次の

国税クレジットお支払サイト

納税 猶予 国税庁

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ 猶予制度とは 国税の猶予制度は、一時に納税をすることにより事業の継続や生活が困難となるときや、災害で財産を損失した場合などの特定の事情があるときは、税務署に申請することで、最大1年間、納税が猶予される制度です(注)。 分割納付をする場合は、納税者の資力に応じて対応します。 特例猶予の要件と効果 令和2年2月1日から令和3年1月31日に納期限が到来する国税(注)については、• 特例猶予が認められると、猶予期間中の延滞税は全額免除されます。 また、申請に当たり、担保の提供は不要です。 (注) 関係法令の施行から2か月間(令和2年6月30日(火)まで)に限り、既に納期限が過ぎている未納の国税についても、遡って特例を適用することができます。 猶予に関する質問やご相談 猶予に関する一般的な質問等については、以下のリーフレットやFAQをご覧ください。 また、猶予についてのご相談のある方は、まずはにお電話でご相談ください。 特例猶予の申請方法 特例猶予の申請に当たっては、以下に掲載している「納税の猶予申請書(特例猶予用)」をダウンロードしていただき、猶予を受けたい国税の納期限(注1)までに、所轄の税務署(注2)に申請してください。 申請書の作成方法は、以下の動画などをご参照いただくほか、へ、お気軽にお問い合わせください。 申請書の提出に当たっては、税務署窓口の混雑を回避するため、e-Taxによる電子申請や郵送による申請をお願いいたします 注1 関係法令の施行日から2か月間(令和2年6月30日(火)まで)は、納期限後であっても申請できます。 注2 最近(2か月程度)において、地方税や社会保険料などの納税の猶予の特例を受けた場合は、その猶予申請書及び許可通知書の写しを添付していただくと、収支状況の記載や資料の添付を省略でき、審査もスムーズに進みます。 また、今後、地方税等の猶予申請をされる予定のある方は、提出していただく国税の納税の猶予申請書の写しを保管しておくことをおすすめします。 注3 税務署の所在地については、国税庁ホームページの「組織(国税局・税務署等)」のをご覧ください。 納税の猶予申請書(特例猶予用)の作成方法(動画でのご案内) このボタンをクリックすると動画がご覧になれます。 こちらの動画はへリンクし、別ウインドウが開きます。 なお、番組内の申請書画面等が最新のものと異なっている場合がありますので、ご利用の際にはご注意ください。 特例猶予が認められた場合 特例猶予が認められると、所轄の税務署から納税者の方に対し「納税の猶予許可通知書」が送付されます。 なお、納税については、同封の納付書で猶予期限までに金融機関等で納付していただく必要がありますが、猶予期限までに全額の納付が難しい場合は、納税者の方の状況を十分に伺った上で、他の猶予制度が適用できる場合は他の猶予制度を適用しますので、所轄の税務署にご相談ください。 1 納税の猶予許可通知書には、「新型コロナ臨時特例法第3条による納税の猶予」が適用された旨の記載がされます。 2 特例猶予の適用期間中に猶予中の税額に関する納税証明書を取得した場合は、「備考」欄に「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律第3条による納税の猶予中」である旨が記載されます。 特例猶予が適用できない場合も現行の猶予制度が認められる場合があります 特例猶予が適用されない場合でも、現行の猶予制度が認められる場合があります。 詳しくは、国税の納税の猶予制度に関するFAQ(上掲)やリーフレットをご覧いただくほか、へ、お気軽にご相談ください。 猶予申請書は以下からダウンロードしてお使いください。 現行の猶予制度が認められると、所轄の税務署から納税者の方に対し、猶予許可通知書が送付されます。 猶予許可通知書には該当条項が記載されます。 猶予制度のほか、国税庁における新型コロナウイルス感染症に関する対応等については、以下をご覧ください。 【英語版のページはこちら(English)】.

次の

法人税や社会保険料が1年猶予!厳しい今を乗り切るために|Bizpedia

納税 猶予 国税庁

2020年04月06日 こんにちは。 名古屋市の税理士 米津晋次です。 国税庁では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する観点から、申告所得税や消費税の確定申告・納付期限を延長するなどの措置をし、また、新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方のために、納税の猶予制度を案内しています。 国税庁は、これらの措置についてのFAQを2020年3月25日に公表しています。 ここでは、主なものをご紹介します。 国税庁) 2 申告・納付等の期限の個別延長関係より 期限の個別延長が認められるやむを得ない理由(問2) 新型コロナウイルス感染症に関連して、期限内に国税の申告・納付ができない場合、災害その他やむを得ない理由による期限延長が認められますか。 次のような理由により、申告書や決算書類などの国税の申告・納付の手続に必要な書類等の作成が遅れ、その期限までに申告・納付等を行うことが困難な場合には、個別の申請による期限延長(個別延長)が認められることとなります。 このような場合に、納付等の期限を延長することができますか。 国税の申告・納付等の期限延長の制度は、災害その他やむを得ない理由により、その期限までに申告等の行為が物理的に行えない場合の救済措置として設けられた制度です。 資金繰りの悪化により、納付が困難な場合につきましては、納付の猶予制度をご利用いただくことになります。 個別延長のための申請手続の期限について(問6) 申告期限等の延長を行うための個別の申請は、いつまでに行う必要がありますか。 災害その他やむを得ない理由により、申告期限等の延長を受けようとする場合には、災害その他やむを得ない理由のやんだ日から相当の期間内(おおむね1か月以内)に税務署長に「災害による申告、納付等の期限延長申請書」を提出します。 その結果、指定した日 災害等のやんだ日から2か月以内 まで期限が延長されます。 なお、申請書の提出に代えて、申告等を行う際に、次の内容を申告書等の余白に付記することでも結構です。 ・申告・納付等の期限の延長を申請する旨 ・新型コロナウイルス感染症に関連して申告・納付等を行うことができない具体的な事実 4 納付の猶予制度関係より 納付の猶予制度の適用が受けられる場合(条件・税目など)(問2) どのような場合に、納付の猶予制度の適用を受けることができますか。 納付の猶予制度には、「換価の猶予」と「納税の猶予」があります。 ・災害により財産に相当な損失が生じた場合 ・ご本人又はご家族が病気にかかった場合 ・事業を廃止し、又は休止した場合 ・事業に著しい損失を受けた場合 ・納付の猶予制度は、個人、法人を問わず、全ての税目について対象となります。 納付の猶予制度の必要書類について(問6) 納付の猶予制度の適用を受けるためには、どのような書類を準備する必要がありますか。 納付の猶予制度の適用を受けるためには、 ・猶予の申請書 ・資産及び負債の状況を明らかにする書類 ・今後の収入及び支出を明らかにする書類 ・個別の事情が確認できる書類(納税の猶予の場合) などを提出します。 6 新型コロナウイルス感染症に関連する税務上の取扱い関係より 企業が生活困窮者等に自社製品等を提供した場合の取扱い(問1) 当社では、新型コロナウイルス感染症に関連して、今般の感染症の流行が終息するまでの間の緊急支援の取組みとして、自社製品(食料品)を学童保育施設、子供食堂、社会福祉施設、生活困窮者支援団体、フードバンク活動を行う団体などに対して無償で提供し、施設へ通う子供達や生活困窮者等への支援を行う予定です。 このような支援のために行った自社製品の提供に要する費用は、法人税の取扱上、寄附金以外の費用として、その提供時の損金の額に算入することができるでしょうか。 貴社が行う自社製品等の提供が、今般の新型コロナウイルス感染症に関する対応として、不特定又は多数の生活困窮者等を救援するために緊急、かつ、今般の感染症の流行 が終息するまでの間に限って行われるものであれば、その提供に要する費用(配送に係る費用も含みます。 )の額は、提供時の損金の額に算入して差し支えありません。 その後改正があった場合には、ブログの記事が最新の税制に適合していない場合もございます。 また、当サイトのコンテンツについては、正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証をするものではなく、弊所は一切の責任を負わないものとします。 したがって、当サイトのご利用については、自己責任で行っていただくようお願いいたします。 (税理士 米津晋次).

次の