京都 保育 士 コロナ。 コロナで保育士の「給与4割カット」は大問題だ 混乱の中、間違った運用が横行している

【新型コロナ】富山県富山市で保育士ら2人感染確認|京都産業大卒業生とどこで食事?どこに住んでいる?どこの保育園に勤務?

京都 保育 士 コロナ

経過・行動歴• 2月24日 ライブハウスを訪問• 2月28日出勤 ・マスクを着用し,保育業務に従事・夕方から咽頭痛,耳の後ろに痛み• 2月29日指定休 ・自宅で静養• 3月 1日定休日 ・発熱 38. 3度 ・市内医療機関を受診• 3月 2日休暇 ・平熱• 3月 3日指定休 ・平熱• 3月 4日出勤 ・平熱・マスク着用し,保育業務に従事• 3月 8日自宅待機 ・本人から帰国者・接触者相談センターに相談・医療衛生センターが家庭訪問のうえ,検体を採取• 3月 9日 自宅待機 ・陽性反応 その他• 勤務先は市内の公営保育所• 市内で両親と同居• 勤務先へは,ヤサカバス,JR,近鉄を利用 通勤中はマスク着用• 女性と濃厚接触があった職員25人と0歳から2歳までの乳幼児40人、それに同居している両親の合わせて67人の健康調査を行う ネットの反応 今日も京都で感染確認。 保育士だそうな。 感染拡大が止まらない…。 それぐらいは親も覚悟の上で預けてるだろうし、誰を責めることもできんわな。

次の

保育園「現場は地獄」 感染対策、物資調達も丸投げ状態 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

京都 保育 士 コロナ

保育士たちが窮地に立たされています(写真:mits/PIXTA) 新型コロナウイルスの影響が、労働者の給与や雇用に及んでいる。 営業自粛で休業となり、給与が減っているのは、企業や店舗に勤める人だけではない。 働く親を支える保育士の賃金カットが行われ始めている。 登園する園児が少なくなったことで休業となった保育士から「賃金カットされた」「無給になった」「給与がどうなるのかわからない」という不安の声が聞こえる。 各関係者への取材から実態に迫る。 「特別休暇で時給は出ますから」 「もし賃金カットされるのであれば、たとえ来るなと言われても出勤するだろう」 都内の私立の認可保育園で働く保育士の佐藤真一さん 仮名、32歳 の気持ちは穏やかでない。 というのも、新型コロナウイルスの感染予防で登園を自粛する園児が半数を超えてきたため、園側から「特別休暇を取ってください」と言われたからだ。 佐藤さんはフルタイムで働いているが、1年契約を更新する非常勤職員だ。 時給は1200円。 月収は20万円に満たず、手取り十数万円で1人暮らしをしている。 普段から家計を切り詰めて生活しているが、収入減となれば打撃が大きい。 園長からは、「特別休暇で時給は出ますから」とは言われたものの、確実に100%保障されるのかどうか、聞けなかった。 佐藤さんは「もし要求するようなことを言って煙たがられれば、次の契約更新がなくなるのが怖い」と胸の内を語る。 4月7日の政府による緊急事態宣言を受け、東京都は区市町村に向けて保育園の対応を通知。 感染防止のため休んで家にいられる保護者には登園を控えてもらうようお願いし、「保育等の提供を縮小して実施すること」と、「医療・交通・金融・社会福祉などの社会生活を維持するうえで必要なサービスに従事し休むことが困難な保護者には確実に保育を提供し、感染症防止に万全の対策をすること」を要請した。 その他、個別の事情に応じて保育することとしている。 区市町村によっては原則として「臨時休園」にしている。 「自粛要請」の地域と同様、休めないなど個別の事情に応じて保育は受け付ける。 佐藤さんが勤める保育園がある自治体では保育園は休園にはならず、原則開園して保護者に利用自粛を求めている。 緊急事態宣言が発令されて1週間も経つと、次第に登園児が少なくなり、保育士全員が出勤しなくてもいい状態となった。 そこで園長から、交代で休みをとるよう命じられたのだった。 新型コロナウイルスの感染者が増えてからというもの、佐藤さんは日々の保育で強い緊張を強いられている。 「密閉、密集、密接の『3密』を避けましょう」と言われても、保育園では子ども同士も、子どもと保育士もどうしても密着してしまう。 もしも感染者が出るなど、何かあれば保育園が非難されかねない。 子どもが保育士に甘えて抱きつくことも多い。 給食やおやつの時間にテーブルを離し、昼寝の時間も1メートル間隔で布団を敷くが、感染予防にも限界がある。 送り迎えにくる保護者の全員がマスクを着用しているわけではない。 子どももマスクをつけていられるのは年長クラスくらい。 不織布マスクを使い捨てするよう園から指導されるが、そのマスクの園からの支給はなく、調達は保育士自身に任されている。 マスクは当然そう簡単には手に入らず、佐藤さんはやむなく手持ちの不織布マスクを煮沸消毒して繰り返し使う。 「ニュースで『8割、人との接触を減らさなければいけない』『stay at home』というコメントが流れるたびに、保育園では絶対に無理。 園児も保護者も、保育士だって、家にいたほうがいい。 けれど、今でも3分の1から半数近くの子が登園している。 矛盾を感じる」 最近、高熱を出して休む子がいた。 昼寝中にゲホゲホと激しく咳き込む子もいて、誰が感染していてもおかしくない。 いつもは登園する親子を笑顔で迎えるが、今は「なんで登園するのだろう」「なぜ自治体は休園にしてくれないのだろう」と思ってしまい、笑顔になれないという。 とはいえ、自分から勤務を休みたいと言ってしまえば、その分の給与が減ってしまう。 佐藤さんは「保育士の仕事にはやりがいがあるが、賃金は低いと諦めてきた。 こんな思いをしながら働いてきて、もしここで賃金カットされるのであれば、保育士は完全に使い捨てだ」と感じている。 佐藤さんのような不安を覚える保育士は、決して少なくない。 都内の別の認可保育園で保育士として働く横田理恵さん 仮名、30代 の認可保育園では、出勤しない日は「特別休暇」となり、非常勤の給与は6割、正職員は基本給のみ支給されることになった。 横田さんは子育て中のため非常勤職員として働いているが、幸い、夫の収入は安定している。 「自分の子の面倒を見るため早番や遅番はできず、普段から同僚並みには働いていない。 だから、私の場合はしかたがない」と受け止めている。 しかし、同僚の独身の非常勤保育士は「給与が6割になったら生活できないから休めない」と悩んでいる。 こうした例は他にもあり、あちこちから「保育士が交代で休むよう命じられ、出勤しない日は給料が6割になると言われて困っている」という声が聞こえる。 「ノーワークノーペイ」は適切なのか 普段、保育士を比較的いい待遇で雇用している保育園でも、「ノーワークノーペイ」の考え方を取る園は少なくない。 実は、こうしたコロナ関連による休業で賃金がカットされるのは適切な対応とはいえない。 社会福祉法人や株式会社などが運営する私立の認可保育園には、園児の年齢や地域、保育園の定員規模によって保育に要する単価を指す「公定価格」に基づいて計算された運営費である「委託費」が、国、都道府県、市区町村の税金と保護者が支払う保育料から支給される。 これは毎月1日の在籍児数に基づいて計算される。 委託費の8割が人件費であり、国が示す2020年度の保育士の年間賃金は全国平均で395万円となる 処遇改善費や法定福利費を含まない。 委託費は基本的な人件費、事業費、管理費となる運営費のほか、保育の体制に応じて「加算」がつく。 例えば、3歳児の保育士配置基準は子ども20人に対して保育士1人 20対1 だが、それを15対1にして人員体制に厚みを持たせている場合は加算がつき、保育園の収入が増える。 もし、コロナの影響で保育士が出勤できず要件を満たせなかったとしても、特例として加算分も減らさずに支給される。 市区町村からの自粛要請に合意し、登園する園児の数に見合った保育士の人数だけ出勤とする場合の休業者や、感染者や濃厚接触者の休業、休園のいずれの場合でも、給与を減らさず支給するものと想定して委託費を減らさずに支給している。 ノーワークノーペイという状況は想定していない」としている。 つまり、国は人件費を含む運営費を満額出しているのだから、「ノーワークノーペイ」という判断は好ましくないのだ。 ちなみに、公立保育園で働く保育士が休業した場合、少なくとも常勤職員は満額の給与が支払われる。 国家公務員については常勤・非常勤を問わず有給 賃金100% となる。 保育士は地方公務員になるため、実際の非常勤の支給範囲は各自治体が決めているが、総務省は「常勤・非常勤を問わず国家公務員と同様の有給 賃金100% にするよう助言している」と話す。 そもそも「雇用調整助成金」とは、雇用維持のための対策として、売上高が前年同月比で5%以上低下した事業者で、労働者を1人も解雇せず休業を行った場合に、1人1日当たり8330円を上限に助成金が企業に対して支払われる フリーランスは個人が直接申請。 厚生労働省によれば「例えば、保育園のなかでも、公費による収入がない認可外保育園であれば、登園自粛や休園に伴い利用料を保護者に返金するなどして前年同月比で5%収入が減るなどの要件を満たせば、雇用調整助成金を申請できる。 一方、認可保育園の場合は、公費にあらかじめ人件費が含まれ、売り上げに当たる『委託費』が100%保障されており『売り上げ』は減らないため、要件を満たさず、雇用調整助成金の対象にはならない」と説明する。 また、「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」は、小学校や保育園に通う子のいる労働者 保護者 が、子の預け先が休業したことで休業を余儀なくされた場合の賃金補償となる。 認可保育園で働く保育士が子をみるため休んだとしても、認可保育園に満額の人件費が払われている以上は、公費の二重取りになる可能性がある。 本稿執筆時点、内閣府は「正式見解を準備しているところ」としている。 内閣府はホームページに公開している「新型コロナウイルス感染症により保育所等が臨時休業等した場合の「『利用者負担額』及び『子育てのための施設等利用給付』等の取扱いについてFAQ」で近く、正式見解を公表する予定だという。 コロナで露呈した「委託の弾力運用」の問題 筆者が今回取材するなかで、「休むと賃金が6割になる」という傾向があった。 これは、労働基準法の「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない」 第26条 を意識して応用したものと見られる。 しかし、そもそも、今回のコロナ問題で国が「従前通りに給与を支払うことを想定して人件費を含む公定価格を減らさない」のだから、賃金カットは適切でないと言え、保育士は少なくとも委託費に計上されている賃金の100%を主張できるはずだ。 コロナ関連での休業中の賃金額について、事業者の対応でブラック保育園かどうか見極められるだろう。 介護・保育ユニオンの相談員の池田一慶さんはこう指摘する。 「公衆衛生を守るという観点から、一義的には、国がどのような職種でも一律で休業手当をつけて給与を補償すべきだ。 特に保育士についていえば、人件費を含む委託費が行政から100%出ているのであれば、きちんと休業補償しなければならない。 一人ひとりの生活があるのだから、正規・非正規を問わず賃金は100%補償されるべきだ」 そして、保育に詳しい東京きぼう法律事務所の寺町東子弁護士はこう見る。 「委託費が100%支給されている以上、補助金という性質からも、 受け取った 人件費分はすべて人件費に充てるべきだ。 委託費が適切に使われなければ補助金適正化法に違反する可能性もあり、違反すれば罰則もつく。 ただ、園によっては一部の保育士にだけ出勤を求める場合もあり、出勤する保育士は職場での感染リスクを負うが、現時点では公費から危険手当が出るわけではない。 自宅待機を命じている保育士にも一定の賃金を支払ったうえで、一部を危険手当として出勤している保育士に充てるのも合理的ではないか」 コロナ禍の混乱に乗じて保育士の賃金カットが行われるのは、筆者が以前から問題視してきた「委託の弾力運用」が根底にある。 国の規制緩和によって2000年以降、私立の認可保育園では委託費の8割を占めるはずの人件費を他に流用できるようになり、行政から受け取った人件費を満額使わず、保育士が低賃金になる問題が起こっている。 介護・保育ユニオンの池田さんも「この10年、20年の間で見過ごされてきた委託費の弾力運用の問題が、コロナという緊急時に露呈した。 早急に見直さなければならないだろう」と指摘する。 繰り返すが、今回のコロナ禍の影響で出勤しなくても給与が満額支払われるよう、国は保育園に従前通りの人件費を支給している。 前述した「公定価格」は認可保育園のほか小規模保育園などにも定められており、処遇改善加算などの加算も含めて全てが支給される。 もし給与カットされている場合は、勤め先の保育園に理由を尋ね、その理由によっては交渉したほうがいいかもしれない。

次の

〈反響に応えて〉「コロナで崩壊寸前の保育現場」にコメント多数 「保育士は誰が守ってくれるの?」厚労省と東京都に声を届けました

京都 保育 士 コロナ

手洗いのポイント• 手を洗った後、清潔なタオルやペーパータオルで水分をしっかりと拭き取りましょう。 アルコールによる手指消毒の際は、乾くまでしっかり揉み込みましょう。 (ぬれた状態では、ウイルスなどがくっつきやすくなります。 いろいろなところを触った手はウイルスや細菌がついている可能性があります。 手を洗う前に、目、鼻、口などに触れると感染のリスクが高まります。 咳エチケットについて• 咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。 対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離でおよそ2mとされています)が、一定時間以上、多くの人々との間で交わされる環境は、感染リスクが高まります。 感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。 マスク着用の際は正しく着用しましょう。 (鼻までしっかり覆う)• 多くの人が集まる場所に行くとき、咳やくしゃみをしている人の近くにいるときや、自分自身に咳やくしゃみの症状があるときにマスクを着用するようにしましょう。 マスク着用中はマスクに触れないようにしましょう。 詳しくはをご覧ください。 基本的な感染症対策をしっかり行いましょう。 新型コロナウイルス感染症について• 主な症状は、発熱、咳、全身倦怠感です。 肺炎を起こすことがあり、死に至ることもあります。 国内の一部地域には、小規模の患者クラスター(集団)が把握されている状態になっています。 しかし、現時点では、まだ大規模な感染拡大が認められている地域があるわけではありません。 海外から帰国された皆さまへ 流行地域を含む海外から帰国される際に検疫所からの指示があった場合には、その指示に応じて行動いただきますようお願いします。 また、ご自身の健康状態に注意を払っていただき、症状等気になることがある場合は、へご連絡ください。 流行地域 アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウルグアイ、英国、エクアドル、エジプト、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガボン、韓国、ガーナ、カーボベルデ、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、ギリシャ、キルギス、クウェート、クロアチア、コソボ、コロンビア、コンゴ民主共和国、コートジボワール、サウジアラビア、サントメ・プリンシペ、サンマリノ、ジブチ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、赤道ギニア、セルビア、セントクリストファー・ネービス、タイ、台湾、チェコ、中国(香港及びマカオを含む。 )、チリ、ドイツ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トルコ、デンマーク、ニュージーランド、ノルウェー、パキスタン、バチカン、パナマ、バハマ、バルバドス、ハンガリー、バングラディッシュ、バーレーン、フィリピン、フィンランド、フランス、ブラジル、ブルガリア、ブルネイ、米国、ベトナム、ベラルーシ、ベルギー、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、ポーランド、マルタ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、モナコ、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、モーリシャス、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ルーマニア及びロシア 専用相談窓口、帰国者・接触者相談センター 次の症状がある方は、直接、医療機関へ受診せず、事前に下記問い合わせ先までご相談ください。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある。 基礎疾患がある方や高齢者など重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある。 上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続いている。 詳しくは国が定めた目安をご確認ください。 注意:この目安は、府民のみなさまが、相談・受診する目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 相談の結果、必要に応じて、 受診時間や受診方法(移動方法・医療機関の入口)などについてお伝えいたします。 なお、一般的な相談についても相談いただけます。 その他の相談専用窓口• 厚生労働省電話相談窓口 電話番号: 0120-565653 受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)• 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる検査に公的医療保険が適用されることになりました。 検査は、これまでどおり専用相談窓口(帰国者・接触者相談センター)で紹介された医療機関を受診された方が対象となります。 患者を診察した医師が新型コロナウイルス感染症の疑いがあると判断した場合に、民間の検査機関を利用して検査を行うことが可能になります。 健康状態に不安のある方は、「」(厚生労働省健康局結核感染症課)を御確認の上、に御相談ください。 休業や失業で、生活資金にお悩みの方へ 京都府社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、生活福祉資金(緊急小口資金等)貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付を実施しています。 詳しくは京都府社会福祉協議会のHPをご確認ください。 (京都府社会福祉協議会HP)• (参考:厚生労働省特設HP) 宿泊施設の方へ 新型コロナウイルス感染症予防のため、以下の対応について御留意いただきますようお願いします。 施設利用者の健康状態に留意し、発熱、咳等の症状がある場合には、新型コロナウイルス感染症に係る専用相談窓口(帰国者・接触者相談センター)へ連絡してください。 石けん及び流水による手洗いの励行、咳やくしゃみの症状を呈する場合の咳エチケット(マスクの着用)について掲示等により周知をお願いします。 可能な限り、ロビー、手洗い場等への消毒用エタノールを設置してください。 施設・設備については、0. 05~0. 京都府新型コロナウイルス感染症対策本部会議等 第18回京都府新型コロナウイルス感染症対策本部会議の開催について(令和2年5月27日)• トイレットペーパーやマスクの状況 トイレットペーパーについて トイレットペーパーやティッシュペーパーが不足しているという情報が、SNS等で広がっていますが、100%近くが国内生産であり、十分な在庫があります。 一部店舗での品切れも、順次解消していく見通しです。 通常どおりの生産・供給が行われており、今後とも不足する懸念はありません。 消費者の皆様には、安心して落ち着いた行動をお願いするとともに、買占めや転売などの行為によって、必要な方にトイレットペーパーなどが届かないといったことがないように、ご理解とご協力をお願いいたします。 マスクについて マスクについては、毎週1億枚以上のマスクをお届けできるようになっていると厚生労働省から発表されています。 消費者の皆さまには、風邪や感染症の疑いがある方などに届くよう、冷静な御対応をお願いいたします。 特別定額給付金に関する詐欺や偽サイトにご注意ください! 特別定額給付金の給付を装った詐欺にご注意ください! 今般、政府予算案において決定された「特別定額給付金」を装った「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください。 政府機関や自治体等を装った偽サイトにご注意ください! ホームページのアドレスの末尾に見慣れない末尾文字があるなど不審に思った場合は、安易にアクセスせずに、本物のサイトのURLを確認してください。 新型コロナウイルスに便乗した悪質商法等にご注意ください! 新型コロナウイルスの感染拡大による不安な気持ちに便乗した、消費者トラブルが発生しているとの報告が寄せられています。 関連リンク 感染症に関すること (厚生労働省ホームページ) (首相官邸ホームページ) 京都府の危機管理に関すること (京都府ホームページ) 海外渡航に関すること (検疫所ホームページ) (外務省ホームページ) 国への要請等に関すること• (全国知事会ホームページ)・・•

次の