ゆで 豚。 角煮のゆで汁でスープ

ポトフ|レシピ|ゆとりの空間

ゆで 豚

箸を入れると、ほろほろと崩れるほどやわらかい豚の角煮、おいしいですよね。 一緒に煮込んだ玉子などにも味が染み込んで、豚の角煮と一緒に食べると、より一層おいしいんです。 そんな豚の角煮ですが、自宅で作るとなると結構大変な印象を持っている方も多いのではないでしょうか? 煮物って料理の腕がそのまま出ちゃいそうで、どうも敬遠してしまいがち。 特に豚の角煮は、硬くなってしまったり、さが出なかったりすると、もったいないですよね。 でも、そこはコツさえ覚えちゃえば、ちゃんと自宅でも美味しく作れるんです。 そこで今回は豚の角煮をおいしく作るコツを科学的に御紹介してみたいと思います。 まず、基本的な作り方を御紹介します。 材料(2人分)• 豚バラかたまり肉…400g• サラダ油…少々• 片栗粉…適量• 水…400cc• 酒…大さじ3• 砂糖…大さじ3• 醤油…大さじ4• おろし生姜…小さじ1• 茹で卵…2個 作り方• 豚バラかたまり肉を5㎝角に切り、フライにサラダ油を引いて中火にかけ、 豚バラ肉に片栗粉(でも可)をつけて全面に焼き色がつくまで焼く。 圧力鍋に豚バラかたまり肉とひたひたの水 分量外 を入れて蓋をして強火にかけ、圧力がかかったら弱火で20分煮る。 下ゆでを40分短縮できます• 火を止めて5分蒸らす。 圧力が下がったら蓋を開け、ぬるま湯で肉を洗う。 圧力鍋に水・酒・砂糖、豚バラかたまり肉を入れて強火にかけ、圧力がかかったら弱火で10分加熱し、火を止めて5分蒸らす。 圧力が下がるまでそのままおく。 圧力鍋でやれば、時間に追われている人でもすぐにトロトロな絶品角煮を食べられますよ。 それでは、この工程の中でほろほろな角煮にするためのポイントを科学的に説明していきます。 ポイント1:茹でる前に焼くのを忘れずに まず初めにお肉の全面に焼き色をつけていくことで、お肉の旨味が逃げていくのを防ぎます。 ここで片栗粉(でも可)をつけることが重要です。 豚の角煮のさのキーとなっているのは肉汁です。 片栗粉で肉汁が逃げて行かないようにしっかりとコーティングし焼いていくことで、肉の旨味をギュッと閉じ込めておくことができます。 ポイント2:下茹ではしっかり おいしい角煮を作る際に一番の肝はこの下茹でなんです。 普通のお鍋でやると1時間もかかるので、少し手間ですが、ここでしっかり下茹でができるかどうかが角煮の味を左右するんです。 下茹での目的は、余分な脂を取り除くことと、お肉を柔らかくすること。 豚バラ肉って脂が多いですが、とろとろの脂身をいただくことこそが角煮の味でもあります。 そこで、下茹でをじっくりすることで余計な脂肪を落とし、おいしいところだけを残すことができます。 さらに選ばれし脂身たちをコトコト弱火でじっくり煮てあげることで、硬い筋がゼラチン質に変わり、とろける脂身を生み出すことができます。 このとき、茹で汁が減ってきたらひたひたになるくらいまでお湯を足してあげてください。 お肉は空気に触れると硬くなってしまうので、しっかり見守ってあげてください。 ポイント3:落し蓋を忘れずに ついに調味料を入れて味をつけていく作業に入るわけですが、調味料をすべて加えた後に落し蓋をすることで、水分の蒸発を防ぎ、蓋の中でおいしさを包み込むことができますよ。 この煮込み時間のあいだに、さらにとろっとした角煮に近づいています。 ここでじっと待って、お肉にしっかりと味を染み込ませ、愛情もたっぷり注ぎましょう。 また、この時にくれぐれも焦がさないように注意してくださいね。 以上、ほろほろな豚の角煮の作り方の3つのポイントを御紹介しました。 豚の角煮は、メイン料理にも酒のつまみにもなって万能です。 なかなか遠ざかっていた豚の角煮も、この3ステップさえ押さえてしまえばだれでも簡単に作ることができますよ。 普段よりちょっとだけ時間をかけて、愛情たっぷりのな角煮であたたかい食卓を囲めると幸せですね。 作者 みず生 高知県出身の女子大生グルメライター。 食べ歩きの趣味が高じて女子大生フードライターに。 バイト代の8割は食費に投資し、まだ見ぬ美味しさを求めて食べ歩き続けている。 フードクリエイティブファクトリーへのインターンシップでの経験を経てバズる(拡散する)レシピの探求を開始。 バズるレシピ勉強会を開催するなど、ユーザーが関心を持ち、楽しんでもらえるレシピを探求している。 ホームページ 【価格限界挑戦宣言!】で熟成肉など人気の肉料理を味わい尽すならココ!.

次の

「ピリ辛葱豚そば」でランチ。(ゆで太郎本所吾妻橋店:墨田区吾妻橋3丁目)

ゆで 豚

豚の角煮の下ごしらえ 豚バラ肉の塊は、購入するときに 脂身が多すぎず、脂と身のバランスがよいものを選ぶとよいです。 それを3〜4㎝幅に切ります。 続いて、できるだけ大きな鍋に米のとぎ汁を用意して、切った豚肉を入れて下準備の完了です。 米のとぎ汁で豚肉をゆでることで、肉の臭みが抑えられ、仕上がりがぐっと美味しくなります!• また、生姜と(好みで)ゆで玉子を用意しておきます。 これは下ゆで後に使うので、用意できるタイミングで切ったりゆでたりしておきましょう。 鍋を強火にかけ、沸いてきたら弱火にして、 蓋を少しずらした状態で30分間下ゆでします。 蓋をしたら弱火でも吹きやすいので、蓋をしてギリギリ吹きこぼれないくらいの水分量でやってみてください。 30分間下ゆでする間の中の状態は、弱火といってもとぎ汁が鍋の中で対流するくらいの火加減で行います。 30分後に火を止めて、蓋をきっちり閉め、30分蒸らします。 蒸らしが終えたら、強火にかけて沸いたら蓋を少しずらし、再び弱火で30分間ゆでます(鍋の水は取り替えずそのまま最後まで続けてゆでていきます)。 あとは同じように、時間がくれば蓋をして蒸らし、もう一度同じことを繰り返します(合計ゆで時間は1時間半、蒸らし時間も1時間半)。 少し肉が動きづらいので、ゆでるときに途中1回ほど肉の向きを変えるなどして全体に火を通し、脂が出やすくするとよいと思います。 ですので、まずは鍋を中火にかけて沸いたら火を少し弱めて30分煮ます。 もしゆで玉子を入れるのであれば、最後の2〜3分だけ一緒に煮ればOKなので、豚肉を端に寄せるか立ててスペースをあけ、玉子を入れます。 30分経ったら火を止め、少し煮汁が少なくなっているので、キッチンペーパーを上にかぶせ、そのまま冷まします。 当日でも美味しいですが、翌日に食べるのもしっかり味がしみるのでおすすめです。 冷めた鍋を弱火を少し強くしたくらいの火加減でじっくり温めます(完全に冷たいときは蓋をして蒸らしながら温めるとよいです)。 玉子があれば温まった段階で取り出して半分に切っておき、豚肉の芯まで温まれば、それぞれ器に盛り付け、練り辛子を添え、煮汁を全体にかけて完成です。 好みでゆでたオクラやチンゲン菜などを添えても美味しいです(角煮丼も美味しいですよね!)• 仕上がりの状態で煮汁から豚肉が顔を出しているので、 日持ちは冷蔵庫で3〜4日ほどを目安にするとよいと思います。 冷凍保存も可能(肉のみ)なので、せっかくならまとめて作っちゃいましょう!• 水でゆでた場合と、米のとぎ汁でゆでた場合、同時にやって比較して見ましたが、 米のとぎ汁で下ゆでしたほうが明らかに肉の臭みがなく、美味しいゆで上がりでした。 最後の煮汁で30分煮るのはちょうどよい加減だと思いますが、煮詰め加減は好みで味をみつつ調整してみるとよいと思います。

次の

生とゆで−ゆでるとカロリーが減る?

ゆで 豚

豚の角煮の下ごしらえ 豚バラ肉の塊は、購入するときに 脂身が多すぎず、脂と身のバランスがよいものを選ぶとよいです。 それを3〜4㎝幅に切ります。 続いて、できるだけ大きな鍋に米のとぎ汁を用意して、切った豚肉を入れて下準備の完了です。 米のとぎ汁で豚肉をゆでることで、肉の臭みが抑えられ、仕上がりがぐっと美味しくなります!• また、生姜と(好みで)ゆで玉子を用意しておきます。 これは下ゆで後に使うので、用意できるタイミングで切ったりゆでたりしておきましょう。 鍋を強火にかけ、沸いてきたら弱火にして、 蓋を少しずらした状態で30分間下ゆでします。 蓋をしたら弱火でも吹きやすいので、蓋をしてギリギリ吹きこぼれないくらいの水分量でやってみてください。 30分間下ゆでする間の中の状態は、弱火といってもとぎ汁が鍋の中で対流するくらいの火加減で行います。 30分後に火を止めて、蓋をきっちり閉め、30分蒸らします。 蒸らしが終えたら、強火にかけて沸いたら蓋を少しずらし、再び弱火で30分間ゆでます(鍋の水は取り替えずそのまま最後まで続けてゆでていきます)。 あとは同じように、時間がくれば蓋をして蒸らし、もう一度同じことを繰り返します(合計ゆで時間は1時間半、蒸らし時間も1時間半)。 少し肉が動きづらいので、ゆでるときに途中1回ほど肉の向きを変えるなどして全体に火を通し、脂が出やすくするとよいと思います。 ですので、まずは鍋を中火にかけて沸いたら火を少し弱めて30分煮ます。 もしゆで玉子を入れるのであれば、最後の2〜3分だけ一緒に煮ればOKなので、豚肉を端に寄せるか立ててスペースをあけ、玉子を入れます。 30分経ったら火を止め、少し煮汁が少なくなっているので、キッチンペーパーを上にかぶせ、そのまま冷まします。 当日でも美味しいですが、翌日に食べるのもしっかり味がしみるのでおすすめです。 冷めた鍋を弱火を少し強くしたくらいの火加減でじっくり温めます(完全に冷たいときは蓋をして蒸らしながら温めるとよいです)。 玉子があれば温まった段階で取り出して半分に切っておき、豚肉の芯まで温まれば、それぞれ器に盛り付け、練り辛子を添え、煮汁を全体にかけて完成です。 好みでゆでたオクラやチンゲン菜などを添えても美味しいです(角煮丼も美味しいですよね!)• 仕上がりの状態で煮汁から豚肉が顔を出しているので、 日持ちは冷蔵庫で3〜4日ほどを目安にするとよいと思います。 冷凍保存も可能(肉のみ)なので、せっかくならまとめて作っちゃいましょう!• 水でゆでた場合と、米のとぎ汁でゆでた場合、同時にやって比較して見ましたが、 米のとぎ汁で下ゆでしたほうが明らかに肉の臭みがなく、美味しいゆで上がりでした。 最後の煮汁で30分煮るのはちょうどよい加減だと思いますが、煮詰め加減は好みで味をみつつ調整してみるとよいと思います。

次の