ある日私は冷血公爵の娘になった 36。 ピッコマ全般 Part.5

403 Forbidden

ある日私は冷血公爵の娘になった 36

捨てられた皇妃のあらすじは? あそこは私がいるべき場所だったのに・・・ 神に選ばれし子が皇后になるという風習のあるカスティーナ帝国。 神のお告げによって生まれたアリスティアは幼いころから次期皇后としての教育を受けていました。 そして今の皇太子が皇帝になるときには当然皇后になるものと思われていました。 そんな中、王宮の泉に神秘的な少女が現れました。 西洋がモデルかと思われるこの世界では珍しく、黒髪で黒い瞳を持った一風変わった見た目の女の子です。 名前は「美優」、間違えなく日本人ですね 笑 「神に選ばれし子は美優だった」と最終判断が下され、美優が皇后そしてアリスティアは皇帝の後妻「皇妃」となってしまいます。 皇帝を愛し愛されることにあこがれていたアリスティアは、自分の座を奪っておきながら皇后になったことに対して不満たらたらな美優に対し憤りを感じながら生活していました。 ある日、美優は皇帝ルブリスとの子を身籠ります。 しかしまもなくして、街に出かけた美優が襲われたというのです。 襲撃され美優は子供を流産してしまいます。 当然許されるべきではない行為、それを犯したのがアリスティアの父だというのです。 皇帝はアリスティアに、父を助けてほしければ私の靴をなめなさいと言います。 アリスティアは唯一の血縁である父を助けようと皇帝の言う通りにしますが、皇帝は冷たい声でこう言います。 「そなたの父親は今朝処刑した」と。 あふれんばかりの怒りからアリスティアは皇帝を、自身の髪飾りで刺してしまいます。 皇帝は一命をとりとめましたがアリスティアは反逆罪として斬首刑に処されます。 アリスティアは公開処刑の中、皇帝の顔をみてこう誓います。 二度とあなたを愛したりはしないと。 ・・・ 目が覚めるとアリスティアはベッドの上にいました。 なんとも見覚えのある部屋、小さな手。 なんとアリスティアは9歳の自分に転生していたのです。 アリスティアは二度と同じ運命を繰り返すまいと誓います。 捨てられた皇妃はどこで読めるの? 「捨てられた皇妃」の原作は韓国の小説です。 日本語版は漫画アプリのピッコマで読めます。 現在はピッコマの独占配信となっています。 2話までは無料で、そのあとの話は1日1話までは無料で読むことができます。 私は続きが待てず一気読みしてしまいました 笑 単行本が2巻まで発行されていますので、そちらで読むのもおすすめです。 毎週土曜日に1話ずつ更新されています。 捨てられた皇妃59話の感想! ちびルブが拝める59話!ちっちゃいころのアリスティアもかわいらしいです。 でもでも、騎士スタイルのアリスティアも美しくてもう、色々楽しめる回です。 パパも登場しますよ。 ルブリスの過去 ルブリスは皇太子という立場もあってか、周りにあまり恵まれていなかったようです。 父親は自分に興味がないし、母親には冷たい視線を浴びせられていました。 そのほかに近づいてくる人は、何かを計算しているように見える。 そんな中であったのがアリスティアでした。 まだ幼く無垢なアリスティアは、ルブリスに無邪気な笑顔を向けます。 なんの下心なくルブリスに接してくれるのはアリスティアと、その母であるジェレミアだけだと、ルブリスは心のありかをここに見つけるのでした。 それなのに、ジェレミアがなくなり、アリスティアは自分を恐れているということにルブリスは落胆します。 それならなんでアリスティアにあんな態度をとったのか謎ですよね。 自分と比較されるからか。 ルブリスとアリスティアの出会い ルブリスとアリスティアの出会いはなんだか和やかな感じです。 今までの話を読んでいると、まるでこの時のことがトラウマになってアリスティアがルブリスを恐れているといったような感じかと思いましたが、むしろ逆でした。 初対面の日に、ルブリスはアリスティアとアリスティアの母、ジェレミアと対面します。 ジェレミアとルブリスがこのとき初対面だったのかどうかはわかりません。 ただ、アリスティアは母を亡くした際に、そのショックで母親との記憶をなくしてしまったそうです。 そうですよね。 前に母親の記憶はないと言ってましたもんね。 それで、母親と結びつくルブリスに対してショックがよみがえるという感じでしょうか?(そこまでジェレミアさんとルブリスがアリスティアの中で結び付くかといわれるとそうでもない気がしますが。 ) アリスティアがモニーク家の後継者に パパとカルセインの父と3人話をするアリスティア。 どうやら第一騎士団の跡継ぎは第二騎士団に、第二騎士団の跡継ぎは第一騎士団でそれぞれ修行するようです。 お互いの剣術を学ぶためだそうですが。 そこでアリスティアは第一騎士団に所属することになります。 それが意味するのは・・・ アリスティアがモニーク家の跡継ぎとして認められた!!!!! 良かったね、アリスティア。 あれだけ運命から逃れようと頑張った買いがあったね。 お姉さんはうれしいよ(誰目線だ) ちなみにカルセインも第二騎士団に来ているらしいですよ。 そしてついに初出勤。 なんと第一騎士団には別に女性騎士がいるみたいです。 これが新キャラ。 まだ名前はわかりませんが、アリスティアよりは年上でしょうね。 これからが楽しみです。 これからどうなる アリスティアのニューヘアも見られたところで、新しい物語が進んでいきます。 アレンディスとの関係はどうなっていくのかも気になりますが、カルセインが騎士しているところも見たいですね。 そしてルブリスの心境は。 あ、あと新キャラも気になりますね。 「捨てられた皇妃」を電子書籍で読むなら? 「捨てられた皇妃」を電子書籍で読むのであれば、ebookjapanがおすすめです。 ebookjapanは、国内最大級の電子書籍を扱っているサービスで、無料で読めるマンガは2000冊を超えます。 とにかく漫画に強いという特徴があり、配信数約64万冊のうちほぼ半数以上が漫画です。 その中でも、女性向け漫画が充実していて、少女漫画特集なんかもめちゃくちゃ充実しています。

次の

少女漫画雑誌 なかよしの対象年齢について

ある日私は冷血公爵の娘になった 36

ある日、私は冷血公爵の娘になった最新話含むネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第8話】のネタバレはこちらから これから「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第9話】のネタバレを含む内容をご紹介します。 私はフルカラーで絵柄も可愛い「ある日、私は冷血公爵の娘になった」を漫画で読むのがいちばん良いと思うのですが、「明日の朝イチで『ある日、私は冷血公爵の娘になった』のネタバレを校了しないといけない」という編集者のかたもいるでしょう。 ぜひこのネタバレをご活用ください。 もし文章のネタバレではなく絵付きで「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第9話】 が読みたい!ということであれば ピッコマで「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第9話】が読めますよ。 (待てば無料です) 目次• ある日、私は冷血公爵の娘になった【第9話】のネタバレ 乗馬でお散歩 カルルに乗馬に連れてきてもらったエステル。 初めて見る馬の大きさに感動しています。 エステルの護衛騎士のエメルは、カルルに落馬に気をつけるように言います。 魔族の血が流れる特殊な体質のカルルと違って、エステルは普通の女の子なので、落馬したら死んでしまうかもしれないと。 エメルの冗談を真に受けたカルルは「やっぱやめる」と言いだし、「おにーさまの嘘つき!」と怒るエステル。 そんなエステルに、ポニーを買ってもらうことを提案するエメル。 ポニーならエステルでも一人で乗れます。 カルル橋のほうまで行こうと提案してくれました。 先日エステルが行こうとして迷子になってしまった場所です。 森ばかりで何もない道を、馬でお散歩します。 この森は全部公爵家の一部で、森の外には村もあると聞いて、ちょっとドン引きするエステル。 初代帝国の子孫であり、帝国唯一の公爵は財力と権力もありながら血統書つき。 それは前回の第8話でエメルが言っていたように、出る杭は打たれる目障りな存在というのも頷けます。 そんなことをぼんやりと考えていたら、いつのまにか橋に到着していました。 精霊石 流れる川には鉱山から出た精霊石のかけらが落ちていました。 このあたりは精霊石の産地だそうです。 精霊石は自然のパワーが凝縮された不思議な石で、魔法道具を作ったり、オーラを増幅・安定させるために騎士の剣などに装飾のようにつけられています。 鉱山自体はカスティージョ家の所有ですが、管理は皇室がしているほど高価で貴重な石なのです。 かけらには何の力もありませんが、川に落ちている精霊石のかけらのきらめきは、夜は見ものだそうです。 帰り道、エメルはエステルを自分の馬の方に乗せたかったようですが、カルルは「いいから俺の馬に乗せろ」と命令します。 「わたしジャマじゃない…?」とちょっと心配になるエステルですが、「邪魔ならとっくにエメルに代わってもらってる」とぶっきらぼうですがカルルの愛情がとてもうれしくて、今日は生まれて一番幸せな日だと思うほどでした。 魔族の血 ハーデル先生は、カスティージョ家は皇帝にはなれないと教えてくれました。 実際は違うのですが、魔族の血が流れていると恐れられている公爵やカルルを、皇帝にするような国はありません。 しかし、ハーデス先生は、エステルだけは皇帝になれる器だと明言するのです。 ある日、私は冷血公爵の娘になった最新話含むネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ピッコマを使えば「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の最新話を 今すぐ無料で読むことができます。 ある日、私は冷血公爵の娘になった【第9話】の感想 カルルくんは、もうすぐアカデミーに戻ってしまうので、可愛いエステルを連れ出して遊んであげたいという兄ごころにホッコリする第9話でした。 あと公爵家の敷地はとても広いんですね。 鉱山ひとつ所有しているとは。 さて、次回の第10話では、ハーデスせんせいが公爵家の血筋とエステルの存在について掘り下げて解説してくれます。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になってください!.

次の

異世界で精霊師はじめます。を絶対無料で読めるサイトはここ!

ある日私は冷血公爵の娘になった 36

ある日、私は冷血公爵の娘になった【第61話】のネタバレ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の【第61話】のネタバレは近日更新予定です!! ある日、私は冷血公爵の娘になった【第60話】のネタバレ エステルを狙うものはたくさんいるだろう。 しかし今は一時の休息だ。 エステルはアンと馬小屋で遊ぶのだった。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第60話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第59話】のネタバレ 現実世界でもファンタジーでも外出自粛! そんな命がエステルにくだった。 眠れない夜を過ごすエステルをエメルか尋ねた。 カルルとエステルは弓の訓練をした。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第58話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第57話】のネタバレ 薬の材料はあっという間に揃ってしまった。 アンが身の上話をしてくれた。 今日はハーデル先生の授業もある。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第57話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第56話】のネタバレ エステルはエメルに気にやまないように告げる。 アンは治癒の薬を調合できるらしい。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第56話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第55話】のネタバレ エステルは二つの精霊に名前をつけた。 アルファとエンド。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第55話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第54話】のネタバレ 洞窟から引き込まれた世界 待っていたのはレイ・ラシャードと精霊。 エステルは契約できるか! 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第54話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第53話】のネタバレ 13と同居することになったエステル。 13に名前がないことに気づいた。 エステルは13に名前をつけてあげることにした。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第53話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第52話】のネタバレ 13は女の子! パパに13を屋敷に住まわせる交渉をするエステル。 その結果、、、 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第52話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第51話】のネタバレ 心を取り戻したエステル。 エステルは13が保護されているのを聞いた。 xbiz. エステルは自分を取り戻そうと、 ベランダの縁に立った。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第50話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第49話】のネタバレ エステルのピンチ! パパはレプトンに殴り込みをかけた! エステルとじゅーさんはどうなる! 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第49話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第48話】のネタバレ レプトンは実験を開始する。 魔族と人間の血を混合する実験だ。 パパは間に合うか! 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第48話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第47話】のネタバレ エステルは暗闇の中でも気高に絶望しない。 脳裏にユイの記憶も浮かんだ。 カルルは闇市でレプトンの足取りを追った。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第47話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第46話】のネタバレ エステルを拉致した犯人。。。 それはあの日の魔道士! エステルの前にイリアルもあらわれて、、、 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第46話】のネタバレの続きはコチラ ある日、私は冷血公爵の娘になった【第45話】のネタバレ 星座祭りのあとはエステルの誕生日だ。 みんなからプレゼントをもらうエステル。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第45話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第44話】のネタバレ 星座祭はいよいよスタートだ。 エレンとロイもダンスでいい感じだ。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第44話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第43話】のネタバレ 蒼鹿の間はエステルの新しい遊び場だ。 遠征に出たエレンたちも帰ってきた。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第43話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第42話】のネタバレ リドルとゼオンは故郷に帰った。 いよいよメインイベント、星座祭の準備だ。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第42話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第41話】のネタバレ 世間は冬休み、エステルたちも冬休みだ。 エステルたちはそりすべりなどで冬休みを満喫した。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第41話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第40話】のネタバレ エステルが自分の誕生日を知らないということで開かれた家族会議。 手がかりは寒い季節。 万能執事ケルソンは走り出した。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第40話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第39話】のネタバレ ホワイトホールは銀世界だった。 ここにエステルのおにーさまが訪ねる予定だという。 ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第39話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第38話】のネタバレ なんとエメルはパパにお仕置きで大ダメージを受けていた!! エステルはエメルの陣中見舞いに向かう。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第38話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第37話】のネタバレ エステル前にイリアルがあらわれて贈り物をくれるという。 パパも警戒していたが、エステルはその贈り物を受け取った。 イリアルをみんなが警戒する理由はまだわからない。。。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第37 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第36話】のネタバレ 魔道士がエステルの前にあらわれた。 警戒するが魔道士は礼を言いにきただけだという。 家に帰ると皇后さまの過去の恋愛スキャンダルが現在にもおよんでいるとエステルはきかされる。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第36 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第35話】のネタバレ 皇后さまの家に招待されてしまったエステル。 皇后さまの過去の恋愛のいざこざが。。。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第35 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第34話】のネタバレ エステルが精霊士なのはsecret on my heart… そこにとあるパーティーの招待が。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第34 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第33話】のネタバレ セルヴァン伯爵はほんとうにいい人らしい。 リリア、シャシャなど新キャラクターもお目見えだ。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第31 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第32話】のネタバレ この世界の真実、ついに明かされる精霊士の事実。 今夜、真実の街角で。。。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第32 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第31話】のネタバレ エステルに精霊石の声が聞こえることに、みんなびっくりしています。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第31 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第30話】のネタバレ 狩猟大会から勝手に帰ってきちゃいました…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第30 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第29話】のネタバレ 公爵が熊をゲットしてきました。 エメルは追い払おうとしますが…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第28 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第27話】のネタバレ 皇后と二人きりでお茶をします。 優しいひとだけど、なんだか疲れる…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第27 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第26話】のネタバレ 皇帝に悪態をつく公爵…。 みんなエステルに興味深心です。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第25 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第24話】のネタバレ 今日は狩猟大会。 エメルがエステルに大事な話があると言います。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第24 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第23話】のネタバレ 今回は正式に騎士団のお稽古を見学に行きます。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第23 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第22話】のネタバレ 「カスティージョらしさ」が分からないエステル。 エステルが来る前の屋敷の様子をロイが教えてくれました。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第22 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第21話】のネタバレ 公爵家の「混ざった子」について詳しく知りたがるエステル。 ハーデル先生は教えてくれるのでしょうか? 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第21 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第20話】のネタバレ エメルを護衛から外したエステル。 その理由をみんな誤解しているようです。 そりゃいきなり外したらみんなびっくりするよ…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第20 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第19話】のネタバレ こっそりナイトたちの練武を見に行きます。 早速エメルにバレるエステル。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第19 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第18話】のネタバレ 首都のお屋敷で、新しくついた召使いのジェーンに子供扱いされてムッとするエステルです。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第18 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第17話】のネタバレ 今日から首都に行くエステルたち。 わたし、社交界でうまくやれるかなあ…。 エステルは不安で仕方がありません。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第17 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第16話】のネタバレ 雨とカミナリが怖いエステル。 過去の壮絶な体験が明らかに…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第16 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第15話】のネタバレ カルルおにーさまがアカデミーに戻っちゃう…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第14 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第13話】のネタバレ 思い切ってパパに甘えてみたら、とんでもないことに!ちょっとタンマ! 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第13 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第12話】のネタバレ パパのお仕事を見学していたら、うとうとして寝ちゃったエステルです。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第12 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第11話】のネタバレ カルルとはすっかり仲良くなったエステル。 パパにはちょっと遠慮してしまって…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第11 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第10話】のネタバレ エステルは「混ざった」子だから皇帝になれるとハーデル先生が教えてくれました。 カルルも妹が可愛くて仕方がないようです。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第5 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第4話】のネタバレ お屋敷の庭園で迷子になるエステル。 そこへカルルがやってきて…。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第4 話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第3話】のネタバレ カルルと仲良くなったエステル。 カスティージョ家のことについて教えてもらいます。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第3話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第2話】のネタバレ 「エステル」として新しい生活を送ることになったピンクアイ。 お屋敷を探検していたら、熱でうなされている男の子の部屋に入ってしまいました。 その子は公爵にそっくり…!? 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第2話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第1話】のネタバレ 娼婦の娘、「ピンクアイ」は公爵に2万ゴールドで買われて、カスティージョ家に引き取られてきました。 立派なお屋敷で、私は召使いとして働くの!? 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」【第1話】のネタバレの続きはコチラ 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の登場人物 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」には、さまざまな性格の登場人物がたくさん登場してきます。 だからこそ、ストーリの内容が楽しくなるのですが、「ある日、私は冷血公爵の娘になった」の登場人物をここでご紹介します。 ますは主要メンバーから! エステル・カスティージョ ・本作の主人公。 ・10歳にして苦労人だが、ある日突然公爵令嬢になるというシンデレラガール。 ・超絶かわいい。 みんなメロメロ。 ・心配性。 娼婦にネグレクトされ、過酷な生活を送ってきたが、どういうわけか公爵に2万ゴールドで買われる。 目がピンク色。 母親の顔色をうかがって生きてきたせいか、10歳にして親より気ぃ遣い。 しばしば考えすぎを指摘される。 アイン・カスティージョ ・名門カスティージョ家の当主で、エステルのパパ。 ・血も涙もない冷血公爵だと言われ、恐れられている。 ・娘には甘い。 息子にはそっけない。 魔族の血筋で赤い目をもつのカスティージョ家。 向かうところ敵無し。 娘のエステルが可愛くて仕方ない。 不器用なりにエステルをガバッと持ち上げるのが愛情表現らしい。 底なしの財力でポニーを馬場ごと買い与えようとする親バカぶりを惜しげも無く発揮する。 カルル・カスティージョ ・カスティージョ家の長男。 エステルの兄。 ・4、5歳で真剣を振り回し、「オーラ」を習得した天才。 ・妹萌えに目覚めた。 好きな子には意地悪しちゃうタイプだが、一族の特性で「好き」という感情があまり分からないでいるという、エステルにも中二病と言われる始末。 エメル・アルトラーダ ・エステルの護衛騎士 ・公爵家騎士団のマスター ・イケメンの16歳。 言動が割と軽くて公爵にも文句言ったりするが、いざという時は命を張ってエステルを護れるナイト様。 エステルのナイトに選ばれたことを周りの騎士団員に自慢しているほどエステルが大好きだが、エステルにつきっきりで剣の稽古ができないとエステルに護衛を外される。 でもすぐ復帰。 その他の押さえておきたい登場人物 初期しか出てこないキャラからチョイ役まで!おさらいしないと忘れちゃうよ! エステルの母 公爵に娘を2万ゴールドで売ったエステルの育ての母。 娘を「ピンクアイ」と呼び、家で客の相手をするため娘を箱に閉じ込めて外に放り出すという、生活指導員が見たら卒倒するレベルのネグレクト母。 ユイ エステルの前世だった女子大生。 パリピだったと思われるが意外と常識もある。 俗世をほとんど知らないエステルが常識的な言動をしているのは前世のユイの記憶があるからというトンデモ設定。 アニー エステルの召使い。 エステルのスタイリングはおまかせ。 エステルにお菓子を与えすぎだと思われる。 ハーデル・クロイツ エステルの家庭教師。 お堅い性格だが意外と色々教えてくれる。 ケルソン 公爵の側近。 エステルの可愛さに度々ほっこりする姿がみられる。 ステファニー 首都のお屋敷での召使い。 クールなおねいさん。 ジェーン 首都のお屋敷での召使い。 人懐っこくて明るい女の子。 アスター・ウィンズ 騎士団の団長。 相当やり手。 ロイ エメルがエステルの護衛を外された後から担当になったナイトの一人。 ちゃらい。 キッチンを荒しまわる悪ガキ的なキャラ。 エレン エステルのナイトの一人。 女性騎士。 ジン エステルのナイトの一人。 口下手で不器用だが、エステルにも紳士的で好感がもてる青年。 セルヴァン伯爵 公爵に馴れ馴れしい。 ニコニコした顔の裏には何かありそう。 お孫さんはエステルと同い年らしい。 皇帝 優しそうなおじいちゃん。 公爵にいつもディスられている。 皇后 姑にしたくないタイプ。 ちょっと意味深な発言をしてくる。 まとめ 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」最新話ネタバレまとめでした。 最新話のネタバレではなく絵付きで最新話は読みたい場合は、ピッコマで。

次の