ラーメン 二郎 持ち帰り。 旨いと評判二郎 『ラーメン二郎 環七一之江店』

【テイクアウト】 人気二郎系ラーメンの持ち帰りメニューが最高すぎたw【家二郎】

ラーメン 二郎 持ち帰り

京王線仙川駅徒歩3分ぐらい 外観 営業時間 2020年5月18日の時点では 17時頃~売り切れまでっぽいです。 5月18日は18時01分に残り50食の案内があって、20時45分に売り切れの案内がありました メニュー 鍋二郎 700円 麺 100円 麺のみは二玉まで 鍋二郎とは… 仙川店においては、鍋を持っていくと二郎を店内で食べるのではなく、持ち帰ることが出来るというサービスがある。 ただし、現在は従来の鍋二郎と違い簡易的に鍋なしで、店側が用意するポリ袋に入れて購入することが出来る。 実際にこのような写真の状態で渡された。 重量 麺の量…約400グラム スープの量…約450グラム なお、下に引いた皿の重量は含まれていないが、 袋の重量は含まれている非常に中途半端な測定であることをお許しいただきたい。 ……食べ終わった後に気が付きました。 すみません。 2セット購入して数グラム単位の誤差程度の ほぼ同じ重量だったので、ちゃんと計量して販売されていると思われる。 スタッフ 店主さん、助手さん、女性のスタッフさん 計三名 買い方 ローカルルール 1. 列があれば並ぶ。 店の中に入ったら、『何セットですか?』と女性のスタッフさんに聞かれたので、購入する数量を選択。 券売機より食券を先ほど宣言した数量分購入購入する。 銀の皿がカウンターにあるので、購入した食券を置く。 女性のスタッフさんが持ち帰りの袋に入ったラーメンを用意してくれるので受け取る。 退店する。 公式ツイッター及び売り切れ情報 いつの間にか出来ていた仙川二郎の公式ツイッターアカウントです。 売り切れ情報も載せてくれています。 今回のレポです。 実はブログ主は、仙川二郎の再開は5月7日から知っていた。 が、鍋が必要だと思いスルー。 仙川二郎の鍋二郎と言えば鍋が従来は鍋が必須だったと記憶していたので 鍋を持っていく苦労を考えると断念。 そんな風に考えていたら、なんと今回は鍋二郎と言いながら 汁、豚、麺をポリ袋に入れてくれるという情報をゲット。 幾度かの売り切れに泣かされながら、 2020年5月18日17時40分ごろに初めて買ってきた。 さて、さっそく食べてみよう! と言っても、食べるためには調理が必要。 当然であるが、冷凍食品と違って、レシピなどない! 適当に味見しながら茹でればいいのであろう。 よく川越の店主が麺の湯で具合を味見しながら確かめているもんな。 二郎なのだから、それが正しいのだろう。 まずは適当な鍋を探す。 スーパーなどで売っている大勝軒のつけ麺の麺を4玉分湯でられる鍋であればちょうどいいだろう。 確かあれも4玉で400グラムぐらいだ。 水をはり沸騰したら麺を投入。 まずは1玉目。 400g投下 ……ちょうどいいだろう。 平行して、汁を別の鍋に入れて温め始める。 2袋分の汁を鍋で温める。 ……あれ?なんでワシは二袋分の汁を鍋で温めたのだ??? これでは麺の茹でるタイムと汁の温め時間が合わないではないか…… ……いいや、麺ももうひと玉茹でちゃえ。 2玉目を投入。 ? みるみるうちに湯温が下がる湯で鍋。 もはや水。 お湯に対して、麺の量が多すぎる!! お湯がぬるくなってしまったせいで、鍋の水が白濁化してるぞ…… だが、こうなってしまった以上は引けない。 火力を最大にして、全力で鍋を温める。 5分後…… 温まらない……お湯は沸騰しない。 試しに麺を一つまみして食べてみる。 麺の真ん中は生、そして麺の表面はぬめっている。 これはアカン。 確実に失敗だ。 麺を投入しすぎと言うのもあるが、家庭用のコンロでは業務量のコンロに比べて火力が足りなすぎる…… 温めるのに時間がかかってしまうのだ。 結局、沸騰を待ち、麺を茹でる。 食べられるぐらいに茹で上げれられたが、ぬめりがひどい。 水でしめることも考えたが、それは汁の温度低下を招くことになりラーメンの味を損ねる。 考えた挙句、ポットから別の鍋にお湯を入れ、 別の鍋で30秒ぐらい麺を茹で直してぬめりを取る作戦を立案。 実施後に湯切りをして、 先に温めていた汁にピットインさせた。 麺もドンブリ一杯では入らず、別の別の鍋で待機。 見るからに微妙そう。 早速食べてみる。 ……うーん。 仙川二郎の麺だな~というのはよくわかる。 茹ですぎた割には、伸びは少ない。 だが、表面と芯部では明らかに麺のクオリティが変わってしまっている。 これはだめだ…… しかも湯切りが悪かったせいで、 汁に水分が流れ出て、汁が薄くなってしまった。 旨そうな味が見えるのに、 この調理ミスは残念。 同じ材料で、ここまで準備がされていても プロの腕とブログ主の腕ではここまでの差が出てしまうのだと思い知らさせた一杯だった。 調理さえ失敗しなければ、旨いと思います。 テイクアウト期間はいつまでか不明であるが、もう一回挑戦しよう。 よかったらご覧ください。

次の

ラーメン二郎新型コロナの影響まとめ

ラーメン 二郎 持ち帰り

1、食券を買う(券売機で通常メニューと同じように購入) 2、持ち帰りとスタッフに伝える 3、奥に進んでカウンター越しにスタッフさんに食券を渡し、持ってきた鍋とタッパを渡 4、店の裏側、外でできるまで待つ(待ち時間は10分くらい) 5、呼ばれたら受け取り、ワクワクしながら帰宅 お店についてら先に食券を買い、ホールスタッフっっぽい人がいるので持ち帰りだと伝えます。 奥に案内されるので、そこで食券と持ち込みの鍋、タッパを渡します。 この時スタッフさんから茹でるか聞かれるのですが、茹でない方が自宅で茹でたてを食べれるので茹でない方を注文します。 (自宅が近かったら茹でても良いかも) 待ち時間は待ちなしで10分くらいで呼ばれました。 今回は13時頃に訪問しましたが、持ち帰り客はいませんでしたね。 鍋にスープ、タッパに具とトッピングを入れてくれます。 ・ラーメン 900円 ・野菜まし 80円 ・アブラ 40円 持ち帰りは大盛ができないそうです。 が、そもそも富士丸のラーメンは量がすごいのでその辺は問題なし。 気になる中身を見ていきます。 スープが鍋に入っていますが結構多いです。 具もタッパにぎっしりと入っています。 野菜ましトッピングのせいかもですが、分厚い豚チャーチュー2枚、卵半分、アブラと野菜、ニンニクが詰まっています。 麺もずっしりと入っています。 この麺の量は550gと茹でる前でも迫力があります。 トッピングで頼んだアブラもたっぷり入っていました。 このためにタッパをもう一つ用意しました。 作り方、すぐにできる本格二郎系 作り方は非常に簡単で野菜や豚は調理されているので、麺を茹でるだけです。 麺は沸騰したお湯に4分間茹でていきます。 その間に鍋のスープを温めて、丼に入れていきます。 具もレンジで軽く温めておきます。 茹で上がったらザルで湯切りして、容器に写しておいたスープに入れます。 丼は大きめなのと下に受け皿を敷いた方が汁がはみ出た時に良いです。 私の場合、スープの量が多かったので少しスープを減らしました。 あとは具を盛り付けて完成です。 お店さながらのボリュームですね。 具がすごい量なので盛り付けたら、スープ減らしたのにもかかわらず溢れてきました。 というか表面張力が思いっきり働いてどうあがいてもこぼさずにはいられないと言わんばかりです。 この時点で二郎系ラーメンの独特な匂いがしていて美味しそうです。 富士丸の持ち帰りを(実食) まずはスープからですが、写真を撮り忘れてしまいました。 (調理後の残ったスープです) 豚油がしっかりと溶け込んでいて、豚、野菜の甘みと醤油のパンチで尖りのある味わいです。 これを自宅で食べられるのって贅沢。 では、アブラがしっかりかかった野菜から食べてきます。 くたくたの野菜で、自宅に持ち帰ってもお店で食べてるものと同じように美味しいです。 背脂のしっかりついていますのでこれと一緒に食べ進めてきます。 次は豚チャーシューを食べていきます。 この量の二郎系ラーメンは体感ですが豚を先に食べておかないと後からキツくなるので、先に大きいやつをパクリ。 柔らかい中に肉らしい食感もあり、ずっしりと重いのですが病みつきになる味わいでパクパクと食べ進めていくことができます。 そして通常でもついてくるたまごを食べ進めていきます。 たっぷりのニンニクも一緒に食べて、かなりパンチがきています。 野菜をある程度食べたらやっと麺が見えていきましたので天地返しをして、小麦の香りを味わいながら食べていきます。 「うどん」のように太い麺にはゴワゴワでもちもちの直感がしっかり出ており、茹で加減、湯切りは良い感じだったかなと。 自宅でずるずると無我夢中ですすっているとなんとも言えない幸せが広がっていきます。 トッピングは王道、アブラと生卵で旨さ倍増 ある程度食べたら、トッピングを追加していきます。 まずは、追加トッピングのアブラ。 背脂と醤油が合わさった味強めにトッピングです。 これに麺をつけて食べていきます 塩気がガッツリ効いており、ジャンク感がハンパではありません! しょっぱく感じますが病みつきになります。 次に自宅で用意した生たまごを投入。 これもつけ麺式で食べていきます、今までの塩辛さから一転してマイルドな味わいが広がってきてこれもやはり美味。 せっかくなのでアブラとたまごのコラボという富士丸さんおすすめに食べ方(ネット情報)をやってみます。 これがかなり旨い。 (語彙力、、。 )塩気の効いたアブラに生たまごの甘みが融合しているので、麺を絡めて食べるとさらにトのある味わいになります。 さらに辛いもの好きなこともあり、一味もふりかけ効果でラストスパート。 しっかりとスープのアブラまで食べて完食です。 とても、とても美味しい一杯でした。 ご馳走様でした。 感想、まとめ *わかりやすく表にしてますが、あくまで個人的な感想です。

次の

ラーメン二郎PC店2

ラーメン 二郎 持ち帰り

より安全に、美味しいラーメンを、たくさんの人に届けるために。 コロナ対策に我々が何をできるのかを考え、開業しました。 お客様が「人と触れる機会がなく」「自宅でおいしいラーメンを食べる」ことができるよう、 日本一の麺職人が開発し、創り出したラーメンを、ご自宅で是非ご堪能ください。 【みんなでコロナをやっつけよう】キャンペーン実施中! ラーメン1杯につきマスク1枚をプレゼント! 免疫力を上げて コロナ予防に役立てるため、 宅二郎のラーメンはニンニク等素材を厳選! 皆様に安全でおいしいラーメンをお届けすることで、健康と食べる楽しみをお届けする。 社会のために我々に出来ることを精一杯取り組ませて頂きます。 ニュース 2020年6月17日 麺屋 宅二郎 御茶ノ水駅前店「閉店」のお知らせ 東京都緊急事態措置に伴い期間限定で5月1日よりオープンしていた「麺屋 宅二郎 御茶ノ水駅前店」につき、今般の解除に伴い6月17日をもって閉店致します。 今後は引き続き「」として運営していくとのことです。 新型コロナウィルスの影響の中で、世の中のためにと宅二郎事業へご協力頂きありがとうございました。 今後も宅二郎に出来ることを一歩一歩進めて参りますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い致します。 2020年6月15日 麺屋 宅二郎 池袋本店 営業時間・販売方法変更のお知らせ 麺屋 宅二郎 池袋本店の営業時間及び販売方法を6月15日以降以下の通り変更致します。 <月曜日~日曜日> ・お持ち帰り・テイクアウト及びでの販売。 今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致します。 2020年5月29日 麺屋 宅二郎 目白駅前店開業のお知らせ 外出自粛を促す当社理念に協力したいとのお申し出を頂き、フランチャイズ店として、5月30日より「麺屋宅二郎 目白駅前店」をオープン致します。 ・テイクアウトと宅配()によるご提供 ・営業時間:11:00-21:00 不定休 ご自宅まで美味しいラーメンを届け、一人でも自宅待機者を増やすため、今後も宅二郎に出来ることを一歩一歩進めて参ります。 引き続きご愛顧のほどよろしくお願い致します。 2020年5月29日 麺屋 宅二郎 阿佐ヶ谷駅前店UberEatsによる販売開始のお知らせ フランチャイズ店である「麺屋宅二郎 阿佐ヶ谷駅前店」にて5月29日よりによる販売を開始致しましたのでお知らせ致します。 最新の価格は以下にてご確認頂けます。 ・テイクアウトの価格 当サイト中部にある「メニュー」の項目に記載(キャッシュをクリアください。 ) ・UberEatsの価格 UberEatsの各店舗のページに記載 お客様には大変申し訳ございませんが、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致します。 2020年5月17日 麺屋 宅二郎 阿佐ヶ谷駅前店開業のお知らせ 外出自粛を促す当社理念に協力したいとのお申し出を頂き、フランチャイズ店として、5月17日より「麺屋宅二郎 阿佐ヶ谷駅前店」をオープン致します。 ・当面はテイクアウトのみ UberEatsは追って導入予定 ・営業時間は11-20時 ・不定休 「ご自宅まで美味しいラーメンを届け、一人でも自宅待機者を増やす。 」 今後も宅二郎に出来ることを一歩一歩進めて参りますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い致します。 2020年4月30日 麺屋 宅二郎 御茶ノ水駅前店開業のお知らせ 「厳選煮干しらーめん 初代 にぼ助」様よりお申し出を頂き、フランチャイズ店として、 を5月1日より期間限定でオープン致します。 当面は、池袋本店と同様、UberEatsとテイクアウトのみ、11-20時の営業となりますが、営業時間や、いつまで宅二郎事業を行うかなどはすべて店舗運営者様におまかせしております。 「ご自宅まで美味しいラーメンを届け、一人でも自宅待機者を増やす。 」 今後も宅二郎に出来ることを一歩一歩進めて参りますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い致します。 2020年4月28日 当店の屋号について 当店の屋号についてお問い合わせがございました。 開業前の当然の事前調査事項であるため弁理士及び弁護士に確認の上、第三者の権利を侵害しない旨の確認を行っております。 他に展開する予定の屋号の事前調査も漏れなく行っており、引き継ぎコンプライアンスの遵守を徹底し、社会のために業務を行ってまいります。 コロナウィルスの影響による自粛要請下においても、ラーメン業界では自粛下でも密閉した空間に密集する事例も多いため、当社では三密を少しでも減らし世の中がより早く元通りにになるようにできることを行って参ります。 2020年4月27日 4月27日以降の営業形態変更のお知らせ 大きな反響及びご注文を頂いており、誠にありがとうございます。 現在、予想を遥かに上回るご注文を頂いており、狭い店舗での保管・作業スペース、限られた人員で運営していることもあり、 在庫切れや処理能力を超えた受注による遅延などが生じ、一部のお客様に必要以上にお待たせしてしまうことが生じてしまい、誠に申し訳ございません。 上記を踏まえ、一人でも多くのお客様に美味しいラーメンを出来る限り効率的にお届けするため、以下の通り営業形態を変更させていただきます。 <月曜日・金曜日・日曜日> ・のみでの販売。 <火曜日・木曜日・土曜日> ・お持ち帰り、テイクアウトのみでの販売。 営業時間11:00~20:00 <水曜日> ・のみでの販売。 また、当面の間、販売するラーメンの種類を 一番人気である「豚ラーメン」のみに変更させて頂きます。 オペレーションや態勢をしっかり整えて参りますので、引き続き麺屋 宅二郎をよろしくお願い致します。 2020年4月24日 本日から「Uber Eats」での販売を開始しました 現在、デリバリーはUber Eatsのみの対応となっております。 よろしくお願い致します。 店舗へのご注文はからお願い致します。 2020年4月7日 昨今の新型コロナウィルスの影響の中でも、より多くのお客様が、食べたいものを食べることができる世の中を目指し、 お持ち帰り、出前・宅配のみを行うラーメン店として「麺屋 宅二郎(たくじろう) 」をオープンしました。 告知済の取引先の方は変更事項をご了承下さい。 開業への想い 少しでも世の中の生活がよくなるために、 私達は何ができるか?を考えました。 宅配専門店の開業への想い 昨今の新型コロナウイルス COVID-19 の影響により、飲食店の営業や、外出の自粛が余儀なくされており、 食べたいものを自由に食べることが難しい情勢が続いています。 混雑しているラーメン店は、まさに三密であることは間違いなく、入店をためらってしまうことはやむを得ないことなのかもしれません。 このような中、私達は何ができるか?を考え、より多くのお客様に 「人と触れる機会を少なくし」「自宅でおいしいラーメンを食べてもらう」ため、 商品開発を行い、 お持ち帰りとデリバリーのみのラーメン店の開業を決意しました。 時間が立っても伸びずらい麺、そして、時間が立ってもおいしいスープ、これらを創り出せる 真の専門家だからこそ、今できることだと思っています。 宅二郎 池袋本店では、 店内には席を一切用意せず、店員も極力接触が起こらないように配慮し、 手洗い・マスクの着用・消毒の衛生管理を徹底しています。 現在は、店舗でのお持ち帰りと、Uber Eatsでの出前・宅配のみ対応しています。 少しでもお客様の励みになり、世の中の役に立てるよう一生懸命頑張っていきます。 出前方法の拡充や、通販のための商品開発なども順次対応したいと考えておりますので、よろしくお願い致します。 こだわり 高度な商品開発力 なぜラーメンの宅配が難しいのか?一番大きな原因は「麺」が伸びて、おいしくなくなることです。 宅二郎の麺は、農家と直接、種を植える前の畑から契約している小麦を配合した 完全オリジナルの自家製麺です。 この麺を用いて、 1年366日の毎日麺を叩き続ける日本一の麺職人が、水や塩などの配分を独自に行い、叩き方を調整し、 保存料を一切使わず、時間の経過によるノビや味の劣化が少なくなるよう開発を行いました。 また、スープや豚チャーシューも素材からこだわり、 大量のぶた肉、背ガラ、ゲンコツ、背脂を炊き込み、それをぶたの旨味を幾重にも重ねた深みのあるスープと、 やわらかく味が深いぶた肉は、最高の自家製麺との相性が抜群です。 効率性と健全性のある運営 宅二郎では、店舗内装や外観の工事費などの支出を極力おさえることで、よりお手頃な価格でラーメンを提供できるように努めています。 そのため、店舗の外観や内装などは簡素なものとなっており、きらびやかな飲食店に見えないことは予めご了承下さい。 また、池袋本店の開業にあたっては、不動産オーナー様にも昨今の情勢と私達の理念を伝え協力を頂くなど、多数の協力者とともに効率的かつ健全な店舗運営を目指しています。 テイクアウトと宅配専門では人件費をまかなうほどの収益が出るかすら極めて不透明な中での開業となっていますが、少しでも長く営業し、皆様にラーメンを提供できるよう努めていきます。 メニュー 下記は池袋本店のメニューとなります。 他店舗では異なる可能性がございますので予めご了承下さい。 また、チャーシューの形が店舗や時期等により異なる可能性がありますのでご了承下さい。 運営店舗 麺屋 宅二郎 池袋本店 吉岡 宏純 1983年生まれ。 日本一の麺職人。 学生時代は野球に没頭し、社会人となってからも、継続し、やりとげる精神を持ち続け、知識・技術の習得に邁進。 津田沼 必勝軒で早朝から深夜まで約4年間の修行を経て、目白、田端、御茶ノ水、池袋において、ラーメン店をプロデュース。 スープ、麺、具材をすべて自分で試作・開発し、提供。 実績が認められ1部上場企業への納入実績あり。 兄弟子には「つけ麺 目黒屋(馬込沢駅)」「つけ麺 石ばし(蘇我駅)」など有名店多数。 親交も深く共同で開発も行っている。 自家製麺にこだわり、1年366日毎日麺を打ち続け、そのスキルは大手製麺所をして「再現不可能」と言わせるほど、独創的でおいしい麺を創作している。 これまでの実績から、本当においしいラーメンをより多くの人に提供するため独立し、世の中のために自分がなにができるかを考え、持ち帰り・出前・宅配専門店の開業への挑戦を決意。 お問い合わせ 商品の注文や営業状況などは、から各店舗へ直接お問い合わせ下さい。 その他のお問い合わせは、からお問い合わせ下さい。

次の