画像 加工 モザイク。 パワーポイント画像の部分的なぼかしのテクニック

加工した画像は他人が元に戻せるものなのでしょうか?

画像 加工 モザイク

最近はSNSの普及により、人との情報交換が簡単な時代になりました。 それと同時にスマートフォンも普及を始め、SNSはより便利に使いやすくなりました。 文章だけではなく画像を投稿することもできるので、他の人と共有もしやすいです。 写真はスマートフォンを使って手軽に撮影することができます。 ですが、投稿する際は何が写っているかよく確認するようにしましょう。 なぜなら、通りすがりの人や身元が特定されるものなどが写りこんでいる可能性があるからです。 これらは個人情報となるので、写っている状態でネット上に投稿しないように気をつけましょう。 では、そういった写真を使いたい時にどうしたらいいのかというと、見せたくない部分は隠してしまいましょう。 隠す方法はいくつかありますが、写真にモザイク加工をするのがわかりやすいと思います。 今では モザイク処理機のようなもの以外にも、パソコン用のソフトや、スマートフォンで使える モザイク加工アプリなど様々なものがでています。 そこで今回は、モザイク加工できるソフトをいくつか調べてみたので、紹介していきたいと思います。 あらかじめパソコンに移しておいた写真を選択し、モザイクにしたい箇所を範囲指定するだけなので、操作も簡単になっています。 他にも様々な機能がついているので、使いやすい便利なソフトだと思います。 ソフト2:「GIMP」 GIMPは、無料で使える本格的な画像加工、モザイクをかけられるソフトです。 モザイクも部分的にかけられ、荒さの調節もできます。 間違えてしまった場合の修正や解除もできるので、初めての人でも使いやすいと思います。 他にも、写真の合成やグラデーションなど機能も多いです。 ソフト3:「JTrim」 デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影した画像の、加工・編集ができるフリーソフトです。 もちろん、画像にモザイク加工することもできます。 基本的な機能が揃っており、ソフトも軽めなので使いやすくなっています。 ソフト4:「PhotoFiltre」 高度な画像編集を簡単に行うことができるソフトです。 画像にモザイク処理やコントラストの調整、白黒や古い写真風にするなど様々な機能がついています。 操作も簡単で扱いやすいです。 海外のソフトですが、日本語にも対応しています。 ソフト5:「XnView」 画像や写真を管理でき、モザイクやぼかし、サムネイルの作成などができる編集ソフトです。 画像のファイル形式にも幅広く対応しています。 基本的な機能は揃っているので、扱いに困ることはないと思います。 ここまでは画像にモザイクをかけられるソフトを紹介しましたが、次は動画にモザイクをかけられるソフトを紹介したいと思います。 Part2.「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使って動画にモザイク加工する方法 Wondershareのは、簡単な操作で強力な動画編集機能を搭載しています。 動画を編集するための必要な機能はほぼ全て揃っているので、モザイクなどの特別効果も充実しています。 編集画面を開くと、下半分がタイムラインと呼ばれる場所になっていて、ほとんどの作業をここで行います。 モザイクをかける時もタイムライン上で行うので、やり方を紹介したいと思います。 Step 1:. ビデオや動画の取り込み 編集するための動画をソフトに取り込みます。 Step 2. タイムラインに入れ、パワーツールをクリックします。 取り込んだらタイムラインに入れ、パワーツールをクリックします。 Step 3. 調節が完成です。 モザイクという箇所がでてくるので選択します。 画面上に黄色い枠がでてくるので、位置と大きさを調節して完成です。 また、モザイクは複数選択できます。 このように、多機能で操作も簡単なので、初心者の人にも使いやすくなっています。 SNSにも直接アップロードできるため、とても便利なソフトです。 現在ではパソコン用 加工ソフトや、スマートフォン用の 写真加工アプリなどでモザイクは簡単にかけられるようになりました。 自分で使いやすいソフトを見つけ、個人情報を保護していくようにしましょう。

次の

無料画像加工・編集ソフト一覧

画像 加工 モザイク

PicsArtの特徴 まずは、PicsArtの特徴について解説します。 加工メニューが豊富 PicsArt最大の特徴は、なんといっても加工メニューが非常に豊富なこと。 文字入れやエフェクトはもちろん、ステッカーやペイント、珍しいところでは切り抜きや合成などもできてしまいます。 日常的な加工から芸術的な本格派まで、幅広く利用できる写真加工アプリです。 SNSとしても使える PicsArtでは、加工した写真を他のユーザーにシェアする、SNS機能も搭載されています。 友人同士の写真共有や好きなアーティストのフォローなど、その使い方は実に幅広いもの。 単なる写真加工アプリにとどまらない、自分だけの楽しみ方を見つけることができます。 PicsArtの基本的な使い方 続いて、PicsArtの基本的な使い方について、画像付きで詳しく解説します。 Android9のPixel3aを利用して、アプリバージョン14. 3にて動作検証を行いました。 インストールと初期設定 まずは、アプリストアから、PicsArtをインストールして下さい。 提供元:PicsArt アプリを開くと、アカウント作成の画面が出てきます。 初めて使う方は、「アカウント作成」に進みましょう。 「FACEBOOKと接続」で簡単にログインすることもできますが、友だち情報などが自動的に連動されてしまいます。 後から追加して連動させることもできるので、最初は通常の「アカウント作成」に進むのが良いでしょう。 また、写真の加工がしたいだけという方は、画面右上の「スキップ」で、すぐにアプリを利用することもできます。 アカウント作成に進んだ方は、画面に従って、メールアドレス・パスワード・ユーザー名を設定してください。 ユーザー名は最初から候補が表示されていますが、自分の好きなものに自由に変更できます。 「3日間無料トライアル」や「月額580円」を選択すると有料会員になるので注意してください。 最後に、「デバイス内の写真、メディア、ファイルへのアクセス」を許可して、初期設定は完了です。 写真を加工する アプリの準備が整ったら、早速メインとなる写真の加工機能を試してみましょう。 様々な加工メニューを組み合わせることで、よりイメージに近い写真を仕上げることができます。 写真を加工する方法• 初期画面にて、画面下部中央の「+」をタップ• 写真の一覧から加工したい写真を選択• 画面下部の加工メニューを利用して写真を加工 各加工メニューの詳細は、以下のとおりです。 ツール:切り抜きやリサイズ、反転・回転、色調などが変更できます• エフェクト:写真全体にエフェクトを追加できます• 美しくする:美肌補正・美顔補正が利用できます• ステッカー:様々なステッカーを写真に貼ることができます• 切り抜き:写真の一部を切り抜きます• 文字:写真に様々なフォント・色で文字入れができます• 写真の追加:写真を複数枚重ねることができます• フィット:写真の周囲に別の画像・イラストを合成します• ブラシ:様々なブラシによる加工ができます• 枠線:写真の周囲に、好みの色や太さで枠線をつけられます• アートレイヤー:芸術的なエフェクトを上乗せできます• ペイント:好きな色・太さでペイントできるほか、図形描画などが利用できます• レンズフレア:明るいものを撮影したときにできる「レンズフレア」を合成できます• 図形マスク:決められた模様に沿って、写真を切り抜いたり合成したりできます• フレーム:テーマにそったフレームと写真を合成できます• 吹き出し:様々なデザインの吹き出しを追加し、その中に文字入れができます 文字入れやぼかし・モザイクの入れ方などの具体的な方法については、後ほど「」にて、より詳しく解説します。 写真をコラージュする PicsArtでは、複数枚の写真を、レイアウトに沿ってコラージュすることができます。 写真をコラージュする方法• 初期画面にて、画面下部中央の「+」をタップ• コラージュの欄から、好みのコラージュメニューを選択• 画面下部のメニューを使い、コラージュの調整 各メニューの詳細については、以下のとおりです。 レイアウト:コラージュする写真のレイアウトが変更できます• 比率:画像全体の比率が変更できます• 枠線:レイアウトの枠線について、太さや形が変更できます• 背景:画像の背景が設定できます その他、コラージュする各写真をタップすると、「」と同じような加工を施すことができます。 ペイント機能を利用する PicsArtでは、写真や無地の背景に、好きなようにペイントすることもできます。 写真の一部にぼかし・モザイクをいれる方法• 加工画面にて、「ツール」内の「選択」をタップ• 加工したい部分を選択し、画面上部から「エフェクト」を選択• 全体のぼかし・モザイクをかけるのと同じ要領で、目的の加工を選択 PicsArtの有料版GOLDの内容 基本的に無料で利用できるPicsArtですが、一部の機能は王冠マークでロックされています。 全ての機能を利用したい場合は、有料版GOLDの会員にならなければいけません。 有料版GOLDの内容は、以下のとおりです。 一気に3,800円が課金されてしまうので、利用の際は十分注意してください。 日常的な加工から本格的なものまで!あらゆる加工を楽しもう! 豊富な加工メニューのみならず、SNSとしても楽しめるPicsArt。 日常的な加工はもちろん、複数メニューを組み合わせることで、本格的な一枚を仕上げることもできます。 様々な加工メニューを利用して、ぜひ素敵な画像づくりを楽しんでみて下さい。

次の

【LINE】写真・画像をモザイク、ぼかし加工する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

画像 加工 モザイク

最近のパワーポイントのバージョンでは 画像に関する機能が豊富です。 特に個人情報保護が重要視されている現在、 個人が写っている画像は特定されないように ぼかしをかけることが多いかと思います。 しかし、全体的ぼかしを施すのは簡単ですが 部分的にぼかしをかけるのはどうするんだろう? と思っている人をよく見かけます。 そこでパワーポイントで画像に部分的なぼかしを かける方法を解説します。 パワーポイントで画像を部分的にぼかす方法 サンプル1:顔写真で目の部分だけぼかす まずはサンプルとして、顔写真で目の部分だけぼかしてみます。 どうしても顔写真を公開したくない、という場合に 利用すると便利ですよね。 あと、自分の写真は公開してもいいけど 他の人の写真は公開したくない、という場合にも いいですね。 それでは具体的な手順を解説します。 1.対象の写真を張り付ける 2.対象の写真をコピーする 3.写真を選択し、書式>アート効果で「ぼかし」を選択 4.ぼかす範囲をトリミングで指定 5.ぼかした画像を重ねる 6.ぼかす範囲と強さを調整 7.部分的ぼかし完成 しかし顔写真で目の部分だけぼかすと 一気に怪しい雰囲気になりますね。 今回は顔写真の一部をぼかすことを 例に解説しましたが、このやり方は 別のものをぼかす時でも応用可能です。 サンプル2:セミナーで出席者をぼかす 例えば、こんな風にセミナー出席者だけ 選択してぼかすことも可能です。 その他の利用アイディア 今回は顔写真で目の部分をぼかしたり セミナー出席者をぼかす例を紹介しましたが、 研究所や工場の公表したくない部分だけ 選択してぼかすことも、もちろん可能です。 このように、パワーポイントの画像処理のなかでも 特に「ぼかし」は最近利用することが 増えています。 アナタもこれでパワーポイントのぼかしの機能を 使いこなし、全体的なぼかしも部分的なぼかしも 自由自在に使いこなしてくださいね。 このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中! 詳しくは をクリックして確認!•

次の