競艇 出走表 見方。 競艇(ボートレース)予想の基本、

競艇の展開とパターンを出走表から予想する秘訣!レース厳選で回収率UP

競艇 出走表 見方

出走表とは?• 勝つための出走表の見方は?• 出走表から見る予想方法は? など、出走表の見方から出走表を使って勝つ方法を解説していきます! 出走表とは?:レーサーの基礎的な情報や過去成績なども掲載 「出走表」とは、 各レースに出走するメンバー一覧表のことで、別名『番組表』と言います。 各競艇場の入口などで無料で入手できますよ。 出走表には、レーサーの基礎的な情報や過去成績なども掲載されているので、予想の際は欠かせない情報源と言えますね。 また、選手が実際に走るコースの成績は紙の出走表だけではなく、競艇の公式HPでもチェックすることができます。 競艇の公式HPは選手データを分かりやすく表示 競艇の公式HPでは 棒グラフでコース別成績をまとめるなど、選手データを分かりやすく表示しています。 紙の出走表と違い、進入回数や1、2着回数の具体的な数値は分かりませんが、レース直前でもスマートフォンから簡単にアクセスできるのでぜひ活用しましょう。 勝つための出走表の見方は? 出走表には、予想には欠かせない情報がたくさん詰まっています。 では、競艇で勝つための出走表の見方をご紹介します。 00以上で、A1級とA2級を除く勝率上位者 0. 一般戦でA1級選手が1号艇にしかいない場合は、高い確率でA1級選手は1着を獲ることができます。 2連率:その選手が2着以内に入った割合• 3連率:その選手が3着以内に入った割合 を表しています。 2連率・3連率の数値が高い選手は勝率も高いと考えましょう。 節の初日はデータが無いので利用できませんが、 節の最終日には5日分のデータが掲載されます。 公式HPでは出走表の右側に掲載されているので、予想時は確認すると的中率が上がりますね。 出走表を使った予想方法は? 競艇で勝つためには、出走表を使って予想を立てましょう。 ここでは出走表を使った予想方法をご紹介します。 級別は半年ごとに選手の成績に応じて更新されています。 期 審査期間 実施期間 前期 5月1日~10月31日 1月1日~6月30日 後期 11月1日~4月30日 7月1日~12月31日 6月や12月に級別を使って予想する際は、級別が半年以上前の成績を元に決まっているので参考にできません。 逆を言うと、 6月や12月のレースで A1級選手に異常に人気が集まっている(その選手のオッズが異常に低い)レースを見つけたら、間違った賭け方を他の人がしていると考えられます。 級別だけで選手の強さは判断できない 勝つための見方で先述した通り、「級別」は選手を成績が高い順番に並べて、定員数を満たすように決められています。 同じ等級に320人もいるので、同じA1級の選手でも成績1位の選手と成績320位の選手では、実力の差が大きく異なります。 つまり、成績320位のA1級選手と成績321位のA2級選手では、実力の差はほぼ無いとも言えます。 そのため、 級別だけでは選手の細かい実力差は判断できません。 勝率 特徴 人数 8. 00以上 超一流 約10人 2019年後期では7人のみ 7. 00~8. 00 一流 約80人 6. 00~7. 00 そこそこ強い 約300人 5. 00~6. 00 中堅 約400人 4. 00~5. 00 少し実力不足 約400人 3. 00~4. 00 実力不足 約200人 3. 00~2. 00 ほとんど舟券に絡まない 約100人 2. 00以下 絡むことが無いに等しい 約100人 勝率に「1. 00」以上の差がある場合は、明らかに実力が違います。 「現在勝率」は予想の際に最も重要 出走表に記載された勝率には、次の2つがあります。 競艇の公式HPの出走表の「全国」の欄には、紙の出走表の「現在勝率」が書かれています。 選手は必ずどこかの支部に所属し、レースを行なっていないときは所属する支部にある競艇場で練習を重ねています。 つまり、水面の特徴やレース場内の広さなども熟知しています。 その競艇場に慣れているかどうかは、 「当地勝率」で確認できるので参考にしましょう。 また水面の性質を知っておくと、選手の特徴や決まり手も予想しやすいと思います。 下の表で全競艇場を「静水面」と「難水面」に分けたので、参考にしてみてください。 しかし、体重が重い方が有利になるレースもあります。 ベテラン選手はナイターレースで不利• 若手選手は「まくり」が主体 と捉えましょう。 競艇のスタートは、選手がスタートライン付近に設置された大時計を見ながらスタートタイミングを合わせています。 しかしベテラン選手は大時計が見えづらいナイターレースでは不利と思われます。 競艇選手のピークは35歳と言われているので、夜に開かれる ナイターレースでは実力を発揮しづらいと言えます。 若手選手は「まくり」が主体 一方の若手選手は、決まり手で「まくり」の戦略を取ることが多くなっています。 選手歴の浅い若手選手にとって「まくり」は、レバーを握ったままスピードターンを決めるだけなので、勢いがあれば決まることが多いです。 2~6コースの選手の第1ターンマークの戦略では、「まくり」も決まりやすいので第1ターンマークの展開を予想するときに役立ちます。 まとめ:予想の際は出走表の情報をバランス良く使おう! 今回は、選手の情報が掲載されている出走表について解説してきました。

次の

競艇のやり方を初心者さんに紹介!予想で重要な競艇の出走表の見方!!

競艇 出走表 見方

書かれている情報 まずは、出走表に書かれている情報をおさらいしましょう。 選手情報 出走表には選手の登録番号や階級、登録支部や出身地、年齢や体重が記載されています。 また、 フライング(F)数や出遅れ(L)数、平均スタートタイミング(ST)といった項目は、レース予想をするにあたっての重要な情報です。 勝率情報 出走表には、「選手・モーター・ボート」といった3つの勝率情報が記載されています。 勝率に関しては1着率、2連対率に関しては2着以内率、3連対率に関しては3着以内率のことで、選手勝率は全国勝率と当地勝率に分かれています。 なお、 当地勝率というのはその競艇場のみでの勝率のことです。 また、モーターとボートは競艇場ごとの管理のため、その管理ナンバーも表記されています。 開催節の成績情報 出走表には開催節のレース情報も書かれています。 進入コースやSTタイミングはレース後に記載され、実際の進入コースやスタートタイムを把握するのに役立ちますよ。 もちろん、着順結果もレース後に記載されます。 出走表を作成している媒体によって多少内容が違うこともまりますが、基本的にはこれだけの情報がまとめられています。 出走表の見方 さて、具体的な出走表の見方ですが、基本的には記載されている情報のほとんどが予想に必要となる情報と言えるでしょう。 選手の階級・年齢 選手の階級は選手の強さに直結する要素となり、 同階級でも年齢(若手かベテランか)で熟練度が違います。 若手の勢いかベテランの巧さか、といった風にも考えられますね。 登録支部と当地勝率 レース開催場が選手の地元だった場合、 その競艇場のクセに対して強いという見方ができます。 また、当地勝率をあわせて参考にすることで、どのくらい信頼できるのかを確認することができますね。 フライング・出遅れの数 フライングや出遅れは、選手にとって死活問題となるペナルティになります。 そのため、 カウントが付いている選手になると強気に攻められないといった心境もあるでしょう。 勝負駆けなどの重要なレース以外では無難なスタートに徹する可能性があるため、レース予想の不安材料の1つになるんです。 STタイミング STタイミングに関しては、 0に近いほど良いスタートが切れていることになります。 前述したフライングや出遅れのカウントが付いている選手でも、STタイミングのいい選手であれば期待してもいいと思います。 また、選手のSTタイミングやスタート展示を見て、本番の展開予想に役立てるといった使い方もできますよね。 勝率 もちろん勝率が高い方が信頼できるのですが、 全国と当地の勝率であれば当地勝率を重視するべきでしょう。 合わせてモーターの勝率を見て、どちらかの勝率に不安があれば切る・・・といった予想ができますね。 開催節の成績 モーターやペラは前検日に抽選で決まるため、選手はレースをしながら調整を行います。 初日や2日目の情報だけではわからないですが、 成績を伸ばしているような選手については後半に期待ができる、といった見方ができますよ。 出走表のダウンロード方法 テレボートや各競艇場の公式サイトでは、出走表をダウンロードすることができます。 ダウロード方法は簡単で、各競艇場の公式サイトの「出走表」というページにアクセスして、出走表のPDFファイルをダウロードするだけです。 出走表の発表は何時頃? 各競艇場の公式サイトでは、翌日の出走表も発表しています。 昼開催やナイター開催で発表時間は異なりますが、大体19時~22時までの間に更新されているようです。 競艇場の公式サイト内の出走表ページを覗いてみると、詳しい更新予定時間が書かれていますよ。 イー新聞を使うと、その日に開催されているレースの出走表はもちろん、予想紙も印刷することができるんですよ。 なお、イー新聞に対応しているコンビニは、ローソンとファミリーマート、サークルKサンクスとなっています。 そこで利用したいのが一般に競艇予想サイトと呼ばれる競艇予想サービスです。 競艇予想サイトでは、その日のレースの勝敗が決定する要因を解析して大穴が出るレースを洗い出してくれます。 無料情報で勉強して自分で時間を使い場数を踏んで得意な競艇場や勝ちパターンを作ることも大事ですが、競艇予想サイトを活用するのも時間短縮して稼ぐ確率を高める一つの方法です。 3つの競艇予想サイトの予想結果 今回、実際に使った評判のいい競艇予想サイトの 実績結果を掲載します。 2019年9〜10月に実際に競艇予想サイトを使った内容になります。 注意)競艇予想サイトは手を抜いた予想を出してくるところもたくさんありますので、きちんと理論と経験、足を使って調査してくれる予想サイトを選ばないといけません。

次の

【競艇勝ち組への道Part2】出走表を見て自信があるレースだけ賭けよう!|競艇で勝てない人の特徴まとめ|予想が当たらない時の5つのチェックポイント

競艇 出走表 見方

本日の競艇レース 出走表の見方は? 競艇の出走表は当日、その競艇場で行われるレースの情報が紹介されています。 何処の会場でも無料で配布していますが、今はネット配信されているので、パソコンやスマホでも簡単に見ることが出来ます。 ボートレースオフィシャルの「」ページをブックマークしておくと便利です。 出走表にはレースごとの出場選手の基本データや成績は勿論ですが、モーターやボートの成績も網羅されていますから、舟券予想には欠かせないデータと言えます。 ただ、初めて見る人には掲載されている数字が何を示すデータなのかよく分からないでしょうから、ここで詳しくご紹介したいと思います。 本日のレースから希望のボートレース場の出走表をクリックしてみましょう。 ボートレースの種類や性格を知ろう 先ずは、一番上にレース番号と発売の締切時刻、レースが予選やドリーム戦、一般戦、選抜戦、優勝戦などの番組が表記されています。 番組によって出場選手のランクも違ってくるので、当然予想も変わります。 一般的に午前中の早いレースは等級の低い選手や調子のよくない選手が多く、終わりに近づくにつれて実力のある強い選手が出場します。 優勝戦やドリーム戦などは最終の12レースです。 艇番と色の確認 次の艇番と色は、どの公営競技でも同じように決められていて、競艇は6艇の競技ですから、1号艇は白、2号艇は黒、3号艇は赤、4号艇は青、5号艇は黄、6号艇は緑です。 因みに競馬やオートでは7番にオレンジ、8番にピンクが加わります。 競艇ではこの枠なりのコースで進入することがほとんどですが、枠が決まっている訳でないので、それが崩れることもあります。 そのため選手は番号と同じ色をした服を着て、遠くからでもよく見えるようにしています。 そして、この枠順は機械的に割り振っている訳ではなく、競艇場ごとに番組編成員が魅力的な番組を作り、1号艇にA1選手を入れた本命レースや実力の均衡した選手を集めた難解なレース、人気選手を集めたドリーム戦など、初心者やベテランの期待に応えるように工夫しています。 個人データの見方は? 選手のランク 次の欄が選手個人のデータです。 選手の氏名ほかランク(級)、登録番号、年齢、住所(支部)、体重、フライング・出遅れが表示されています。 ランクは実力上位からA1、A2、B1、B2の4ランクがあります。 SGなどグレードの高いレースにはA1選手でないと出場できません。 登録番号は年齢順、所属支部と体重 登録番号は年齢順に割り振られているので、若い番号ほどベテランと言うことです。 年齢を見ればすぐに分かります。 住所は現住所で所属している県の支部を表しています。 これを見れば地元の選手は直ぐに分かります。 開催の序盤は地元選手が活躍するので要チェックです。 体重は軽い方が競艇では有利なため重要なデータになります。 ただし、最低体重が男子51キロ、女子47キロと決まっているので、それよりも軽くなってしまった場合は錘を着けてレースに出なければなりません。 フライングと出遅れのチェック そして最後にフライングと出遅れが表示されています。 競艇では大時計が0を示す前にスタートラインを出てしまうとフライング(F)となり、その回数が表示されます。 また、スタートから1秒以上遅くなると出遅れ(L)となり、フライングと同様に返還欠場となってしまいます。 更に選手には出場停止の厳しいペナルティがあるため、FやLの表示が付いている選手は他の選手よりもスタートが慎重になる傾向があることを頭に入れて置きましょう。 勝率と2連対率、3連対率 次に表示されているのが選手の成績です。 選手の勝率(全国、当地)、2連対率・3連対率、今節の成績が表示されています。 選手の勝率はレースの全着順が点数によって加算され、その合計を出走数で割った数字が勝率として表示されます。 1つのレースで1着になれば10点、2着は8点、3着6点、4着4点、5着2点、6着1点となります。 この数字の大きい選手ほど1着になったことが多いということになります。 また、2連対率は1着回数と2着回数の合計を出場回数で割ったもので、3連対率は1着、2着、3着の回数の合計を出場回数で割ったものです。 共に100を掛けて%で表示しているので、数字の大きいほうが成績が良いということです。 開催中の成績とスタートのタイミング 次に表示しているのが今節の成績です。 競艇では通常6日間(4日~7日)の開催になるので、その間の成績が表示されています。 選手は1日1回、または2回レースに出るのでその成績のデータが表示されています。 初めて見る人には着順以外何の数字かよくわからないかもしれません。 上下二段になっていて、数字が(1三15)表示されています。 上に数字は、その選手のレースでの着順(この場合は1着)、その次の漢数字は進入コース(この場合は3コース)、その次の数字はスタートタイミングで、0・15秒でスタートしたということが分かります。 左右に分かれている場合は1日に2回乗ったということが分かります。 この欄は予想するのにとても重要なデータになりますから、必ずチェックしましょう。 その次の「早見」と書いてある欄は、一日に2回乗る場合のもう一つのレース番号が表示されています。 空白の時は1日一回乗りと言うことです。 モーターとボートの成績の見方は? ここまでが選手の成績ですが、その次が競艇特有ともいうべきモーターとボートの成績データです。 ここが他の競技と一番違う所です。 いくら優秀な選手であってもモーターの性能が良くなければその能力を発揮することはできません。 勿論、モーターの整備能力の高い選手ならば、性能を上げることが出来ます。 ただ、前節で優勝したようなモーターならばそのまま使っても十分に活躍できます。 だから、モーターの前歴を知ることが重要になるのです。 ただ、モーターは競艇場が所有していて、開催ごとに抽選で選手に配布されるので、自分で選べるわけではありません。 だから、どのモーターに当たるかは運と言うことになります。 モーターには全て通しナンバーが着いていて、その前歴が分かるようになっていますから、出走表には前節で誰が乗っていて、どのような成績だったかが一目で分かります。 また、選手の成績と同じようにモーターの勝率や2連対率が表示してあるので、エースモータかどうかも直ぐ分かります。 特に見ておかなければいけないのが2連対率で、40%を超えているようならば優秀なモーターです。 ただし、30%を下回るようならば充分な調整が必要と言うことになります。 同じようにボートも勝率や2連対率が表示されています。 ただし、モーターほど詳しいデータが記載されていないので、2連対率を確認する程度でいいかもしれません。 選手の調整については出走表では分からないので、展示レース、展示航走のタイムを見て判断することになります。 ハズレモーターを引いてしまった選手でも調整次第で次第に調子を上げてくることがありますから、今節の成績は勿論ですが展示レースでの様子をしっかり見極めましょう。 更にモーターと共にペラの調整も重要な要因ですから、それも本番前の展示レースで確認してください。 スタートの平均タイムの見方は? 出走表に出ている最後の項目はスタートのタイミングで、「ST」と表示され、数字が出ています。 これは大時計が0を示した後、どの位でスタートしたかと言うことで17と表示されていれば平均のスタートタイミングが0・17秒と言うことになります。 この数字が小さいほどスタートの上手い選手と言うことになります。 これを全国平均と当地の平均タイムの両方を表示しています。 展示レースで確認すべきポイントは? ここまでが、出走表に表示してある項目の説明です。 これだけでもかなりのデータになります。 ただ、本番のレースはこれだけのデータで決まる訳ではありません。 そこで、必ずレース前に行われる展示レースを見ておきましょう。 ただ、本番とは全く違うコース取りやスタートのタイミングになることもありますから当てにはありませんが、見ておきたい箇所は、スタートのタイミングと取り方、スタート後の伸び足、ターンが上手いかどうか、それと展示タイムの確認です。 展示タイムが良いからといってその選手が勝つわけではありませんが、伸び足が良いのは間違いありません。 様々な自然条件を把握しよう 更にチェックが必要なのは天候や季節、風向き、水質や潮位の変化です。 競艇場によっては季節によって強風が吹くところがたくさんあります。 水質も淡水ばかりでなく、海水や淡水に海水の混ざるところがあります。 更に潮の満ち引きで流れや潮位が変化してレースに大きな影響を及ぼす場合もあります。 一つ一つの説明は競艇場ごとの特徴をよく読んで頂きたいと思いますが、一番身近で考慮しなくてはいけないのが風の向きです。 簡単な覚え方は追い風ならばイン(1コースの逃げ)が有利、向かい風ならばアウトのダッシュスタート(全速捲り)が有利と言うことです。 これだけでも予想では大きな違いが出るでしょう。 まとめ 舟券予想で先ずどこを見るのか? それでは、出走表のどこを先ず見るのか? と言うことですが、先ずA1選手を確認しましょう。 初心者では人気選手や実力的にはどの選手が上だということが分からないでしょうから、もし1号艇がA1選手ならば軸にして買いましょう。 もし、1号艇でないときは1号艇の成績を確認します。 勝率や2連対率や3連対率を見てA1選手と絡めて軸で買えば安心です。 それから、確認するのが今節の成績です。 何日かレースをしていればその選手の調子が分かります。 何回も1着になっているようならば例え1号艇でなくても軸にして買っても安心です。 初日では分からないので、モーターの欄を見て前節で活躍したり、優勝戦に出たモーターが有力です。 このように出走表を充分に見て、選手やモーターの成績を比べながら、舟券検討をしてください。 競艇に必勝法は回収率に注目 パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。 競艇にしても同じことが言えます。 回収率100%を超える買い方 以下の回収率をご覧ください。 一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率 75%• 1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率 85・1%• 回収率100%を超えるには 方法は2つ。 鉄板レースの3連単 1つ目は1-2-3が確実に来そうな 鉄板レースの3連単を買うこと。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 インコースが凹むレースの3連単 もう一つは 万舟券のレースを見極める方法。 それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。 インコース勢が凹むパターンとしては 4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。 先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで 554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。 4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。 結果、3号艇服部選手が犠牲になります。 2号艇もバランスを崩して外に。 5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。 4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。 競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ 実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。 選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。 つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。 こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。 予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。 大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。 以下は私が競艇予想サイト で購入した買い目(見事的中!)です。 徳山競艇 12月17日 (初日)10R 競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

次の