ナン カレー 以外。 カレーのお供だけじゃない!ネットで話題の「ナンの悪魔的な食べ方」5選

ナンはカレー以外の食材との相性抜群!和食との食べ合わせも美味しい!?日本で普及し、独自の進化を遂げた “ナン”を、日本人により身近にする「#ナンと和食」プロジェクト始動|株式会社ジェーシー・コムサのプレスリリース

ナン カレー 以外

みんなのレビュー 123• 百文字文章。 早速すぐに作りました!苦みもあって、滋味深くおいしいです。 今度は夏野菜で作ってみようと思います早速すぐに作りました!苦みもあって、滋味深くおいしいです。 百文字文章。 早速すぐに作りました!苦みもあって、滋味深くおいしいです。 今度は夏野菜で作ってみようと思います早速すぐに作りました!苦みもあって、滋味深くおいしいです。 百文字文章。 早速すぐに作りました!苦みもあって、滋味深くおいしいです。 今度は夏野菜で作ってみようと思います早速すぐに作りました!苦みもあって、滋味深くおいしいです。 結婚を機に永住する。 故郷インドで暮らしたのは10代の3年ほどで、人生の大半を海外で過ごし様々な食文化に触れる一方、母が作るインド料理の奥深さに魅了され、インド文化への思い入れが強くなる。 2005年に起業。 本格インド料理を始めインド人パティシエが作る伝統菓子を提供するなど、食文化を幅広く紹介している。 また大手百貨店での催事や野外フェスなどのイベント出店を通じ、インド料理の普及に努めている。 九段下や丸の内等都内を中心に18店舗を展開。 1 鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、切込みを入れておく。 ビニール袋等に鶏もも肉とヨーグルトソースの材料を全て入れ、よく揉み込む。 冷蔵庫で30分~2時間ほど置く。 2 玉ねぎはみじん切りにしておく。 3 フライパンにサラダ油をひき、 1 の鶏肉を入れて両面2分ずつ焼く。 4 3に並行して、別のフライパンにサラダ油を入れ、 2 の玉ねぎを加える。 軽く色づくまで炒める。 5 4にトマト缶を加え、トマトを崩しながら中火でじっくり炒める。 6 5に、 3の鶏肉を加える。 水を加え、鶏肉に火が通るまで煮込む。 7 カレールウを入れて混ぜながら溶かし、ココナッツミルクを加えてひと煮たちさせる。 器に盛り付け、お好みでブラックペッパーをかける。 ムンバイのおすすめ ナンの温め方 日本料理 日本橋ゆかり 野永 喜三夫 1972年生まれ。 「日本橋ゆかり」は、親子3代にわたり宮内庁への出入りを許された老舗名門店。 「株式会社 菊乃井」で日本料理の修業を経てゆかりの三代目若主人となる。 2002年、「料理の鉄人JAPAN CUP'02」で総合優勝。 NYタイムズ紙に日本を代表する若手料理人として選出され、『世界の料理人』として認められた第一人者。 2015年7月11日 イタリア・ミラノ万博にて日本代表として日本料理を披露。 2017年 11月小池知事より 東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞、歴代料理人最年少受賞。 様々なメディアや雑誌、海外での活動も多く、幅広い分野で活躍中。 伝統を守りながらも、新しい日本料理を発信し続けている。 2019年3月、農林水産省より日本食普及の親善大使に任命される。

次の

ナンが甘い理由はなぜ?インドカレー屋の謎!原因はネパール人?

ナン カレー 以外

ナンの種類とカレー以外の食べ方 インド料理店に行くとお店によっては多くの種類のナンがあります。 ナンと言われて思い浮かぶのはイメージはこんな感じではないでしょうか? 写真はシンプルなプレーンナンですが、ナン=味付けがされていないパンと思う人も多いと思います。 味付けがされていないナンもそのまま食べれるぐらい美味しいです。 多いお店だと10種類以上のナンがあり、 ランチ・ディナーとしてのナンから デザートとしてのナンまで幅広くあります。 デザートのナンと聞いてあまりピンとこない人もいるかもしれませんが、ナンはデザートとしても食べることが出来ます。 パン同様にアレンジの幅が広いので万能です。 これまで訪問したインド料理店で食べてきたナンを紹介してきたいと思います。 チーズナン プレーンナンと同じぐらい知名度が高いのがチーズナンではないでしょうか?ナンの中にたっぷり入ったチーズがほんのり甘くて病みつきになってしまう人も多いと思います。 チーズは多くの食べ物と本当に相性がいいです。 円形に盛られてカットされているお店もあれば、カットされて重なった状態で出てくることもありました。 ちなみに全体写真はこんな感じです。 また見た目もすっきりして見えます。 実際にサイズも大きめなのですが、円形で出てくるのでより大きく見えているように感じます。 1つのプレートにカレーやナンが入った状態でテーブルに届くお店もあれば、ナンは別のプレートに盛られた状態で届くお店もあります。 体感としてはカレーと一緒に1つのプレートに入った状態で出てくるケースの方が多いような気がします。 キーマナン キーマ(ひき肉)が入ったナンもサイドメニューであることが多いです。 チーズや玉ねぎと一緒に入っていることもあり、お店によって多少違います。 ひき肉だけのお店もあれば、チーズや玉ねぎが一緒に入っていたお店もありました。 たっぷり入ったチーズとひき肉の相性は抜群でリピートしたくなる味です。 アグリムとは別のお店の玉ねぎとひき肉が入ったキーマナンはそぼろのような感覚で食べれて美味しかったです。 インドカレーでキーマカレーが好きと言う人も多いと思いますが、ナンと相性もいいのでおすすめです。 キーマカレー好きな人にはたまらない味ではないかと思います。 たまねぎナン 細かく刻まれた玉ねぎがたっぷり入ったナンもありました。 細かく刻まれた玉ねぎはスパイスで味付けされていて濃いめの味ですが、玉ねぎの甘みもありました。 玉ねぎは甘い場所もあれば、やや辛く感じる場所もありましたが2つの味が楽しめたので個人的には良かったです。 ポテトナン ナンの中にポテトが入っているものもあります。 ポテトナンもインド料理店のメニューの中であることが多い印象があるように感じます。 スパイスで味付けされていて濃い味のナンだと思いました。 お店によって味付けは異なるのですが、カレー風味の味付けもあれば、あっさりした味付けもあるので味の範囲は広いと思います。 アグリムのポテトナンは濃いめの味付けでスパイシーでした。 ポテトもしっかり入っているのでボリュームも感じます。 ピリ辛の味付けなのでハマる人はハマります。 普段とは違う味のナンを食べてみたいと思っている方におすすめです。 ナンのデザートでの食べ方 これまで紹介してきたナンはランチやディナー用でしたが、 デザートにおすすめのナンもあります。 あまりイメージが沸かないと思う人もいるかもしれませんが、実際にインド料理店に行くとおやつ感覚で食べることが出来るナンもメニューにあることが多いです。 「 こういう組み合わせもありだな」と思ったメニューを紹介していきます。 あんこナン 1つ目はあんこが入ったナンです。 アグリム以外で食べたあんこナンも同じようなスタイルでデザート感覚で食べれました。 側面から見るとぎっしりと詰まっているのが分かります。 甘い物が好きな人やあんこが好きな人は高確率でハマるであろうデザートです。 表面はサクッとしていますが、中はもちもちで結構伸びます。 デザート感覚でどんどん口の中に吸い込まれていくので気が付けば完食していました(笑)。 チョコレートナン みんな大好きなチョコレートがたっぷりかかったナンです。 「ホットケーキにチョコレートがかかっている」、「クレープにチョコがかかっている」といった感覚で食べれます。 インディアンパレスのチョコレートナンはナンが大きいのでボリュームもありましたし、チョコが多いので食べるのが少し大変でしたが味は美味しかったです。 あんこやチョコレートなど甘い食べ物とも相性は抜群なので家でも食べたいと思ってしまいます。 アイスやジャムなどとも相性が良さそうです。

次の

ナンに合うカレーレシピサイト「ナン派さんのカレーパーティ」

ナン カレー 以外

グリーンカレーにナンは合う? カレーといえば日本ではカレーライスがもう定番すぎて、大抵お店で食べるのは有無を言わさずお米ですよね。 インド料理屋さんにいくと、本格カレーと銘打ってナンやチャパティで食べさせてもらえるところもありますが、お家で毎回ナンでカレーを食べているところはそんなに多くないと思います。 さて、そんなカレーに合わせる炭水化物事情ですが、そういえば グリーンカレーにナンの組み合わせってあんまりお店でも見ないですよね。 どうしてなのか調べてみたところ、いわゆるナンやチャパティはインドの食べ物。 より正確に言うと、ナンはインド北部の宮廷料理で 作るのが本当は大変&焼くためのタンドール窯が高価 、チャパティが一般的な過程で食べられています。 インド南部ではこのチャパティに変わり、お米で食べられているとのこと。 対して グリーンカレーは東南アジア系であるタイ料理なので、タイではお米と一緒に食べるそうです。 ちなみにご飯をグリーンカレーに浸して食べるのではなく、グリーンカレーをご飯にかけて食べるのがスタンダードの模様。 そりゃグリーンカレーとナンが本来は別の地域の食べ物だったのならば、普通は組み合わせて食べるということはあまりないでしょう。 が、なんでも組み合わせて食べる国・日本。 っていうか、ひいき目に見てもグリーンカレーにもナンは合うんじゃね?と思ってやってみました。 全然問題なし。 ナンにグリーンカレーは合います! 元々グリーンカレーは辛みが結構強いものが多いので、少し甘みがあるナンにはよく合いました。 あの独特なスパイスの香りをナンが邪魔することもなし。 もし「グリーンカレーにまたご飯?別のものを・・・」と思っているのであれば、ぜひ市販のものでいいのでナンで食べてみてください。 おススメです。 グリーンカレーにご飯以外で組み合わせるなら? さて、じゃあご飯やナン以外には何が合うの?というのがやっぱり気になるところ。 ここまで来たらもう炭水化物なら何でもいいんじゃないかと思ったのですが、とりあえず家にあって適当に合わせられるもので食べてみました。 基本的にはもちもち系の細麺なら大抵なんにでも合うとの意見が多数です。 中にはそばでもいいんじゃない?という人も。 逆にさらさらしているので、余っていてもカレーコロッケにするのは至難の業。 いわゆるカレーとは全く別ポジションのものとしてアレンジレシピは考えた方がよさそうです。 グリーンカレーとの組み合わせの注意点 と、細麺なら何でも合いそうなグリーンカレーですが、日本で食べようとするからこそ一つ気を付けた方がいいことがあります。 それはルーの固さ。 日本人の口に合うようにと日本のメーカーが 固めのルーで作っている場合には、汁気が少なすぎて麺を合わせてもあまりおいしくなりません。 これは元のインドカレーやグリーンカレーに比べてとろみが強く、もはや元のカレーとは全く別の食べ物といっても過言ではありません。 対する今回紹介したグリーンカレーは、実は タイでは主食ではなくスープのポジションなのです。 ということは水分が多めでシャバシャバしているのが本来の形です。 なので、輸入食品などのグリーンカレーやグリーンカレーペーストから実際にココナッツミルクで延ばして作ったものならば汁物的なカレーなのですが、日本人の口に合わせて作られたグリーンカレーはルーがトロっとしていて麺には合いませんでした。 特に レトルト系で水を入れたりせずに調理できるタイプのグリーンカレーではこういうことが多いようです。 もし麺類でグリーンカレーを食べてみたいと思う場合にはレトルトタイプではなく、紙パックに入っているようなタイプやグリンカレーペーストをココナッツミルクで延ばして自分で作ってみることをおススメします。 そして気軽に家でも一人グリーンカレーができればうれしいのですが、一人用のグリーンカレーも出回ってほしいところ・・・。 なかなか難しいですが、グリーンカレーの今後の広まりに期待です。

次の