嫌いな女優ランキング 2019。 芸能人好感度ランキング2018【女優編】好きな人と嫌いな人

泉ピン子が手越祐也を公開説教!「嫌いな女優NO.1」によもやの高評

嫌いな女優ランキング 2019

6日発売の週刊誌『週刊文春』が、今回で13回を迎えるアンケート企画「女が嫌いな女ランキング2018」の投票結果を発表し、木村拓哉さんの妻で歌手・工藤静香さん 48 が、初の1位を獲得していたことが明らかになりました。 『週刊文春』は6月28日からアンケート調査を開始し、約7週間分にわたって女性メルマガ会員を対象に調査を行い、全体で2000件超えの回答があったとしています。 その中で1位を獲得したのは、SMAP解散騒動があった2016年以降順位が急上昇した工藤静香さんで、2015年時点では37位でしたが、2016年にはSMAP分裂・解散騒動の黒幕疑惑が浮上、メディアへの露出も増えたことでアンチが激増することになり、2016年は5位にまで上昇し、昨年は自己最高の4位でした。 それから更に順位を上げて今年は1位になったのですが、工藤静香さんが嫌いだという人の意見を見てみると、• 木村拓哉がこの人とさえ結婚していなかれば、SMAPにも間違いなく違う未来があったはずです。 SMAPを解散させたから• 言うことがイチイチSMAPファンの気持ちを逆撫でする• 元々嫌いだったが、娘を押し出してきた最近は、腹黒さを感じて嫌いさに拍車が掛かってきた• 夫のことも娘のことも自分が目立つための踏み台にしてるとしか見えない などのコメントが寄せられています。 工藤静香さんの獲得票数は671票となっており、前回1位で今回は2位(492票)にランクインした松居一代さんに約180票差を付けての1位で、いかに嫌われてしまっているかが分かります。 2位以下にランクインした著名人を見てみると、3位(483票)は嵐・二宮和也さんとの交際を匂わせ、先日は婚前海外旅行までしていた伊藤綾子アナ、4位(304票)は上位常連の和田アキ子さん、5位(293票)は安倍晋三首相の妻・昭恵夫人。 6位(205票)は不倫スキャンダルを乗り越えて復調気味のベッキーさん、7位(173票)は今年の選抜総選挙で1位を獲得しながら、傲慢な態度で炎上したSKE48・松井珠理奈さんがランクインしています。 8位(170票)にはHKT48・指原莉乃さん、9位(143票)は上西小百合さん、10位(141票)は稲田朋美・衆議院議員となっています。 SMAP解散騒動への関与疑惑が根底にあるのはもちろんですが、それだけでなくSMAP解散後にはインスタグラムをオープンさせてファンらと交流を図り、自身のプライベートなどを公開し始めたことでも物議を醸し、加えて次女・Koki,さんが5月末にモデルデビューして以降は、娘の話題に便乗して自身のアピールもしている節があることから相変わらず批判が続いています。

次の

広瀬すず「嫌いな女優」2位→何ら気にする事は無い

嫌いな女優ランキング 2019

なお、アンケートは文春のメルマガ会員を対象に行われ、回答票数は4,668票 男性39%・女性61% とのことです。 ここでは、「好きな俳優・嫌いない俳優2020」ランキングのうち、好きな女優ランキングトップ10をご紹介します。 なお、アンケートは文春のメルマガ会員を対象に行われ、回答者数は5,200票超。 ここでは、「好きな俳優・嫌いな俳優2018」ランキングのうち、好きな女優ランキングトップ10をご紹介します。 事務所とのトラブルで能年玲奈という名前を使えなくなり「のん」に改名して活動を再開。 2016年はアニメ映画「この世界の片隅に」に声優として出演し、じわじわと人気を獲得。 第40回日本アカデミー賞では、同作品が優秀アニメーション作品賞を受賞しました。 一部ファンからは、同作品の実写映画を「のん」さんの主演…なんて声も聴かれます。 2位は、2016年10月期のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS が大ヒットした主演女優の新垣結衣さん。 「逃げ恥」効果は絶大で、前回10位からの躍進です。 なお、7位の石原さとみさん、8位の木村文乃さん、ともに圏外からのランクイン。 石原さんは2016年10月期ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」が好調だった影響が大きそうです。 木村文乃さんは、2017年1月期ドラマ「A LIFE」での普段とは違うクールな役どころに注目が集まりました。 どこかしら変わり者な空気を漂わせていますが、イケメンっぷりには一点の曇りもありません。 2016年10月期に主演したドラマ「キャリア~掟破りの警察署長~」の好演も影響したのかもしれません。 4位には、2016年に大活躍した高橋一生さんが圏外からランクイン。 もともとは地味目な俳優さんでしたが、演技力の高さやクールな雰囲気、プライベートでは苦労人だったことなども好感度を上げました。 ちなみに、今回のランキングでは、玉木宏さん、高橋一生さんだけでなく、6位の草彅剛さん、7位の菅田将暉さん、8位の山田孝之さん、9位の山下智久さんが圏外からランクイン。 ドラマや映画での活躍が、ランキングに反映している感じなのかもしれません。 異存は誰にもないかと思われます…。 2位に急浮上したのは、なんと広瀬すずさん。 バラエティで裏方を馬鹿にするような発言をしたことがきっかけで炎上しましたが、以来、イメージダウンを払拭できず…。 気の強そうな眼差しも、嫌われてしまう要素かもしれません。 とはいえ、女優としてはかなりの有望株なので、スキャンダルさえなければ大女優になりそうな予感…。 意外なのが、圏外から8位にランクインした高畑充希さん。 2016年は上半期のNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインに抜擢され、朝の顔として大活躍したのに…。 ただし、得票数は647。 圏外から2位に急浮上した坂上忍さんは得票数94。 圧倒的にキムタクは嫌われている…ということのようです。 今までは、好かれている分、アンチも多かった…という感じでしたが、今回はどう考えても「SMAP」の解散騒動での裏切り者イメージが影響しているんでしょうね。 3位には、ディーン・フジオカさんが圏外からランクイン。 2015年下半期のNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で大ブレイクしました。 そのせいか、ちょっと前までは「おディーン様」なんてもてはやされていたのに、「あさが来た」以降に出演したドラマではなんとなく微妙だったせいもあり…の結果でしょうか…。 結局、知名度や露出が上がれば好かれる反面、アンチも出現するので嫌われてしまう…というのは、人気商売の宿命なのかもしれません。

次の

嫌いな女ランキング2020/文春&週女の過去ランキング一覧も!

嫌いな女優ランキング 2019

関連:• blog. so-net. jpg? 反省日記をつけたり、撮影の間に腕立てしたり尊敬しています」 久しぶりに好感度ランキング1位に返り咲いたのは 綾瀬はるかさんでした。 1位に選ばれた理由は3年越しで放送された NHKドラマ『精霊の守り人』の存在が大きいでしょう。 多額の製作費をかけたのにも関わらずドラマの視聴率は最終6%強と民放なら爆死状態。 しかし綾瀬さんのひたむきな姿勢に共感を得た人も多く、ドラマに魅入られたように観てハマった人も結構多かったみたいです。 また綾瀬さんの天然な性格で現場の和ませていたようですね。 ガッキー人気はまだまだ顕在。 2016年『逃げ恥』で人気が再燃したことを皮切りに2017年は『コードブルー3』で存在感をアピールしました。 そんな 新垣さんももうすぐ30歳。 逃げ恥で共演した星野源さんとの熱愛が一部週刊誌で取り上げられ、 年内に結婚か?と報じられました。 逃げ恥の続編が立ち消えになったのも 「真剣交際に発展したからやりたくない」と言っているとか。 pinimg. ドラマ「アンナチュラル」で法医解剖医という役に挑戦して 平均視聴率11%と大健闘。 凛とした石原さんの姿に好感をもった女性票が多く投じられて【7位から4位】に上昇しました。 女優は役柄のイメージが本人の印象にダイレクトに影響します。 「魅力的な役を演じる=好感度を上げる要素」になっていますね。 horiagency. 2018年の春ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』で波瑠さんは 刑事役に初挑戦しました。 脚本は主役を演じた朝ドラ『あさが来た』の 大森美香氏です。 大森さんは波瑠さんについて、 「しっとりとした女性らしさがあるイメージだけど、熱血漢のような少年性も持ち合わせている」と明かしていました。 かわいらしい女性役以外にも色々な役に挑戦してどんどん演技の幅を広げていってほしいですね。 officiallyjd. 励ましてほしい」 好きな女優6位に選ばれたのは 天 海祐希さん。 天海さんといえば 「理想の上司」です。 2016年まで7年連続で1位に選ばれていました。 彼女に叱って欲しいと思う年下男性もいるんじゃないでしょうか。 キッチリしている印象がある天海さんですが 普段は割とグダグダしているといいます。 仕事がら美容に気をつけていますが、手間をかけずにキレイでいられたらいいのにと思っているとか。 そんなアンバランスなところも魅力的なんでしょうね。 ameba. 満島さんに憧れる若手女優が多いそうです。 ドラマやCMで引っ張りだこな 川栄李奈さんや元ハロプロの 真野恵里菜さんなど。 満島さんは沖縄アクターズスクール出身で元Folder5のメンバー。 アイドルから女優へ転身した経歴があります。 そんな彼女も2018年3月に事務所を退所してフリーになりました。 今後どんな活動をするのか注目です。 pinky-media. ほんわかしていてかわいい。 最強のアラフィフと言われる石田ゆり子さん。 演技が特段上手いわけではないが周りを和ませる 癒やし系美女として再ブレイクしました。 そんな彼女は独身。 過去に熱愛スキャンダルがいくつかありましたが最近10年浮いた話がありません。 男性の影を感じさせないところも好かれるポイントなんでしょうか。 8位の石田さんもいくつになってもかわいいですが、深田さんも負けじとかわいいですね。 かわいい系って20代ならいけそうですが、 年を重ねるほどに運動や美容に気をつけないといけないので大変そうです。 化粧水塗っているだけなんて言われてもだまされません。 fc2. jpg 投票数:220 前回:1位(変わらず) 「いつも威張っている」 「彼女は大物女優というより大口女優だ」 トリプルスコアで嫌いな女優1位に選ばれたのは 泉ピン子さんでした。 嫌みな役柄と過去の女優イジメ報道で嫌われています。 特に 年配のイメージはどう頑張っても覆せそうにないでしょうね。 今更いい人キャンペーンをする意味もないと思いますが・・・。 jpg 投票数:89 前回:2位(変わらず) 「あのしゃべり方が嫌い」 「なんでいつも広瀬すずを使うの?さすがに飽きた」 テレビ露出が多い 広瀬すずさんが2回連続で嫌いな女優2位に選ばれました。 広瀬さんの認知度は高くCMなどの起用も多いので、 もう広瀬すずじゃなくてもいいのでは?と思う人もいるでしょう。 10代女性女優と限定してしまうと、 広瀬さんほど知名度と好感度をもたれる女優がいないので、必然的に彼女になってしまう背景があります。 2019年の朝ドラヒロインにも広瀬さんは選ばれました。 しかしさすがに朝ドラは新人を起用して欲しいかなと個人的には思います。 新鮮味という面がないので。 blogimg. 石原さんはプロ意識が高くて撮影のメイクを自分でおこなっているのは有名ですが、カメラ映りにうるさくてモニターで確認して気に入らないと機嫌が悪くなるといいます。 こだわりが強いんでしょうね。 fc2. jpg 投票数:50 前回:4位(変わらず) 嫌いな女優ランキング常連の 藤原紀香さんが4位に。 ネット上で悪口を書かれることも多くて以前は好かれたくて落ち込んでいたようですが、最近は「またこんなこと書いてある」「面白い、人ってこうとるんや」と 軽く受け流すようになったとか。 いちいち気にしていたら身が持たないのかもしれませんね。 twimg. なんでこの人?と思ってしまう」 押されている女優、 土屋太鳳さんが5位にランクイン。 朝ドラ『まれ』でヒロインを演じて以来、知名度・露出度が格段に上がった土屋さん。 知名度が上がった弊害として嫌いな女優に選ばれてしまいました。 彼女も23歳。 そろそろ元気いっぱいな10代の役は厳しいかな。 真面目な女子高生役はもうさすがに卒業させてあげていいんじゃないかなと思いますね。 吉岡さんは2017年のブレイク女優ランキング1位に選ばれました。 意外にも苦労人。 演技レッスンを受けるため、京都の大学に通いながら東京まで深夜バスで往復する生活を5年続けたといいます。 事務所に所属した後もオーディションに落選する日々でした。 女性が見ても子犬のようなかわいさがあるという吉岡さん。 あざといキャラ全開でも意外と受けるのではと思います。 zenterebi. jpg 投票数:38 前回:7位(変わらず) 常連の 沢尻エリカさんが第7位に。 選ばれる理由は 「別に」発言と エリカ様という印象です。 主演映画「クローズドノート」のプロモーションで、撮影中にクッキーを焼いて差し入れたことについての心情を聞かれて「べつに」と発言。 なんてわがままなんだ!と気分を悪くしたでしょう。 たしかに不機嫌な様子でしたが「 べつに」発言はこれ1回きり。 今考えるとマスコミが面白おかしく報道して誘導したのかもと思います。 あんまりパッとしないなと感じる人もいますが、CMや映画、ドラマなどそこそこ見る機会があるんですよね。 ラブシーンがある役も引き受けているのは作品に参加できなかったという後悔をしたくないから。 そんな姿勢だからこそオファーが絶えないのかもしれませんね。 twimg. 我が道を行く、私は私。 そんな雰囲気がでているのかも。 ただ宇多田ヒカルさんや柴咲コウさん、二階堂ふみさんも一人っ子。 周囲を気にすることなく目標まで突き進むところは芸能界で向いていそうです。 yimg. Hey! Say! JUMPの中島裕翔さんとの熱愛報道が後を引いていて嫌いな女優入り。 ジ ャニーズタレントと熱愛が報じられてしまうと高確率で女性から目の敵にされてしまいますね。 吉田羊さんは未だ独身。 過去に一人だけ結婚しそうな人がいました。 お互い家族に紹介して普通だったらそのまま籍を入れていたでしょう。 結婚に至らなかった理由は 女優の仕事を優先したから。 今は女優としてブレイクを果たしていますし、後悔はしていないそうです。 仕事とプライベートを両立させるのは難しかったのでしょうね。 芸能人好感度ランキング2018【女優編】まとめ 好きな女優1位は 綾瀬はるかさん、嫌いな女優1位は 泉ピン子さんと順当な結果となりました。 好きな女優に選ばれやすい大きな要因として 「結婚しているかどうか」があげられます。 2017年はトップ10に選ばれていた木村文乃さん、北川景子さんがランク落ちしています。 結婚して露出が減ったのかもしれませんが、やっぱり 結婚したら少し興味が薄れるのかもしれません。 嫌いな女優はあまり代わり映えしませんでしたね。 有村架純さん、西内まりやさんの代わりに土屋太鳳さん、吉田里帆さんがランクイン。 「見飽きた」「なんでこの女優使うの?」そんな理由でも嫌いな女優に選ばれてしまうのはキツいなと思います。 また悪女役で最近女優の活動が増えてきた菜々緒さんが15位に。 まだこれからですがそれほど悪いイメージは持たれていませんね。 次回の芸能人好感度ランキングはどんな人たちが選ばれるのでしょうか。 楽しみにしたいと思います!.

次の