クオン チョコレート。 ABOUT US|久遠チョコレート

口に広がる感動!『久遠チョコレート』が魔法級のおいしさと話題

クオン チョコレート

「障害者のせいではなく、運営するほうの責任なんです。 障害者の福祉かどうかは関係なく、売れる、求められるものを提供すればいいと思いました」(夏目さん) パン工房をやりたくて企画書を書き、様々な会社に持ち込んだ。 中でも敷島のパン会社「パスコ」の社長が協力してくれた。 自社で引き上げた機会を貸し出し、職人を派遣してくれたという。 そうした動きを見て、銀行も資金を貸してくれた。 2003年の3月に、個人事業としてパン工房「ラ・バルカ」を開店した。 夏目さんは、 地元の最低賃金である時給681円を保証した。 作業所にいた3人の障害者を雇用して、「絶対にこの賃金は払う」と決めた。 月の給料は10万円近くなる。 「初めは赤字で、7社からカードローンを借りていました」 夏目さんは障害があるからと安い賃金になる現実に疑問を持った。 障害者でもきちんと賃金をもらえる仕組みを作るために、本当に人が求めるものを作った 成長の瞬間、忘れられない お金の苦労はあったものの、 「障害者が自立していく瞬間を見たのが忘れられない」と夏目さんは振り返る。 「ある女性は、計算ができずパニックになってしまう。 ある時、自分でペンとノートを買ってきて、名前と値段を書いている。 覚えればレジ打ちができると思ったようです。 それを見て、 『障害者もちょっと工夫すればできないことができるようになる』と気づきました。 今までの福祉は、当事者に選択肢を与えなかったんです。 障害のあるなしに関わらず、成長とは一緒に乗り越えていくこと。 だれにでも可能性があるんです」 パンを焦がしてしまった障害者も、繰り返しやっているうち、きれいに焼けるように。 当時、メロンパンのブームだったので、夏目さんは借金して販売車を購入。 メロンパンの移動販売を始めると、引きこもりがちだった障害者も自立して外に出られるようになった。 「赤字も止まり、近くのビジネスホテルの朝食パンを手がけるようになりました。 おかわりも含めて、焼き立てを届けたんです。 それが評判になり、口コミで仕事が来るようになりました」。 それからNPO法人を経て、社会福祉法人にした。 今もこの場所で、福祉事業所としてパン作りを中心に55人の障害者が働いている。 ショコラティエに出会い自ら修業に このラ・バルカから、久遠チョコレートが生まれた。 5年ほど前、夏目さんは紹介されてショコラティエの野口和男さんに出会う。 野口さんは菓子ブランドのプロデュースや受注での製造を専門にしていて、業界の有名人。 それまで夏目さんは「ケーキとチョコレートは難しいだろう」と、全く関心を持っていなかった。 「ところが野口さんは『チョコレートは、化学的なもの。 正しい材料を使って正しく作れば、だれでもいいものが作れる』と。 働きに来いよと言われて、東京の工房で数週間、働きました」 夏目さんがチョコレートを作ってみると、危ない機材もなく、やけどの心配もない。 溶かして固める繰り返しの作業。 仕事量が多く、単価が高いので利益率が高い。 2014年、野口さんが引き受けきれない仕事をやらせてもらうところからスタートした。 「3年は下積みでと思っていましたが、日本財団から助成を受けたこともあり、大きく動き出しました。 京都の福祉事業所がチョコレートを作りたいと手を挙げ、店舗も決まっていた。 だったら自主ブランドがあったほうがいいかと。 京都の雰囲気ある店構えに合わせて、久遠チョコレートというブランドを立ち上げました」(夏目さん).

次の

【佐世保初上陸】「久遠チョコレート佐世保」が黒髪町にオープンしてた〜!

クオン チョコレート

北海道初上陸のオッシャレーなお店が、 旭川にあるんすよ! 久遠 クオン チョコレート、北海道第1号店! 都会的な外観 ここが、QUON くおん チョコレート旭川店。 東京の表参道かと思うくらい、洗練された店構えだよ。 オープンからしばらくは行列が絶えなくて、 お店に入るのも大変なくらいの人気。 今も、幅広い世代のお客さんで、 店内は賑わっているよ。 ピュアチョコレートにこだわった商品づくり ピュアチョコレート! チョコレート本来の味を楽しんでもらおうと、 素材にこだわって、 余計な油を一切加えてないんだって。 混じりっけなしの「ピュアチョコレート」だよ! すごいな〜 裸電球も、グルメブロガーとして、 フェブリク 痛風の薬 に頼らず、 「ピュア呑兵衛」として生きたいもんだ。 発作がこわいからやめとくけどw ガラス張りが自信の証 お店ごとにショコラティエが丁寧に製造してるんだ。 もともと久遠チョコレートは、 障がいを持つ人も、持たない人も、 同じように働き、輝ける社会を目指して始まったそう。 2019年には全国38拠点にまで広がってるんだって。 すごいよね。 で、北海道の第1号店が、 ここ、旭川ってこと! 久遠チョコレートの代名詞「久遠テリーヌ」 オードブルに出てくるやつみたい 上質なカカオをベースにして、 ドライフルーツやナッツをミックスしてるんだ。 色味もカラフルだし、写真映えも抜群! 最高にオシャレなチョコレートでしょ! 正月のオードブルにこういうカマボコあるよね。 あれも好き! 全色食べちゃう! (その脱線やめなさい) バリエーション豊富! 全部で何種類あるんだろ!? ベースは同じでも、中のトッピングが変わると 味わいも全く違うから面白い。 試食できるので、ついつい食べ比べちゃうね。 ギフトボックスもあるので、 プレゼントにも喜ばれるだろうなー! ちなみに、裸電球セレクトはこちら。 これ、考えた人天才だな! 「至高の」なんて言われちゃったらさ、 食べずには帰れないでしょ〜 ベースのアイスをチョイス この日のチョコレートソースが 「至高のホワイトチョコレート ベルギー産 」だったから、 抹茶にしてみたよ。 鍋に入ってるチョコレートソースの中に アイスをイン! 自分でクルクルするのってちょっと楽しい。 多めに付けようと、ちょっと邪心がw あっという間にカチンコチン すぐ固まるのね。 びっくり。 きれいにコーティングされたよ。 いざ、実食! 至福の時ざんす。 けっこう分厚くコーティングされるのね。 濃厚なミルクチョコレートと抹茶だもの。 言わなくてもわかると思うけど、一応言っとくね。 合うわ〜〜〜! 自分で書いてて何かムカつくw そんなわけで、手土産やプレゼント、 自分へのご褒美にもぴったりな、 久遠チョコレート旭川さんでした! ぜひ、行ってみてね〜〜! HADAKA DENKYU.

次の

久遠チョコレート 荻窪店 (QUON CHOCOLATE)

クオン チョコレート

「障害者のせいではなく、運営するほうの責任なんです。 障害者の福祉かどうかは関係なく、売れる、求められるものを提供すればいいと思いました」(夏目さん) パン工房をやりたくて企画書を書き、様々な会社に持ち込んだ。 中でも敷島のパン会社「パスコ」の社長が協力してくれた。 自社で引き上げた機会を貸し出し、職人を派遣してくれたという。 そうした動きを見て、銀行も資金を貸してくれた。 2003年の3月に、個人事業としてパン工房「ラ・バルカ」を開店した。 夏目さんは、 地元の最低賃金である時給681円を保証した。 作業所にいた3人の障害者を雇用して、「絶対にこの賃金は払う」と決めた。 月の給料は10万円近くなる。 「初めは赤字で、7社からカードローンを借りていました」 夏目さんは障害があるからと安い賃金になる現実に疑問を持った。 障害者でもきちんと賃金をもらえる仕組みを作るために、本当に人が求めるものを作った 成長の瞬間、忘れられない お金の苦労はあったものの、 「障害者が自立していく瞬間を見たのが忘れられない」と夏目さんは振り返る。 「ある女性は、計算ができずパニックになってしまう。 ある時、自分でペンとノートを買ってきて、名前と値段を書いている。 覚えればレジ打ちができると思ったようです。 それを見て、 『障害者もちょっと工夫すればできないことができるようになる』と気づきました。 今までの福祉は、当事者に選択肢を与えなかったんです。 障害のあるなしに関わらず、成長とは一緒に乗り越えていくこと。 だれにでも可能性があるんです」 パンを焦がしてしまった障害者も、繰り返しやっているうち、きれいに焼けるように。 当時、メロンパンのブームだったので、夏目さんは借金して販売車を購入。 メロンパンの移動販売を始めると、引きこもりがちだった障害者も自立して外に出られるようになった。 「赤字も止まり、近くのビジネスホテルの朝食パンを手がけるようになりました。 おかわりも含めて、焼き立てを届けたんです。 それが評判になり、口コミで仕事が来るようになりました」。 それからNPO法人を経て、社会福祉法人にした。 今もこの場所で、福祉事業所としてパン作りを中心に55人の障害者が働いている。 ショコラティエに出会い自ら修業に このラ・バルカから、久遠チョコレートが生まれた。 5年ほど前、夏目さんは紹介されてショコラティエの野口和男さんに出会う。 野口さんは菓子ブランドのプロデュースや受注での製造を専門にしていて、業界の有名人。 それまで夏目さんは「ケーキとチョコレートは難しいだろう」と、全く関心を持っていなかった。 「ところが野口さんは『チョコレートは、化学的なもの。 正しい材料を使って正しく作れば、だれでもいいものが作れる』と。 働きに来いよと言われて、東京の工房で数週間、働きました」 夏目さんがチョコレートを作ってみると、危ない機材もなく、やけどの心配もない。 溶かして固める繰り返しの作業。 仕事量が多く、単価が高いので利益率が高い。 2014年、野口さんが引き受けきれない仕事をやらせてもらうところからスタートした。 「3年は下積みでと思っていましたが、日本財団から助成を受けたこともあり、大きく動き出しました。 京都の福祉事業所がチョコレートを作りたいと手を挙げ、店舗も決まっていた。 だったら自主ブランドがあったほうがいいかと。 京都の雰囲気ある店構えに合わせて、久遠チョコレートというブランドを立ち上げました」(夏目さん).

次の