乳首 が 痒い。 よくある質問

乳首が痒いのは「カビ」のせい!? 気を付けたい“バストケア”

乳首 が 痒い

Q:乳首の色が真っ黒! ピンクの乳首になれますか? 【病院で処方する塗り薬で、薄くすることはできます】 「乳頭の色は、メラニン色素の影響を受けます。 生まれつきの体質もあれば、成長期、妊娠中などにホルモンの影響を受けてメラニン色素が増えることで色が濃くなることも。 基本的に、日本人女性はピンク色の人は少ないですが、どうしても気になる場合は、美容外科で処方される、メラニンの生成を抑える『トレチノイン』と『ハイドロキノン』という塗り薬で脱色が可能。 【実は、多く見られる状態。 それぞれの乳首のサイズは、同じくらいの場合もあれば、全く違うということも。 原因はよくわかっていないものの、女性には多く見られる症状のひとつ。 特別に珍しいということはなく、何か害があるわけでもありません。 気になる場合は、手術を受けることで、分裂した乳頭を一体化できます。 患者さんの希望を聞き、片側の乳頭とバランスを見ながらデザインをして、形成していきます」 Q:普段、乳首が陥没しているんです。 これって私だけ? 【症状次第で手術可能。 原因は様々ですが、主に、乳管の成長が追いつかず先端にある乳頭を内側に引き込み、乳首が埋もれている状態です。 ともに授乳がうまくできないなどのトラブルの可能性があるため、早めに受診、相談を。 吸引器やマッサージ等で戻る人もいますが、特に陥没乳頭は手術をするケースもあり、保険適用の場合も」 乳首が時々異様にかゆくなる! ぼりぼりかきむしってしまいます。 【原因は乾燥からカビまで、さまざま。 いちど診察を】 「乳首や乳輪はデリケートな粘膜なため、かゆみを生じやすい場所といえます。 その原因は、ブラジャーがあたることによる刺激や、乾燥、汗がたまることが考えられます。 ほかにも、普段から使っているシャンプーやボディクリームなどが肌に合っていないケースも。 また、マセラチアというカビの一種によって引き起こされる、かゆみのある湿疹にも注意。 間違った薬を使うと悪化する可能性があるので、いつまでもかゆみが引かない場合は、病院で早めに診察してもらいましょう」 Q:乳輪にボツボツがあるんです。 おじさんみたいで、なんだか汚い…。 【ボツボツの正体は皮脂腺。 乳首と乳輪を守るための皮脂を分泌する役割がありますが、そのサイズや数には、かなり個人差があります。 必要以上に発達すると目立ってしまうため、除去したいと相談に来る方は少なくありません。 イボやほくろを除去する方法で、きれいに取り除くことができます。 ただし、1回の手術で取れるのは、片側5個程度。 それ以上の数になる場合は、何度か通ってもらうことになります」.

次の

妊娠初期症状でちくびが痛い?かゆい?胸が痛い、乳首痛。

乳首 が 痒い

Q:乳首の色が真っ黒! ピンクの乳首になれますか? 【病院で処方する塗り薬で、薄くすることはできます】 「乳頭の色は、メラニン色素の影響を受けます。 生まれつきの体質もあれば、成長期、妊娠中などにホルモンの影響を受けてメラニン色素が増えることで色が濃くなることも。 基本的に、日本人女性はピンク色の人は少ないですが、どうしても気になる場合は、美容外科で処方される、メラニンの生成を抑える『トレチノイン』と『ハイドロキノン』という塗り薬で脱色が可能。 【実は、多く見られる状態。 それぞれの乳首のサイズは、同じくらいの場合もあれば、全く違うということも。 原因はよくわかっていないものの、女性には多く見られる症状のひとつ。 特別に珍しいということはなく、何か害があるわけでもありません。 気になる場合は、手術を受けることで、分裂した乳頭を一体化できます。 患者さんの希望を聞き、片側の乳頭とバランスを見ながらデザインをして、形成していきます」 Q:普段、乳首が陥没しているんです。 これって私だけ? 【症状次第で手術可能。 原因は様々ですが、主に、乳管の成長が追いつかず先端にある乳頭を内側に引き込み、乳首が埋もれている状態です。 ともに授乳がうまくできないなどのトラブルの可能性があるため、早めに受診、相談を。 吸引器やマッサージ等で戻る人もいますが、特に陥没乳頭は手術をするケースもあり、保険適用の場合も」 乳首が時々異様にかゆくなる! ぼりぼりかきむしってしまいます。 【原因は乾燥からカビまで、さまざま。 いちど診察を】 「乳首や乳輪はデリケートな粘膜なため、かゆみを生じやすい場所といえます。 その原因は、ブラジャーがあたることによる刺激や、乾燥、汗がたまることが考えられます。 ほかにも、普段から使っているシャンプーやボディクリームなどが肌に合っていないケースも。 また、マセラチアというカビの一種によって引き起こされる、かゆみのある湿疹にも注意。 間違った薬を使うと悪化する可能性があるので、いつまでもかゆみが引かない場合は、病院で早めに診察してもらいましょう」 Q:乳輪にボツボツがあるんです。 おじさんみたいで、なんだか汚い…。 【ボツボツの正体は皮脂腺。 乳首と乳輪を守るための皮脂を分泌する役割がありますが、そのサイズや数には、かなり個人差があります。 必要以上に発達すると目立ってしまうため、除去したいと相談に来る方は少なくありません。 イボやほくろを除去する方法で、きれいに取り除くことができます。 ただし、1回の手術で取れるのは、片側5個程度。 それ以上の数になる場合は、何度か通ってもらうことになります」.

次の

乳首が痒いです。婦人科?皮膚科?

乳首 が 痒い

乳首は左右の乳房のほぼ中心部に、乳輪に囲まれて存在しています。 乳首や乳輪にはアポクリン汗腺が分布しており、多くの皮脂が分泌されます。 また、下着や衣類などで通気性が妨げられ、細菌が繁殖しやすい部位でもあります。 このため、乳首は皮膚トラブルを起こしやすい部位であり、が生じるものがあります。 乳首や乳輪にのあるがある• 乳首が赤く腫れ、痛みも伴う• 授乳中ではないのに、乳首から液体が分泌される これらの症状が生じる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。 乳首のを引き起こす病気や病院受診の目安、日常生活での注意点を詳しく解説します。 病気による乳首のかゆみ 乳首のは何らかの病気が原因となっていることがあります。 乳首のは、乳首自体の病気と乳首にを生じやすい皮膚の病気に分けられますが、それぞれの主な病気は以下の通りです。 乳首自体の病気 乳首は皮脂の分泌量が多く、乳首を乾燥から守る重要なはたらきを担っています。 一方、通気性が悪く、アポクリン汗腺からタンパク質や脂質を含んだ汗が分泌されるため、細菌感染なども起こしやすく、を引き起こしやすい部位でもあります。 の原因となる乳首の病気には、以下のようなものが挙げられます。 乳頭炎 乳首に細菌感染などが生じることで炎症を引き起こす病気です。 乳首は皮脂によって保護されていますが、皮脂の分泌量が減少すると下着の擦れや汗、乳汁などの些細な刺激でダメージを受けやすくなり、炎症を引き起こすことがあります。 多くは、乳首にやびらんなどの病変を伴い、細菌感染が悪化すると痛みや発赤、腫れなどの症状が見られることもあります。 乳房パジェット病 中高年女性に発症することのあるの一種で、乳首や乳輪に紅斑やびらん、かさぶたなどの病変を形成します。 一般的なのようにしこりは形成せず、皮膚や粘膜病変が主体となるため、悪性の病気と気づかれずに発見・治療が遅れるケースもあります。 通常、乳首のを伴うことは少ないですが、病変部の乾燥や細菌感染などを併発するとを引き起こすことがあります。 進行乳がん 乳腺の中にできたが、乳管を通して乳首まで浸潤し、びらんやなどの病変を形成することがあります。 を伴うことは少ないですが、乳房パジェット病と同じく、病変部の乾燥や細菌感染などが生じるとの原因になることがあります。 また、血性の分泌物が乳首から排出されることもあり、これが刺激になってを引き起こす場合もあります。 皮脂欠乏性湿疹 乳首からの皮脂分泌量が低下することによって生じる病気です。 一般的にと呼ばれるもので、強いを生じ、を伴うこともあります。 真菌感染症 マラセチアやカンジダなどのカビの一種が乳首に感染する病気です。 乳首は下着や衣類などによって通気性が悪くなりやすく、皮脂を多く含んだ汗や栄養豊富な乳汁が分泌されることでカビが繁殖しやすい環境にあります。 このため、マラセチアやカンジダなどのカビが増殖して炎症を引き起こし、の原因となることがあります。 受診の目安とポイント 乳首のは、乾燥や汗・下着の刺激などによって生じるケースが多く、見過ごされがちな症状のひとつです。 しかし、乳首のは何らかの病気が原因のこともあり、中にはが背景にある場合もあります。 思い当たる原因がないのに乳首のが続く場合や、乳首のや痛み、発赤がある場合、乳房にしこりがある場合や、乳首から液体成分の分泌がある場合には思わぬ病気が潜んでいる可能性もあります。 当てはまる場合は、なるべく早めに病院を受診しましょう。 診療科は、乳首以外に病変がない場合は皮膚科、乳房にも病変がある場合は乳腺外科がよいでしょう。 また、受診の際は、がいつ頃から生じたのか、以外の症状について明確に医師に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の習慣などが原因で乳首のが生じている場合があります。 乾燥 乳首には多くの皮脂が分泌されていますが、皮脂の分泌量が低下して乾燥することでやを引き起こす皮脂欠乏性や細菌感染の原因となることがあります。 乾燥肌のときは 乳首が乾燥しているときには、保湿効果のあるクリームやオイルをこまめに塗って乾燥した状態を避けるようにしましょう。 下着や衣類の繊維が合わない 肌に合わない下着や衣類を着用していると、接触性を引き起こす原因となることがあります。 下着や衣類が合わないときは 接触性は化学繊維によって生じやすいため、綿や絹など乳首に刺激を与えにくい素材の下着や衣類を選ぶようにしましょう。 乳首の蒸れ 乳首は1日の大半を下着や下着に遮られているため、通気性が悪く蒸れやすい部位です。 蒸れは細菌や真菌が繁殖する原因にもなります。 乳首が蒸れやすいときは 乳首の蒸れが気になるときは、綿や絹など通気性の良い素材の下着や衣類を選ぶようにしましょう。 また、女性ではサイズの合っていない小さなブラジャーを着用することが蒸れの原因になることもあるため、サイズの合った下着を身につけましょう。 よくならないときには 乳首のは、日常生活上の習慣が原因の場合が多いです。 しかし、生活習慣を改善してもが治まらない場合には、投薬治療が必要なケースもあります。 また、などの病気が潜んでいる可能性もありますので、早めに病院を受診するようにしましょう。

次の