宝くじ 10万円 換金。 宝くじの換金場所ってどこ?時間や期限など換金方法まとめ!銀行

宝くじ換金

宝くじ 10万円 換金

人生で初、そして最後の大バクチでした。 さて、みなさんは『スクラッチくじ』という宝くじをご存知でしょうか。 その言葉通り、削ればすぐに結果がわかるクジです。 だいたい1枚200円で、10枚セットで販売されています。 その1枚200円のスクラッチクジを100万円分買ったら、1等は当たるのでしょうか。 子供の頃から気になっていたので買ってみました。 ただ、その前に嫁を説得する必要があります。 なぜなら、 自腹購入なので……! ・嫁を説得 私:「スクラッチクジを100万円分買って、どのくらい当たるか試してもいい?」 嫁:「いいんじゃない、だって、もし本当に当たったらアナタのモノになるってことでしょ? ちなみに100万円分って何枚?」 私:「5000枚。 」 嫁:「それさ、 そこそこあたりそうじゃない? 」 さすが私の嫁、 理解がチョッパヤです。 むしろ「そこそこ当たりそうじゃない」という返事までもらえました。 これで準備は完了です。 ということで、まずは銀座に行って、みずほ銀行で100万円をおろしました。 宝くじを買うために100万円をおろしたのは初めてです。 足のブルブルがマジでおさまりません。 ちなみに、ロケットニュース24の編集長がカメラマンとして同行してくれたので、 「一緒に50万円ずつ投資して当たった山分けしない?」と持ちかけてみましたが、最後まで「ムリ〜! ムリ〜! 絶対ムリ〜」と満面の笑顔で拒否されてしまいました。 残念ですね……。 ・「100万円分ください」と伝えると…… さて、おろしたてホヤホヤの100万円をガッチリ握りしめて、今度は当たりが出ると有名な 数寄屋橋の宝くじ売り場へと向かいます。 すると、その日は年末ジャンボの発売最終日。 長蛇の列ができていました。 ただ、私が買うのはスクラッチ100万円分。 この列に並ぶ必要はないのです。 なんという優越感。 私の列はコッチです。 コッチコッチ。 ドキドキしつつ並び始めて5分後、スタッフから「どうぞ〜!」という声が。 早速、「スクラッチ100万円分ください!」と伝えると、「ええええ?? はい?」という困惑した表情。 回りにいたスタッフにも動揺が走ります。 すると、奥にいたスタッフがお札を扇状に広げて数え始めました。 スタッフによると、一度にこれほどスクラッチを買った人は見たことがなく、最高でも10万円程度とのこと。 最後に 「当たりますように!」と優しい声をかけてもらい、スクラッチがいっぱいに入った紙袋を2つ渡してもらいました。 はぁぁ……。 なんという満足感と高揚感でしょうか。 ここまでくると、自分が何をやっているのかイマイチわかりません。 ・取材を受ける さて、「会社に帰ってがんばって削るぞ!」と思ったその時でした! なんと、 年末ジャンボで取材をしていたカメラマンが、私に取材をしたいというのです。 一体どういうことでしょうか。 私が買ったのはスクラッチ100万円分です。 取材対象を完全に間違えています。 カメラメン:「何をこんなに買われたのでしょうか?」 私:「スクラッチ100万円分です」 カメラマン:「1等はいくらでしょうか」 私:「100万円です」 カメラマン:「ほへ?……」 おそらくカットされたに違いないでしょう。 ただこれをきっかけに、私の周りに何人かの人だかりができます。 「何を買ったの?」「え、100万円分? スクラッチ?」と、多くの人から質問攻めにあいます。 とにかく、無事にスクラッチクジ100万円分を入手できました! あとは会社に帰って削るだけ! 続きはへ。 Report: Photo:RocketNews24.

次の

宝くじの換金は5万円から?|換金場所と営業時間

宝くじ 10万円 換金

みずほ銀行に行かなきゃダメ? 「銀行に行くのメンドくさいな〜」 「窓口で待たされそう……」 「平日の15時までしか開いてないから行けないよ」 不満はあるでしょうが、10万円のためだと思って我慢してください。 当選金が高額の場合、みずほ銀行でしか換金できません。 宝くじはシステム上、当選金額を「小額」「高額」というように分類しています。 小額とは「5万円以下の当せん金額」で、高額とは「5万円以上の当せん金額」です。 少額ならば宝くじ売り場で換金できます。 しかし現金がたくさんあるわけではない宝くじ売り場で、高額な当選金は用意できません。 「10万円くらいあるだろう」と思うかもしれませんが、防犯上の問題もあります。 そこで一定額以上の当選金は、みずほ銀行でしか換金できないようになっているのです。 10万円といえば1日分の収入より高いんだから、1日休んででも銀行にいきましょう。 換金できる期間は 「支払い開始日から1年間」なので忘れずに。 換金の手順 いざ換金となると緊張しますね。 高額当選というと、銀行の応接室で待たされるイメージがあります。 銀行員が「おめでとうございます! 」と言って10万円を恭しく渡してくれる、そんなところを想像したのは私だけでは無いでしょう。 しかし、残念ながら現実は違います。 別室に呼ばれるのは当選金が1000万円を超える場合です。 10万円の場合は以下の手順となります。 「10万円」換金の手順• 当選した宝くじの裏面に名前と住所を書く• みずほ銀行の窓口で当選金の受け取りに来た旨を伝える• 当選金を受け取る 1つずつ解説します。 当選した宝くじの裏面に名前と住所を書く せっかくの当たりくじ、無くしたら大変です。 「これは私のものだ」と分かるように、裏面に名前や住所を書きましょう。 これは紛失対策というだけではありません。 5万円以上の高額な当選金を受け取るためには 当たりくじの裏面に住所・氏名等の記載が必要となります。 後述するように、身分証明書で本人確認をするわけでもないのに、なぜ住所・氏名等の記入が必要なのかわかりません。 ただ、そういう決まりになっています。 あとで問題が起きた時に、誰に当選金を渡したか分かるようにするためかもしれません。 記入するのは家でも銀行でも構いませんが、窓口に提出する前に済ませましょう。 みずほ銀行の窓口で当選金の受け取りに来た旨を伝える 「当選金の受け取りには何が必要なんだろう? 」 「やっぱり身分証明書と印鑑は必要だろう」 気になりますよね。 仕事を休んで行くとなると(休まなくても)1回で済ませたいと思うのは当然です。 数十分も待たされて「必要なものを準備してもう一度来てください」と言われたらガックリきます。 結論から言うと、 10万円なら身分証明書も印鑑も必要ありません。 当たりくじだけ持って窓口にいきましょう。 「当選金を受け取りたい」と言えば、手続きを進めてくれます。 みずほ銀行の職員にとっては日常業務ですので、心配いりません。 ちなみに50万円以上100万円未満なら身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードなど)が、100万円以上なら身分証明書と印鑑が必要になります。 当選金を受け取る あとは当選金を受け取るだけです。 10万円なら窓口で渡されます。 「そんな大金を窓口で渡されても困る」と思いますが、銀行員にとっては大した金額ではないのでしょう。 前述の通り、別室に呼ばれるのは1000万円を超える場合です。 それ以下の金額なら、10万円でも100万円でも窓口で渡されます。 それが嫌なら、みずほ銀行の口座に入金してもらうこともできます。 新規に口座を作る場合は別途、手続きが必要です。 まとめ 宝くじで10万円当たった場合の換金方法について解説しました。

次の

宝くじ換金

宝くじ 10万円 換金

売り場には、いくらまで換金とシールが貼ってあります 駄々をこねても換金はしてくれません。 そもそも宝くじ売り場には、手持ち金がたくさんあるわけではありませんからね。 10万円換金はみずほ銀行!その手順は? みずほ銀行がない地域は提携の銀行でも可能です。 行く前に確認してください。 それでは確認手順・みずほ銀行の調べ方を知っておきましょう。 みずほ銀行サイトの画面にいきますが、赤枠の「ATM・店舗」をタップしてください。 サイトに訪れて一番上の画面に「ATM・店舗」があります。 「ATM・店舗」のご案内の画面がでましたが、少し下までいきます。 「みずほ銀行のATM・店舗検索」をタップします。 現在地から検索• キーワードから検索• 都道府県から検索• 駅名から検索• 路線名から検索• 店番号から検索• 住所から検索• サービス内容から検索• 50音から検索 これらがありますが「都道府県から検索」の赤枠をタップします。 例として青森県、青森市と設定しました。 青森県では68県、青森市では13件のみずほ銀行のATM、店舗があるみたいです。 赤枠の青森支店をタップします。 窓口は何時まで空いてるのかチェックする事ができますので、高額当選したら最初にみておく事をオススメします。 店舗情報では地図をタップすると出てきますので、番地等が分からない場合は地図検索を活用してください。 換金手順ですが、みずほ銀行に換金しに行ったらまず入り口にいる係りの人にジャンボ宝くじで10万円が当選したことを伝えてください。 裏面に住所・氏名を記入し沢山の人が順番を待っている場所で一緒に待つこと数分…。 10万円を手にすることができます。 ジャンボ宝くじの高額当選なので、多くの人が思い描いている別室に通され、神妙な面持ちで当選金を受け取る…そんな想像をしてしまいますが、それは1,000万円以上の当選者だけです。 みずほ銀行に行っても10万円換金はすぐに終わるもの 高額当選と言えども10万円くらいなら、そんなに簡単なものなのか!と拍子抜けしてしまうくらいあっという間の出来事なのです。 流れるように終わってしまうので、余韻を楽しむ余裕もないのが残念なことです。 過去に高額当選でみずほ銀行へ行った時、受付のお姉さんは淡々と仕事をこなし流れ作業のように終わってしまいました。 それだけみずほ銀行にとっては『日常』なことなのであまり身構えずにリラックスして換金に行ってください。 10万円換金時の持ち物は? ジャンボ宝くじで10万円もの高額当選をした場合銀行へ行く時はなにか必要書類や持ち物はあるのでしょうか? 印鑑?住民票?戸籍謄本?? せっかく銀行まで行って、持ち物が足りないから換金ができないなんてことが起きたら二度手間です。 でも安心してください。 10万円ならなにもいりません。 持ち物が必要になるのは50万円以上の時です。 運転免許証、健康保険証など本人確認ができる書類が必要となってきます。 100万円以上を超える高額当選の場合には本人確認ができる書類と印鑑が必要となります。 健康保険証など顔写真のない物は、公共料金の領収書などを追加で持っていってくださいね 10万円ならなにもいらないのですぐに銀行にいけますね! しかし中には当選確認をせず、宝くじ売り場に持ち込んで初めて自分が高額当選をしていることに気づく人も多くいます。 いくら当選しているのか販売員に教えてもらいたいところですが、忙しいとなかなか言い辛いものがありますよね。 5万~100万円未満?100万円以上、10万円確定 どの換金か を見分ける裏技 すぐにでも銀行に行くために、せめてなにもいらないのか、本人確認の書類だけなのか、もしくは印鑑まで必要なのか、知りたいことでしょう。 実は瞬時に見分ける方法があります。 それはオートチェッカーにかけた時ハズレ券を返してもらうはずですが、通常は『ハズレ』と書いてある右下の部分にアルファベットが書かれています。 これが高額当選のサインです。 アルファベットには2種類あり『B』と書かれているものは高額当選5万円~100万円未満。 100万円~それ以上なら『C』と書かれています。 年末ジャンボ宝くじを例にしてみると… 5等 1万円 4等 10万円 3等 100万円 1等の組違い賞 10万円 …と言うことは『B』と印字されている時点で10万円が確定します。 見た瞬間みずほ銀行へ向かえますね! 換金の事で気をつけたい事 ジャンボ宝くじで10万円当たったら、確かにみずほ銀行で換金してもらうことは可能ですが、一番気をつけたいのが支払い期限です。 どの宝くじにも共通して言えることですが、支払い期限は支払開始から1年間しか有効期限がありません。 ジャンボ宝くじを1年分まとめて宝くじ売り場にチェックしてもらっていると高額当選が出たりします。 有効期限がまだまだ残っている場合は良いのですが、有効期限が差し迫っている場合、慌ててみずほ銀行に駆け込まなくてはいけませんよ。 もし当たっているかどうかチェックしに行った日が、期限最終日だった場合、窓口が開いている時間であればすぐに銀行に行けますが、15時ぎりぎりだと間に合わない可能性があります。 この場合販売員が事務所に連絡し、事務所からみずほ銀行へ通達をしてくれます。 これで15時を過ぎたとしても換金してもらえるのですが「仕事が終わってから行こう」なんて悠長なことは言っていられません。 出来る限りジャンボ宝くじ溜め込みすぎないようにチェックして余裕を持って銀行に行けるようにしてください。 まとめ ジャンボ宝くじが10万円も当選したら宝くじ売り場での換金は無理でした。 5万円以上になったらすぐにみずほ銀行に駆け込んでください。 伸ばし伸ばしにしていると支払期限が1年間しかないので、せっかく当選したジャンボ宝くじでもただの紙切れとなってしまいます! 今回はジャンボ宝くじで10万円当選したら、みずほ銀行で換金してもらえると説明しました。 当選した金額が少額か高額か知っておくのも大事です。

次の