いちぶんのいち。 【楽天市場】【生涯学習・認知症予防・認知症対策・介護予防】家庭学習教材シニア版いちぶんのいちももも倶楽部 学習版2ヶ月分発送:いちぶんのいち・ももも倶楽部

ぶんのいち整体院|ホットペッパービューティー

いちぶんのいち

問題プリントと解説プリントのみの シンプルな教材• 1日1枚20分を目安に学習習慣を身に付ける• 教科書に合わせた内容• 幼児から中学生までが対象• 親子で学ぶ• 継続しやすい手頃な価格 などがあります。 次に「いちぶんのいち」と「がんばる舎」の違いを見ていきましょう。 いちぶんのいち がんばる舎 ・カラー印刷 ・モノクロ印刷 ・幼児コース 月650円 ・幼児コース 月700円 ・基本コース:国語・算数 ・基本コース:国語・算数・英語 ・疑問・質問対応電話サービスあり ・なぜなに理科・社会(1年分まとめて)あり ・動画による学習サポートあり いちぶんのいちの特色 「いちぶんのいち」は教科書対応版(予習)とベーシック版(基礎・復習)があり、併用で片方の受講料が半額の410円になります。 理科・社会(小1・2は生活科)・英語は別料金になっています。 理科・社会・生活科は1年分まとめて届く年間教材(各1645円/年)、英語は年間教材の別冊英語(1645円/年)とEコース(リスニングCD付テキスト:基本コースに追加で305円/月)が受講できます。 「がんばる舎」はパワーアップ算数という年間教材があります。 (別料金:3100円/年) 応用問題を中心に構成されており、練習問題は確認テスト形式になっています。 「いちぶんのいち」の口コミ より• 付録などがない分料金が安く利用できる• キャラクターなどなくシンプルで勉強に集中できる• 問題内容がわかりやすく1ページずつ進めるので適量• 親が丸付けをするのでつまづきを把握できる• 親が丸付けをするのは負担 親が丸つけをしなくても良い教材としては、スマイルゼミなどがあります。 親が目でみて確認したいという場合には、紙の学習教材がいいですよね 一方、親が添削するのは負担と感じる方はタブレット教材の方が向いているかもしれません。 幼児・小学生に定評のあるスマイルゼミでは全額返金保証期間があります。 1日20分という短い時間なので毎日続けることができ、学習習慣がついた• 時間に縛られず子どものペースで進めることができる• 考える力、応用力を養う内容の良問が多い• 保護者向けプリントがあり、子どもへのアドバイス方法が参考になる• 親としては余分なものがなくプリントのみというのがありがたいが、子どもの勉強への興味に欠ける がんばる舎の口コミもシンプルが教材であり、良問が多いことにも良い評価がありますね。 そのため、わからない問題は一緒に調べたり教えたりすることが必要ですが、子どものつまづきのポイントに気づくことが期待できますね。 子どもが小さい頃は特に一緒に学習に付き添うことで、子どもに勉強の楽しさを伝えることができ、学習習慣をつけるには良いのではないかと思います。 1日1枚20分という取り組みやすい量は子どもにも続けやすく、親としても余分な付録、キャラクターなどないシンプルで無駄を省いたプリントのみの教材のため低価格で提供されていることは、家計にもうれしいところではないでしょうか。 通信教材は好きな時間に取り組むことができるので、ほかの習い事との調節もできますね。 国語と算数をしっかりと学ぶ「いちぶんのいち」、英語、なぜなにや理科・社会までバランス良く学ぶ「がんばる舎」それぞれの特徴を考慮してお子さまに合う教材を選ぶ参考にしてみてくださいね。 「いちぶんのいち」「がんばる舎」以外の学習教材になりますが、小学生・中学生・高校生までおすすめでる教材に 「 」があります。 国語・算数・英語・理科・社会の5教科対応• 学年にとらわれない「無学年」の学習方式• 専任コーチのサポートあり などの特徴がある教材になります。

次の

小学生コース|初回教材0円!いちぶんのいち|幼児・小学生・中学生の家庭学習教材

いちぶんのいち

この記事の目次• いちぶんのいちとは 「いちぶんのいち」とは、一分の一株式会社が出版してる幼児から中学生まで使える家庭用の学習教材です。 問題プリントの冊子と説明プリントの冊子の二冊セットが毎月届く仕組みになっています。 1日に説明プリント1枚、問題プリント1枚の計2枚に取り組むことが目標とされており、目安の時間は 1日20分です。 説明プリントは問題プリントに赤字で解説が入れられているものになっており、問題プリントを解き終わった後に説明プリントと並べて比較しやすいようになっています。 内容も学校で使用している教科書に合わせたものになっているため、無理なく進められるようになっています。 全体の特徴として、 先取りをしてどんどん進めていくよりも「自主的な学習姿勢」を育てることを重視した教材です。 教材の内容 1. 幼児コース 幼児コースは 「すうじ」と「ことば」の二科目を勉強します。 それぞれの科目をレベル1〜レベル3までの三段階にわけで学習し、お子様の年齢に関係なくどの時期からでもスタートできるようになっています。 目安としては、お子様が物事に興味を持ち始めた時期に始めるのが良いとされています。 レベル1では、 まだ文字を読めないお子様向けの問題になっています。 「ことば」の問題ではまずひらがなの読みを学習し、絵などを用いて単語を覚える勉強もしていきます。 レベル2では、 読めるようになった文字を書けるようにする学習に取り組みます。 お手本を見て同じようにひらがなや数字を書く問題だけでなく、迷路や間違い探しなどの問題も使いながら楽しく勉強できるような問題が出題されています。 レベル3では、 すでに文字を書けるようになったお子様向けの問題が出題されています。 ひらがなやカタカナをバッチリ書けるようにし、簡単な文章を書いたり、足し算や引き算など小学校に入る前にある程度身につけておきたい内容を学習できます。 小学生コース 小学生コースには、主に 教科書対応コースとベーシックコースの二種類があります。 ベーシックコースは読み書き計算などの基礎学力を身につけるための問題です。 簡単な問題の反復を通して学習内容の定着を目指し、また、学習習慣の定着も目的とされています。 教科書対応コースは、 小学校で使用する教科書に対応した問題が出題され、ベーシックコースよりは難易度が高めに設定されています。 お子様の学力に合わせてどちらか一方のコースを選んでいただくこともできますし、両方のコースを同時に受講することもできます。 コースによって難易度に差はありますが、 どちらも基礎を身につけるための問題ですのでそれほど難易度は高くないと思われます。 小学生コースにはこれ以外にも Eコースという英語のリスニングと発音を鍛えるコースや、生活・社会・理科を勉強できるコースもあります。 中学生コース 中学生コースでは、英語・国語・数学を学べる 教科書対応コース、英語を学ぶEコース、理科コース、地理・歴史・公民を学べる社会コースの4種類があります。 教科書対応コースとEコースは1ヶ月ごとに新しい教材が届く仕組みになっていますが、理科コースと社会コースは1年分がまとめて届きます。 中学生コースも基本レベルの問題が出題されるようになっており、基礎学力の定着や学校の勉強の補助としてお使いいただけます。 どのようなお子様に向いているのか 1. 学校の勉強についていけていないお子様 いちぶんのいちで扱う問題は教科書レベルの問題やそれ以前の基礎のレベルの問題になります。 そのため、 学校の勉強についていけないお子様が学校の勉強を補うためにお使いいただくのに適していると思われます。 学習習慣を身につけたいお子様 いちぶんのいちでは1日2枚程度のプリントに取り組むのを目安にしており、1日あたり20分程度で取り組めるので、 「毎日少しずつ勉強する」という習慣を身につけるには向いているかと思います。 自宅で勉強する習慣が全くついていないというお子様にはとっつきやすさがあるかもしれません。 メリット 1. 月謝が安い いちぶんのいちは、 幼児コースは月650円、小学生コースは月820円、中学生コースでも月1200円程度の値段で利用できます。 そのため、他の家庭学習教材と比べるとお手頃な値段でお使いいただけます。 そのため、他の習い事の月謝があったり家庭学習にあまりお金を使いたくないというご家庭には向いているかもしれません。 教科書対応 いちぶんのいちのプリントは 教科書対応になっているため、学校の勉強と並行して進めやすくなっています。 学校の勉強になかなかついていけないお子様や、学校の勉強をバッチリ身につけたいお子様に向いていると言えるでしょう。 デメリット 1. 分量が少ない いちぶんのいちの教材は1日2枚のプリントに取り組むように設計されていますが、 教材への興味の強いお子様や学校の勉強にそれほど苦戦していないお子様はあっという間に解き終わってしまう可能性があります。 未就学の子だとちょうど良いのではないか?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、未就学のお子様はイラスト付きの教材に興味を示したり、覚えが早いため意外とあっという間に終わらせてしまうものです。 学習習慣を身につけるという目的でしたら分量が少なめでも問題ないのかもしれませんが、 あっという間に終わってしまう問題だとお子様にとっても「勉強している」という感覚を持てずに飽きてしまう可能性があります。 お子様の学習意欲をあげてあげるためには、もう少し分量が多い教材を選んであげた方がいいかもしれません。 問題が簡単 幼児コースでしたら文字の読み書きの問題、小学生以上のコースでしたら教科書対応の問題が出題されていますが、他社の教材と比べると簡単すぎるように感じるお子様が多いと思われます。 学校の勉強の内容を固めるには向いていますが、 先取り学習や応用問題をやらせたいというお子様にはあまり向いていないです。 先ほども述べたように、簡単な上に1日の分量が少ないと飽きてしまうかもしれません。 お子様のペースに合わせて進められない いちぶんのいちは毎月決まった量の教材が送られてくるため、お子様の得意苦手に合わせて進めにくいというデメリットがあります。 得意な単元はどんどん先に進めたい、苦手な単元はじっくり時間をかけて身につけたいという場合、毎月決まった量の教材だとお子様の学習の進捗に合わせられないため、適切な学習効果が得られない場合があります。 教科書対応になってはいますが、 単元によってお子様のペースはまちまちなので、お子様の理解度に合わせて進められる教材を選んであげると良いでしょう。 まとめ 今回は、プリントを使った家庭用学習教材「いちぶんのいち」についてご紹介しました。 教科書対応の問題や、未就学のお子様でも取り組んでいただける問題など長期的に基礎学力を鍛えるためには向いている教材ですが、問題の量や質をみると物足りなさを感じる部分もあります。 お子様にどのような学習をさせたいのか、今の学力はどの程度なのか、保護者の方が見極めて教材を選んであげるようにしましょう。 人気記事ランキング• 幼児教育・早期教育の世界では評判のある「七田式教育」。 有名なフィギュアスケート選手が通いその効果を実感して... 32,652ビュー• どらえもんで有名な「どらゼミ」ですが2019年1月18日からドラゼミのサービスが廃止になります。 2019年... 13,723ビュー• パソコンの学習する英才教育として巷で有名な「天神」。 お子さんひとりひとりのカリキュラムを作って学ばせてくれ... 12,611ビュー• 名前を聞くことが増えた七田式ですが、賛否両論噂があるようです。 幼児教育のエキスパートとも言える七田式に、一... 11,422ビュー• 幼児教育・早期教育の世界で存在感をはなつ「七田式教育」。 特徴的な教育方法を持つ幼児教室として有名ですよね。... 7,408ビュー.

次の

よく似ている教材「いちぶんのいち」と「Gambaエース」の違いを見比べてみます。

いちぶんのいち

モンキ くんの悩み所 「付録はつけない」「家計に負担をかけない」という考えで作られた幼児教材。 そのため、教材内容はプリントに特化し知育玩具のようなものはなく、その分、他の通信教育などに比べて月額費用も安い。 いちぶんのいちの説明によると教科書に合わせた学習プリントとなってるので小学生向けのようにも見えるが、幼児版も専用に用意されている。 映像教材やおもちゃ類は不要で紙のワーク教材を使った教育をしたい親御さん向けと言えそう。 ただ、シンプルということは、幼児に興味を持たせるための努力・工夫は親御さんがしないといけないということでもある。 シンプルな教育法だからこそ、親が積極的に関わらないと子供がなかなか学習しない可能性もありそう。 《対象》 年少(3歳)ぐらいから未就学児向け。 いちぶんのいちのプリント教材は、小学生向け、中学生向けにも用意されている。 《コース》 年少プリント、年中プリント、年長プリントの3コース。 その他、小学校低学年の内容まで踏み込んだ幼児N、幼児V(ハイレベル)や、英語教材の幼児Eコース(わくわくえいご)もある。 《教材特徴》 無駄を省き、付録を付けず、問題プリントと説明プリントの2つがセットになって毎月の幼児教材が届く。 問題プリントはモノクロ、説明プリントは問題プリントに赤で「解答」「解説」「ポイントとなる点」が印刷されたもの。 問題プリントと並べて答え合わせを行う事ができるようになっている。 いちぶんのいち幼児版は小学校入学までに必要かつ十分な知識を身に付けられる内容で構成されている。 具体的な通信教材内容は、ひらがなの読み書き、ものの名前、形の区別、生活のルール、身近な自然、 家族、カタカナ、簡単な足し算・引き算、漢字など。 《特記事項》 会員専用の質問ダイヤルがある。 いちぶんのいち会員であれば、教科書やプリントに関する疑問や質問を電話で聞くことができる。 プリントが届いてから1週間以内におことわりの連絡をすると費用は一切かからない「1週間思案システム」というサービスもある。 《歴史》 いちぶんのいち幼児版を提供している一分の一株式会社は昭和50年設立。 いちぶんのいち中学生版を提供している株式会社プリント学習社はさらに古く昭和42年設立。 そのため親、子、孫の3代に渡ってこの教育教材を利用しているご家庭もある。 申込方法.

次の