かずさ エフエム。 ~講演とパネルディスカッション~ 湯浅誠先生に学ぶ地域のこども食堂

【更新】旅するK

かずさ エフエム

市の施策やイベント情報などをFMラジオから放送します 市では、君津地域4市を放送エリアとする「かずさエフエム」(83. 4MHz)から、市の施策やイベントなどの情報を放送します。 地域の身近な情報が流れますので、ぜひお聞きください。 袖ケ浦もっとメッセージ 放送時間・番組名 2月、4月、7月、10月の最終金曜日放送• 午前9時頃(約20分間) 「To. Nかずさ」の番組内• 午後7時頃(約20分間) 「To. Nかずさ」(再)の番組内 令和2年4月24日の放送内容(スタジオでの録音を聞くことができます) 令和2年度当初予算について 1 2 3 4 (ファイル容量が大きいため4分割してあります。 ) そでがうらタウン情報 放送時間・番組名 毎週月曜日から金曜日放送、ただし12月28日から1月3日を除く 月曜日、水曜日、金曜日• 午後6時30分頃(約5分間) 「M's SUNSET! 」の番組内 火曜日、木曜日• 午前8時15分頃(約5分間) 「Wake UP Radio」の番組内• 午後6時30分頃(約5分間) 「M's SUNSET! 」の番組内 今週の放送内容• わな猟免許を新たに取得する方への補助金交付のお知らせ[農林振興課] 先週の放送内容• 母子保健・食生活改善推進委員養成講座受講生募集のお知らせ[健康推進課] 災害情報の放送協定を「かずさエフエム」、「いちはらFM」と締結しています 大規模な災害が発生した場合や、その恐れがあるときには、市内のきめ細かな情報が放送されます。 関連リンク•

次の

かずさFM 市長のもっとメッセージと今週のタウン情報

かずさ エフエム

市の施策やイベント情報などをFMラジオから放送します 市では、君津地域4市を放送エリアとする「かずさエフエム」(83. 4MHz)から、市の施策やイベントなどの情報を放送します。 地域の身近な情報が流れますので、ぜひお聞きください。 袖ケ浦もっとメッセージ 放送時間・番組名 2月、4月、7月、10月の最終金曜日放送• 午前9時頃(約20分間) 「To. Nかずさ」の番組内• 午後7時頃(約20分間) 「To. Nかずさ」(再)の番組内 令和2年4月24日の放送内容(スタジオでの録音を聞くことができます) 令和2年度当初予算について 1 2 3 4 (ファイル容量が大きいため4分割してあります。 ) そでがうらタウン情報 放送時間・番組名 毎週月曜日から金曜日放送、ただし12月28日から1月3日を除く 月曜日、水曜日、金曜日• 午後6時30分頃(約5分間) 「M's SUNSET! 」の番組内 火曜日、木曜日• 午前8時15分頃(約5分間) 「Wake UP Radio」の番組内• 午後6時30分頃(約5分間) 「M's SUNSET! 」の番組内 今週の放送内容• わな猟免許を新たに取得する方への補助金交付のお知らせ[農林振興課] 先週の放送内容• 母子保健・食生活改善推進委員養成講座受講生募集のお知らせ[健康推進課] 災害情報の放送協定を「かずさエフエム」、「いちはらFM」と締結しています 大規模な災害が発生した場合や、その恐れがあるときには、市内のきめ細かな情報が放送されます。 関連リンク•

次の

ランチタイム☆ガーデン

かずさ エフエム

絵画を基本にファツションデザイン・映像・立体空間など様々な分野に表現を活かす。 早乙女太一の着物制作や兵左衛門との箸フランド設立など、日本伝統文化の新しい形を追求する姿勢が受け入れられ、 大相撲 協会軍配デザインや天皇皇后両陛下用の箸デザインを制作。 画家としてジャパンアーティストグランプリ・ホレベインスポンサー賞受賞、映像作家として上海国際テレビフェスティバル優秀賞受賞、 天ぶら店経営といった、超異色の経歴を持つ芸術家としてメディアに多数出演。 2012年より毎年10月に開催される北区花火大会のプロデュースを務める。 2016年、木更津文化推進委員会・特別顧問に就任。 2018年、ラジオ番組「それいけ!葛飾いとこ」(全52回) レギュラーパーソナリティーを務める。 木更津文化推進委員会会長 アイデザインフアクトリー株式会社代表取締役 きさらづスポーツコミッション理事 千葉県青少年相談員 房総いいねスタンプラリー実行委員長 千葉ドローンスクール非常勤講師 企業するまでの約8年間、大手電気メーカーのウェブ担当として、サイト運営、コンテンツ企画、制作ディレクションに携わる。 情報発信方法の発展途上である地元で、伝えたい情報を伝わる形にデザインしそれを相手に届けるお手伝いをする事で地域活性化に貢献しようと、 アイデザインファクトリー株式会社を設立。 現在、木更津市を中心に地域イベントやボランティア等、積極的に参加。 2017年、編集長を務めるフリーペーバー「木更津自身」が日本タウン誌・フリーペーパー大賞2017において新創刊部門・優秀賞を受賞。

次の