農水省 豚 コレラ。 農水省、沖縄豚コレラは本州からの加工肉・肉の伝播だと発表: 農と島のありんくりん

【経済インサイド】豚コレラ、中国などから侵入か 感染拡大に農水省は手詰まり(1/2ページ)

農水省 豚 コレラ

豚による、豚との。 人にすることはない。 また、コレラ菌が原因となる人のコレラとは関係はない。 豚コレラに感染した豚が市場に出回ることはないが、仮に豚コレラに感染した豚の肉や内臓を食べても、人の健康にすることはない。 実験的には、マウス、モルモット、うさぎ、山羊、めん羊などの動物が一時的にに感染することは知られているが、発病することはない。 豚コレラは、豚やイノシシに対する伝染力や致死性が高く、家畜のに指定されている。 豚コレラウイルスに感染した豚は、や食欲不振、元気がなくなる、うずくまるなどのから始まり、便秘に続く下痢、、リンパ節の腫れ、呼吸障害、震え、起立困難などの多様な症状を示す。 急性豚コレラの場合、一般的に発症から10~20日以内に死亡する。 一方、発症回復を繰り返した後に30日程度で死亡するものを慢性豚コレラという。 急性になるか慢性になるかは、ウイルスの株の違いだけでなく、月齢や品種、免疫状態など豚側の要因にも影響を受ける。 豚コレラウイルスは、感染した豚やイノシシの唾液 だえき や鼻水、糞 ふん に混じっているため、それらを介して感染が拡大する。 また、ウイルスは発病した豚の血液や筋肉、内臓にも含まれる。 そのため、発病した豚やイノシシの精肉やその加工品からも感染が広がることが知られている。 日本でも、かつては豚コレラが全国に蔓延 まんえん していた。 しかし、飼養衛生管理技術の向上や、日本でが開発され普及したことにより、1992年をに国内での発生は確認されなくなった。 2006年4月からは、ワクチンの使用を完全に中止。 翌年の4月に、日本は国際獣疫事務局 OIE の規約に定められた、豚コレラ清浄国となった。 2018年9月、国内では26年ぶりにの農場で豚コレラが発生した。 農林水産省は殺処分、消毒などの防疫措置を講じたが、2019年12月現在、いまだ終息していない。 当初、飼養豚には使用しないとしていたワクチンも地域限定だが接種が始まった。 岐阜県から発生した豚コレラは、19年に入り愛知県、長野県、滋賀県、大阪府、三重県、福井県、埼玉県、山梨県などの農場やその関連施設においても発生が確認された。 農水省が行った疫学調査によると、国内発生例で分離されたウイルスは中国または周辺国から侵入したウイルスと推定された。 ただし、直接海外から農場にウイルスが入り込んだ可能性よりも、海外から野生イノシシ群にウイルスが侵入し、それが農場の豚に伝染した可能性のほうが高いとした。 そのため、農水省は野生イノシシ対策として、衛生管理の徹底、防護柵 さく の設置支援、捕獲強化や経口ワクチンの散布を進めてきた。 一方、飼育豚の豚コレラの予防に関しては、「豚コレラに関する特定防疫指針」において、早期発見と、感染もしくは感染が疑われる豚の迅速な殺処分が原則とされ、予防的なワクチン接種は行わないこととされていた。 豚コレラワクチンは、適切に接種すれば発症を防御することができるが、無計画かつ無秩序なワクチンの使用は感染した豚の存在を分かりにくくし、早期発見を困難にし、発生拡大の防止に支障をきたす恐れがある、というのがその理由である。 しかし、19年10月、「豚コレラウイルスに感染した野生イノシシから豚等への豚コレラ感染のリスクが高い地域を、ワクチンに設定する」と防疫指針を改訂。 群馬県、埼玉県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県がワクチン接種推奨地域として設定され、順次接種が始まった。 11月には豚コレラワクチンを接種した豚の出荷も始まったが、農水省は「ワクチンを接種した豚の肉を食べて、人の健康に影響があったという報告はない」と公表している。 また、農水省は、豚コレラの名称を「 Classical swine fever 」に変更した。 現在用いられている「豚コレラ」の名称が、ヒトの疫病であるコレラを想起させることから、不要な不安や不信を招かないようにすることを目的としている。 同じ理由で、「」も「 African swine fever 」と名称変更した。 星野美穂 フリーライター/2019年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 豚コレラウイルスの感染によっておこるブタの急性熱性伝染病。 伝染力も致命率もきわめて高く、家畜法定伝染病に指定されている。 この病原に感染すると、ブタあるいはイノシシは年齢、性、季節を問わず容易に発病する。 感染は一般には接触感染で、消化器または呼吸器からの経路で侵入する。 5~7日の潜伏期を経て、40~41. 日本では、強毒株からの継代により作出された生ワクチンによって予防接種が施され、免疫効果のある予防法が行われていた。 しかし、1992年(平成4)以来、国内での発生がないことから、1996年度より豚コレラ撲滅対策事業を進めている。 これは3段階による防疫措置で、まず豚コレラワクチン接種の徹底を図り(第1段階)、本病の清浄化を確認した後、都道府県ごとにワクチン接種中止地域を検討、実施し(第2段階)、全国的にワクチン接種の中止(第3段階)を行うものである。 その結果、日本は2007年4月から国際獣疫事務局(OIE)の規定に基づき、ワクチン接種をしない「豚コレラ清浄国」と認められている。 治療としては有効な薬物はなく、家畜伝染病予防法(昭和26年法律第166号)および特定家畜伝染病防疫指針に基づき、発生があれば殺処分による防疫措置がとられている。 [本好茂一].

次の

豚コレラ 法律では「豚熱」と表記へ-農水省|ヘッドライン|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

農水省 豚 コレラ

10月10日の家畜衛生部会 防疫指針の改正案について国民から意見聴取と都道府県知事からの意見を聞いた。 都道府県知事からは野生イノシシの感染が確認されている都道府県だけではなく隣接する都道府県の意向をふまえ、全国を含めて広域的に接種地域を設定するよう求める意見も15件あった。 しかし、農水省はこれまでの専門家による委員会(牛豚疾病小委員会)の意見をふまえ、あくまで野生イノシシの陽性確認状況をふまえ、地域限定的に感染リスクに応じて設定することとした。 地域の設定にあたっては感染イノシシの確認状況、野生イノシシの生息状況、周辺農場数、幹線道路・山・河川などの地理的状況といった農場周辺の環境を考慮してワクチン接種推奨地域を決める。 推奨地域に設定された都道府県はワクチン接種プログラムを作成し、そのプログラムを農水省の専門家委員会の意見をふまえて国が確認する。 現在、野生イノシシの感染が確認されているのは、岐阜県、愛知県、三重県、福井県、長野県、埼玉県、滋賀県、富山県、石川県、群馬県の10県でこれらの県が推奨地域に設定される。 ワクチンを接種すると、接種豚は発症しない、飼養農場は安心感が得られるなどのメリットがあるが、一方、野外感染豚とワクチン接種豚が区別できないため、豚の移動制限などの措置が必要になるほか、清浄国から非清浄国となるなどのデメリットもある。 新たな防疫指針ではワクチンを接種した豚や精液、受精卵などの接種区域外への移動を原則禁止とする。 生きた豚のと畜場への出荷は、原則として接種区域内のと畜場への移動に限定するが、接種区域外のと畜場への出荷も交差汚染防止対策が実施されている場合は可能となる。 また、適切に交差汚染防止対策が実施されている場合は、ワクチン接種を理由に豚の搬入を拒否してはならないとされている。 種豚は広域に農場へ出荷されるため接種したとしても区域外への移動を認めるべきとの意見も寄せられた。 これについては農水省は専門家の意見もふまえて早急に検討を進める方針だ なお、精肉や加工品などの流通制限は行わない。 予防的ワクチン接種を可能とした新たな防疫指針でも飼養衛生管理基準の遵守が極めて重要であることを強調した。 発生時には、都道府県が疫学関連家畜を早期に発見し厳格に管理することを加えた。 野生イノシシの感染状況把握や、捕獲強化と経口ワクチンの散布も実施するほか、農場での防疫措置としてネズミなどの小型野生動物が媒介する可能性もあることから、粘着シートの設置や殺鼠剤、消石灰の散布を行うことも防疫措置に明記した。 発生農場が経営再開する場合にはモニター豚を導入して清浄性を確認するための検査も実施するとした。 家畜衛生部会では生産者委員から「農場は自分でしか守れない。 改めて生産者に向けて(防疫措置の)徹底を呼びかけてほしい」との意見も出た。 ワクチン接種は早ければ10月中にも始まる。 都道府県知事の命令に基づく自治事務だが、農水省は「県と一体となって取り組んでいく」と強調した。 正しい情報発信による風評被害対策も課題となる。

次の

ついに関東でも豚コレラ 封じ込めに農水省「最後の手」:朝日新聞デジタル

農水省 豚 コレラ

突如、降って湧いた養豚場の「放牧禁止」方針。 畜産現場では反対活動が広がりを見せている(写真提供:ぶぅふぅうぅ農園) 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、私たちは「3密」を避け、ソーシャルディスタンスを取ることが求められている。 そうした情勢下、家畜飼育の現場においては、人間とは真逆の政策変更がなされようとしている。 「動物が運動をし、太陽の光を浴び、泥浴びをし、健康を保つ飼育方法である『放牧』の中止を強制させる規定が密かに決まり、もうすぐ公布されようとしている」。 こう危機感をあらわにするのは、NPO法人アニマルライツセンターの岡田千尋代表理事だ。 発端は、農林水産省が進めている、家畜伝染病予防法の一部改正に伴う「飼養衛生管理基準」の見直し。 この見直しは「豚、いのしし」「牛、水牛、鹿、めん羊、山羊」「鶏其の他家きん」「馬」の4基準で行われようとしているが、豚と牛に関する案の中に「大臣指定地域においては放牧場、パドック等における舎外飼養を中止」との記述が含まれている。 また、「放牧制限の準備」という項目があり、「放牧の停止又は制限があった場合に備え、家畜を飼養できる畜舎の確保又は出荷若しくは移動のための準備処置を講ずること」が盛り込まれている。 つまり、外界との接触が避けられる畜舎を用意しろ、というのだ。 現状、影響が大きいのは豚の基準の見直しである。 完全放牧で管理している畜産農家にとって、これは一大事だ。 豚の放牧飼育をしている「ぶぅふぅうぅ農園」(山梨県韮崎市)の中嶋千里氏は、突然といえる農水省の豚の放牧禁止の方針に猛反発。 5月21日に緊急呼びかけを行ったことで、関係者の間で反対活動が広がりをみせている。 なぜ豚の放牧はいけないのか 農水省がこの放牧禁止の方針を打ち出した背景にあるのが、豚熱(旧称:豚コレラ)の感染拡大だ。 5月13日から6月11日の日程で「家畜伝染病予防法施行規則の一部を改正する省令」に関するパブリックコメントの募集が行われたあと、7月1日に公布される予定だ。 2018年の発生から15万8000頭が殺処分された豚熱(豚コレラ)に加えて、中国や韓国、ベトナムなど、感染が日本のすぐそばまで迫っているアフリカ豚熱(アフリカ豚コレラ)に備えるのが目的である。

次の