どんな とき も wifi 安い。 どんなときもWiFiは遅い?実機レビューで速度測定や他社と比較

【ポケットwifi篇】

どんな とき も wifi 安い

2020. 07 2020. 09 モバイルルーター その他 わ~いマックス どこよりもWIFIとどんなときもWiFiを比較!どっちがお得? 2019年に登場し一気に利用者数を増やした「どんなときもWiFi」。 それ以降似たようなレンタルWi-Fiサービスがいくつも登場してきました。 ただどれもこれも似たり寄ったりで大きな差はなく、選びにくかったりします 汗 そしてまた新しいサービス「どこよりもWIFI」が登場。 「ど」で始まるネーミングもあって被ってるように感じますが、こちらは後発ですし、「どこよりも」とあるだけに「どんなときもWiFi」より優れているサービスになっているはず。 そこで「どこよりもWIFI」の料金や端末、対応エリア、キャンペーン情報をまとめました。 どんなときもWiFiと比較しつつどっちを選ぶべきか?についても解説しています。 「どこよりもWIFI」と「どんなときもWiFi」ならどっちがいい? どこよりもWIFIの料金は安い? 月額料金:3280円(税別) どんなときもWiFiが3480円(税別)なので200円安い料金設定です。 さらにどんなときもWiFiは3年目から500円高くなり、月額3980円(税別)となってしまうため、長く使う場合は断然どこよりもWIFIが有利です。 ちなみにグーグルで「どこよりもWIFI」と検索すると、違う料金(3380円)と記載しているサイトがいくつかヒットするので間違えないように! 料金改定したのかもしれません。 ちなみに、その他の国内外で使えるレンタルWi-Fiサービスを含めた中でもトップクラスに安く使えます。 ただ、どんなときもWiFiと同じ端末を使い、同じサービスを提供している他社サービスにもこの料金でやってるところはあり、同じ料金設定のところも見かけます。 大事なのは余計なオプションを付けなくてもいいのか?など本当にこの料金だけで済むのか?をチェックすることも大事です。 月額料金以外に必要な定額費用は? ありません。 完全に3280円(税別)だけで利用可能です。 というわけで、料金面ではどんなときもWiFiよりかなりお得ですね。 解約違約金・その他費用は? 解約違約金 どこよりもWIFIを契約期間中に解約すると9500円(税別)の違約金が発生します。 ですが、どんなときもWiFiが以下のとおりなのでかなり安いと言えますね。 12か月未満・・・19000円• 24か月未満・・・14000円• 解約月・・・0円• 26か月目以降・・・9500円 初期費用 初期費用は3000円(税別)はどんなときもWiFiと一緒です。 端末損害金 どこよりもWIFI、どんなときもWiFiともに18000円(税別)かかります。 オプション料金(月額)• 機器保証サービス・・・400円(税別)• 口座振替・・・700円(税別 口座振替に関しては200円(税別)で利用できるどんなときもWiFiが有利です。 月額で200円安い「どこよりもWIFI」ですが、口座振替契約にした場合に限り500円割高になってしまいます。 よって口座振替にする必要がある人は「どんなときもWiFi」がいいですね。 海外利用時の料金 海外利用時は利用国によって別途必要となります。 どこよりもWIFIの海外利用料金 アメリカ:データ1GB:9ドル(約963円) 中国:データ500MB:1ユーロ(約118円) ヨーロッパ:データ1G:12ドル(約1284円) 公式サイトにこれだけしか海外料金が書かれてない 汗 ただGlocalMeアプリを使うため、それによると100カ国以上で利用可能です。 料金はどんなときもWiFiと同レベルか少し安いですね。 どんなときもWiFiの海外利用料金• アジア・ヨーロッパ・北米・オセアニアなど74か国・・・1280円(非課税)• 中東・南米・アフリカなど56か国・・・1880円(非課税) これは1GBまでの料金で、オーバーすると384kbpsに速度制限されますがネットは使えます。 縛り期間が短いどこよりもWIFI どこよりもWIFIの契約期間はたったの1年。 どんなときもWiFiの2年より縛り期間は短めです。 1年もあればもっといいサービスが出てくる可能性もありますし、端末も年々性能のいいモデルが登場していきます。 となると縛り期間は1年くらいだとちょうどいいですね。 縛り期間においてもどこよりもWIFIが有利です。 データ利用量は無制限で使える? これに関してはどちらも一緒です。 不正利用や極端にデータ通信量が多すぎる場合は制限される可能性もありますが、月間100GBくらいなら問題ないでしょう。 なお利用回線はどちらもdocomo・au・SoftBankの3キャリアを状況に応じて使い分ける仕組みになっています。 というわけで、通信環境に差はないと言えるでしょう。 どこよりもWIFIで借りられる端末は? レンタルできる端末は「U2s」で、アマゾンなどで検索すると18000円前後で売られています。 これは どんなときもWiFiと同じ機種です。 と言いたいところですが、どんなときもWiFi公式では独自のチップセットを搭載している点をアピールしています。 それに対してどこよりもWIFIではそういった記述はないため、端末性能に多少の違いはあるでしょう。 最大速度は? 下り150Mbps、上り50Mbpsです。 下り1000Mbps前後の端末を扱うWiMAX(au)、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルのモバイルルーターに比べるとかなり劣りますが、どんなにスペックの高い端末だったとしても実測値は10分の1も出ないことがほとんどです。 U2s程度のスペックがあれば実用上不自由しないですね。 また通信の快適さは端末スペックより電波を中継する基地局との距離や障害物による影響が大事なので、3キャリア対応のU2sのほうが快適に使える電波を選択することで可能性もありえます。 バッテリー持ちはどんな感じ? どちらも3500mAhバッテリーを搭載しています。 約12時間使えるので十分でしょう。 朝8時に出て20時に帰宅するまでずっと使いっぱなしにできる計算なので十分満足できると思います。 端末スペック情報• 重さ 約151g• これに関しては、「どこよりもWIFI」と「どんなときもWiFi」は同じです。 どのキャリアも全国対応していますが、基地局の位置関係によって繋がりやすさは変わってきます。 そんなとき、3キャリアに対応していると有利ですね。 どこよりもWIFIの評判を調べてみた ツイッターなどで探してみたんですが、まだ新しいサービスなのか見つからず・・・。 しばらくして出てきたらピックアップしたいと思います。 どんなときもWiFiより有利なポイントはここ!• 月額料金が200円安い• 縛り期間が1年だけ• 解約違約金が安い どんなときもWiFiより惜しいところは?• 口座振替契約だと割高になる• 端末性能は多少劣る コスト最優先で選ぶなら「どこよりもWIFI」がおすすめです。 記事投稿時点でグーグルにて「どこよりもWIFI」と検索したら公式サイトが一番上になかったので戸惑いました 汗 (4位にいた) 情報が古く料金が3380円になっているサイトも多かったので間違えないように! どんなときもWiFiより有利な条件で契約できるので、安さ優先で選ぶ人にはこちらがおすすめです。

次の

どんなときもWiFiの法人契約方法や7つのメリット・デメリットを解説!

どんな とき も wifi 安い

当サイト「オトクだなWiFi」をご訪問いただきありがとうございます! 当サイトは「安いモバイルWiFiルーター」を契約しようと情報をお探しの方のために、 今月一番安いWiFiを1円単位で計算して、ご紹介しています。 WiFiは、なるべく安くてお得に利用したいですよね。 私は1円でも安く使いたいです! でも、どこのプロバイダーも料金体系が複雑で、ぱっと見ただけでは、結局いくらかかるのかわからないですよね~。 一番お得で安いWiFiと契約するにはトータルコストに注目するのがコツです。 初期費用、月額料金、バックや特典でどれだけ還元されるのかを計算して、トータルコストを比較することで、一番お得で安いwifiを探すことが出来ます。 こちらでは、今現在販売されているWiFiを毎月のキャンペーンを更新しつつ、 1円単位で安い順に並べて、格安・激安のWiFiをランキング形式でご紹介します。 一番安いWiFiご紹介の前に、 まずは「安いWiFiの選び方」についてご説明します。 月額料金が安いものを選ぶ! お得で安いwifiを選ぶには、やはり 月額料金が重要です。 月額料金が安い契約プランは、トータルで支払う料金が当然安くなりますので、まずはこれをチェックしましょう。 月額料金は、このように各プロバイダーのホームページに明記されてあります。 最近では、3年(36か月)契約、最初の2か月間の月額料金に割引がある契約が多いです。 37か月以降は月額料金が高くなる契約プランが結構あります。 36か月後の解約月にきっちり解約して、次の機種に乗り換えることも、安くwifiを利用するコツです。 37か月目に突入すると月額料金が高くなり、さらに36か月契約がスタートし、また3年間解約しづらくなります。 また、その間に解約すると、解約料が発生します。 このように、月を経るごとに月額料金が高くなるプロバイダーが多いです。 ポイント2. 初期費用・端末料金とバックを含めたトータルコストを比べる! wifiを安くお得に契約するには、初期費用や端末料金と、特典でついてくるキャッシュバックやポイントバックをすべて計算し、 トータルコストで比べて安いものを選ぶのがいいです。 こういった計算を行います。 キャッシュバックが多いと、トータルコストが安くなります。 ただし、 キャッシュバック型の契約は、受け取り失敗のリスクがあることを知っておきましょう。 受取に失敗した際には、トータルコストが一気に上がってしまいます。 最近ではトータルコストが少々高くなっても、キャッシュバック型ではない「月額割引型」を選択する方が増えています。 ポイント3. 容量制限とLTE機能、契約年数をチェックする いくら安くお得に契約できても、 利用状況に合っていない端末を契約してしまうと、オプション利用料を払ったり、別のサービスに新たに加入したり、解約に踏み切って解約料を払ったり、支出がかさみます。 そうすると、トータルコストで高くついてしまいますので、契約の前に、ご自身の利用状況にちゃんと合っているのかどうか、先にチェックしましょう。 ポイントは3つで、• 容量制限• LTE機能• 契約年数 です。 容量制限は、通常のインターネット閲覧やメールの送受信程度の利用状況ならあまり気にする必要はありませんが、動画視聴・ストリーム視聴の予定があると、制限に引っかかる可能性があります。 また、LTE機能は、携帯の電波を利用してインターネット通信ができるので、地下や動く乗り物も含めて、利用できるエリアがぐっと広がります。 地方にお住まいの方や地下・ビル街での利用を予定している方は、LTE機能付きの端末の方が安心して利用できるでしょう。 契約年数に関しては、2019年に入ってネット販売WiMAXがすべて3年契約になったのと反対に、契約年数なしのレンタルWiFiがたくさん登場しています。 当然契約年数の縛りが短いWiFiの方が、料金を請求されることなく好きなタイミングで契約解除できますので、お得になります。 また、ネクストモバイルの容量制限は、一番安いプランなら月間20GB。 20GBまですべてLTEで通信できるのが大きな特徴になります。 それで、月額料金が2年間ずっと2,400円という格安料金なので、かなりお得。 特に、 外出先メインやスマホ使用メインなど、月間20GBで足りるというライトユーザーの方向けの安いWiFiになります。 どんなときもWiFiは、私編集見習いのマイが使用しています 当サイトおすすめの安いWiFi第2位は、どんなときもWiFiです。 どんなときもWiFiは、2019年にすい星のごとく登場し、瞬く間に人気を獲得した、今イチオシのWiFiです。 月額料金は2年間ずっと3,480円とネクストモバイルよりは少し高いものの、 史上初のdocomo、au、ソフトバンクのトリプルキャリア通信で、利用場所によってdocomoとソフトバンクのLTE含む一番最適な電波をキャッチしてくれる、電波強度が最強のWiFi。 さらに、容量制限が無制限となっており、WiMAXのように3日10GBの制限もない、完全無制限です。 レンタルWiFiにはなり、端末は返却の必要がありますが、月額3,480円でトリプルキャリア通信、LTE含む完全無制限とは、コスパ最強のWiFiと言えるでしょう。 メイン回線として、好きなだけWiFi利用したいヘビーユーザーの方におすすめです。 縛りなしWiFiは、私、編集見習いエリが利用しています! 当サイトおすすめ、安いWiFi第3位は、縛りなしWiFiです。 縛りなしWiFiも2019年になって人気がぐっと上がったWiFiであり、現在申込者が殺到しています。 なんと、 契約期間の縛りがなく、解約金や違約金なしで好きな期間だけ利用できるのが大きな特徴です。 端末は最新のものではなく、一昔前のものにはなりますが、普通にインターネット通信をする分には、何の支障もありません。 それでいて、月額がずっと3,300円という安さなので、コスパが良いです。 しかし、 レンタルWiFiなので、故障・紛失・盗難・水没等、端末の弁償の必要が出てきた場合には、高額な弁償金が必要となりますので、そこが大きなデメリットとなります。 GMO WiMAXは、編集長が使っています。 やっぱり人気のWiMAX! WiMAXの今月の最安は、 GMOとくとくBBの下記URLから飛べる月額料金割引キャンペーン(月平均3,608円)になります。 WiMAXは、月間の容量・ギガ数は無制限。 ですが、 完全無制限ではなく、3日10GBの制限は有り。 また、 LTE機能は月間7GBまで。 契約年数は3年と、好条件の安いWiFiがどんどん登場しているためか、ややパワーダウンは否めません。 ですが、やはり人気ナンバーワンWiFiのWiMAXは、知名度も信頼度も抜群! 安いWiFiならやっぱりWiMAX!とお考えの方は、GMOとくとくBBの下記キャンペーンが今月は最安でおすすめです!• 月平均:3,320円• 月間データ通信量:無制限• ソフトバンク回線系WiFi 電波 ソフトバンク回線 LTE機能 標準装備(制限なし) 月間容量制限 無制限 契約年数 2年 発送日 最短即日発送 契約手数料 3,800円 月額料金 3,450円 特典 2か月間月額料金無料 24か月トータル 79,700円 1か月平均 3,320円 安いWiFiをお探しなら、よくばりWiFiも選択肢です。 よくばりWiFiの月平均は3,320円と非常に安いです。 よくばりWiFiは、タレントのJOYさんとわたなべ麻衣さんがアンバサダーを務める月間データ通信量が無制限のWiFi。 ソフトバンクのLTE回線での通信なので、非常に電波が良く、通信速度も速いです。 月平均:3,405円• 月間データ通信量:無制限• Mugen WiFiは、「どんなときもWiFi」と同じ「クラウドSIM型」のデータ通信量無制限WiFi。 クラウドSIM型なので、docomo・au・ソフトバンクの3つの電波を利用できるため電波が良く、エリアが広くて通信速度も速いです。 また、海外で利用できるのもメリットになります。 限界突破WiFi(月平均3,500円)• 月平均:3,500円• 月間データ通信量:無制限• 限界突破WiFiは、24か月利用した場合の月平均コストは3,500円となっています。 限界突破WiFiも、「どんなときもWiFi」と同じクラウドSIM系のWiFi。 docomo・au・ソフトバンクの3つの回線を利用できるので、電波が良くて、通信速度も速いです。 限界突破WiFiは、初回の事務手数料が0円になっており、安い料金でスタートさせることが出来るのもメリットです。 めっちゃWiFi(月平均:3,605円)• 月平均:3,605円• 月間データ通信量:無制限• めっちゃWiFiの24カ月間利用した場合の月平均は3,605円になります。 めっちゃWiFiは、クラウドSIM型のWiFiモバイルルーター。 月間データ通信量無制限で利用でき、docomo・au・ソフトバンクのトリプルキャリアで電波が良く、海外でも利用できます。 めっちゃWiFiは、2年以内の解約手数料が9,800円と他のWiFiに比べて安めなのもポイントになります。 月平均:3,680円• レンタル系WiFi• SPACE WiFiは、レンタルWiFiなので、契約年数の縛りがないのが特徴です。 初期費用も0円、解約料も0円なので、トータルコストの月平均も何カ月間使っても3,680円とわかりやすいのが特徴。 端末は一昔前のものになりますが、特に不便はなく利用でき、料金が安いのが特徴です。 SAKURA WiFi(月平均3,930円)• 月平均:3,930円• レンタル系WiFi• 契約年数の縛りなし• SAKURA WiFiはレンタル系WiFiになり、何カ月間利用しても解約手数料がかからないのが特徴です。 料金は月額3,680円と安い料金で利用でき、12カ月間利用した際の月平均は、初期費用込みで3,930円となります。 ただし、レンタル端末の返却代は、ユーザー持ちになりますので、実質もう少しコストがかかります。 STAR WiFi(月平均4,343円)• 月平均:4,343円• レンタル系WiFi• STAR WiFiは、レンタル系WiFiになりますので、契約期間というものがないのが特徴で、好きな期間だけ利用できます。 ただし、初期費用がやや高めなので、短い期間だけしか利用しなかった場合は、実はトータルコストが跳ね上がり、トータルコストや月平均料金はそんなに安くはありません。 月平均:5,667円• レンタル系WiFi• フリーランスWiFiはレンタル系WiFiになり、契約期間というものがないため、好きな期間だけ利用できるのが特徴です。 しかし、月間100GBまで利用できるプランは月額料金が5,500円となっており、正直かなり高いです。 その他にも容量制限が安いプランはあり、料金を安くすることはできますが、今やほとんどのWiFiが月間容量制限が無制限なので、利用価値を見出すのは難しい状況です。 販売会社がWiFi販売で実績十分 安いWiFiをお探しならネクストモバイルが一番おすすめな理由は、 販売会社が実績がある会社さんである点が挙げられます。 最近なら「どんなときもWiFi」も販売していることで有名です。 テレビCMや様々な媒体でのプロモーションを行ってきた実績もありますし、WiFi販売の運営歴も長いです。 そのため、• 在庫を切らす• 発送日が遅れる• サポートにつながらない と言った心配もなく、WiFiを利用することが可能です。 理由2. 全てソフトバンク4G回線 LTE 通信で電波がいい 安いWiFiならネクストモバイルがおすすめな理由には、 電波が良い点が挙げられます。 当編集部でもネクストモバイルを利用していますが、屋内・地下はもちろん、電車の中、新幹線の中でもほとんど電波が届きます。 WiMAXのように端末の切り替えも必要なく、容量制限いっぱいまで全てLTE通信になります。 そのため、電波が非常に良く、外出先で利用したい方やスマホと併用したい方に非常に便利です。 また、電波が良いという事は、通信速度も出るという事になります。 理由3. 月額2,400円は最安値級 安いWiFiならネクストモバイルをおすすめする理由は、やはり 2年間の月額がずっと2,400円という料金設定です。 ネクストモバイルのギガ数20GBプランなら、2年間ずっと月額2,400円という料金で利用することが可能で、業界最安値級。 ライトユーザーや外出先でしかWiFiを使用しない方は、ギガ数20GBあれば十分です。

次の

[2020年7月版]料金値上げに絶望!どんなときもwifiの最新キャンペーン情報

どんな とき も wifi 安い

最後に、市販の充電器を購入するのであれば充電ポートが2ポート以上ある物を選ぶことをおすすめします。 どんなときもWiFiはスマホやタブレットなどと一緒に持ち歩く人が多いと思うので、 同じ充電器で同時に充電できた方が便利だからです。 また、最近では2ポート以上充電口がある充電器が一般的なので苦労せずとも充電ポートが2ポートある充電器は見つかりますよ…! どんなときもWiFiで使える市販のおすすめ充電器3選! どんなときもWiFi向けの市販充電器の選び方のポイントについて説明したところで、なるほどWiFi編集部がおすすめする市販の充電器を紹介していきます。 ただし、仮に充電器が原因で故障してしまっても 「安心補償オプション」を契約していれば端末は無償で交換してもらえるので大丈夫ですよ! また、1,000円以上する高い充電器を使っていても充電器が原因で端末が故障する可能性は0ではありません。 なので、充電器が故障の原因になることについてはあまり気にしなくても良いと言えます。 どんなときもWiFiの充電器に関するまとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiの充電器オプションは契約する必要無し!• どんなときもWiFiの市販の充電器でおすすめは「OYANTEN USB充電器」• あまりにも安い充電器は故障の原因になる!• ただし、あんしん補償オプションがあるので気にしなくてOK! 今回の記事では、どんなときもWiFiの充電器オプションを契約する必要があるのか?や市販の充電器を選ぶポイントについて解説してきました。 結論から言うと、 どんなときもWiFiの充電器オプションを契約する必要はありません。 市販の充電器の方が安くてお得です。 市販の充電器を選ぶ場合は、「出力2. 0A以上の充電器を選ぶ」「1,000円以下の充電器を選ぶ」「2ポート以上の充電器を選ぶ」の3つのポイントを意識して選びましょう。 3つのポイントで選んだおすすめの市販の充電器は「OYANTEN USB充電器」です。 615円で購入できて、充電ポート3口出力2. 4A以上で非常におすすめです! どんなときもWiFiの充電器を持っていないようでしたら、是非購入してみてください…!.

次の