ゆうちょ窓口。 郵便局の営業時間【くわしく】平日や土日曜祝・窓口ゆうちょは?

ゆうちょ銀行の口座なしで現金振込する方法 通常払込みと電信払込の違いとは

ゆうちょ窓口

この「振替」と「払込み」という呼び方、ゆうちょ銀行独特のものです。 私たちがよく使う、都市銀行、地方銀行、信用金庫では、だいたい 「振込」でひとまとめにされています。 なので、ゆうちょ銀行でも 「振込のやり方が分からないので教えてください。 」 と言えば通じます。 と言う事で、以降は全部 「振込」と言ってしまいますね。 次の章から、各方法について、• 名前 振込相手が整理番号などを書き足してほしいと言われたときは整理番号なども必要• 電話番号 固定電話・携帯電話どちらでも可 です。 詳しいATMの操作方法はこちらの記事をご覧ください。 なるべく順序立てて分かりやすく説明しますが、混乱したら、コメント欄からご一報ください。 まず、ゆうちょ銀行宛の振込方法でよく疑問に上がりやすい事から答えていきましょう。 振込相手のゆうちょ銀行口座へ現金で振込むには、 「払込取扱票」を使った振込み手続きをする必要があります。 詳しい方法は後で書きます。 本人確認書類の提示• 振込の目的 を聞かれますので、 本人確認書類が必要です。 振込手数料は 2018年2月現在 一回につき 振込金額の制限なし 144円 となっています。 ATMの場合 ATMでの操作がある程度分かる方、振込金額が10万円未満の方はATMでの振込がおすすめです。 振込手数料が安いのが最大のメリットですね。 振込手数料 2018年2月現在 月3回まで 振込金額10万円未満 月4回以上から 無料 123円 但し、 ATMでは10万円を越える金額の振込はできません。 ご注意ください。 必要なものは• 通販の場合は欲しい商品名や商品番号• ファンクラブの場合は応援するタレント名• 必要に応じて住所・名前・電話番号 を書き込みます。 電信払込み 振込 という方法もあるんですが、電信払込みを使った場合、 「通信欄の内容が相手に伝わらない」ので、振込相手が、 「誰が何の目的で振り込んできたんだ?」 と悩んでしまいます。 「払込取扱票」を使った振込方法については、こちらの記事で詳しく説明しています。 ご覧ください。 ご覧ください。 但し、 赤インクで印刷された「払込取扱票」は手数料は無料です 振込相手が負担しています。 今まで紹介してきた振込方法全部に当てはまる「注意する事」とは それは、くれぐれも 「間違いをしないようにしましょう」と言う事です。 ゆうちょ銀行に口座があり• 払い込むだけの充分な残高 商品代金・手数料 があれば 払込取扱票を入れるところまでは手順は一緒ですが、支払い方法で、 「口座支払い」を選べます。 ATM画面で「現金」ボタンか、「通帳・カード」ボタンが出てくるので、 「通帳・カード」ボタンを押せばいいのです。 口座支払いの一番いいところは、 「受付時間が現金に比べて長い」と言う事です。 ATMの操作がある程度わかるなら、使ってみる価値はありますね。 但し、ATMの受付時間は、本当にバラバラです。 ゆうちょ銀行の公式ホームページでも、だいたいの時間しか載せていません。 また、 払込み 振込 に慣れていないなら、窓口で教わりながら手続きを済ませた方が間違いないでしょう。 ATMでの払込み 振込 は、ある程度慣れてからですね。 その他にもゆうちょ銀行関連の記事を書いています。 どうぞご覧ください。

次の

レタックス

ゆうちょ窓口

郵便局の営業時間について解説します。 郵便局の営業時間は、郵便局の大きさや地域によって違います。 全国で一律の営業時間ではないんですね。 郵便局の数で多いのが、住宅地や家の近所にあるような小さめな郵便局です。 こちらは ・郵便窓口 平日9時~17時 土日祝日は休み ・貯金窓口 平日9時~16時 土日祝日は休み という営業時間の郵便局が多いです。 後述しますが、エリアの中心地にある大きい郵便局であれば、 ・平日も17時以降の夜も営業、土日も営業 の郵便局もあります。 また店舗の大きさに関係なく共通しているのが ・貯金窓口は土日祝日は休み です。 手紙や荷物を出すような「郵便業務」であれば、土日も対応している局もありますが、貯金窓口は土日は休みです。 東京の芝郵便局のように、一部の地域で貯金窓口が平日18時までやっている局もあります。 でもお金を引き出すATMは土日祝日もやっている局は多いですね。 また一部の地域では、営業時間が午前8時からスタートだったり、15時で閉まってしまう局もあったりします。 正確に知りたい場合は営業時間を事前に調べてから行った方がいいでしょう。 逆にいえばほぼ多くの郵便局が ・平日 9時~16時の間 に行けば、やっているともいえます。 スポンサーリンク 郵便局の営業時間は大きく3パターンある 日本全国の郵便局で、局によって営業時間に長い・短いで差があります。 局によって8時~16時まで、9時~17時まで、9時~21時までと差がありますがほぼどの郵便局もやっている時間は平日の9時~16時となります。 営業時間のパターンが長い・短いでいくつかパターンがあります。 住宅地やスーパーの近くにある普通サイズの郵便局ですね。 1番多い種類です。 地区ごとにある普通の大きさの郵便局といったところでしょう。 パターン2 地域にある大きめの郵便局:ゆうゆう窓口があって営業時間も長い この種類は地域で中心になる郵便局ですから、数もそんなに多くありません。 お住まいのエリアで、地域の中心地や駅の近くなど人の往来が多いエリアに設けられた大きい郵便局の営業時間は長いです。 例えば東京都新宿区でオフィス街にある新宿郵便局、こちらは営業時間が長いです。 郵便の受付はゆうゆう窓口で、24時間、貯金の窓口も平日18時までやっています。 どうやって探すかは1つは ・ゆうゆう窓口の扱いがある郵便局 で探す ・支店(地域の拠点となる郵便局) 支店の一覧 で検索をかけてみる、と営業時間の長い郵便局が早く見つけられます。 ゆうゆう窓口では、昔は24時間で郵便の受付をやっていた局も多かったのですが、今は数が少なくなりました。 平日の夜や、土日の日中の受付のゆうゆう窓口がある郵便局が増えました。 例 パターン3 簡易郵便局:パターン2より少し営業時間が短い 平日のみ営業、郵便・貯金窓口とも9時~16時まで スポンサーリンク 郵便局は全国共通の営業時間でなく、個々の郵便局で営業時間が少しちがう コンビニのセブンイレブンやファミリーマートなら24時間営業 銀行なら朝の9時から昼の15時までとほぼ全国共通で営業時間が一緒ですが郵便局はちょっと違います。 例えば東京の中心都市の渋谷にある渋谷郵便局、ここの郵便局は何度か利用したことがありますがすごく大きい局です。 利用者も年末年始とかは半端なく多いです。 利用者も多いので営業時間も全国有数の長さです。 澁谷郵便局については、平日だと郵便系は9時~21時、ゆうゆう窓口まで含めれば24時間営業 貯金窓口は18時までと他より長く、ATMもほぼ休みなく24時間営業でやってます。 同じ東京都で離島の八丈島の三根川向簡易郵便局は 郵便・貯金の業務とも平日9時~16時まで、土日祝日は休み、となります。 地域の規模を問うているのでなく、郵便局によってこのくらい営業時間が差があるのでもし心配なら調べてから行きましょう。 荷物や郵便を配達する手続きか、支払いや貯金でお金を取り扱う手続きかで営業時間が異なる まずは自分がどちらの手続きで郵便局に行きたいのかを考えないといけません。 手紙でも荷物でもモノを送る系は、郵便窓口・もしくはゆうゆう窓口、お金を預ける、支払う系は貯金窓口と考えましょう。 公共料金の支払いで郵便局に行こうと思って、見間違いをして、 郵便の営業時間が24時間と書いてあったから、 夜中の23時に行ってみたら支払いの窓口は閉まっていた、というのは避けねばなりませんね。 郵便局の営業時間の調べ方 日本郵政の公式サイトに全国の郵便局の営業時間の検索のページがありますからここを使って自分の住所の近くの郵便局の営業時間を調べましょう。 探し方はいくつかあってとても便利なサイトです。 地名や駅名から探す 引越しをしたばかりでまだ自宅近くの地理がよく分からないもしくは地名が分かっていて、てっとり早く探したいなら駅名や地名から検索してみるのもいいでしょう。 日本地図から探すのは手間がかかるので地名や駅名を検索窓に打ち込んでしまった方が少し早いです。 例えば最近、渋谷区の笹塚駅の近くに引越しをしたとします。 笹塚近くの郵便局を探したいなら『駅名・路線名などから探す』というコーナーにいき 検索ページの駅名欄に『笹塚』と打ち込むとサクッと出てきました。 笹塚駅近くの地図が出てきて、その周辺の郵便局が選べるようにページが出ますからそこから郵便局を探して、営業時間を調べます。 笹塚駅前郵便局が出てきたので、そこをクリックして店舗の詳細を見ると営業時間が書いてあります。 旅行で地方から浅草の雷門に来て、その近くからお土産をゆうパックで出したいなら地名のところに『雷門』と入力して検索すると、雷門付近の郵便局を探せます。 ゆうゆう窓口も一部の郵便局で深夜や早朝の営業をしてない所もあるので注意 夜中や早朝でも郵便や荷物の受付をしてくれるゆうゆう窓口ですが 深夜や早朝の営業に制限がある窓口もありますから、行く前に営業時間は要確認です。 夜中に郵便局に行ってみたが営業していなかった、とならないように注意しましょう。

次の

ゆうちょ銀行(郵便局)の1日の引き出し限度額はいくら?ATMと窓口で上限は違う?

ゆうちょ窓口

窓口でお金を引き出すには、高額になると本人確認書や委任状といったものがなどが必要になることがあります。 また ATM では1日にあたる 引き出し限度額や1回での引き出し限度額の設定があって、けっこうややこしいのです。 わが家はゆうちょ銀行がメインバンクのひとつなのですが、めったに高額な金額を引き出すこともないので、すぐ忘れて何度も同じことを調べてしまいます。 しかも、ゆうちょ銀行の公式サイトは探しにくくいつも時間をとられてしまいます。 そういった理由から、今回はゆうちょ銀行の引き出し限度額についてまとめておくことにします。 ゆうちょ銀行窓口での引き出し限度額 ゆうちょ銀行窓口で通帳から引き出すお金の限度額というのはとくにないのですが、金額によっては身分証明書などが必要になりますよ。 50万円以上の払い出し ・来店者の本人確認書類の提示が必要(50万円未満でも本人確認書が必要な場合がある) 代理人が払出する場合は来店者の本人確認書類および委任状の提出 代理による払い出し金額が100万円を超える場合 ・委任状、代理人の証明書類、通帳名義人の証明書類 より 実は以前、ゆうちょ銀行の窓口で主人名義の通帳から私が引き出す場合の手続きについて尋ねたことがあります。 なので、そちらの記事に詳しく書いてあります。 よければご覧くださいね。 ゆうちょ銀行ATMでの引き出し限度額 ・とくに届けのない限り、 ATM での1日当たりの引き出し限度額は50万円 50万円以上のお金を窓口で代理人が通帳から引き出すには、委任状の作成などあり、なんだか面倒です。 それを知って私がブツブツ不満を言っていたんですね。 そしたら、 もし200万円を通帳から代理人が引き出すのであれば ATM で1日に50万円ずつ引き出すことを4日間やるのが一番簡単ですよ、とゆうちょ銀行の方に言われました。 ほんと、それが得策ですね。 【2020年6月26日追記】 100万円をゆうちょ銀行の私の口座から送金しようと、窓口に行きました。 すると、送金手数料が安いからと、ゆうちょ銀行の窓口の女性が、ATMの送金上限額のアップをすすめてくれました。 50万円から200万円まで上限額を引き上げられるとのこと。 必要なのは、 申請書への記入と印鑑、通帳、身分証明書(免許証のコピー)でした。 数日かかるのかと思っていたら、 10分程度で完了してすぐにATMで送金でき、驚きました。 ゆうちょ銀行の委任状は簡単に手に入る 委任状というと、難しい印象がありませんか?私にもそういったイメージが強く、委任状が必要と聞いただけでブルーな気持ちになります。 というのも以前、親が入院していたときに必要で、自分でワードを使って委任状を作っていた経験があるからなんですね。 それが今ではゆうちょ銀行のサイトで委任状がダウンロードできるし、書き方のサンプルもあるので、やってみれば実は簡単なのです。 ゆうちょATMでの引き出し上限額を変更するには? 先に述べたように、とくに届出をしていない場合 ATM で引き出しができるのは、1日に50万円が限度額となっていますよ。 ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で申し込めば、この1日あたりの引き出し限度額は変更できます。 それには、以下のものが必要なので持参することをお忘れなく。 必要な物:本人確認書類、キャッシュカードまたは通帳、お届印 ゆうちょATMからの 引き出し限度額を下げるのであれば、ゆうちょATMからでも変更が可能です。 今回はゆうちょ銀行での引き出し限度額について書きましたが、1300万円という預金限度額もあるのですね。 窓口では引き出しの限度額はないのですが、 ATMでは50万円が限度額と設定されています。 この引き出し限度額50万円は ゆうちょ銀行の窓口へ本人が出向けば変更することができます。 ATMの引き出し上限額を下げるのであれば、ATMからでも変更が可能です。 窓口でお金を引き出す際には50万円を超えると本人であっても本人確認書類が必要になったり、代理人が来店するとさらに委任状が必要になるなど、やや面倒です。 50万円以上のお金を通帳名義人の妻などといった代理人が引き出すのであれば、1日の引き出し限度額内でATMから数日にわたり、引き出しするのがもっとも簡単です。 - name ぽゆら 50代からを楽しく豊かに暮らす情報をのんびり収集中。 子供はすでに手を離れて気楽になったけど、ちょっぴり淋しいかな、夫との二人生活。 40代は夫と別居したくて迷走してたけど、今はどーでもよくなった(笑)。 40代で持ち家ローン完済済み。 実家の近くにマンション買おうかともくろんでるけど、通帳の残高が減るのが嫌で躊躇中。。 老後はグレイヘアの素敵なマダム目指して健康美を追及してみたり。 損することが嫌いで、貯金大好き。 方向音痴なので主要都市の駅周辺の素敵なホテルでひとりまったりするのが趣味。 よろしくです。 カテゴリー•

次の