奈良 県 コロナ 情報。 【奈良コロナ】奈良県五條市で新型コロナウイルス感染者が確認される

【奈良コロナ】奈良県五條市で新型コロナウイルス感染者が確認される

奈良 県 コロナ 情報

奈良県からの公式発表• 奈良県の最新感染動向は• 奈良県の施設やイベントの運営状況は• 最新の情報を発信するTwitter アカウントは 他県からの来訪自粛• 奈良県から他県在住者への来訪自粛要請はありません。 施設や交通機関の状況• 緊急事態宣言が解除された後、多くの施設が営業再開していますが、時間短縮や営業エリアの縮小などの対策を講じている施設があります。 飲食店も営業を再開していますが、営業時間の短縮などの対策をしている店舗があります。 ほとんどの電車、バスなどの公共交通機関は平常通り運転しています。 ホテルなどの宿泊施設の多くは営業を再開しています。 奈良県の観光ニュース•

次の

新型コロナウイルス感染症に関する情報

奈良 県 コロナ 情報

奈良県の新型コロナウイルス感染症指定医療機関と病院病床数は? 新型コロナウイルスに感染した患者は、指定の医療機関に入院することになっています。 特定感染症指定医療機関• 第一種感染症指定医療機関• 第二種感染症指定医療機関 の3つです。 特定感染症指定医療機関:全国4医療機関10床 特定感染症指定医療機関は全国で4か所となっていて、 奈良県にはありません。 病院名 病床数 所在地 成田赤十字病院 2床 千葉県 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 4床 東京都 常滑市民病院 2床 愛知県 りんくう総合医療センター 2床 大阪府 第一種感染症指定医療機関:全国55医療機関103床 奈良県の第一種感染症指定医療機関は1か所です。 地図も掲載しておきます。 病院名 病床数 所在地 奈良県立医科大学附属病院 2床 奈良県 第二種感染症指定医療機関:全国351医療機関1758床 感染症 奈良県の第二種感染症指定医療機関は、7か所あります。 感染状況やコロナウイルスへの対策、感染の疑いがある場合の相談窓口など掲載されています。 コチラも参考してください! おわりに さて皆様いかがでしたでしょうか? 今回は 「奈良県の新型コロナウイルス感染症指定医療機関と病院病床数は?」と題してお送りさせていただきました。 病院の場所など参考になれば幸いです。 まだまだ終息が見えないコロナウイルスですが、県や自治体からの情報を常に確認していきましょう。

次の

【奈良コロナ】奈良県五條市で新型コロナウイルス感染者が確認される

奈良 県 コロナ 情報

(相談、給付、助成、融資、減免猶予) 事業者のみなさまに対し、次のような支援がありますので、ご利用ください。 経営の相談や資金繰りなど支援策を案内 賃金や労働時間等について、働く方や事業主からの相談を受付 臨床心理士の資格を持った専門相談員等が、電話相談や訪問相談に対応します。 不安を感じている方、気分が落ち込んでいる方、またそれによって業務に影響を及ぼしているような場合、ぜひご相談ください。 相談内容等の秘密は守られます。 給付 新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金(いろうきん)給付事業 新型コロナウイルス感染症に対する医療を提供する医療機関が特殊勤務手当を支給した場合にその経費に対して補助。 また、 サービス利用休止中の利用者に対する利用再開に向けた働きかけや感染症防止のための環境整備の取組について支援。 さらに、新型コロナウイルスの感染防止対策を講じながら、障害福祉サービス等の継続に努めていただいた職員に対して慰労金を支給。 医療機関、薬局等における感染症拡大防止等の支援 院内等での感染拡大を防ぎながら、必要な医療提供を継続できるよう、感染拡大の防止等の支援。 (受付終了) 協力金として中小企業20万円、個人事業主10万円を支援。 令和2年6月30日をもって申請受付を 終了しました。 休業等の要請にかかる協力金 中小企業10万円、個人事業主5万円~10万円 中小企業 最大200万円、個人事業主・フリーランス 最大100万円 申請受付:令和2年5月1日~。 全国の会場で申請サポート実施。 中小企業庁 一定の売上減少要件を満たす事業者に、中小企業 最大600万円、個人事業者・フリーランス 最大300万円 申請受付:令和2年7月14日~。 全国の会場で申請サポート実施。 助成 (受付終了) 民間事業者、観光関連団体等が実施する、安全安心の確保、観光需要回復に向けた取り組み、回復期を見据えた受入環境強化に係る経費を支援。 最大1,200万円。 募集期限:令和2年8月7日 午後5時 必着 新型コロナウイルスの影響を受けて県内飲食事業者が取り組むテイクアウト・デリバリーの導入等に要する経費を支援。 上限10万円(10/10補助)。 県豊かな食と農の振興課 0742-27-8988/平日9:00~12:00、13:00~17:00 「新しい生活様式」を踏まえた「新しい生産様式」や「新しい販売・ サービス提供様式」に対応するための再起に向けた投資を支援。 申請受付期間 令和2年8月31日まで(消印有効) 県産業振興総合センター 0742-81-9640/平日9:30~12:00、13:00~17:00 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、売上が減少した県内中小企業・自営業・フリーランス等の方々を対象に、新たに取り組む事業(売上回復対策、感染防止対策)に要する経費を補助。 上限50万円。 上限15,000円。 厚生労働省 コールセンター 0120-60-3999/9:00~21:00(土日・祝日含む) 販路開拓を目指す小規模事業者に最大150万円、ナイトクラブ・ライブハウス等は最大200万円。 商工会または商工会議所でご確認ください。 経済産業省(独立行政法人 中小企業基盤整備機構) 持続化補助金コールセンター 03ー6459ー0866 小学校の臨時休業等で労働者が年次有給休暇とは別に有給休暇取得の場合、1日あたり8,330 円を上限に(4月1日以降に取得した休暇には上限 15,000 円)賃金相当額を助成。 委託を受けて個人で仕事をする保護者の場合、1日あたり4,100円(4月1日以降に取得した休暇には上限 7,500円)を助成。 厚生労働省 コールセンター 0120-60-3999/9:00~21:00(土日・祝日含む) 正規雇用・非正規雇用を問わず、妊娠中の女性労働者に有給の休暇(年次有給休暇を除く。 )を取得させた事業主に、対象者1人あたり25万円(5日以上20日未満の場合。 以降20日ごとに15万円加算。 上限100万円)を助成。 10日以上の場合は35万円)を助成。 1企業あたり上限5人。 農林水産省 県内5箇所に相談窓口を設置していますので、経営状況悪化による資金繰り等についてお困りの時はお問い合わせください。 国内で活動する文化芸術関係者(個人事業者・小規模団体)が、活動の再開・継続に向けて行う積極的な取組に要する費用の一部を補助。 最大150万円。 政府系金融機関 新型コロナウイルス感染症の影響により経営の継続安定が困難な事業者を対象に資金繰りについての支援策。 農林水産省 減免、猶予 税金の徴収猶予 国税、県税、市町村税、社会保険料等の各種税金の徴収猶予。 無担保かつ延滞税なしで最長1年間、徴収を猶予。 (国税) (県税) ・市町村(市町村税) ・管轄の年金事務所、労働局(社会保険料) ・相談ダイヤル(固定資産税、都市計画税):0570-077322(平日9:30~17:00) 水道料金の支払い減免・猶予.

次の