白菜黒い点々。 白菜の黒い点は食べれる?カビや虫じゃないなら何?葉っぱの斑点ぶつぶつは食べられる成分!

白菜の黒い点々は美味しさの証拠! 漬物屋さんの言葉に「いいこと知った!」続出

白菜黒い点々

昨日の夕飯は鍋にしようと思って 白菜を買ったら、その白菜、 黒い 斑点がたくさんついてて……。 なんだか気持ち悪くて使ってないんだけど、あれって 病気なのかな?それとも カビ? 黒い斑点がついている白菜。 時々そんな白菜にめぐり会うことがありますよね。 少しならあまり気にならなくても、 点々とたくさん付いていると、• これって食べて大丈夫なの?• 子供に食べさせるのはなんだか心配…… と気になってしまいます。 それに、もしも 病気や カビ、 虫だったりしたら、「買ったお店に言った方がいいのかな?」って思いますよね。 実際、スーパーの野菜売り場で働いていた友達の話では、「白菜に黒い点々がいっぱいついてる!」と、クレームが来ることがあるそうなんです。 でも、実はあの黒い斑点は、 病気やカビ、虫なんかではないんですよ~。 今回は、 目次(クリックすると読みたいところにとびます)• 黒い斑点の正体は?食べても大丈夫? 白菜の黒い斑点の正体、それは…… 白菜のポリフェノールが表面に出てきたもの 白菜の ポリフェノールが蓄積して、 細胞壁が変色したものなんです。 黒い点々なので「 ゴマ症」と呼ばれています。 黒くなる 原因については、後で詳しく説明しますが、 病気やカビ、虫などではありません。 ポリフェノールはほとんどの野菜にあり、栄養素のひとつと言われています。 ゴマ症は、そのポリフェノールが「生理障害」で表面に現れて、黒くなってしまったものなんです。 白菜の シミや そばかすみたいなもの……と思ってもらえれば大丈夫です! 栄養失調、栄養過多、低温度または高温度による障害など。 野菜の生理障害には、栄養分の過不足や温度の過不足があります。 主な症状は、葉が変色・萎縮したり枯れたり、成長が鈍化します。 do-agri. html そして、白菜に黒い斑点があっても、 食べるのには全く問題ありません!安心して食べてくださいね! でも、黒いのがあまりにも点々とたくさん付いていると、なんとなく気持ち悪い……。 黒いので、そんな風に感じてしまうこともあるかもしれませんね。 そんな時は、包丁で黒い部分を そぎ落として食べて下さい。 いくら「食べても大丈夫だよ」と言われても、食材の見た目が食欲に影響することもありますよね。 でも、気になる部分をそぎ落とせば、その問題もクリアできますよ。 肥料のやり過ぎ• 気温(高過ぎや低過ぎ)• 過密状態での栽培 などで、栽培の環境や方法によって起こる、白菜が受けるいわゆる ストレスが 原因なんです。 また、ゴマ症は、 低温での管理が原因で起こることもあります。 買ってきてすぐは斑点がなくても、冷蔵庫での保管が長くなると現れることもあるのです。 ゴマ症が気になるなら、買ったらできるだけ早く、新鮮なうちに食べる方がいいということですね! 黒い点々は、見た目があまり良くないので、消費者にはやっぱり敬遠されがち。 栽培農家の方も、できるだけゴマ症が出ないように努力されています。 でも、気温によるストレスなどは農家の方でもどうしようもありませんよね。 ゴマ症がまったく出ないようにするのは、なかなか難しいことです。 万一、当ブログ内の情報を利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が生じたたとしても、当方では責任を負いかねます。 あらかじめご了承の上、読者様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。 商品ご購入、ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。 また、引用文の著作権は引用元に所属します。 全体一部を問わず無断使用はできません。

次の

白菜の黒い点々は食べられる?⇒安心してくださいポリフェノールです!。

白菜黒い点々

もくじ• 黒い斑点の正体はポリフェノール 白い茎の部分に黒い斑点があれば、それはドキッとしますよね。 その様相から カビ?虫?病気?と敬遠したくなる気持ち分かります。 実はこれ白菜の 「生理反応」 生理反応?と言われてもピンとこないですよね。 生理障害ともいわれ、 白菜が栽培環境に関して ストレスを感じているのです!! この生理障害は黒い点々から 「ゴマ症」と呼ばれますが、ほかにもカブや野沢菜にも起こります。 ストレスを受けた白菜は細胞内に ポリフェノールを蓄積。 蓄積されたポリフェノールは細胞壁を褐色に変えるため、白菜に黒い斑点となってあらわれます。 黒い斑点の正体は 「ポリフェノール」 ですので食べても問題はありません!! ポリフェノールの影響 ポリフェノールだから問題ない。 と言われても、ポリフェノールって何だ?って思う人もいるでしょう。 簡単にいえば、自然界のなかの植物の苦味や渋み、色素といった成分。 たとえば• ブルーベリー・カシスに含まれる 「アントシアニン」• 緑茶や紅茶に含まれる 「カテキン」• ぶどうに含まれる 「レスベラトロール」 ほかにもいろいろありますが、これらを総称して ポリフェノールと呼びます。 赤ワインを醸造するためのぶどうには、アントシアニン・リスベラトロール 渋みのもととなるタンニン・カテキンといったポリフェノールが豊富に含まれているからです。 ナスの皮にもアントシアニンたっぷり。 でも中が黒くなったものは品質が心配ですよね。 体内の抗酸化作用• 血圧降下• 殺菌作用• 抗ガン作用 などさまざまな効果が期待できますからね^^ ですので農家さんの中では「黒い斑点は美味しい証拠」という人もいますからね。 作物だって育つ環境に大きく左右されるなんて・・・ ひとつのドラマのようですね^^ さて、なぜ白菜が生理反応が起きてしまうのか? それにはこんな原因があります。 白菜に黒い斑点があらわれる原因 白菜の黒い斑点はポリフェノール。 正体は分かったけど、どうして白菜にストレスがかかってしまうのか? それにはこんな原因だと言われます。 肥料過多による過剰窒素• 高温、または低温といった温度管理• 収穫時期の遅れ• ある程度堆肥で肥やされ土づくりされた畑には、微生物によって窒素が供給されます。 しかしその目に見えない力を見落として肥料をあげすぎてしまった。 という理由だそうです。 味にも栄養面にも問題はないのですが、 「見た目」の問題でやはり敬遠されます。 もちろん買い物にでかけることが禁止されている訳ではありません。 ですが、できる限り安全に美味しいものを食べたいという欲求は消えません。 そこでお薦めなのが 『有機野菜や新鮮野菜の宅配サービス』 食材宅配サービスのメリットは、• スーパーや混雑したお店に行くのを避けられる• 買い物かごやカートなどを触らなくてもよい• 多数の人が触った商品を買わなくてもよい• レジや狭い店内で人との接触を避けられる• 有機野菜のため値段がスーパーより高い• セット売りで野菜を選べない•

次の

白菜の黒い斑点は何?食べられるの?意外な正体と原因はコレ

白菜黒い点々

ブルーベリー・ブドウの皮の 「アントシアニン」• ワインやお茶の 「カテキン」• 大豆製品の 「イソフラボン」 などが代表的なもので、これらを総称して ポリフェノールと呼びます。 何故、黒い点々ができるのか? 黒い点々が出来るのは白菜の生理障害でゴマ症と呼ばれています。 病気みたいな名前ですが病気ではありません。 白菜にストレスがかかると白い部分に黒い点々が出来てしまう。 主な理由としては• 化学肥料 窒素 が過剰に入ってる。 適切な温度管理ができていなかった!高温、低温状態で育てられた。 高密度で畑に植えられてしまった• 殺菌剤 銅を含む の多用• 収穫後の低温での長期保存 低温での長期保存というとスーパーで売れ残った白菜であったり冷蔵庫に入れっぱなしにした白菜ですね。 それ以外の理由は農家さんの育て方が悪いというわけです。 白菜に黒い点々がついていても食べられる。 白菜の黒い点々は鮮度が悪い証拠? スーパーで出回っている白菜に黒い点々があったら冷蔵庫で長期保存していた白菜だと思っていいと思います。 実際のところ市場に出回ってる白菜は収穫時に多量の黒い点々がついてたら取り除くと思う。 ここら辺は憶測だけどそんなに間違いないと思います。 畑に密集して植わっていたとか化学肥料のやり過ぎとか殺菌剤の使いすぎ、収穫が遅れた白菜だったりするわけで 基本的に収穫時の白菜に多量の黒い点々があったら失格なのです。 化学肥料の上げすぎは白菜にどんな影響が? 化学肥料を与えすぎると味が悪くなる傾向があり過剰に与える野菜をダメにしてしまう。 肥料を上げすぎると栄養が多すぎて水分一緒に栄養を逃がそうとするため水分がなくなって根がしなびて枯れてしまう。 スーパーや八百屋でゴマ症の白菜を見かけたら、売れ残っている白菜なので買わないようにしましょう。 化学肥料の使いすぎは味が悪くなるなんて話もあるので最近では堆肥を研究している農家もあったりするのでゴマ症になる事は少ないんじゃなかろうか? 白菜のゴマ症はちょっと肥料を上げすぎた程度の話なので問題ないという事ですね。 もしくは冷蔵庫に長期保存をすると起こる事なので気にしなくても大丈夫。 冬の白菜はまるごとなら3~4週間も持ちますがカットされた白菜は冷蔵庫に入れても1週間程度傷み始めるので要注意です。 美味しい白菜の見分け方• 外側の葉っぱが緑でいきいきしているもの。 重量感、もった時にずっしりしているもの。 断面がみずみずしい(カットした白菜の場合)• 株の切り口の芯の部分が白いものを選ぶ(茶色くなってきているのは鮮度が悪い)• 黒い斑点は問題ない 白菜につく虫 農家さんが美味しい野菜を育てる時に必ず問題になるのは虫です。 白菜にも虫がついてしまう事があります。 takii. html ダイコンハムシは、葉にくっついている2~5mmの穴を沢山空けます。 takii. html ハクサイダニも葉の裏や表にくっついていて、葉の汁を吸います。 最後には、葉を枯らすだけではなく株全体も枯らします。 ネットで調べたけど、こういう虫を放置しているとひと晩で白菜が全滅してしまうなんて事もあり得るので農家の人はかなり神経質になっているんじゃないかな? 虫がついていても食べる前に白菜を水で洗えば問題なしです。 ちょっと気持ち悪いなと思ったら加熱すれば安心ですよ。 なんで虫がつくかと言うと肥料を多く使った場合や弱い個体に虫がつきやすい。 必要以上に窒素を吸収すると、「アミノ酸」や「アミノ酸アミド」というのが野菜の体内で作られます。 これらは害虫に好まれるため、彼らを寄せ付ける原因になります。 アミノ酸を作る過程で、細胞壁を作るための糖類が使われて薄くなって免疫力も落ちるため、害虫はもちろん、病気にもかかりやすくなります。 弱い個体になると虫を跳ね返す免疫力がないため食べられてしまう。 白菜は完全に虫を取るのは不可能なためそのままスーパーに陳列されるそうです。 たまに虫などが入っている事もありますが水道水で洗ってしまえば特に問題ないので安心してください。 うっかり食べてしまっても寄生虫ではないので体に害はありません。 白菜がカビている場合 白菜がカビている場合はゴマ症と似ていますが カビ臭くてその黒い部分の周辺がぐちゃっとなっていたらカビの可能性もあり 白菜が食べられない状態の見極め方として• カビが生えている• 異臭がする場合• 茶色に変色して汁がでてきている カビが生えていれば臭くなるのですぐに分かります。 臭いもなく黒い点々があればゴマ症という事です。 ゴマ症と 黒班病 こくはんびょう は違う 白菜の葉っぱが黒くなる病気で黒斑病があります。 キャベツ、大根など含む、多くのアブラナ科作物の「葉」にでる代表的な病気で、 これは土壌に含まれる病原菌によるものです。 黒班病にかかった野菜は、 黒というよりも淡褐色の小斑点をつくり、それがだんだん大きくなります。 10mmの程の円形または不正形で中央が灰白色、周辺は緑灰色の病斑をつくります。 病斑の中央部分は薄く破れやすくなり、最悪枯れてしまうそうです。 もちろん、こういう白菜は市場には出回らないので安心してください。 まとめ 白菜についた黒い点々は生理障害でポリフェノールが集まったもの 殆どの原因が冷蔵庫による長期保存によってできるんじゃないだろうか? というわけで安心して食べてください。 白菜と言えば冬!水炊きだったりミルフィーユ鍋なんかにも使う。 冬の万能選手、我が家ではお正月に向けて白菜とにんにくをたっぷり使った漬物を作ったりします。 かなり美味いので毎年楽しみですね。 白菜に黒い点々がつくというのはtwitterで話題になるまで知りませんでした。 基本的に買ってきたのをすぐに料理してしまうので黒い点々が出来る前に食べていたんですね。

次の