アフィリエイト ブログ コピペ。 ブログにコピペ。これって違法?! [暮らしの法律] All About

【コピペOK】ブログのプライバシーポリシー書き方&設置方法を公開|クルスのラボ

アフィリエイト ブログ コピペ

どうもヒサトです! 今回は記事の書き方という事で、 コピペ・リライトについて触れていきます。 コピペ・リライトって何? まずコピペとリライトの違いについて説明します。 コピペ コピー&ぺーストの略称です。 アフィリエイトブログにおけるコピペというのは、 他のサイトの情報を丸々コピーして掲載する事を指します。 リライト コピペとは違い丸々コピーするわけではないのですが、 語尾を変えるだけであったり、文の構成を少し変えるだけで 殆ど同じ内容のものを掲載する事を指します。 何がダメなのか? ダメな理由はいくつかあって、• Googleのペナルティを受ける可能性が高い• そもそも検索順位が全然上がらない• アドセンス停止の恐れがある• 人としてどうなの? この辺りでしょうね。 まず Googleのペナルティを受ける可能性が高いとは、 Googleは価値のないサイトを極端に嫌います。 ユーザーが検索した際に、 同じ情報の載ったサイトがずらっと並んでいたらどう思いますか? Googleクソだな こんなことがあるとGoogleの評価が下がりかねません。 それを防ぐためにペナルティを与えるのです。 検索順位が上がらないとは、 先ほどと被るのですが、 ペナルティを受けてなくても検索順位が上がりにくいです。 やはりこちらも「価値のないもの」と評価されてしまうのでしょう。 アドセンス停止の恐れがあるとは、 アドセンスの利用規約の中に「サイトの品質の問題」があります。 コピペや価値のないサイトにてアドセンスの利用を禁止しています。 他のアドセンス利用規約についてはこちらの記事をご覧ください。 人のコンテンツをパクッテまでお金が稼ぎたいのか? って話ですよね。 最近世間を騒がせたSTAP細胞の人とかもそうですが、 コピペがばれて大変な事になっていましたね。 人としてプライドを持ちましょう 笑 被るのを完全に防ぐことは不可能 ただ被るのを完全に防ぐことは不可能です。 情報を限られているので、 パクったつもりはないのに被っている事なんて日常茶飯事です。 ではどうする? 対処策として、• ネット以外から情報を仕入れる• 記事を書く前に他のサイトの情報を確認する• しっかり引用元を掲載する これらがあります。 ネット以外から情報を仕入れるとは、 どうしてもアフィリエイトブログを作成する場合は ネットでリサーチが完結してしまいがちです。 ネットでの情報は多くの人が検索しています。 だって手軽だし、情報量も多いですからね。 だからこそ簡単に知りえないところにポイントが潜んでいるのです。 それは本だったり、新聞だったり、雑誌であったり、 なんでもOKです。 記事を書く前に他のサイトの情報を確認するとは、 まあ言葉のままですよね。 だいたいコンテンツが被るものは、 自分が狙っているキーワードで検索すると出てきます。 そのキーワードで出てくるサイトの情報(タイトルや内容) を確認して被ってないか確認します。 しっかり引用元を掲載するとは、 どうしても被ってしまう場合があるとします。 他のサイトの情報を載せたい場合もそうです。 その時はしっかり引用元を掲載して、 どこから持ってきた情報なのかしっかり記します。 これだったらGoogleさんも怒らないはずです 笑 そのサイトにバックリンクをあげるのが嫌(マイナスイメージのサイト)なら、 ノーフォロータグを使う事を忘れずにしましょう。 ノーフォロータグについては以前の記事、 「」 にて解説していますのでご確認下さい。 まとめ とりあえずコピペ・リライトは何も得る事が出来ません。 やり始めて間もない時は、 どのように記事を書けばいいのかも分からないですよね。 どうせ真似るならどんな感じで記事を書いているのか。 つまり情報を真似るのではなく、 記事の構成であったり書き方を真似りましょう! それの方がよっぽど自分に意味があると僕は思います。 関連記事• 最後までお読み頂きありがとうございます! もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

次の

アフィリエイトで記事、文章をコピペするのは3つの理由で危険!

アフィリエイト ブログ コピペ

コピペブログとは、に立てられた()・で記事を編集構成するの総称である。 ともいう。 その名の通り、を(・ド・ト)し、抽出・編集した物をまとめて掲載するの事。 以外 等 からまとめても、同様に呼ばれる事が多い。 ただ、まとめといいつつも、どのを抽出するかはの意向が大きく反映されるため 元がそうでないにも関わらず 偏ったまとめになることもある。 あるいは、数稼ぎを的とし、あえて火の元に油を投げ込むようなこともある。 近年はそれによる、中立的なまとめとみせかけた誘導やが問題視されている 生として問題もある)。 これらのはあくまで「の意思」を仲介したものであるということを忘れずに閲覧したい。 以降、や名前欄に「禁止」を明言するが増え、コピペブログは大きな岐路に立たされている。 種類 系 その名の通り、などに立てられるをに扱う。 元々のが混沌としているため、扱うの範疇を絞っていないところが多い。 一応とも言えるが、速報性・時事性を重視しているところはそれほど多くなく、いわゆる三面記事ばかりというところも少なくない。 的な立ち位置は、の傾向そのままのである場合が多い。 有名どころになど。 にを嫌った住人によりが生したが、、 等も禁止に。 系 に、生活・唐突な質問・秀逸な・などを取り扱うゆえ、にからの抽出が多くなる。 有名どころに、など。 、 禁止。 ()の記事を扱う。 、 禁止。 系 辺りから盛のからのをとしている。 に関連が取り挙げられるが、はにのい者も幅広いをめて集まってくる。 ()・・を好んで使う傾向にある。 という敷居がある為、多少は年齢層が高いとして専門以外からも重宝されているようだ。 、 禁止。 欄では記事内容に付いての・閲覧者の更なる書き込み・される。 登録制 内の書き込みを再掲載するいわゆるのをされている方へ。 具体的にどういったがあるのかしたいと考えています。 を載せる等の商業利用をしている者の方は、必ず登録してください。 非営利でしている者の方は、任意で結構です。 以下、登録方法です。 にて、名のを作ってください。 その際、下記の5項は明記してください。 その後、まで、下記の項を記入したをお送りください。 ・ ・名前 ・ ・住所(まで) ・性別 ・年齢 ・の名前 ・の ・1日あたりの ・の名のの より 系は登録を義務づけられノン系は任意で登録と言った方式になった。 詳しくは「 」、「 」等の記事にて 問題点 今までは元がであることがほとんどだったが、そのからがにできなくなった。 そのためか禁止を明記していないや個人などを元とするようになっている。 その関係でもはやだけの問題ではないといえるだろう。 転載元のローカルルールとの衝突 設置しているところが多いため、数を稼げる内容ならやのを視 あるいは気づいていない してするが少なくないため、記事の元となりやすいからは嫌われがちである。 しかし、は元には視されがちである。 主観・アクセス数稼ぎ優先による扇動的な記事 のやの書き込みなどを取捨し、その記事の中でさらにを抽出するため、コピペブログは中立的なようでいて実は編者のが多大に入り込み、結果として偏った意見を掲載する記事になっていることもある。 問題なのは 数=収入を稼ぐため わざと扇動的な書き込みだけを抽出する、また実際はそこまでたいしたことじゃない・噂の非確定事項なのに さも大事が発生したようなをつけることも見られる。 前者の例だと、実際は少数である「キモい」書き込みを、あえてそこだけを抽出することでさも住民すべてが同類の「キモい住民」というに印づけることができる。 だとよく「」、「」などその閥に所属している者に大きなとなる出来事が発生したように見えるにするが見られる。 このように、数のためなら と異なる内容をにすることがよく見られる。 大手コピペブログの閲覧者は有その他のと同等か、それ以上の閲覧者がいることを考えてみれば、コピペブログの論調による界への良からぬは少なからずあると言えるだろう。 特に的な記事については閲覧の際に注意がいる。 「」に通じるところがあると言える。 欲しいを手間をかけず手に入れたい人たち、断片的なを拾いしている人たちは前述のようなな記事作成方法に踊らされる恐れがある。 転載元や無関係コミュニティの秩序が乱れる 取り上げられた記事に関係するや、そして個人へコピペブログから流れてきた人がまがいの書き込みをしてやが荒れてしまうなど、コピペブログに取り上げられるのを快く思っていない人も多い。 元々を見なかった人も頻繁ににしていると考えられる。 例えば、系のでは敢えて偏った考えを披露することで数を稼ぐという行為が行われている。 元々論争はの中、または内で行われていることが多かった。 ところが最近は、一般の、、などでも臭い言葉が飛びかっている現状がある。 これはを見なかった人がコピペブログを見て、かたをしたのではないかと言われている。 こうしたの悪しき習慣や行動が周囲に伝播するという問題もある。 また、やだった内容を数稼ぎのための意図的か、それとも知らずにかは不明だがともかく大幅に煽るような記事を作成し、結果がされ大騒ぎになった例もある。 で採りあげた記事に関係のある・個人のやまたは、にある関連へ、突発的にの記事から流れてきた「とにかく、ひとこと言いたい」人たちによるイタ・が書きこまれ、そこを訪れたまったく事情を知らない関係な利用者にも不快な思いを強いるといった状況も生まれている。 対策方法 詳しくは「 」を参照。 ライブドア陰謀論 がコピペブログの総元締めであるという論。 でと名前が付けられている、コピペブログと民及びを中心とするの対立中にでてきた論。 その論旨を一行でまとめると• とその親玉であるの会社、がコピペブログの総元締めになっている。 というものである。 事は以降、や速報を初めとする、多くのブロガーをでに集め、 「 BR」にてと。 下のブロガーにのする商品の記事を書かせていたと言われている。 なお、この業務を行っていたには「ed by 」と記載されていたが、 該当は軒並みされている。 Dcy BR掲載補• 「ド」• 「」 コピペブログの管理はがアド 一定以上のがあると貰える用の物 をに又貸しし一括して管理するという手法が取られている。 こうすることで、に厳しい個人アドからが緩いアドに変えることでコピペブログのが安定するようになる。 のアドを使用しているコピペブログはをえており、ここのには書けないほど多い。 なお、はに買収されていて、会社ではない。 ・とは を買収したの会社や等のを行なっている。 会社名は表に出さず、実際にやっている事業と会社との繋がりが中々表に出ないようになっている。 このはと言う名の、をまとめるを行なっており、新たなるの温床となっているという疑惑もある。 ただ、実際はまとめブログはも非常に多い。 が全てと思うのは、逆の意味で偏向的な意見にさらされている。 しっかり自分で判断すること。 なお、が多い理由は大手でありつぶれにくいこと、紹介に肯定的なのと、の変更がしやすいためであると思われる(アメブロなどは非常に厳しい)。 疑惑 では以下の様な疑惑が渦巻いている。 とコピペブログは繋がっている。 コピペブログの収益はへと流れている。 (なお、はのとを行なっているのを務めている。 ) だが、今のところ拠がどない状況であり、単なるにとどまっている。 疑われる原因とは以下の通り。 がコピペブログよりの論調を取っている。 がのなどのに対して何も対策しようとしていない。 「のを禁止にすべき」というがある中、は禁止にせずに を作るという形にしてを濁した。 の際にが終了したには書き込んだ。 が一部コピペブログの禁止処置を取ったため、疑惑は薄まることとなった。 (まだ全に疑惑がたわけではないが。 ) 詐欺誘導 一部のコピペブログがを用いたを誘導していることがになった。 このことに対し、は誘導らしき事を行なっているに対して、禁止の処置を行うことを表明した。 (まだで明かしたのみで、正式な発表はなっていない。 ) 詳しいことはの記事を参照。 2ちゃんねる運営交代騒動に伴う転載禁止 にが交代、実権が「Jim」に移ると、ないし名前欄に「 禁止」(上のコピペブログ締め出し)を明記する機運が高まり、特に書き込み数の多い、等多くのでもこれが可決された。 これに伴い、をまとめていたコピペブログは路線変更を余儀なくされ、特に盛していた系のコピペブログは軒並みもしくはの等の独自路線にした。 この騒動ではこれまでになく多くの(と思われていたを含む)で禁止が可決されており、コピペブログのほとんどがきわめて大きいを受けているほか、などのに移住する動きも見られている。 niconicoとコピペブログ にコピペブログが参入している。 )が割り当てられる。 やの画面上部(に使われる)にはも含めて宣伝のが流れるしくみになっているため、頃からコピペブログの見出しが頻出するようになっていた。 しかし、禁止の動きがあった上旬をにこれらの宣伝はぱったりと流れなくなった(一般のの宣伝は続いている)。 なお、の記事宣伝問題と混同されがちだが、とは別の部門である。 関連項目• :(特に系)、、系(一部)辺りならどのからも収集• :、、辺り• ネットマスゴミ• :コピペブログを排除することを的の一つとして作られた、の代替•

次の

アフィリエイトでコピペはNG!知らないでは済まされない理由

アフィリエイト ブログ コピペ

これは 当サイトの前文の構成です。 基本パターンとして、導入会話 初心者アフィリエイターかんすけと、月100万アフィリエイターアフィラのやりとり から始めるようにしてます。 初心者アフィリエイターのよくある甘い考えや間違いを月100万アフィリエイターが正しい方向に導くという記事の流れを作ってます。 両方とも自分なので吹き出しセリフはすぐに埋まります。 で、その後に この記事で解決される悩みを3つまとめてます。 ターゲットにする悩みを明確にし、読み手がこの記事を読む価値があるのかどうか?を判断できるようにしています。 ここでネタバレすると、後々ブログネタがなくなりそうなのでゆくゆく公開するかもしれません 笑 コピペで記事を作成する時のメリット、デメリットを紹介する テンプレートを作成し コピペで記事を作成する手法のメリット、デメリットを紹介します。 コピペによるメリット コピペのメリットは• 作業スピードが上昇する• 統一感のあるサイトになる• PDCAサイクルを回せるようになる です。 コピペを使うことで白紙の状態から書くより、圧倒的に楽になり作業効率が向上します。 人間の脳は空白があると埋めたくなるという、空白の原理を自分に作用させてます。 アンケートなんかも自由な余白があるより、枠が囲ってある方が埋まる率が高くなり、質問形式になっているとさらに埋まりやすくなるというモノです。 また、 テンプレートを使いまわすことでサイト全体の統一感が出るので、クオリティの安定を図ることができます。 例えば3つ星レストランのコース料理で、高級なメインディッシュを食べた後のデザートが、市販のプリンだったらビックリして幻滅しますよね? それと同じでブログも1つ目に見た記事の関連記事を読みに行った時、同じ又はそれ以上のクオリティを求められます。 テンプレートをコピペすることで、最低ラインのクオリティを統一できるのがメリットです。 さらにテンプレートは新たな勉強 インプット や、何十記事も書いていく中で更新していくことができます。 このテンプレートでブログを作成 PLAN• テンプレートで何十記事も書く DO• 読者の反応は?PV数は? CHECK• テンプレートを改善 ACTION こういった PDCAサイクルを回すことで、サイトの質をどんどん向上させることができるというわけですね。 1記事1記事でPDCA回すより、サイト全体のテンプレートでPDCA回す方がサンプル数も増える上、費用対効果も高くなります。 コピペのメリットは作業効率&質の向上 コピペのデメリット 続いて コピペのデメリットですが、• ヒットする型の発見ができない• どの記事も似通った記事になってしまう ということです。 同じテンプレートを使いまわすので、そのテンプレートの性能が良くなかった場合、成果が上がりにくくなります。 記事ごとに構成を変えていけば、ヒットする型が偶然見つかるかもしれないので、テンプレートの使いまわしにはデメリットがあります。 とは言うものの、そもそもヒット記事が1つ2つ出た場合にそれが文章構成によるものなのか、キーワード選定によるものなのか、ブログタイトルによるものなのか、なんて判断は難しいので、テンプレートでPDCA回していく方が中長期で見て質を高められると考えてます。 また、 テンプレートを使いまわすと、どの記事も似通ってしまうというデメリットがあります。 なので、記事ごとにキーワードを選定し、ペルソナ 想定する読者像 を意識することで記事ごとの差別化を図るのがポイントです。 追伸部分は定期的に訪れている読者向け 最後の追伸部分ですが、ここは定期的に訪れている読者向けに書いています。 記事を書き終えた後に補足で伝えたい本音などがこの部分ですね。 ちなみにこのサイトのテンプレート発展途上です。 この記事でようやく9記事目ですし、他のアフィリエイト特化ブログと比べるとまだまだですね。 今後の流れとしては、30記事、50記事を目安として一気に記事をリライトし、テンプレートも更新する予定です。 悩んで手が止まるより、悩まずに作業量を圧倒的に増やすのが大事です。 作業量が全て。

次の