赤ちゃん 鼻 づまり。 赤ちゃん・新生児の鼻くそを奥まで取るコツ・取り方を知ろう!

新生児・赤ちゃんの鼻水・鼻詰まりの原因と対処法 [新生児育児] All About

赤ちゃん 鼻 づまり

鼻づまりといえば風邪を想起させますが、それだけではありません。 風邪が原因で起きる鼻づまりなら一過性のものであり、それほど心配することはないでしょう。 でも、風邪以外が原因で起きる鼻づまりは、深刻な症状を引き起こすものもあるので注意が必要です。 子どもの鼻づまりは、夜寝ている間だけに起きるものではありません。 完全に慢性化し、常に鼻が詰まった状態になってしまっているため、昼間でも口を半開きにしていなければ呼吸ができなくなってしまいます。 その影響は、睡眠不足による集中力不足・歯並びの乱れ・上気道の発達への悪影響・発育不全と、さまざまな形で表れてきます。 5等)などが挙げられます。 遺伝的要素も否定できないようですが、体質の原因ばかりを心配する必要はありません。 それより同じ家で生活する家族なので、生活環境そのものの影響だと考える方が対処法を検討しやすく、前向きな姿勢で治療に当たれます。 ひどくなった場合の合併症として、喘息になったり、皮膚のかゆみや湿疹が悪化してアトピー性皮膚炎になることもあるので要注意です。 原因となる抗原の種類等により、季節性と通年性とに分かれ、通年性アレルギー性鼻炎の症状は比較的冬場に多く表れると言われています。 これは、冬場は空気が乾燥することが多いうえ、暖房で室内を閉めきることが多いためです。 鼻水が増え、さらにくしゃみなどで鼻の粘膜に炎症が起きて腫れ上がったりすると、鼻水を体外に放出しづらくなります。 その結果、鼻腔内に鼻水がたまった状態が続き、鼻水に付着したウイルスや雑菌が炎症を悪化させて鼻腔を狭め鼻づまりが慢性化。 さらに鼻水の放出を妨げるという悪循環が長い間続くと、ひどい場合には鼻の気道を塞いでしまいます。 そうなってしまうと、冒頭に書いたような鼻呼吸のできない症状へと進んでしまうのです。 夜間、大人のように大きないびきをかき続けるような症状が見られたら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。 また、昼間でも口を半開きにして鼻呼吸が難しいという状態がいつも見られるようなら、明らかに治療が必要と言えるでしょう。 鼻呼吸ができなくなり口を開けた状態が続くと、喉や舌の筋肉が緩み奥の方へ垂れ下がり気味となります。 これが、いびきや睡眠時無呼吸の原因です。 また、喘息と鼻炎に密接な関係があるという調査結果も報告されています。 喘息患者の67%以上が、鼻炎に悩まされていると言います。 時間をかけ、じっくり治療に向き合わなければならないでしょう。 必然的に、症状を抑える対症療法が中心となります。 まず代表的なのが、抗ヒスタミン剤などの内服療法により、くしゃみなどの症状を抑えること。 また、鼻の中を吸引して鼻水を除去し薬液を直接噴霧する方法や、ネブライザー吸入によって鼻呼吸をよくする方法もあります。 睡眠時無呼吸症候群の場合、手術などの外科的治療を行うこともあります。 粘膜の炎症を招く原因は鼻水と鼻づまりです。 手術では過剰な鼻水を抑えるため、神経の一部を切断。 これにより、過剰な鼻水や粘膜の腫れを抑える効果が期待できます。 全身麻酔で行いますが、手術時間は30分ほどですし、出血もごくわずかで済みます。 手術の結果、日常的な鼻の洗浄を続けることで鼻づまりを防ぐことができ、不足のない睡眠を取れるようになって、通常の生活が送れるようになります。 副鼻腔は眉間や眼の真下あたりにあり、空洞で粘膜に覆われ鼻とつながっています。 副鼻腔炎はここに起きる炎症です。 風邪などが原因で起きる急性副鼻腔炎と、長引いてしまった慢性副鼻腔炎とに分かれます。 鼻づまりや汚れた鼻水が喉に落ちることでせきが出ます。 また鼻づまりで頭がボーっとし、睡眠も浅くなってしまいます。 たまった鼻汁が耳管に流れ中耳炎を引き起こすこともありますし、ときには鼻汁に含まれるウイルスや菌が原因で髄膜炎にかかる場合もありますので、治療が必要です。 治療は鼻腔の洗浄で鼻水を除去し、鼻づまりを解消します。 また薬液を直接送り込むネブライザー吸引療法も効果的です。 内服療法としては、マクロライド系の抗生物質を少量、長期間投与します。 慢性化した場合など、手術が必要なこともあります。 いずれにしろ、早期の診断と治療が求められます。 軟骨の成長と骨の成長には差があるのですが、この差が弯曲(わんきょく)を生み出す原因に。 そのため、児童の70%・成人の90%に鼻中隔の弯曲が見られるというデータがあります。 鼻中隔が曲がっていても、特異な症状が出現していなければ鼻中隔弯曲症とは言いません。 口呼吸・いびき・においがわからないなどの症状が出ます。 また、ひどい場合、鼻血が出ることもあります。 ただし、骨の生育が落ち着くのを待ってから手術しないとさらなる変形をきたすことがあるため、17〜18歳以降に行うよう専門医にすすめられることが多いです。 それまでは鼻の通りをよくするため、副鼻腔炎などと同じような対症療法を行い、生活への影響を最小限にとどめる治療を行います。 特に夜間の就寝時などは、少しでも気道の通りをよくしてあげる工夫が必要です。 クッションなどを背中に敷き、なだらかな傾斜を作ってあげてください。 ただし、顎を引くような姿勢は気道を狭めます。 首の後ろ側に丸めたタオルなどを敷き、顎が心持ちツンと上を向くような体制を作ってあげれば、気道を確保しやすくなります。 眠っている間の寝返りを想定し、敷き布団の下に入れて布団全体に傾斜をつけてあげると、さらに効果が高まるかもしれません。 60%程度の湿度を保てるよう、適度に加湿してください。 ただし、ときどき換気することも重要です。 閉めきった室内で洗濯物を干したままにして、そのうえ加湿したりすると、カビの原因となってしまいます。 カビは夏場だけに発生するわけではありません。 カビはアレルギー性鼻炎の大敵ですし、吸引すると体調を崩す原因になります。 カビを見つけたら早めに除去し、お部屋の定期的な換気を忘れないようにしてください。 適度に濡らしたタオルをラップでくるみ、レンジで加熱してください。 蒸しタオルの蒸気を鼻から吸引させることも効果的ですし、鼻の周囲に当て肌を温めて血行を改善することも鼻づまり解消に役立ちます。 ただし、毎回必ず清潔なタオルを使うよう注意してください。 不潔なタオルは雑菌を体内に吸入させる元となってしまいます。 安全かつ衛生的に、詰まった鼻水を吸い出してあげることができます。 使用後の洗浄と消毒を入念に行い、衛生的に使用することも忘れないでください。 プロフィール.

次の

新生児・赤ちゃんの鼻水・鼻詰まりの原因と対処法 [新生児育児] All About

赤ちゃん 鼻 づまり

新生児は風邪をひいていなくても鼻づまりをしやすいものです。 鼻がつまって呼吸がフガフガしだすと、見ているママは心配で目を離せなくなってしまいますよね。 また母乳が飲みにくくなったり、寝てくれない、機嫌が悪いなど、ちょっと困る場面も出てきます。 そんな新生児の鼻づまりについて、原因と解決法をまとめましたので参考にしてみてくださいね。 新生児の鼻づまりはなぜ起きる? 赤ちゃんは鼻が低く鼻の穴も小さいので、鼻水が溜まりやすく中で固まりやすいという理由がひとつあります。 小さな鼻にも関わらず、1日に分泌する鼻水の量は大人とあまり変わらないそうです。 また上半身を起こして生活している大人とは違い、赤ちゃんは仰向けで過ごすことが多いため鼻水が外に出にくいのです。 そして、赤ちゃんは気温の変化や湿度、ホコリにも敏感なため、少し刺激があっただけでも鼻がつまりやすくなります。 新生児の鼻づまりの解消法 鼻づまりを放置しておくと中耳炎などの思わぬ病気を招くこともあります。 鼻がつまって苦しそうにしていたら、すぐに鼻水を吸い取ってあげましょう。 綿棒、ティッシュで鼻水を吸い取る サラサラの鼻水の場合は、綿棒やティッシュで吸い取ってあげましょう。 注意点としては、赤ちゃんは粘膜がとても弱いため、鼻の奥まで入れずに手前付近だけにしておくこと。 綿棒を奥まで入れると傷ついてしまうこともあります。 ですので、こより状のティッシュで鼻の穴の出口付近を刺激して、くしゃみをさせるのも良いでしょう。 くしゃみの勢いで奥に詰まっていた鼻水が出てくることもあります。 鼻水吸引器で鼻水を吸い取る 1000円程度で市販されているママの口で吸うタイプの鼻水吸引器を使うと、とても簡単に鼻水を吸い出すことができます。 たいていの赤ちゃんは嫌がって暴れますので、次の方法で赤ちゃんを固定してみてください。 頭をママの方に向け赤ちゃんを仰向けに寝かせる 2. ママの太ももで赤ちゃんの腕と体を固定する 3. 鼻水吸引器で片方ずつ鼻水を吸い取る いきなり強く吸ってしまうと粘膜を傷つける恐れがあります。 初めは吸う力を弱めに、強さを加減しながら小刻みに吸ってあげてくださいね。 嫌がってかわいそうだからと中途半端に体を固定すると余計に危険です。 少しの間、ママもぐっと我慢して吸い取ってあげましょう。 鼻に蒸しタオルをあてる 鼻の奥に鼻水が乾燥して固まっている場合は、綿棒や吸引器でもなかなか取れません。 蒸しタオルを鼻の付け根や鼻の下にあてると、固まった鼻水が柔らかくなって取りやすくなります。 蒸しタオルが熱すぎないかを必ず確認し、鼻の穴をふさがないように注意しましょう。 お風呂にいれる 体を温めて血行を良くすると、鼻の通りもよくなります。 お風呂の湯気の湿気によってカピカピに固まった鼻水が柔らかくなり、奥に詰まった鼻水もとりやすくなりますよ。 ただ、何度も使える手ではないので、良いタイミングを見計らって入れてあげましょう。 ベビーバスよりも家庭風呂のほうが蒸気がこもりやすいのでおススメです。 鼻づまりを和らげる環境作りとは? 部屋を加湿する 寒い季節になると空気が乾燥して、鼻水が鼻の奥でカピカピに固まりやすくなります。 また乾燥した空気の中ではウィルスやホコリが舞い上がりやすいので、鼻の粘膜が弱い赤ちゃんはすぐに鼻水が出てしまいます。 理想の湿度は50~60%程度です。 アロマ機能付きの加湿器であれば、ペパーミントやユーカリなどが配合されたアロマオイルを入れてみてはいかがでしょう。 また加湿器がなければ濡れたバスタオルを室内に干せば、適度に部屋を加湿をすることができますよ。 寝かせるときに上半身を高くする 鼻水が出ている時、鼻がつまっている時は仰向けになると余計に息苦しくなってしまいます。 そんな時は赤ちゃんの腰から頭にかけてゆるやかな傾斜になるように、タオルやクッションで調整してあげましょう。 頭だけを高くしてしまうと、喉が圧迫され息が苦しくなってしまうので注意してください。 こんなときは病院へ 新生児にとって鼻づまりは日常茶飯事の出来事ですが、以下のような様子が見られる場合は医師の診察を受けましょう。 ・熱がある ・咳をしている ・鼻水が青い、黄色いなど ・母乳(ミルク)を飲まない ・鼻水が数日間止まらない これらの症状がある場合は風邪や中耳炎、アレルギー性鼻炎の可能性もあります。 赤ちゃんのサインを見逃さず早めに受診してください。 関連記事:.

次の

子供のかぜの症状・高熱、鼻水、鼻づまりについて

赤ちゃん 鼻 づまり

もくじ• cloudfront. 機嫌が悪くなる• 寝つきが悪くなる• 夜中何度も起きる• ミルクや母乳を上手に飲めない など、鼻づまりをしたときは、 赤ちゃんもママにとっても大変ですよね。 それでは赤ちゃんはどうして、 鼻がつまるのでしょうか? ここでは 赤ちゃんの鼻詰まりの原因を、 紹介します。 赤ちゃんの鼻詰まりの原因1:赤ちゃん鼻が敏感だから 赤ちゃんの鼻詰まりの原因は、 「 赤ちゃんの鼻が敏感だから」です。 赤ちゃんは「 鼻呼吸」をしながら、 生まれてきます。 生まれたての赤ちゃんの鼻の中には、 鼻毛が一本も生えていないことを、 ご存知でしたでしょうか? 赤ちゃんが大きくなるにつれて、 少しずつ鼻毛が生えてきます。 鼻毛には、• ほこり• ウィルス を絡め取ってくれる役割の他にも、• 空気の温度調節 などをする役割があります。 そんな大切な鼻毛が生えていない、 赤ちゃんの鼻はとても敏感なため、 ほんの 少しの環境の変化や 刺激が、 あっただけでも鼻が詰まり易くなります。 また、大人は風邪をひいた時、 寝るときにかぎって、 鼻がつまることがありませんか? 実は赤ちゃんも同じで、 仰向けに寝た態勢だと、 鼻の奥に粘液がつまりやすく、 鼻づまりを引き起こしやすいのです。 赤ちゃんの鼻詰まりの原因2:鼻が小さいから 赤ちゃんの鼻詰まりの原因は、 「 鼻が小さいから」です。 赤ちゃんが、• 泣いている• 泣いていない に関わらず、 一日に鼻水として分泌される量は、 大人と赤ちゃんはあまり変わりません。 しかし、赤ちゃんは大人に比べて、 身体がぐんと小さいですよね。 それと同じで大人に比べ赤ちゃんの、• 鼻が低い• 鼻の穴が小さい ので、 鼻の中がとても狭く、 鼻づまりを起こしやすいのです。 赤ちゃんの鼻詰まりの原因3:赤ちゃんは口呼吸ができないから 赤ちゃんの鼻詰まりの原因は、 「 赤ちゃんは口呼吸ができないから」です。 大人は泣いた後、鼻水が止まらず、 その後に鼻がつまることがありますよね。 その際大人は、 口呼吸で乗り切ることができます。 しかし 赤ちゃんは口で呼吸ができない為、 泣いて欲求を表現した後、 鼻が詰まり苦しい状態になります。 赤ちゃんが泣いた時は鼻水が詰まりますが、 鼻づまりは一時的ですぐに治まります。 赤ちゃんの泣いた後のケアをしないと、 鼻水は塊になり、 鼻詰まりの原因になります。 赤ちゃんの鼻詰まりの原因4:ウィルスによる鼻づまり 赤ちゃんの鼻詰まりの原因は、 「 ウィルスによる鼻づまり」です。 最初はお母さんの体から、 免疫をもらって生まれてくる赤ちゃんも、 成長するにつれ、 免疫が効かなくなってきます。 赤ちゃんもウィルスが体の中に入ると、 風邪をひいてしまい、 悪化すると 副鼻腔炎や中耳炎になり、 鼻詰まりもひどくなります。 また、赤ちゃんでも、• 花粉症• ハウスダスト などのアレルギー性鼻炎を発症します。 cloudfront. 咳が出てくると、 ママやパパも少し心配になってきますよね。 ここでは、 鼻づまりでどうして咳が出てくるのか?を、 ご紹介します。 鼻づまりで咳が出る原因1:副鼻腔炎の可能性がある 鼻づまりで咳が出る原因は、 副鼻腔炎の可能性があるからです。 赤ちゃんの鼻水や鼻づまりがひどいと、 副鼻腔炎になっている可能性があります。 副鼻腔炎とは、• 急性副鼻腔炎• 慢性化すると蓄膿症 とも呼ばれ、 鼻の中にある副鼻腔という空洞に、 ウィルスや細菌が感染し、 膿がたまってしまう病気です。 この副鼻腔炎にかかると、 鼻水や鼻づまりがひどいだけではなく、 痰が絡んだような、 湿った咳が出るようになります。 赤ちゃんにこのような症状が見られたら、 すぐ病院にいきましょう。 鼻づまりで咳が出る原因2:風邪の可能性がある 鼻づまりで咳が出る原因は、 風邪の可能性があるからです。 鼻水が、• どろっとした粘着性のあるもの に変化してきたら、 風邪等のウィルスや細菌に感染している、 可能性があります。 赤ちゃんの色のついている鼻水は、 ウィルスと体の中の白血球が戦った後です。 ですので赤ちゃんの体が、 頑張っている証拠です。 また、• 夜間に咳が止まらない• 鼻づまりがひどく寝付けない 場合は、 喉に炎症を起こしている、 可能性が考えられます。 赤ちゃんにこのような症状が見られたら、 すぐ病院にいきましょう。 Sponsored Link 赤ちゃんの鼻づまりの解消法は? 慢性鼻炎になる• 中耳炎になる など、他の病気にかかってしまう、 可能性があります。 続いては、 自宅で出来る鼻づまりの解消法を、 ご紹介します。 赤ちゃんの鼻づまりの解消法1:綿棒を使う 赤ちゃんの鼻づまりの解消法は、 「 綿棒を使う」です。 鼻がつまって苦しそうだなと思ったら、 まず試してほしいのが ベビー用の綿棒です。 ベビー用の綿棒に、• ベビーオイル• ミルク などを少量つけて、先を少し湿らせます。 赤ちゃんの 鼻の中はとても敏感なので、 粘膜が傷つかないように、 赤ちゃんの鼻の先端部分だけを、 ゆっくり回転させるように 拭きとります。 ママやパパが気づいた時に、 小まめに綿棒で掃除してあげることで、 鼻づまりが解消されます。 赤ちゃんの鼻づまりの解消法2:部屋の温度・湿度管理の徹底 赤ちゃんの鼻づまりの解消法は、 「 部屋の温度・湿度管理の徹底」です。 赤ちゃんの鼻は 湿度が低くなると、 鼻が詰まりやすくなります。 赤ちゃんが寝る部屋や、 日中過ごす部屋に 加湿器を置いて、 湿度が低くなり過ぎないように、 加湿しましょう。 部屋を加湿をすることで、 赤ちゃんの鼻水も柔らかくなり、 綿棒等でふき取りやすくなります。 また、 ウィルスも湿度に弱いので、 加湿は赤ちゃんのみならず、 大人の病気の予防にも役立ちます。 加湿器がご自宅に無い時は、 濡れたタオルを部屋に掛けたり、 ボウルにお水を入れて、 そばにおいたりするだけでも、 効果があります。 また、 ハウスダストも、 赤ちゃんの鼻づまりの原因になるので、 部屋や布団をこまめに掃除し、 空気清浄機で部屋を、 清潔に保つことも大切です。 赤ちゃんの鼻づまりの解消法3:鼻を温める 赤ちゃんの鼻づまりの解消法は、 「 鼻を温める」です。 赤ちゃんの鼻を蒸しタオルで温めると、 鼻づまりが解消されることがあります。 この時、タオルの温度には、 十分注意してください。 やり方は、• 眉間から鼻の穴手前までを温める• 鼻の下にタオルを当てて蒸気を吸わせる そうすることで、 固まった粘液がやわらかくなり、 綿棒でふき取りやすくなります。 また、赤ちゃんに熱が無ければ、 いつもよりも少し長めに、 お風呂に入ることもおすすめです。 赤ちゃんの鼻づまりの解消法4:母乳を鼻に入れる 赤ちゃんの鼻づまりの解消法は、 「 母乳を鼻に入れる」です。 母乳は栄養の塊といわれるように、 赤ちゃんに必要な栄養が、 たっぷり含まれています。 その母乳に含まれる、• 免疫成分• 炎症を抑える成分 などが赤ちゃんの鼻づまりに、 効果があると言われています。 その際、 搾乳した新鮮な母乳を、 スポイトに入れて使用してください。 入れ過ぎると赤ちゃんが、 溺れてしまう可能性があるので、 2滴ほどの少量を、 鼻に入れるように気をつけましょう。 赤ちゃんの鼻づまりの解消法5:鼻水吸引器を使用する 赤ちゃんの鼻づまりの解消法は、 「 鼻水吸引器を使用する」です。 鼻水吸引器は、 様々なタイプに分かれています。 詳しくは下記の記事に記載しております。 鼻水吸引器を使用すると、 驚くほど鼻水を吸引できます。 赤ちゃんが夜、鼻づまりで眠れない時には、 鼻水吸引器で鼻水を吸引してあげると、 気持ち良くて そのまま寝てしまっている。 なんて事もよくあります。 こちらの、 「 お口で吸える鼻吸い器ママ鼻水トッテ」は、 耳鼻科の先生が考案した、 口で吸うタイプの鼻吸い器です。 ママやパパの 口元で吸引力の調整ができ、 鼻の奥にある鼻水も残らずに、 簡単に鼻水を吸い取ることができます。 また、吸った鼻水は手元のボトルにたまり、 ママの口に入らないのでとても衛生的です。 丸みを帯びたデザインで、 赤ちゃんの大切な鼻を傷つけずに、 安心して使うことができます。 また、赤ちゃんから大人まで、 使用できるのもうれしい点ですね。 赤ちゃんの• 鼻づまり• くしゃみ などを緩和してくれる、 体に塗るタイプの鼻づまり改善薬です。 6ヶ月の赤ちゃんから、 お年寄りまで使えます。 鼻水吸い取り器の方が、 鼻水吸い取り後はすっきりしますが、 怖がって嫌がる赤ちゃんには、 こちらの 塗るタイプがおすすめです。 赤ちゃんの• 背中 に塗るだけで、 メンソールが効き、 鼻づまりや咳を緩和してくれます。 ですので赤ちゃんが怖がらずに、 すっきり解消出来る所が、 赤ちゃんにもママにもうれしい点ですね。 こちらの記事を読んで頂いた方へ こちらの記事を読まれた方は、 下記の関連記事も参考にされています。 ベビーグッズに関する関連記事• cloudfront. しかし、放置していると、 後に大変な事になるという事も、 よくわかりましたね。 咳が出始めたり、 鼻水が長引いたりするようなら、 すぐ小児科や耳鼻科を受診しましょう。 今回は、• 赤ちゃんの鼻づまりの原因は?• 赤ちゃんの鼻づまりで何故咳が出る?• 赤ちゃんの鼻づまりの解消法は?• 赤ちゃんの鼻づまりの解消グッズは? 4つに分けて紹介しました。

次の