千 と 千尋 の 神隠し vhs ラスト。 千と千尋の神隠しのハクの本当の最後は?その後や結末はどうなった?

【リンの正体】千と千尋の神隠しには裏設定が…ネタバレ注意!

千 と 千尋 の 神隠し vhs ラスト

「3週連続 冬もジブリ」第2夜は、世界中で高い評価を受け愛され続けている大傑作ファンタジー。 たどり着いた街で出会った少年・ハク(入野自由)から、すぐに元の世界に戻るよう言われた千尋は両親の元へ。 しかし、街の屋台で勝手に飲食した両親はブタに姿を変えられ、戻るべき道はいつの間にか水の中に沈んでしまっていた。 こうなった以上は、神々の集う湯屋「油屋」で働くしかない。 ハクから教えられた通り、薬湯の調合を担当する釜爺(菅原文太)の助けを借りた千尋は、「油屋」を取り仕切っている魔女・湯婆婆(夏木マリ)の元へ。 湯婆婆から名前を取り上げられ、新たに「千」という名で「油屋」で働くことになる。 慣れないながらも初めての労働でハツラツとした表情を見せ始めた千尋が、先輩たちからも少しずつ認められるようになってきたある日。 「油屋」に謎のいきもの・カオナシが現れた。 「油屋」を訪れる神々と平等に自分に挨拶してくれた千尋に導かれるように、「油屋」に入り込むカオナシ。 湯婆婆は異変を察知するが、同時に強烈な臭いを発するまでに汚れてしまった神が「油屋」にやってきて…!? モデルとなっているのが【台湾】の九份(きゅうふん)という街。 先日、上海か台湾かで迷って上海に行ってしまったのですが次回は台湾でこの場所に行ってきたいと思います。 ただ、友達曰く、あまりにも写真がきれいすぎて実物を目の前にすると思ったほど神秘的に見えないと夢を壊すようなことを言っていました 笑 でも実際どうなんですかね? 行ったことある方いらっしゃますか? 神木隆之介さんが坊の声を担当していますが、君の名は。 の主人公の声も担当していますよね。 すごいですよね・・・。 そうそう、ジブリには制作秘話や他の作品のキャラクターが登場することがよくありますよね。

次の

uk.mylively.com: 千と千尋の神隠し [VHS]: 柊瑠美, 入野自由, 内藤剛志, 沢口靖子, 夏木マリ, 菅原文太: ビデオ

千 と 千尋 の 神隠し vhs ラスト

Amazon. jpでは、お客様が商品のご購入を検討されている際の客観的な判断材料の一環として、カスタマー・レビューをご紹介しております。 ぜひ本商品に関するカスタマー・レビューをお読みいただき、ご参考にしていただければ幸いです。 以下が、販売元ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメントからの今件に関する正式なコメントとなります。 DVD・VHSソフト本編の色味(赤もしくは黄色っぽい)について 今回スタジオジブリがフルデジタルで製作いたしました「千と千尋の神隠し」は、セル画を用いず全てコンピューター上で製作されました。 今回DVD・ビデオの製作にあたり当然ながらその色はスタジオジブリの色彩設計の方や撮影監督が承諾されたものです。 「千と千尋の神隠し」のDVDは、いままでのマスタリングの手法とはまったく違ったプロセスで製作されておりスタジオジブリおよび弊社としてはこのクオリティが最高のものと認識しております。 本編と予告編の色の相違について 今回DVDのディスク2に収録しております特報および予告編につきましてはいち資料として収録し、その性格上細やかな色味の調整はおこなっておりません。 そのため本編との色味が多少違っておりますがご了承いただきたいと思います。 その他のご注意 PC環境での再生やAVセレクターを通した再生はスタジオジブリ及び弊社としては画質や音質を保証できるものではありません。 是非一般のDVD専用機とモニターにてのご鑑賞をお勧めいたします。 内容紹介 スタジオジブリ制作・宮崎駿監督の大ヒット作『千と千尋の神隠し』がついにビデオで登場。 【商品内容】 日本語版。 映像特典として、劇場本予告を収録。 謎の少年ハクに手引きされ、八百万の神様たちが入浴しに来る「油屋(ゆや)」で「千」と呼ばれながら働くことになった千尋。 さまざまな体験や冒険をとおして、少女は「生きる力」を取り戻していく…。 宮崎駿監督が、友人の10歳の少女に見せたいという思いから作り上げたこの『千と千尋の神隠し』。 2001年夏に公開されるや、批評家筋からの高い評価と多くの観客からの支持を得て、それまでの国内映画興行記録を全て塗り替える大ヒットとなった。 さらに、2002年のベルリン国際映画祭でも、グランプリにあたる「金熊賞」をアニメ作品としてはじめて受賞。 全世界で、大きなセンセーションを巻き起こした。 『となりのトトロ』を彷彿とさせる「日本人の原風景」を美しく表現しながら、『もののけ姫』に負けずとも劣らない深いテーマ性を、『魔女の宅急便』のようなわかりやすくケレン味あふれる物語で展開したこの作品は、「硬」と「軟」という宮崎監督の2面性がほどよくミックスされ、宮崎駿作品の集大成と言える出来栄え。 さらに、監督本人が「今回は若い人たちに大いに助けてもらった」と語っているように、従来の宮崎作品にはなかった「最近のアニメ」的要素が、脇役キャラの動かし方などの部分に感じられるのも意外な魅力となっている。 単なる一過性のヒットものではなく、長年にわたって称えられ続けるであろう傑作だ。 (安川正吾) 内容(「Oricon」データベースより) 日本映画史における興行記録をつぎつぎと塗り替え、ベルリン国際映画祭では金熊賞 グランプリ に輝いた、宮崎駿監督が贈る名作アニメ「千と千尋の神隠し」が遂に登場! 不思議な町に迷い込み、名前を奪われた少女・千尋が、生きる力に目覚めていく様子を描く。 レビュー ベルリン国際映画祭で金熊賞 グランプリ に輝いたことも話題となった、宮崎駿監督の最新作。 ひょんなことから異世界へ迷い込んでしまった少女・千尋の冒険を描く。 -- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより) 監督: 宮崎駿 プロデューサー: 鈴木敏夫 -- 内容(「CDジャーナル」データベースより) 2001年の劇場公開時に1度観たきりであった本作品。 最近、Kindle本で購入した「『千と千尋の神隠し』を読み解く13の謎」(岡田斗司夫 著)を読んで(レビューは投稿済み)、内容の奥深さに気づき、今回、DVDを購入し、再鑑賞してみました。 以下の感想は、岡田斗司夫の著書から得た知見も述べていますが、それだと、他人の意見の単なる受け売りになってしまうので、自分なりに調べた部分を含め、私独自の感想を述べさせていただきます。 【注】なお、ネタバレはしないように気をつかっていますが、未見の方の場合、人によっては知りたくない情報が含まれている可能性があります。 このため、私のような「再鑑賞」の方に読んでいただければと思います。 10歳のひ弱な女の子、千尋が、神々の世界に迷い込んでしまい、そこで魔女と契約し、一生懸命働くことになった。 そのうち、彼女は強くたくましくなっていき、生きる意欲を取り戻していく物語。 観客にも、生きる力を与えてくれる、というものでした。 【神々の世界】 本作品の舞台設定ですが、湯婆婆のセリフに、「ここは、八百万の神が体を癒やしにやって来る湯屋だ」とあるように、「神々の世界」です。 ただ、この世界に入ってくる前、千尋と両親が車で乗り付けた場所は、寂れた町でした。 千尋の父は、「これは、好景気の頃に沢山作られ、バブル崩壊後、潰れていったテーマパークのひとつだ」という内容のことを言っています。 私は当時、「八百万の神」は日本古来の神々を表わす言葉として広く定着しているので、廃墟で人の来なくなった場所に神々が住み着いたという設定なのだ、と感じていました。 今回、再鑑賞して確認したのですが、冒頭、千尋と両親の乗った車が、このテーマパークに到着する前に、舗装道が切れ、森に入っていくとき、「鳥居」や「石の祠」がうち捨てられているのが映っています。 「鳥居」は「神道」の神殿である、神社の入口に立てられるもの。 と、言うことは、このテーマパークの場所は、もともと神域であり、そこに土地開発をして、テーマパークが作られたということになります。 だから、廃墟になってから神々が来たのではなく、「昔から神道の神々が住んでいた場所」だったのです。 でも、本作品のキャラたち、神々だけでなく、例えば、湯婆婆は魔女。 妖怪たちも住んでいるではないか。 何故だろう? これは、民俗学者の柳田國男が、「妖怪は、神の凋落したもの」と説明しています。 この説に従えば、神々と妖怪が同じ世界にいてもおかしくありません。 この「神々の世界」の設定にはきちんとした土台があったのですね。 そこで、「神道」の神々の世界ということになると、ある重要なことが浮かび上がります。 神道では、「死者は氏神となって、現世の人々を見守っている」という考え方があります。 もちろん、本作品には、「死」に関するセリフや作画は一切ありません。 子どもが観て楽しめる映画ですから、当然ですよね。 でも、このような視点で鑑賞してみると、「氏神となった死者」を窺わせるキャラがいるように思えてきます。 【銀河鉄道の夜】 宮崎駿監督自身が、本作品は、「銀河鉄道の夜」をモチーフにしていると語っています。 千尋が電車に乗るシーンがあり、確かに影響を受けていると感じられますが…。 私は、今回、「銀河鉄道の夜」の小説を通して読んでみたのですが、その内容に驚かされました。 銀河を巡るファンタジーのイメージが強く、それは確かに重要な点なのですが、「生と死」ということがテーマに盛り込まれているのです。 「銀河鉄道の夜」をモチーフにしているということは、この「生と死」が本作品に盛り込まれていると考えることもできると思います。 実際、「氏神となった死者」を窺わせるキャラは、「銀河鉄道の夜」の中で、「生と死」が扱われるシーンがモデルと思われる行動をしているように見える場面があります。 また、本作品には、神話の「古事記」のあるエピソードに影響を受けたシーンがあるのですが、そのエピソードは、「生と死」に関するものです。 【現在の感想】 再鑑賞の結果ですが、当初の「ひ弱な女の子が生きる意欲を取り戻していく物語」というベースに変化はありませんでした。 でも、感想として付け加えたいことが出てきました。 それは、何故、千尋は生きる意欲を取り戻せたのか?です。 千尋は努力した、自分自身で頑張って強くなっていった。 そうしていくうち、生きる意欲も沸いてきた。 これは、劇場鑑賞時に思ったことと、変わりません。 でも、さらにひとつの重要な要素があると感じています。 それは、もうこの世の人でなくなった身近な人が氏神となって見守ってくれている、そして、自分に向かって、強く生きて、とエールを送っている。 このことを、彼女は体得したのではないか。 10歳なので、氏神のようなことを頭で理解するには早いようですから、「体得」したと考えます。 だから、生きる喜びを実感できるようになったのだ、と。 本当に奥深い作品だな、と深く感じ入りました。 再度、素晴らしさを体験することが出来ました。 Bref, un message au vendeur et tout rentre dans l'ordre avec en prime le bon DVD et un remboursement. Bon visionnage ; SPIRITED AWAY 2 DISC COLLECTORS EDITION My friend's daughter wanted this film for her birthday. She's very keen on Japanese art, Manga etc and has watched this film so often that her original DVD is worn out! As it was not sealed in a cellophane wrapper, I watched it, with my husband and son. We were all surprised at what a lovely film it is. It's a sort-of fairy-tale, Japanese style but with an English soundtrack. The ideas and cultural references are obviously different to most Western traditions, but the story was still interesting, moving and fascinating enough to keep us watching. The underlying message about courage, humanity and faithfulness was clear enough and very touching, without being syrupy or silly. The animation is fantastic and done with much skill and attention to detail. It is colourful and realistic, with fun and interesting characters. The human characters are believable and the spirits are often fascinating. We really like this. I would buy it for myself. Ich habe ihn irgendwann als Kind mal gesehen und seit dem immer mal wieder. Es packt mich einfach immer wieder neu.

次の

千と千尋の神隠し 幻のラストについて。私は映画公開当時、愛媛...

千 と 千尋 の 神隠し vhs ラスト

言わずと知れた日本歴代興行収入No. 1のジブリ作品です。 2001年7月に公開されてから26週連続でトップ10入りし何と1年以上ものロングランとなる公開により興業収入308億円という記録を出しました。 この記録は19年経った2020年になった今でも破られていない記録です。 またテレビ放送される度に高視聴率で2003年の第1回目となるテレビ放送では視聴率46. 今だになお人気の色あせない『千と千尋の神隠し』ですが、ネットではよく『千と千尋の神隠し』での都市伝説や裏設定などがあったなどと語られ、はたまたVHS(ビデオテープ)では幻の別エンディングが存在したとまでの噂もあります。 興味深く、真実か嘘はかは置いといて非常に面白いものなので、公式でのその後のことやVHSのラストでのエンディングのことから、登場するキャラクターやあらすじなどをまとめてみました。 千と千尋の神隠しのその後について!公式はある?VHSのラストについても解説! 千と千尋の神隠しには通常では放送されていない幻のエンディングとなるラストシーンがあると言われています。 いわゆる都市伝説としてネットなどでジブリファンの間で話題になっているものです。 通常のエンディングですと、元の世界に戻る為にトンネルを抜けて両親と一緒に車に乗って終わるのが通常のエンディングです。 その話題となったラストシーンを紹介します。 トンネルをくぐり元の世界に戻ってきた千尋たち。 寄り道をしてしまいましたが当初の目的である引っ越し先に向かいます。 千尋は車内で自分の髪留めが変わっていることに気が付き、不思議に思います。 銭婆にもらった髪留めだったのですが、あの世界で起こったことを忘れてしまったようです。 そして引っ越し先に到着します。 引っ越し業者のトラックはもう着いており、千尋たち一家は遅いと注意されてしまいます。 それから千尋が新居の近くを歩いていると小さな橋のかかった川に辿り着きます。 そこで千尋ははっと何かを悟ったような表情をみせ、この川がハクの生まれ変わりだということに気づいたというものです。 これはジブリが公式に発表したわけではありません。 しかし、このエンディングは上映1週間限定での公開説やVHS版のラストではこのエンディングが収録されているなどを言われています。 VHSとはビデオレコーダーのことで今ではもうほとんど見られなくなりましたが、VHS版のラストでも確認してみましたが幻と言われる別エンディングは確認できず。 ネットでの投稿を見ると別エンディングを見たというコメントもたびたび見かけます。 しかし公式でもその後については語られていなかったり、VHS版のラストでも別のエンディングを確認できない為、何より証拠となる動画がYouTubeなど映像としてない以上、このエンディングというのは存在しないもののような気がします。 またその後では別に、千尋が元の世界に戻ったあと、ハクは湯婆婆によって八つ裂きにされたという説もあるようですが、これもジブリが公式に発表したものではなく、都市伝説とされています。 ハクは湯婆婆に自分の名前を教えてしまった為、現実世界に帰る事ができませんでした。 ハクは自分が帰ることができないのを知っている、千尋と別れる際に手を離すとき名残惜しそうにします。 千と千尋の神隠しの都市伝説・裏設定 千尋とハクの別れのシーン。 ハクが名残惜しそうにしているのは宮崎監督曰く、永遠の別れを表現しているのだそうです。 都市伝説ですが、ハクはこの後に湯婆婆に八つ裂きにされてしまったという説もあります。 しかし宮崎監督はこれは千尋とハクの永遠の別れを表現しているシーンとも語っており、あながち間違っていないのかもしれません。 電車に乗っている黒い影の人達の正体 物語の終盤に千尋は銭婆に会う為に海の上を走る電車を利用するシーンがあります。 ここで不思議なのが、電車に乗っている人たち全員が黒い影みたいに描かれているところです。 劇中メインの油屋で働いている人たちは肌の色や顔もちゃんと描かれているのに、電車に乗っている人たちはそれがありません。 千と千尋の神隠しの都市伝説・裏設定 この黒い人たちの正体はというと人間界で自殺を考えている人という説があります。 途中で駅を降りていく人は自殺を思いとどまった人なんだとか。 つまり、行きの電車しかないのです。 で、この黒い人たちの正体はというと人間界で自殺を考えている人という説があります。 途中で駅を降りていく人は自殺を思いとどまった人なんだとか。 また、途中の「海原」という駅にオカッパの少女の黒い人が登場しています。 千と千尋の神隠しの都市伝説・裏設定 水上駅にオカッパ姿の女の子が。 このオカッパ姿の女の子は『火垂るの墓』の節子で兄の清太を待っているのではないかと言われています。 千尋たち家族は三途の河を渡っていた? オープニングの少し後に、千尋たち家族は小さな川を渡るシーンがあります。 そしてこれが三途の川だったのではないかという説です。 と言うのも、トンネルをくぐった先では神様だったり普通では会えない、存在しないような人たちが数多く存在します。 これは死後の世界だからこそ関われるもので千尋たち家族は引っ越し先に向かう途中で交通事故に遭い命を落としていたのではないかと言われています。 つまりオープニングの辺りでは千尋たち家族は既に亡くなっていて気付かずに、命を落としたら渡ると言われている三途の川を渡っているのです。 実際に夜になると川が溢れかえっていて戻れなくなってしまっています。 これはしっかりと現世と死後の世界が線引きされているので裏設定として位置付けるには十分なのではないかなと思います。 千と千尋の神隠しは『もののけ姫』の続編でもあり『となりのトトロ』の続編でもある? 千と千尋の神隠しは『もののけ姫』の続編説 こちらに関しては設定資料がちゃんとあり、千尋はサンの子孫であることが書かれています。 千と千尋の神隠しの都市伝説・裏設定 千尋は『もののけ姫』のサンの子孫であるという資料の記述があります。 一応『もののけ姫』の時代設定は室町時代です。 それが平成になって神様たちと人間たちでは住む場所が分離していったという設定でしょうか。 またこの世界観が一緒であることを裏付ける設定がもう1つあり、劇中でハクを苦しませたハンコに付いていたタタリ虫。 千と千尋の神隠しの都市伝説・裏設定 千と千尋の神隠しがもののけ姫の続編説を裏付ける理由の1つがこちら! このタタリ虫とタタリ神の相手を苦しませる点や、大きな力を与える点が似ていたりタタリ虫が集合体となったものがタタリ神と言えなくもないですね。 設定としてはけっこう近しいものもあり、姿かたちや苦しませる点では一緒です。 タタリ虫が集合体となったものがタタリ神となり、呪った相手に物凄い力を与えるが命を奪っていく能力なのかもしれません。 千と千尋の神隠しは『となりのトトロ』の続編説 これは2つ理由がありまして、まずよく言われているトトロが死神説というものです。 『千と千尋の神隠し』では劇中に多くの神様が出てくることから同じ世界観なのではという説が出てきたみたいです。 また釜爺のもとで働いている真っ黒くろすけが出てくる点に関しても『となりのトトロ』と類似しています。 リンの正体は人間ではなく白狐? 主人公である千尋の姉御的存在でもあったリン。 このリンにも色々な裏設定や都市伝説が存在します。 まず驚きなのがリンの年齢が14歳だということ。 千尋の年齢は10歳なのですが、それでも差があるように感じますね。 顔や面倒見の良さから20代でも全然おかしくないですが14歳というのが公式設定です。 また主人公は千尋ではなくリンがなるはずだったというのもあります。 「千と千尋の神隠し」の原案となるのは、童話「霧のむこうのふしぎな町」といわれているからです。 この童話の主人公となるのが、大阪から東京まで自転車でやってきた20歳のリンという女性でした。 そのため、当初は「千と千尋の神隠し」ではなく「煙突描きのリン」というタイトルにする予定だったのだとか。 実はこれは、「もののけ姫」を制作する前から温められていた企画だったそうです。 リンについて劇中では過去などは語られていませんが、「おれいつかあの街に行くんだ。 こんなところ絶対に辞めてやる。 」と油屋で働くことに対して不満を持っています。 リンに関しては、この世界で産まれた人間のように感じとれますが、このリンは人間ではなく「白狐」という説があります。 容姿について面長なところや色白であったり黒イモリを好んで食すところからこの説が出てきました。 また千尋を初めて見たとき人間がここにいちゃまずいと言っていることがリン自身が人間ではないことや、油屋で働いている人達が千尋のことを人間臭いと話している点などからリンは人間臭くないということからもリンが人間でない説を有力にしています。 最後の方で油屋の人たちが豚に変化して千尋に両親を当てさせるシーンからも、変化ができる時点で人間にも変化できるということでしょう。 リンの正体に関してはイタチやナメクジ説もありますが、白狐説というのが一番有力なそうです。 千と千尋の神隠しのモデル・舞台となったのは台湾! 千と千尋の神隠しには千尋が迷い込んだ温泉街や働くことになった油屋など様々な風景や建物が登場します。 宮崎駿監督はいくつかの場所が入り混じっていて特定のモデルはないとしていますが、いくつか参考にした場所があるそうです。 まずは宮崎監督も認めている愛媛県の道後温泉です。 また群馬県にある四万温泉も千と千尋の神隠しのモデルの1つとされています。 監督である宮崎駿さん自身が宿泊したとも言われていて、橋の風景や旅館の中なんかはリンや千尋が寝泊まりしているところに良く似ています。 東洋風の建物や、神秘的な雰囲気が千尋の迷い込む世界にそっくりです。 神様たちの大行列のシーンがありますが、それが提灯のともった九份の風景と重なります。 トンネルなんかも、台湾にあるとは驚きですが凄い似てますね。 そして油屋の銭湯と釜爺のボイラー室のモデルとされていて、ジブリが公式にも認めている江戸東京建物園です。 そしてボイラー室のモデルとされているのは江戸東京建物園の三省堂という文具屋です。 そこは引き出しが壁一面に設置されており、作中の風景と瓜二つです。 千と千尋の神隠しに登場するキャラクターの名前と声優一覧 千尋 役:柊瑠美 ハク 役:入野自由 湯婆婆、銭婆 役:夏木マリ 釜爺 役:菅原文太 カオナシ:中村彰男 リン:玉井夕海 坊:神木隆之介 千と千尋の神隠しの主題歌・曲一覧 千と千尋の神隠しの主題歌は「いつも何度でも」です。 そしてテーマソングとなっているのが「いのちの名前」です。 この2曲に関しては『千と千尋の神隠し』の映画を観たことある人なら記憶に残っているのではないでしょうか。 この2曲はどちらも木村弓の1枚目のシングルとして出された曲でもあります。 また、主題歌である「いつも何度でも」は第43回日本レコード大賞金賞を受賞し、第25回日本アカデミー賞では主題歌賞を受賞しました。 「いのちの名前」に関しては木村弓が歌っていますが、今では2005年に歌手の平原綾香がカバーしたバージョンの方が広まっている印象ではあります。 ちなみに公式のサウンドトラックでは主題歌の「いつも何度でも」は収録されていますが、テーマソングである「いのちの名前」に関しては収録されていません。 千と千尋の神隠し サウンドトラック収録曲 1. あの夏へ 2. とおり道 3. 誰もいない料理店 4. 夜来る 5. 竜の少年 6. ボイラー虫 7. 神さま達 8. 湯婆婆 9. 湯屋の朝 10. あの日の川 11. 仕事はつらいぜ 12. おクサレ神 13. 千の勇気 14. 底なし穴 15. カオナシ 16. 6番目の駅 17. 湯婆婆狂乱 18. 沼の底の家 19. ふたたび 20. 帰る日 21. いつも何度でも.

次の