ブロンコビリー 由来。 ブロンコビリー「夏のステーキ祭」開催、「極選リブロースステーキ」「やわらかヒレステーキ」など特別価格に

ブロンコビリー 店舗は?ウルグアイ牛肉投入で話題のメニューを調査

ブロンコビリー 由来

スポンサーリンク スポンサーリンク ブロンコビリーとは? やっぱりお肉はこれくらい大きくないとね。 付け合せの野菜が肉に隠れて見えないほどのボリュームと、良い焼き加減にジューシーな肉。 玉ねぎと肉が焼けるいい香りが画面から漂ってきそうで涎がナイアガラ状態です。 ブロンコビリーはステーキやハンバーグがリーズナブルでおいしく、炭焼き厚切り牛ステーキなど、肉好きにはたまらないメニューが勢ぞろい! しかもセットにはサラダバーとご飯(またはパン)にスープもついてきます。 ちなみに店名の由来は西部劇の暴れ馬ブロンコと、ならず者のビリーの名前を合わせたものです。 切ったり茹でたりした野菜がただ整然と並んでいるだけでなく、ちゃんとひと手間調理したサラダが並んでいるんです! それもそのはず、ジュニア野菜ソムリエの資格を持った社員が、季節の野菜を使った栄養バランスのいいサラダをそろえてくれるんです。 そして、接客態度の良さ。 サラダバーの新鮮さ。 どれもファミレスの域を超えた十分満足出来るものでしたね。 2014年の8月にオープンした近江八幡店の口コミです。 丁寧にスジ切りしたステーキを、お客さんの見ている前で焼いてくれるパフォーマンスも食事の気分を盛り上げてくれます! ですと。 竹市靖公のWikiやプロフィール! 喫茶店のマスターから始めたという異色の経歴をもつ経営者・竹市靖公さんのwiki風プロフィールがこちらです。 名前:竹市靖公(たけいちやすひろ) 生年月日:1943年12月21日(72歳) 出身地:愛知県 職業:株式会社ブロンコ代表取締役会長 26歳の時に喫茶店を始めた竹市青年。 経営者としての素質があったのでしょう、喫茶店は順調に売り上げを伸ばして行きました。 そしてある時、ふと思ったそうです。 「この事業じゃ、働く人に500万円以上給料をあげられない」 そう思った竹市氏は、日本全国の飲食店を渡り歩き、ある時ステーキハウスを見つけてこれだ!と思ったそうです。 そのお店の名前がブロンコ。 情熱の塊に変身した竹市氏は、30回以上その店に通いつめ、経営者の人にも何度も電話をかけ、ブロンコビリーの原点となる店ステーキハウスブロンコを1978年に創業します。 その後は店舗数200を目標に、着実に事業を拡大していきましたが、狂牛病のあおりを受けて約5億円の大赤字を背負ったこともありました。 しかし、競合他社とは違う事をやる!やりたい事をやる! その信念と経営手腕で売り上げは順調に回復していったそうですよ。 バカッター事件! 軽い気持ちでやったんでしょうね。 でもダメよ! バカな行為をツイッターで晒してしまったバカッター事件。 アルバイト店員が食材の入った冷蔵庫に入って写真を取り、その画像をツイッターにアップしたこの事件は、2013年8月に大きなニュースになりました。 画像というのはいつまでも いつまでもいつまでもネット上の どこかに残り続ける。 そんなことも想像できなかったのでしょうか?できなかったのでしょうね。 現場となった足立梅島店は、取締役会で完全閉店が決まりました。 当事者であるアルバイト店員に対する損害賠償が検討されているそうです。 損害賠償を請求しても、そんなに大金は取れないでしょうね……。 現在は会社の代表取締役社長で、父の教えを守りながら経営をつづけているそうです。 竹市一家は株式会社ブロンコビリーの約45%の株を所有している大株主とのこと。 家族経営は三代目がネックといいますので、現在は後継ぎの育成にも尽力しているかもしれませんよね。 年収が気になる! ブロンコビリーで働く人の平均年収は478万6千円です。 ん?年収500万切ってますぞ。 と思ったら、平均年齢が31. 2歳と若いんですね! 平均年齢が上がるにつれ、平均年収もあがっていくことでしょう! 気になるのは竹市靖公氏の年収ですが、2015年3月18日のコーポレートガバナンスが公開されていました。 それによると……。

次の

西船橋でステーキが食べたくなったらブロンコビリー西船橋店

ブロンコビリー 由来

スポンサーリンク スポンサーリンク ブロンコビリーとは? やっぱりお肉はこれくらい大きくないとね。 付け合せの野菜が肉に隠れて見えないほどのボリュームと、良い焼き加減にジューシーな肉。 玉ねぎと肉が焼けるいい香りが画面から漂ってきそうで涎がナイアガラ状態です。 ブロンコビリーはステーキやハンバーグがリーズナブルでおいしく、炭焼き厚切り牛ステーキなど、肉好きにはたまらないメニューが勢ぞろい! しかもセットにはサラダバーとご飯(またはパン)にスープもついてきます。 ちなみに店名の由来は西部劇の暴れ馬ブロンコと、ならず者のビリーの名前を合わせたものです。 切ったり茹でたりした野菜がただ整然と並んでいるだけでなく、ちゃんとひと手間調理したサラダが並んでいるんです! それもそのはず、ジュニア野菜ソムリエの資格を持った社員が、季節の野菜を使った栄養バランスのいいサラダをそろえてくれるんです。 そして、接客態度の良さ。 サラダバーの新鮮さ。 どれもファミレスの域を超えた十分満足出来るものでしたね。 2014年の8月にオープンした近江八幡店の口コミです。 丁寧にスジ切りしたステーキを、お客さんの見ている前で焼いてくれるパフォーマンスも食事の気分を盛り上げてくれます! ですと。 竹市靖公のWikiやプロフィール! 喫茶店のマスターから始めたという異色の経歴をもつ経営者・竹市靖公さんのwiki風プロフィールがこちらです。 名前:竹市靖公(たけいちやすひろ) 生年月日:1943年12月21日(72歳) 出身地:愛知県 職業:株式会社ブロンコ代表取締役会長 26歳の時に喫茶店を始めた竹市青年。 経営者としての素質があったのでしょう、喫茶店は順調に売り上げを伸ばして行きました。 そしてある時、ふと思ったそうです。 「この事業じゃ、働く人に500万円以上給料をあげられない」 そう思った竹市氏は、日本全国の飲食店を渡り歩き、ある時ステーキハウスを見つけてこれだ!と思ったそうです。 そのお店の名前がブロンコ。 情熱の塊に変身した竹市氏は、30回以上その店に通いつめ、経営者の人にも何度も電話をかけ、ブロンコビリーの原点となる店ステーキハウスブロンコを1978年に創業します。 その後は店舗数200を目標に、着実に事業を拡大していきましたが、狂牛病のあおりを受けて約5億円の大赤字を背負ったこともありました。 しかし、競合他社とは違う事をやる!やりたい事をやる! その信念と経営手腕で売り上げは順調に回復していったそうですよ。 バカッター事件! 軽い気持ちでやったんでしょうね。 でもダメよ! バカな行為をツイッターで晒してしまったバカッター事件。 アルバイト店員が食材の入った冷蔵庫に入って写真を取り、その画像をツイッターにアップしたこの事件は、2013年8月に大きなニュースになりました。 画像というのはいつまでも いつまでもいつまでもネット上の どこかに残り続ける。 そんなことも想像できなかったのでしょうか?できなかったのでしょうね。 現場となった足立梅島店は、取締役会で完全閉店が決まりました。 当事者であるアルバイト店員に対する損害賠償が検討されているそうです。 損害賠償を請求しても、そんなに大金は取れないでしょうね……。 現在は会社の代表取締役社長で、父の教えを守りながら経営をつづけているそうです。 竹市一家は株式会社ブロンコビリーの約45%の株を所有している大株主とのこと。 家族経営は三代目がネックといいますので、現在は後継ぎの育成にも尽力しているかもしれませんよね。 年収が気になる! ブロンコビリーで働く人の平均年収は478万6千円です。 ん?年収500万切ってますぞ。 と思ったら、平均年齢が31. 2歳と若いんですね! 平均年齢が上がるにつれ、平均年収もあがっていくことでしょう! 気になるのは竹市靖公氏の年収ですが、2015年3月18日のコーポレートガバナンスが公開されていました。 それによると……。

次の

カンブリア宮殿 ブロンコビリー会長 竹市靖公(たけいち やすひろ)の経歴。経営哲学は?求人は?

ブロンコビリー 由来

出典: 外食産業の競争は苛烈を極めています。 そんな中、ハンバーグで平均客単価がディナーで2500円と高いながら、利益率日本一 をたたき出している会社があります。 それがブロンコビリーという会社です。 今日はカンブリア宮殿に会長の竹市康公さんが取り上げられるとのことで調べてみ ました。 プロフィール• 社名 株式会社ブロンコビリー• 創業 1978年 昭和53年• 設立 1983年 昭和58年 12月26日• 資本金 21億99百万円 2014年12月31日現在• 本社所在地 愛知県名古屋市名東区平和が丘一丁目75番地• 代表者 代表取締役社長 竹市 克弘• 事業内容 ステーキ、ハンバーグのレストラン事業• 展開地域 愛知、岐阜、三重、静岡、滋賀、東京、埼玉、神奈川、千葉の1都8県店舗数 全店直営にて85店舗 2014年12月31日現在• 従業員数 274名 2014年12月31日現在 出典: 現 在は社長を長男の克弘さんに譲っています。 克弘さんは 1975年生まれ。 まずは守山店の店長からスタート し、2012年から社長です。 代表権はお父さんの康公さんも持ち、2人代表の体制です。 で、創業者の竹市康公さんの経歴は以下です。 1943年愛知県名古屋市生まれ。 69年喫茶トミヤマ創業。 78年ステーキハウスブロンコ創業。 83年株式会社ブロンコ設立、代表取締役就任。 95年株式会社ブロンコビリーに商号変更。 出典: 26歳の時に立ち上げた喫茶店からビジネスマンとしてのキャリアを本格的にスタートさせました。 ちなみに出身高校は 愛知商業 高校商業科卒業だそうです。 社名の由来は? アメリカ西部時代の暴れ馬ブロンコと、ならず者のビリーの名前から来た造語です。 その経営の哲学は? ブロンコビリーは、2007年のジャスダック上場(その後東証2部へ変更)を果たし、店舗を拡大しています。 その勢いはとどまることを知りません。 その秘訣は何なのか調べてみました。 少しこだわる ブ ロンコビリーのハンバーグは、確かに単価が2000円以上します。 しかし、ブランド牛をふんだんに使ったメニューというわけではありません。 それでは何が すごいのでしょうか?ブロンコビリーでは、自分たちの出来ることを精いっぱいやって、その範囲で最高なものを出そうとしています。 肉は、高級なものは使え ませんが、現地視察をして納得した品質のオーストラリア産のものを使っています。 米は魚沼産のコシヒカリを釜だきしています。 価格ではなく、価値で勝負す る戦略。 このような努力の結果、日本一の利益率の称号を得ることが出来ています。 社員教育 最初に喫茶店を作った際に応募してきたのは、出来があまり良くない若者ばかりでした。 デートで仕事をすっぽかすなどサービス品質が低い事に悩まされていました。 そこで、組織を安定的に保つためには、皆が統一した価値観を持つ必要があることに気がついたそうです。 そ の経験から、ステーキ店を立ち上げた際に、終業後のミーティングを開催し、社員の意識改革をしていきました。 18年間一度も休まず続いたそうです。 また、 大卒を採用し始めたりして早期からの教育体制を整えたり、本場アメリカへの研修を実施するなどして、考える社員を創って行っています。 長男の克弘さんのア メリカ行きもその一環ですかね。 また、従業員を大切にする姿勢は前面に出ていて、社員・パート・バイトに無償で株を100株分け与えるなど、手厚いです。 しかし、2013年に足立梅島店でアルバイト社員がチキンの冷蔵庫にはいった写真をツィッターに上げて問題になりました。 その際は問題のアルバイトを解雇し、店は閉店させました。 この毅然とした態度もすがすがしいですね。 求人は? ブロンコビリーの求人は以下から見ることが出来ます。 新卒だけでなく、キャリア採用やバイトの情報を見ることが出来ます。 まとめ 地に足のついた経営が、お客様の感動を生んで、リピートに繋がっていることがよくわかると思います。 今後のブロンコビリーに期待です!.

次の