早速 メール。 メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

早速と早々の違い!ご対応いただいた時の正しい敬語の使い方は?

早速 メール

「早速のご返信」というフレーズを仕事をしている時に一度は聞いたことがあるはずです。 実際のところ「早速のご返信」を無意識のうちに使っている人はたくさんいます。 「早速のご返信」という言葉を間違って使ってしまうことを避けるためにも、この言葉の正確な意味について理解するのは大切なことです。 そのため、これから「早速のご返信」の正確な意味と使い方について詳しく紹介します。 「早速のご返信」の意味 「早速のご返信」の「早速」という言葉には「あることに応じてすぐ」という意味が含まれています。 そのため、すぐに応じてくれた時に「早速」という言葉を使用できることがわかります。 逆に、相手の対応が遅かった時には「早速」という言葉を使うことができないので、そのことを覚えておく必要があります。 期限に間に合わない対応をしている人に対して「早速」というフレーズを使うのであれば、相手に嫌味を言っている印象を与えてしまうこともあるからです。 悪い印象を与えないためにも「早速」は「すぐ」に対応してくれた時にだけ使うことのできるフレーズである、ということをしっかりと覚えておく事が大切です。 「ご返信」の意味 「早速のご返信」の「ご返信」という言葉の意味について理解するのも大切なことです。 「返信」には「 返事の手紙」という意味が込められていることになります。 そのため、初めてメールや手紙が送られてきた時には「返信」という言葉を使えないことがわかります。 なぜなら、相手が自分に返事をしているのではなくて、自分がこれから返事をしなければならないからです。 そして「ご返信」の「ご」は「敬意の意」が含まれていることになります。 そのため、自分が相手に対して返信をしているにもかかわらず「ご返信」というフレーズを使うのは不自然なことだからです。 そうではなくて、相手が返信をしてくれた時に「ご返信」という敬語表現を使用できることがわかります。 「早速のご返信」には「すぐに返信をしてくださって」という意味が込められていることが、それぞれの言葉を分析するとわかります。 早速のご返信ありがとうございます 「早速のご返信」という言葉は普段の会話の中に上手に取り入れたいのであれば「早速のご返信」と他のどのようなフレーズを組み合わせて使用することができるのか、よく理解しなければなりません。 例えば「早速のご返信ありがとうございます」というフレーズを作成することが可能です。 一番と言うってもいいほど実用的なフレーズです。 すぐに返信をしてくださった人に対して感謝を示すのは当然のことですが「早速のご返信ありがとうございます」というフレーズを選択すれば、感謝を伝えることが可能になります。 つまり「ありがとうございます」だけでは、なぜ自分が感謝をしているのか相手に伝えることができていませんが「早速のご返信ありがとうございます」では、理由を伝えることができていることになります。 早速のご返信恐れ入ります 「早速のご返信恐れ入ります」というフレーズも会話やメールの中で使用することのできる、かなり実用的な表現になります。 「恐れ入る」は相手に対して「申し訳ない気持ち」も伝えることのできる便利なフレーズです。 そのため、相手がすぐに返信をしてくれたことに対して申し訳ないと感じているのであれば「早速のご返信恐れ入ります」という敬語表現を使用可能です。 同年代の友達とメールのやり取りをしている時に、相手がメールをすぐに送ってくれたからと言って申し訳ない気持ちになることはほとんどありません。 しかし、取引先の人やかなり目上の人が、忙しい生活を送っているにもかかわらず、わざわざ「すぐ」に返信をしてくれたのであれば、誰でも申し訳ない気持ちになります。 そのため「早速のご返信恐れ入ります」は、かなり目上の人に対して使用することのできるフレーズであることがわかります。 早速のご返信いただき 「早速のご返信いただき」も会話の中で使用することのできる便利な表現です。 このフレーズは文章の前半部分で使用することのできる表現です。 つまり「早速のご返信いただき」の後に、他の表現を付け加えることができることになります。 1つの文章で2つ以上の考えを表現したいのであれば「早速のご返信いただき」が非常に便利になります。 ちなみに「すぐに返信をしてくださって」という意味を「早速のご返信いただき」というフレーズで伝えていることがわかります。 誠にありがとうございます 例えば「早速のご返信いただき、誠にありがとうございます」という文章を作成することができます。 前半の部分で「すぐに返信をしてくださって」という意味の「早速のご返信をいただき」というフレーズが使用されていますので「誠にありがとうございます」というお礼を言っているわけを相手がすぐに理解することができます。 「早速のご返信」の敬語 「早速のご返信」という言葉を目上の人に対して使うのに抵抗を覚える可能性もあります。 もちろん「早速のご返信」は失礼なフレーズではないので、誰でも使用することのできる表現ですが「早速のご返信」よりも深い敬意を示すことのできるフレーズがあるのも事実です。 ご丁寧な返信 「早速のご返信」というフレーズを使うことに違和感を感じるのであれば「ご丁寧な返信」というフレーズに言い換えることが可能です。 具体的には「ご丁寧な返信ありがとうございます」という敬語表現を作成することができます。 この場合は、相手が「すぐ」に返信してくれたことに感謝しているのではなくて「丁寧」に返信してくれたことへの感謝を示しています。 「動作や態度などが礼儀正しいこと」という意味が「丁寧」という言葉に含まれていますので、礼儀正しいと感じることのできる返信をしてくれた人に「ご丁寧な返信ありがとうございます」という感謝の言葉を使用することをお勧めいたします。 「ご丁寧なご返信」はNG 目上の人と会話をしている時に、相手の人に対する深い敬意を示すのは大切なことです。 しかし、過度に敬意を示すことを意識してしまい間違った言葉遣いを使うことのないように注意をしなければなりません。 例えば、ある人たちは「ご丁寧なご返信」という言葉を使ってしまっています。 深い敬意が示されているフレーズのように聞こえますが、文法上間違っていることになります。 なぜなら、敬意を示すために使用される「ご」が2度、重複して使用されていることになるからです。 このような間違いを避けるためには、1度だけ「ご」を使用するように工夫しなければなりません。 「ご」を1回だけ使う そのため「ご丁寧な返信」もしくは「丁寧なご返信」という敬語表現を作成することが可能です。 どちらであっても同じような意味を伝えていることになります。 しかし、どちらのフレーズであっても「ご」が1回しか使われていませんので、相手に違和感を与えることのない、正確な表現が作成されていることになります。 「早速のご返信」は目上の人に失礼なのか 「早速のご返信」と「早々のご返信」は似たような意味が含まれています。 しかし、この2つのフレーズの意味の違いについて理解すれば、それぞれを上手に使いこなすことが可能になります。 「早速のご返信」が確実 言葉上の間違いを避けたいのであれば「早速のご返信」というフレーズを使うことをお勧めいたします。 理由はいくつかあります。 例えば「早々のご返信」の「早々」でも「早速」と同じような意味を伝えることができますが「早々」は消極的な会話の内容で使われる場合があるのも事実です。 「早々と退散した」のように、消極的な内容に関して「早々」という言葉が使われる場合があるのも事実です。 そのため、消極的なイメージを相手に対して与えたくないのであれば「早速のご返信」という言葉を使用することができます。 「早速のご返信」のビジネスでの使い方 たとえ「早速のご返信をいただきありがとうございます」という例文を作成することができます。 取引先の人から自分に向けてメールが送られてくることがあります。 そのメールが自分に対する返信であり、しかも「すぐ」に返信が返ってきたのであれば「早速のご返信をいただきありがとうございます」というお礼のメッセージを相手に対して送ることができます。 「迅速な返信」も使用可能 大切な取引先の人の素早いメールに関して、もっと深い感謝を示したいのであれば「迅速なご返信をいただき、ありがとうございます」というフレーズを作成することができます。 「早速」が「迅速」という言葉に言い換えられることになって、素早い返信が行われたことを強調することが可能になります。 「早速のご返信」で相手の努力を認める ビジネスマンとして活躍している人であれば「早速のご返信」という言葉を使えるようになるのは必要最低限のスキルの1つです。 なぜなら、目上の人や取引先の人が自分に対して素早い返信をしてくれた時に「早速のご返信」というフレーズを使いながら、上手に相手に対して感謝を示すことが可能になるからです。 逆に「早速のご返信」を使うことができなければ、相手がしてくれたことへの感謝を的確に表現できなくなってしまいます。 そうなると、メールを返信してくれる時の相手の努力を認めていないとみなされてしまう可能性もあります。 そのようなミスを避けるためにも「早速のご返信」で、相手が素早い対応してくれた時の努力を認めることが大切です。 誰でも努力を認められれば嬉しく感じるはずだからです。 これからも「早速のご返信」を会話の中に上手に取り入れて、良好な人間関係を築くことを心掛けていきましょう。

次の

【1分でわかる】早速ですがの意味やビジネスメールでの使い方!類語や同義語も|ビジネスマナー

早速 メール

「早速のご返信」の意味と使われるシーンとは? 「早速のご返信」の意味は「すぐに返信をくださり」 「早速のご返信」の意味は「すぐに返信をくださり」です。 「早速」には「あることに対してすぐ」という意味があり、手紙やメールの返事をくれる「返信」に丁寧の「ご」がついた「ご返信」がついています。 そこで「早速のご返信」とは「すぐに返信をくださり」という意味になるのです。 すぐに返信をくださったことへのお礼や、感謝を伝えるときに使われる言葉です。 「早速のご返信」の後には「ありがとうございます」が使われるのが一般的です。 「早速のご返信」と書いたメールを送るのは、自分が送ったメールに対して、相手がすぐに返事をくれた時に使います。 相手のメールにさらに返信するときに、メールの冒頭に「早速のご返信ありがとうございます」と書くことで、すぐにお返事がもらえて嬉しい気持ちや、感謝しているお礼を伝えることができるでしょう。 ビジネスの関係では、遠くにいる人でも、直接会わない人でもメールでやりとりすることができますので、ビジネスシーンで使われることが多いのです。 また、「早速のご返信」は目上の方にも、取引先の方にも使うことができる敬語表現になりますので、相手に失礼な印象を与えずに使うことができる便利な言葉です。 仕事をスムーズに進める上でも、使いやすいフレーズとして覚えておくとよいでしょう。 「すぐにご返信くださりありがとうございます」という感謝の気持ちを伝えられるフレーズになりますから、メールの冒頭に入れてまずはお礼をしましょう。 その後に仕事の詳細について詳しく書くと、相手も気持ちよく読んでくれます。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 来週の資料について添付してお送りします。 よろしくお願いいたします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 ご参加いただけるとのことで、当日お会いできることを楽しみにしています。 」というように使います。 自分から連絡したことに対して、対応してくれたお相手にひとまずお礼メールをするという方法があります。 少し時間が欲しい時にもひとまず送っておくと、相手の印象がよくなるでしょう。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 詳細につきましては、資料をまとめて10日までにお送りしたいと思います。 よろしくお願いします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 社内で検討してまたご連絡差し上げます。 よろしくお願いいたします。 」と使います。 「早速のご返信」は社外の方にだけでなく、もちろん社内でも活用できる言葉です。 丁寧な言葉の「ご」という敬語表現がついていますので、目下の方にはもちろん、目上の上司にも使うことができます。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 いただいたアドバイスをもとに、再度作り直したいと思います。 よろしくお願いします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 皆さんに楽しんでもらえる打ち上げにしたいと思っておりますので当日もよろしくお願いします!」と使います。 もちろん「早速のご返信ありがとうございます」だけでも構いませんが、相手の状況に合わせて言葉を選ぶと、より丁寧さやあなたの気遣いが伝わるようなお礼の言葉となるでしょう。 たとえば「お忙しいところ、早速のご返信ありがとうございます。 」「出張中でお疲れなのに、早速のご返信ありがとうございます。 」「出先にいらっしゃるのに、早速のご返信ありがとうございます。 」などと使います。 状況を加味した上でお礼をしているので、メールをもらった相手もホッとしてくれることでしょう。 朝早く返事をくれたことや、夜遅くに返事をくれることに対して一言加えると、相手への印象も良くなりますし、わざわざしてくださったことへきちんと感謝している気持ちを伝えることができます。 たとえば「早朝にも関わらず、早速のご返信ありがとうございます。 」「夜遅い時間にも関わらず、早速のご返信ありがとうございます。 」「休憩中のところ、早速のご返信ありがとうございます。 」と使います。 「早速のご返信」に、もらう」の謙譲語である「いただき」をつけることで、より丁寧な印象を与えることができるようになります。 たとえば「早速のご返信をいただきありがとうございます。 それでは来週お会いできることを、楽しみにしております。 」「早速のご返信をいただき、ありがとうございます。 詳細をお送りしますので、ご確認くださいませ。 」と使います。 「恐れ入ります」は「恐縮です」と同じような意味があり「すみません」「申し訳ない」などの謝罪と、感謝の意味を表す言葉です。 ありがとうの代わりに使うことで、恐縮しているニュアンスを伝えることができます。 たとえば「お忙しいところ、早速のご返信恐れ入ります。 メールの件、承知いたしました。 」「早速のご返信恐れ入ります。 添付の資料をもとに、プレゼン資料を作成していきます。 またご連絡させていただきます。 」と使います。 早速のご返信は「すぐに返事をくださり」という意味がありますが、少し状況が違うと感じる場合には、「ご丁寧な返信」を使うことができます。 相手が礼儀正しく、こちらが気持ちよくなるような気持ちをくれた時に使うのがおすすめです。 たとえば「ご丁寧な返信ありがとうございます。 来週の会議の議題について、承知しました。 」「ご丁寧な返信ありがとうございます。 会場でお会いできることを楽しみにしております。 」と使います。 「連絡」は相手からつながりをつけてくれることになりますから、「返信」と同じ意味で使うことができます。 そこに丁寧な「ご」がつきますから、目上の方にも使える敬語表現として使うことができます。 たとえば「早速のご連絡ありがとうございます。 先ほどは有意義な時間が過ごせて、私どもも勉強になりました。 今度ともよろしくお願いいたします。 」「早速のご連絡ありがとうございます。 ご欠席ということで承知いたしました。 また機会がありましたらよろしくお願いします。 」と使います。 「返答」は「返事をすること、答えること」という意味がありますから、「返信」と同じ意味の類語です。 同じように「ご」がついていますから、「ご返答」は丁寧な敬語表現として使うことが可能です。 使い方は「早速のご返答ありがとうございます。 ご希望に添えるように検討して参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 」「早速のご返答ありがとうございます。 参考にさせていただきます!」「お忙しいところ、早速のご返答ありがとうございます。 」と使います。 「返事」は「呼びかけに対して答えること」という意味になりますから、「返事」とほぼ同じ意味で使うことができます。 「返事」の場合には、丁寧な表現に「ご」ではなく「お」がつきますので、間違えないようにご注意くださいね。 たとえば「早速のお返事ありがとうございます。 大切に読ませていただきますね。 」「早速のお返事ありがとうございます。 ご参加いただけるということで、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 」と使います。 「早急(そうきゅう、さっきゅう)」は「非常に急なこと」という意味がありますから、「早急なご連絡」は急いで連絡をくれたことに感謝を伝える意味になります。 もちろんご連絡でなくても「ご返信」でもOKです。 たとえば「早急なご連絡ありがとうございます。 助かりました。 」「早急なご返信をいただき恐れ入ります。 それではこのまま進めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 」と使います。 「ご連絡」「ご返答」「お返事」を織り交ぜながら、言い換えることも可能ですので、使える幅は広がります。 ビジネスメールでは、「早速の」は「prompt」を使って表現していきます。 使い方は「早速のお返事ありがとうございます。 」は「Thank you for the prompt response. 」となります。 「速い」という意味の「fast」を使って、「早速のご返信ありがとうございます」を「Thank you for your fast reply. 」とも言い換えることができます。 「Reply」は「返信」という意味がありますので、類語も含めてそのまま使うことができます。 使い方は「早速のご返信ありがとうございます。 」は「Thank you for the prompt reply. 」となります。 「返信」は「返事」の「Response」にも言い換えることができます。 早速のご返信ありがとうございますをビジネスメールで使いこなそう! ビジネスメールでよく登場する「早速のご返信ありがとうございます」について、詳しくご紹介しました。 相手にお礼を伝えることで、その後の仕事もスムーズに進めることができるフレーズです。 相手の状況を配慮したり、何にお礼を伝えたいのかを少しプラスするだけで、その場に応じた気遣いの言葉にもなるでしょう。 ビジネスでは、メールや手紙でのやり取りはつきものです。 ビジネスメールの件名のマナーや、返信用封筒のマナーについても押さえておくと万が一の場合に安心です。 こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね! たとえば「早速のお返事ありがとうございます。 大切に読ませていただきますね。 」「早速のお返事ありがとうございます。 ご参加いただけるということで、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 」と使います。

次の

「早速のご対応」はメールで使っていいの?不自然でない使い方を解説

早速 メール

「早速」の意味 「早速」とは、 「すぐに」「速やかに」という意味の言葉であり、何か物事に応じて「早速対応する」あるいは「早速対応した」というような場合に使う言葉です。 「早速」は相手が誰であっても使うことができる言葉で、目上の人やお客様に対しても使うことができます。 「早速」の類義語と使い方の違い 「早速」と似たような言葉に「早々」や「迅速」といった言葉があります。 これらは早速と同じような意味で使われることが多い言葉ですが、使い方や使う相手は少し異なります。 「早速」と「迅速」は目上の人やお客様に対しても使える言葉ですが、「早々」は目上の人には使えません。 そのため、お客様に対して「早々に対応していただきましてありがとうございました」というような使い方はできません。 目上の人やお客様に対して使うのであれば「早速対応していただきましてありがとうございました」「迅速に対応していただきありがとうございました」という使い方が正しい使い方です。 「早速」も「迅速」も似たような意味合いで使われることが多い言葉ですが、「早速」は何か物事を進めることが決まってからすぐにその物事の対応を行うという意味で使われる言葉です。 一方、「迅速」という言葉は、 物事を進めることが決まってからただちに対応を行うわけではないとしても、早めに対応を行ったり、対応そのもののスピードが速い場合に使うことが多い言葉です。 「早速」の正しい使い方 「早速」を用いるシチュエーションはたくさんありますが、その中でも日常生活やビジネスシーンでよく使われるフレーズを紹介します。 1 「早速対応していただきまして…」 ビジネスシーンで頻繁に使うのが 「早速対応していただきまして…」という言葉です。 「早速対応していただきまして」という言葉は「すぐに対応していただきまして」「早めに対応していただきまして」と同じような意味になります。 3日以内の期限を設けた上で1日目から3日目の間でいつデータを送ってきてくれたとしても、送ってきてくれたタイミングで早い対応と思うのであればこの言い方は使うことが出来ます。 とはいえ、明らかに期限を過ぎてから遅れて送ってきている場合など、誰がどう見ても遅い対応の時に「早速対応していただきまして…」と言ってしまうと、相手にとっては皮肉を言われているように感じてしまうこともあるため注意が必要です。 「早速」を使うときは、本当に早い対応だと感じる時にのみ使うようにしましょう。 2 「早速ですが…」 何かの話を始める時に 「早速ですが…」「早速ではございますが…」といったフレーズを使うことはビジネスシーンでは日常茶飯事です。 」というように使うのが一般的です。 「早速ですが」で使われる「早速」は、「早速ご対応頂きまして…」のように「すぐに対応してくれた」という意味合いとは少し違います。 「早速ですが」で使われる「早速」は、「それでは」というような、話の中で間を置くようなクッションの役割を果たす言葉として使われるのが一般的です。 「早速ですが、本題に入らせて頂きます」のように使うことで、初めのアイスブレイクの話が終わってこれから本題に入るという意思表示をすることも可能です。 ビジネスシーンでは、例えば何かの操作方法や手順を誰かに説明した後に「それでは早速、今説明したことを実際にやってみましょう」というような使い方をします。 この例文の「早速」は「今説明したことをすぐにやってみましょう」という意味で使われています。 一方で、その「早速」を「迅速」に置き換えてしまうと「今説明したことについて、スピードを速くしてやってみましょう」というような意味になってしまいますので、本来の意味とは違ったものになってしまいます。 そのため、もし「スピードを速くやってみましょう」ということが言いたいのであれば「早速」ではなく「迅速」を使うというように、使い分けが必要である点に注意しましょう。 4 「早速のご返信、ありがとうございます」 ビジネスシーンで目上の人やお客様とメールでやり取りする際に非常によく使われる言葉の一つに、 「早速のご返信、ありがとうございます」という言葉があります。 何かを相手にメールで質問した場合や、回答をするよう促すようなメールを自分から送っており、そのメールに対して返信をもらった時に「早速のご返信、ありがとうございます」と送るのが正しい使い方です。 もし、「先日はありがとうございました」というようなメールを相手に送っているだけで、返信を促していないのであれば、相手からも同様のお礼メールが返ってきたとしても「早速のご返信、ありがとうございます」というような使い方はしません。 「早速」はよく使うからこそ正しい使い方を心掛けて 「早速」はビジネスシーンでも日常生活でも頻繁に使うメジャーな言葉となっています。 会話の中で枕詞のように使われることも多い言葉ですが、「迅速」や「早々」のように類義語もたくさんあるために、いつの間にか本当の意味から遠ざかった間違えた使い方をしたり、他の類義語と使い方の区別が付かなくなってしまうことはよくあります。 使い方を間違えると違う意味になってしまい、本来相手に伝えたい意味とは違ったニュアンスで伝わってしまう恐れがあります。 特にビジネスシーンにおいて、日本語の間違いは周囲からの評価を下げる要因にもなりかねませんので、正しい使い方を心掛けましょう。

次の