ホワイト国除外理由。 【海外の反応】日本の韓国ホワイト国除外に外国人「韓国は感情をコントロールすることを学ぶべき」

【主張】ホワイト国除外 「甘え」絶つ妥当な判断だ 韓国は不信払拭の行動起こせ

ホワイト国除外理由

「対韓輸出規制の発動」といった勇ましい報道が始まってからほぼ1カ月。 これまで4回にわたって今回の措置を巡る数々の重大な誤解を指摘してきた。 メディアもここに来てやっと「韓国向け輸出管理の厳格化」「韓国への輸出優遇からの除外」と表現を改めてきた。 なんと長い時間を要したことか。 その間、国内だけでなく、韓国や国際社会に無用の誤解を与えてきていることを忘れてはならない。 だが、依然として、大きな誤解がメディアで堂々と垂れ流され続けている。 結論を言えば、韓国のホワイト国からの除外で影響は極めて限定的だ。 目に余るものをいくつか挙げてみよう。 個別許可が1000品目以上に増える? まず、「今回の輸出優遇からの除外で、個別許可の品目は第1弾の3品目から1000品目以上に増える」と、もっともらしく語られている点だ。 これは明らかに輸出管理制度への無知からくるものである。 確かに、ホワイト国への輸出に認められている包括許可(これを「ホワイト包括」という)は、韓国に関してはなくなった。 だからといって、全ての品目が個別許可の対象になるわけではない。 別の包括許可制度があって、ほとんどそれでカバーされてしまうのだ。 その結果、まともな企業にとって輸出の実態にはほとんど影響がないと言ってもいい。 これは「 特別一般包括制度」といって、輸出者が輸出管理の社内規定を整え、経産省の立ち入り検査を受け入れることを前提に取得できるものだ。 通常の取引をしているまともな企業の多くは、これを既に取得している。 「個別許可の品目が1000品目以上になって影響は大きい」という論者は、こうした実態を知らないようだ。 それを恥ずかしげもなくメディアでさらけ出している論者のいかに多いことか。

次の

韓国のホワイト国除外は、イランへの裏取引(密輸)が原因か?

ホワイト国除外理由

韓国をホワイト国除外する理由はなぜ? そもそも「ホワイト国」とは? 日本が韓国をホワイト国から除外する理由はなぜなのでしょうか。 この理由について考えるには、まずホワイト国がそもそもどのような意味なのかということを正しく認識しておかなければなりません。 ホワイト国とはどのような意味なのでしょうか。 経済産業省によりますと、 「大量破壊兵器を拡散する恐れがないことが明白」 である国を指しているとのことです。 とても簡単に言い換えますと、 「日本が信用していて輸出の手続きを簡略化している国」という感じになります。 大量破壊兵器を拡散することがないという信用を置いている国を「ホワイト国」というのですね。 韓国をホワイト国除外する理由はなぜ? では、なぜ日本は韓国をホワイト国から除外するのでしょうか。 その理由を簡潔に言いますと、 「韓国企業の脇の甘さを懸念したから」という感じになります。 これだけだと抽象度が高いのでどういうことかわからないと思いますので詳しく説明しますと、 大量破壊兵器や生物化学兵器などの製造に転用可能な物資が、シリアやイランといった北朝鮮の友好国へ 不正輸出されていたことが分かったのです。 しかも一回などではなく、繰り返し輸出されていました。 判明したものだけでも142件もの不正輸出があったので、実際にはこれ以上の不正輸出が行われた可能性があります。 政府は安全保障のために国内の輸出管理体制の見直しをはかり、今回の決定を下すに至りました。 日本は韓国に対して「姿勢転換」する猶予を1ヶ月与えましたが、それでも韓国は猛反発してきました。 反省の色がなかったということです。 このまま武器に転用可能な物資を韓国に輸出し続けた場合、それらの物資は他国を回って北朝鮮に回ってくると考えられます。 それらを元に北朝鮮が兵器を作った場合、日本は危害を加えられる可能性があります。 これは放っては置けないですよね。 韓国の輸出管理の体制が変わらない限りはホワイト国除外はやむを得ないのかなと思います。 ホワイト国除外されるとどうなる?日本と韓国への影響を簡単に解説! ホワイト国の定義についてはなんとなく理解できたかと思いますが、ではホワイト国除外されるとどうなってしまうのでしょうか。 ホワイト国から除外されるということは、簡単に言えば 「私たちはもうあなたがたの国を信用していません」と公言するということに等しいです。 大量破壊兵器を拡散する可能性がある国として認定するのです。 なので、 武器や兵器の材料として使える可能性があるものなどの輸出を制限するということになります。 日本の経済産業大臣は、今回の韓国のホワイト国からの除外は日韓関係に影響を与えることは意図していないと言っています。 しかし、韓国側の認識とは程遠かったのです。 観光側はすぐさま会見を開き、対抗措置を取ることを表明しました。 国民の反日感情を煽るようなことも行い、日本大使館前ではデモが行われ、日本製品不買運動もさらに広がるかと思われます。 こうなってくると、日韓関係に影響を与えないというのは言えなくなりますよね。 日本への旅行をキャンセルしたらホテル代が半額になるなどの半日イベントを行う企業も出てくるとのことです。 ホームステイやスポーツイベントなども中止・延期になっているようです。 日韓関係は悪化するばかりですね。 日本での報道を見ていると韓国が一方的に悪いというような認識になってしまいますが、これはバイアスがかかってるかもしれませんね。 もう少し客観的に事実を見て、今の状態を確認する必要がありそうです。 今後、日米韓による外相階段が行われる予定なので、アメリカが仲介に入る可能性がありますが、それまでに解決するのは難しいかもしれません。

次の

ホワイト国一覧と韓国が除外された理由は?正式名称や意味と基準を調査

ホワイト国除外理由

その理由は、韓国に対し感じている次の不信感だと思います。 1、日本製品が韓国通じ、他国に軍事転用されている疑いがある。 2、アメリカも1と同じことを危惧している。 3、そもそもEUは、韓国をホワイト国に認定していない。 4、ホワイト国除外で輸出品目の用途を厳密に監視できる。 5、戦時中の罪の合意で、1965年日韓基本条約で韓国の主張を全てのみ当時の韓国国家予算の2、3倍にあたる約1080億円を補償し、戦後補償は終わったはずだが、慰安婦問題で再燃し日本は謝罪ができてないと主張しはじめた。 6、5の条約で戦時中の問題は解決されたはずだか、朝〇〇聞の記事から戦時中の慰安婦問題が再燃し、その後、朝〇が記事の誤りを指摘するも韓国は収まらず、2015年12月28日に政府同士の合意である日韓合意で、日本側から支援の意味で10億円が元慰安婦の為に拠出された。 この合意ですべて終わったにもかかわらず、今の政権になってまた日本は謝罪がまだできていないと蒸し返しはじめた。 以上により、日本の9割の人が、韓国に不信感を持つのは当然だと思いますが、日本にとってホワイト国の除外自体ただ普通に戻すだけですが、韓国にとっては輸出品目、日本の賠償金含め、その使用目的が判明するのは耐え難いんだと思います。 今まで、日本の対応が舐められていたと考えると、これが普通の国と国の外交であり、この普通の対応をした、安部さんの判断は評価できると思います。 韓国のマスコミは どこも ヒステリーに報じてるね。 日本人には意味不明だ。 多くの懸念にもかかわらず8月2日の閣議で「戦略物資輸出令」改正案を強行処理するとみられる。 韓国をホワイト国から排除することは単なる貿易問題ではない。 韓国を「安全保障上信頼できない国」と規定する措置は、両国間に取り返しのつかない破綻を招くおそれがある。 韓国内の強硬世論を刺激することで韓日関係が悪循環に陥る可能性も高い。 輸出規制は日本としても名分と実益がない。 因縁を付ける行為であり、自国の経済に打撃を与える愚かな自害行為だ。 両国経済に損害を及ぼし、グローバルバリューチェーンを揺さぶる無謀な措置を、今からでも撤回すべきだろう。 とにかく韓国政府は可能なすべての外交的努力をする必要がある。 まず、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)期間中の対話を通じて解決のきっかけを見いだすために閣議決定を延期するよう日本を説得することが急がれる。 昨日、与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表は記者懇談会で「韓日は離れられない隣国であるため、感情があってもうまく解いて共存しなければいけない」と述べた。 GSOMIA(韓日軍事情報包括保護協定)破棄や東京オリンピック(五輪)不参加など強硬一辺倒の与党の雰囲気の中で出てきた合理的な声であり、よりいっそう評価できる。 日本政府も無謀なホワイト国排除措置を撤回することで、近隣友好国として関係回復のきっかけとしなければいけない。 一方では最悪の場合に対応せざるを得ない。 外交的な努力とは別に経済・産業的な側面で対応策を急ぐ必要がある。 韓国がホワイト国から除外されれば、8月下旬以降、日本から韓国に輸出される1115品目の戦略物資に対して一つ一つ日本政府の個別許可を受けなければいけない。 半導体関連の核心素材3品目にとどまっている現在の輸出規制とは比較できないほど波紋が広がる。 日本のホワイト国排除には、輸出規制を通じて韓国の核心産業の首を絞めようという意図がある。 輸出規制品目の多くは韓国の未来の産業と直結している。 すでに炭素繊維輸出規制を通じて燃料電池車をターゲットにするという見方が出ている。 残念ながら、日本の不当な措置に直ちに我々がとることのできる適当な対応策がないのが実情だ。 その間、言葉では対日依存の減少と技術の自立を叫んできたが、まともに実践できなかったからだ。 基礎産業の過度な日本依存度を減らすための内容のある戦略を用意すべき時だ。 こうした中、政府の一部で出ている大企業責任論は警戒する必要がある。 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「(基礎素材物質の)国内製造能力が十分にあるにもかかわらず、企業が日本の協力に安住した」という趣旨で述べた。 朴映宣(パク・ヨンソン)中小ベンチャー企業部長官も半導体大企業が国内中小企業の設備投資費用に背を向けて日本の経済報復を招いたと指摘した。 しかしグローバル分業構造で比較優位にある製品を選択するのは当然のことだ。 しかも素材物質のわずかな品質の違いが最終製品の競争力に直結する精密産業分野では言うまでもない。 企業に圧力を加えるのではなく、官民が力を合わせて基礎産業の競争力を高めるのが先だ。 日本政府が7月1日に半導体などの製造に必要な材料3品目の韓国向け輸出規制強化を発表した直後、SEMIは会員企業などで対応チームを構成し、業界に与える影響を評価したと説明。 日本と韓国の貿易担当者にも業界の懸念を伝えたとし、紛争が広がれば措置を取る準備ができていると明らかにした。 SEMIは半導体の製造装置・素材・材料に関連する全世界の企業約2000社を会員とする国際的な業界団体で、会員企業の販売チャンスを広げるための活動を行っている。 韓国のサムスン電子やSKハイニックス、米国のインテル、クアルコムはもちろん、対韓輸出規制品目を生産する日本の材料メーカーも加わっている。 日本が半導体材料などの対韓輸出規制の強化に加え、輸出管理で優遇する「ホワイト国」から韓国を除外した場合、食品や木材を除くほぼ全ての産業が影響を受けることになり、日本より劣位にある韓国の多くの産業が危機にさらされていることが分かった。 貿易品目に関する国際的な分類コード「HSコード」を基に分析した結果、韓国が日本から輸入する品目は計4227品目。 輸入依存度は紡織用繊維が99.6%、化学工業の生産品が98.4%、車両・航空機・船舶および輸送機器関連品が97.7%などと高かった。 対日輸入依存度が50%以上の品目は253品目で、輸入額は158億5000万ドルに上った。 さらに、国の輸出競争力を示す「貿易特化係数」(TSI)を分析した結果、重化学工業の大部分で韓国が日本より劣勢であることが分かった。 半導体産業では日本との競争力が急速に低下し、韓国が「絶対劣位」にいる。 対日輸出額は2000年の31億7000万ドルから18年に12億4000万ドルと急減した一方、対日輸入額は同期間に42億9000万ドルから45億2000万ドルに小幅上昇した。 自動車産業でも日本との差が急拡大している。 00年に約1000万ドルだった対日輸出額は18年に3000万ドルに増加したが、対日輸入額は同期間に4000万ドルから12億3000万ドルと30倍近く増えた。 日本に競争力で劣る産業が多いため、日本の輸出規制強化によって韓国産業が危機に立たされ、経済成長も脅かされると報告書は指摘した。 日本政府は安全保障上の友好国として輸出手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を、早ければ8月2日に閣議決定するとみられている。 李氏はホワイト国除外の決定が「韓日関係の大破局を招く」とし、すぐさま閣議決定を思いとどまるよう強く求めた。 「悪い隣人になるか、それとも良い隣人になるか、意地悪な隣人になるか善良な隣人になるか、日本政府の賢明な選択に期待する」と述べた。 さらに、「韓国政府と国民は政経分離の原則の毀損(きそん)と不当な決定を決して容認しない」と強調し、「第2の独立運動となる経済・技術の独立運動に火が付くだろう」との見方を示した。 この日の国会本会議では補正予算案が取り扱われる。 政府と与党は対外依存度の高い主力新産業の装備支援、国産化が急がれる分野の革新・開発支援など関連予算の増額を要求している。 李氏は「日本の経済侵略に立ち向かい、思い切った総力戦に乗り出さなければならない重大な時局」としながら、補正予算案の処理に向け野党に前向きな姿勢を求めた。 代表団の一員として訪日中の姜氏は、「(自民党と)なぜ会うのか」とし、「あちら(日本)から(面会を)推進するならわれわれは受け入れるかどうかを考える。 (自民党が)大変な欠礼を働いた」と述べた。 また「われわれがこじきでもあるまいし、十分に考えを伝えた。 自民党と安倍政権の本心と本音が何なのか分かった」とし、「物乞い外交をしに来たのではなく、(国民の)思いを伝えるために来た」と強調した。 姜氏は「誰に会うか会わないかが重要なのではなく、われわれの考えを伝えることが重要だ。 (二階氏との面会が取りやめになったことは)大きな意味を持たない」とし、安倍政権の胸の内を知ることができたのが成果だとも述べた。 その上で、李洛淵(イ・ナクヨン)首相と親しく韓国に知人も多い二階氏に圧力をかけられるのは安倍氏しかいないとして、突然の面会キャンセルが二階氏の本意ではない可能性があることを示唆した。 出来ますが今までより厳格化されます。 戦略物質3品の行方が明らかにされるでしょう。 それが明確にされないなら日本からの輸出は無理でしょう。 例えば30tの要求に対して明細を要求します。 それが明らかでないなら日本も輸出しないでしょう。 これは米国の意向でもあります。 如何に今まで杜撰だったかでしょう。 審査が90日に伸びる事により終わりです。 別に日本は困りません。 他国に売ればいいだけのことです。 考えて下さい。 今まで韓国は 日本が-とか安部首相がとか全て日本の責任にして来ました。 これが許されなくなってきました。 いい加減にしろ。 もういい加減日本は許しません。 報復する。 韓国が日本に報復する。 前者の影響が大。 日本が韓国に報復する。 後者の影響が大。 お分かりでしょう。 もしそう思わないのであれば 後1か月で決着つきます。 このままでは8月末までに韓国経済は詰みです。 如何に早く投了して許しを請うかです。 はっきり言って日本は困りません。

次の