毎日 放送 ミント。 毎日放送「ミント!」にて本日放送(≧∇≦)/

毎日放送

毎日 放送 ミント

現法人の株式会社毎日放送は、2017年4月1日に移行に伴い、毎日放送分割準備株式会社から商号変更。 株式会社毎日放送(まいにちほうそう、: Mainichi Broadcasting System, Inc. 、略称 : MBS)は、を(エリア)とする。 内では唯一の同一法人による(AMラジオ放送)との局で、ラジオ放送はおよびとの、テレビ放送はの。 、旧法人の株式会社毎日放送が認定に移行したことにより、商号を「 株式会社」(エムビーエスメディアホールディングス)に変更、放送事業などの現業全般はにより設立された新法人の「株式会社毎日放送」(旧:毎日放送分割準備株式会社)が継承した。 本項では会社としての毎日放送について説明する。 ラジオ放送については を、テレビ放送については をそれぞれ参照。 旧ギャラクシーホールエントランス(現在のM館1階:「ちゃやまちプラザ Live Space」に活用)• 一部の番組には「番組専用郵便番号」が存在する。 また、のドメイン表記は、テレビ番組は「mbs. jp」、ラジオ番組は「mbs1179. com」が用いられている。 交通 : 茶屋町口から徒歩約5分。 、、 ・・・から徒歩約10分。 の中でも、人通りが多い場所にある。 本社前は、では者の通り道にもなっている。 近隣には、が入居する「」、阪急電鉄本社ビル、梅田、などの業務・商業施設が立ち並び、阪急・・各線の大阪梅田駅 - 間および大阪駅 - 間を走行する列車の車内から現社屋ビルを確認可能である。 本社の社屋は、大阪市と阪急電鉄が茶屋町地区の再開発計画の一環として、の流通センターの跡地に建てられたもので、上部部分は「M」の文字を象った形をしている。 当時の建材は、英単語の「 Mirror」に例えて流行のの建材を惜しみなく用いた。 詳細は「」を参照 「毎日」( Mainichi)をイメージした造型だとの文献も散見されているが、当時この空域での電波が送信されていたため、建物の高さ制限があり、このデザインとなったのはそのためでもある。 (2年)9月1日、大阪市北区茶屋町に15階建ての社屋が完成。 堂島にあった営業など本社機能と、にあった報道局などの部署、千里丘で制作されていたテレビ・ラジオ番組の一部を除いて茶屋町の新社屋に移転して 、同日からテレビは2日間、ラジオは5日間にわたって、開局40周年・新社屋放送開始記念の特別番組を制作・放送した。 同日のグランドオープン以来、1階の大半を「アトリウム」(オープンスペース)としてテレビ・ラジオ番組の生中継・収録や各種イベントに利用。 2階では、オープン当初、「ギャラクシーホール」という名称でコンサートホールの機能を持たせていた。 後に、「ギャラクシースタジオ」へ転用。 テレビの生放送番組や公開収録・イベントに用いられていた。 、本社北側に構造の地上15階地下1階の新館(完成に伴い「 B館」と呼称 )を建設することを発表。 から「企業・大学等立地促進助成制度」を適用されたこと を受けて、4月に着工した後に、9月4日に竣工して、本館は「M館」の名称が付けられた。 「 B館」は、MBSテレビのチャンネル番号( 4)とMBSラジオの周波数( 1179)にちなんで、201 4年 4月 4日午前 11時 7分 9秒にグランドオープン。 では、『MBSグランドオープンスペシャル 上泉雄一のええなぁ! 公開生放送』(月-金曜にレギュラー放送中の生ワイド番組『』がベースの記念特別番組)の中でその瞬間を伝えた。 「 B館」には、中継基地、「」(後述)から機能を移転させたテレビ番組用の2つのスタジオ、オフィス、ヘリポート、高さ約36(地上からの高さ約117m)の電波用鉄塔などを設置。 また千里丘にあった中継車車庫も集約して、従来の社屋(「 B館」の竣工を機に「 M館」と呼称 )とは、2・12・13階に設けた渡り廊下で接続する。 2015年4月20日に(マスター)を「 B館」に新設したマスターに更新した。 毎日放送では、「 B館」の運用を開始する2014年4月4日から、特別番組の放送や視聴者も参加できる記念イベント(「1万人のテープカット」「チャリウッド2014」など)を開催。 「 M館」(本社屋)の1階でもB館建築により大幅な改修工事が行われ、タリーズコーヒーのスペースを移動させたうえで、跡地に在阪放送局の社屋内では初めての試みとして、「らいよんデイリーストア」(に「MBSグッズショップ」の機能を統合させた)を開店した。 「 M館」では、「ギャラクシースタジオ」の名称を「Cスタジオ」へ変更する一方で、「Cスタジオ」を「ギャラクシーホール」として運用していた時期に活用していた1階のエントランスおよび「アトリウム」を一般にも利用できる「 ちゃやまちプラザ」(放送上の通称は「 ちゃプラステージ」)にリニューアル。 旧エントランスを「 ちゃやまちプラザ Live Space」、旧「アトリウム」を「 ちゃやまちプラザ Lobby Space」として、番組の生中継・公開収録やイベントなどで定期的に活用するようになった。 「 ちゃやまちプラザ Live Space」については、『MBSグランドオープンスペシャル 上泉雄一のええなぁ! 公開生放送』から、番組での使用を開始した。 M館のほぼ南(「らいよんデイリーストア」西口の隣)に位置している「マーらいよん石像モニュメント」は、木目のベンチと一体になっていて、石像の視野が西側へ向くように設計されている。 当社がテレビ放送事業開始60周年を迎えた2018年からは、生放送への対応や報道・制作両局間の連携を強化する目的で、「 M館」の2階を「ライブセンター」として新装する工事に着手。 Cスタジオ(ギャラクシースタジオ)を含むスペースを、生放送の情報番組と連動した「情報フロア」へ改装したうえで、2019年1月28日(月曜日)の『』(テレビの生放送番組)から運用を開始した。 さらに、M館1階の「 ちゃプラステージ」も、「ライブセンター」へ組み込むことを前提に改装された。 ちなみに、「 M館」「 B館」という呼称は、毎日放送の略称である「 MBS」に由来している。 ただし、「 B館」の運用開始時点で、正式に「 S館」という呼称を付けた施設・社屋は実在しない。 日本国内の支社・支局 [ ]• 京都支局• 神戸支局• 所在地 : 〒650-0033 95番地 13階 毎日放送東京支社が入居する赤坂Bizタワー• 東京支社• 所在地 : 〒107-6328 5丁目3番1号 28階 (平成20年)より、(東京都1丁目1番1号・も入居)内から旧・再開発計画である複合施設『』の中核をなす高層ビル「」に移転。 生放送に対応したラジオ・テレビ兼用の多目的スタジオ「 MBS Tokyo Biz Studio」を設置しており、東京での番組制作などで使われる。 本社(茶屋町)と東京支社は常設回線で結ばれており、東京支社内で毎日放送のテレビ・ラジオ放送がリアルタイムに視聴できる。 赤坂Bizタワーはキー局のが所有している土地・建物であり、TBS HDの敷地内に毎日放送東京支社があることになる。 交通 : の地下2階から直結。 同・ から徒歩5分、同銀座線・ から徒歩6分。 名古屋支局• 所在地 : 〒460-0003 6番35号 名古屋ビル8階 (平成21年)に(愛知県名古屋市中区錦3丁目23番31号)から現在地に移転。 栄町ビル以前は(愛知県名古屋市4丁目7番35号。 現在のの建つ場所)に入居していた。 所在地 : 〒770-0841 2丁目11番地 徳島ビル6階 出典 日本国外の支局 [ ] 現在は、()と()に設置。 いずれも、毎日放送の活動拠点にとどまらず、JNNの国外支局(放送上の名義は「JNN〜支局」)としても機能している。 かつては、()にも支局(放送上の名義は「JNNマニラ支局」)を設置。 2017年10月にパリ支局を自社で開設 するまでは、()に支局(放送上の名義は「JNNベルリン支局」)を設置していた。 会社情報 [ ]• (29年)に、商号を「 MBSメディアホールディングス」に変更し、テレビ・ラジオ両放送事業を「(新) 毎日放送」が引き継いでいる。 とは繋がりが強く、ラジオ番組の共同制作や共同セールスを行ったり、テレビでは時代も KBC の編成から外れた自社制作番組を販売またはスポンサードネットしていた他、健康保険組合を共同で設立するなど姉妹会社の様相を呈している。 なお、アナログ親局やデジタル放送におけるも同じ「 4」となっている。 やとも関係が親密である。 在阪放送局中、同社と、の3社は各々の在京キー局(、、フジテレビ)より開局が早い。 これは、この3社とキー局3社とは設立当時それぞれがまったくの無関係だったことによる。 ただし、ラジオ放送開始が日本でも最古参なのとは裏腹に、テレビ放送開始は在阪局の中でも4番目と遅く、放送開始日は現キー局のTBSテレビより約4年、旧キー局のテレビ朝日(当時は日本教育テレビ NETテレビ )と比べてもほぼ同時期だが1か月遅れている。 一方、とはそれぞれのキー局の意向で設立されたため、キー局よりも遅い開局となっている。 には、とともに主要株主として設立に携わっている。 設立時にはニッポン放送から編成、毎日放送から営業の責任者が出向していた。 現在でも、イベントを共催することが多い。 ()7月には、FM802および、同社が運営するとの間で災害情報共有パートナーシップ協定を締結した。 テレビのJNNでは「5社連盟」にも加盟するの1社であり、またTBS HDの大株主でもあることから、同系列での発言権・影響力はTBSテレビと並び強いものとされる。 ラジオネットワークはJRN、NRNしている。 ラジオネットワークには基幹局・準キー局は厳密には存在しないが、JRNでは・・が設立時から幹事社とされ、NRNではネットワークラインへの送出し可能な設備を持ち、基幹局に近い扱いを受けている。 沿革 [ ] 13階屋上広場に設置された「民間放送誕生の地」プレート(2016年9月9日撮影)• (昭和25年) - 「 新日本放送株式会社」設立。 初代社長にが就任。 7丁目に仮スタジオと研修センターを置いた。 その後、大阪市北区にある(阪急百貨店本店、現・阪急百貨店うめだ本店)屋上に本社及び演奏所を建設。 開始と同時に業務機能を完全に移転。 (昭和26年) - (現・)他15局と共にが交付される。 、周波数:1210、出力10。 この日は、「民放の日」となった。 1951年(昭和26年) - 日本初のとしてを発射。 1951年(昭和26年) - 交付。 1951年(昭和26年) - 開始(まで実施)。 1951年(昭和26年) - MBSラジオ、本放送開始(JOOR)。 中部日本放送より5時間30分遅れて正午に本放送開始。 民放では日本で2番目。 キャッチフレーズは「 あなたの民間放送」• 1951年(昭和26年) - 現在も続く民放ラジオ最『』放送開始。 1956年(昭和31年)9月1日 - 開局5周年。 (昭和31年) - 朝日放送、、と合弁で会社を設立しを開局。 (昭和33年) - 新日本放送の社名を「 毎日放送」に改称。 (昭和34年) - MBSテレビ、本放送開始(JOOR-TV)。 東京・、福岡・と同日開局。 日本教育テレビ(NETテレビ、現在の)・フジテレビとネットワークを結ぶが、翌年NETテレビに1本化された。 1959年(昭和34年) - 長寿紀行番組『』放送開始。 1959年(昭和34年)10月 - ラジオの出力を20kWに増力。 1959年(昭和34年) - 長寿番組『』放送開始。 (昭和35年) - のに2階建ての「」完成。 番組制作機能を移転。 (昭和36年)9月1日 - 開局10周年。 (昭和38年) - 全国ネットの『』放送開始。 (昭和60年)の放送終了まで22年間に亘って放送された看板番組であった。 (昭和39年) - 、と暫定ラジオネットワークを結成。 翌年のJRN(Japan Radio Network)発足へと繋がる。 (昭和40年) - TBSラジオをキーステーションとしたラジオネットワーク、JRNに加盟。 1965年(昭和40年) - とをキーステーションとしたラジオネットワーク、NRN(National Radio Network)に加盟。 (昭和41年)9月1日 - 開局15周年。 (昭和42年) - テレビのカラー本放送開始。 大阪地区では4番目。 1967年(昭和42年) - (民教協)発足と同時に加盟。 1967年(昭和42年) - 深夜ラジオ番組『歌え! MBSヤングタウン』(現在の『』)放送開始。 (昭和43年) - やなどの支援を受けて、東京12チャンネル(現・)の番組制作を請け負う株式会社東京十二チャンネルプロダクション(現在の株式会社テレビ東京)を設立。 (昭和44年) - 桂三枝(現・)が司会のバラエティ番組『』放送開始。 の若手の登竜門として、、らを輩出した。 1969年(昭和44年) - 東京12チャンネルとマイクロネットを結び、NETテレビとのクロスネット局となる(1975年3月30日まで)。 (昭和45年) - 同日、NETテレビをキーステーションとしたテレビニュースネットワーク、に加盟。 全国ニュースタイトルは、他の系列局に遅れて、4月より『』(スポットニュースは『 ANN』)となる(それまでは従来通り『MBSニュース』だった)。 (昭和46年)9月1日 - 開局20周年。 1971年(昭和46年)11月 - ラジオの出力を50kWへ増力。 1971年(昭和46年) - この日を最後にNETテレビ(現在の)の『』のネットを打ち切り、金曜日分の制作からも撤退。 地方からの問題提起として話題を撒く。 (昭和47年) - ラジオの生ワイド番組『』放送開始。 (昭和49年) - ラジオの生ワイド番組『』放送開始。 1974年(昭和49年)- ラジオニュースの編集権が毎日新聞社から毎日放送に移管。 ニュースタイトルを『毎日ニュース』に変更。 (昭和50年) - テレビのキー局をNETテレビからTBSテレビに変更。 朝日放送テレビに代わって、(、TBSテレビ、、MBSテレビ、)、JNNにそれぞれ加盟、「」の制作にも参加。 また当日から近畿広域圏のJRNのニュースネットワーク担当局が朝日放送ラジオからMBSラジオに移管した。 (昭和51年) - 近畿広域圏では初のローカルワイドニュース『』放送開始。 (昭和51年)9月1日 - 開局25周年。 (昭和52年) - ラジオの周波数を1210から1180kHzに変更。 (昭和53年) - (ITU)の取り決めにより、周波数が9kHzステップへ移行。 それに伴い、午前5時をもってラジオの周波数を1180kHzから1179kHzに変更。 (昭和53年) - テレビのを開始。 (昭和55年) - 近畿広域圏初のローカル・ドキュメンタリー番組『'80』放送開始(2020年現在、番組タイトルは『映像'20』)。 (昭和56年)9月1日 - 開局30周年。 (昭和57年) - 第1回『』を実施。 毎年初春の風物詩として毎年2月に開催。 現在は、年およそ2回行われている。 1982年(昭和57年) - 『ヤングおー! 』放送終了。 (昭和58年) - 全国ネットのクイズ番組『』(東京支社制作、東京での収録)放送開始(、、他出演)。 『アップダウンクイズ』と共にテレビの看板クイズ番組であった。 (昭和59年) - 毎日放送アナウンサーが総出演のバラエティ番組『』放送開始。 放送局のアナウンサー総出演のバラエティ番組の先駈けとなった。 (昭和60年) - 『アップダウンクイズ』放送終了。 (昭和61年) - 『』を国内テレビ初のサラウンド放送実施。 (昭和61年)9月1日 - 開局35周年。 1990年(平成2年) - 『世界まるごとHOWマッチ』放送終了。 1990年(平成2年) - の『』放送開始。 1990年(平成2年) - 毎日放送の社名ロゴタイプを変更。 前代ロゴを少し細く・丸帯びたようなものであった。 但し、MBSのロゴは従来通り。 新しいデザインによる社旗(三色旗)、社章 バッジ 制定。 1990年(平成2年) - ラジオ開局40周年を機に大阪市北区茶屋町に15階建ての新本社・放送センター完成、同区(内)にあった登記上本店機能との千里丘放送センターの機能の一部を移転・統合。 9月1日からテレビは2日間、ラジオは5日間にわたってを制作・放送。 (平成3年)9月1日 - 開局40周年。 (平成4年) - 午前9時、ラジオの開始(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、朝日放送ラジオと同時)。 1992年(平成4年) - 民教協を脱退。 近畿地方においての民教協番組は・・がクッション期間としての形で1年間放送した後、(平成5年)から朝日放送テレビに移行。 (平成7年) - ()が発生し、ニューススタジオにあったセットが倒壊。 テレビ・ラジオとも、当日午前からすべてのCMをおよそ2日間中止し、その放送枠に安否情報や生活情報を挿入。 CM再開後もミニ番組などを休止し同様の情報を1月28日まで連日放送。 後に、震災当時のラジオ放送を活字にまとめた『阪神大震災の被災者にラジオ放送は何ができたか 「被災していない人への情報はいらない! 」と言い続けた報道者たち』()という本が出版されている。 (平成8年)9月1日 - 開局45周年。 (平成10年) - 『あどりぶランド』放送終了。 1998年(平成10年) - 日曜夜の看板番組となる全国ネットの人物密着ドキュメンタリー番組『』放送開始。 (平成11年)9月 - 『MBSヤングタウン』月 - 金曜の放送終了(はから再開し、土日は現在も継続)。 1999年(平成11年) - テレビの看板番組となる夕方の情報生番組『ちちんぷいぷい』放送開始。 (平成12年) - 『MBSナウ』放送終了。 同年10月2日より『』へとリニューアル。 (平成13年) - 内にMBSスタジオ in USJ完成。 2001年(平成13年) - 土曜デイタイムの情報生番組『』放送開始。 『ちちんぷいぷい』とともにMBSテレビを代表する看板番組。 2001年(平成13年)9月1日 - 開局50周年。 (平成15年) - 『ごめんやす馬場章夫です』放送終了。 2003年(平成15年) - 内にラジオ局のサテライトスタジオとなるパークスラジオパラダイスをオープン。 2003年(平成15年) - 午前11時 開始(JOOR-DTV)。 この際、社長・(当時、後に会長を歴任)の提案で、地域に根ざした放送局を目指す「 スーパーリージョナルステーション」にすることを宣言。 (平成16年) - アナログ・デジタル統合マスター(製)運用開始。 現在発行している(テレビ・ラジオ共通)は前述のアナログ・デジタル統合テレビマスターの全景写真(撮影)がデザインされている。 2004年(平成16年) - 『真珠の小箱』放送終了。 2004年(平成16年)7月 - 在阪放送局主体のイベントとしては初となるを大阪城公園一帯で開催、40万人を超える人出となる。 好評につき、2008年(平成20年)まで開催された。 (平成18年)9月1日 - 開局55周年。 (平成19年) - - をJNN・JRN系列で独占中継。 制作協力として参加した。 (平成20年) - がオープン。 2008年(平成20年) - 東京支社がに移転。 2010年(平成22年) - 未明の放送終了を以ってラジオのAMステレオ放送を終了。 早朝4:30の放送開始よりモノラル放送に移行。 2010年(平成22年)3月15日、ほかの在阪ラジオ5局と共同でインターネットでのサイマル放送「」を試験的に開始(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県。 2010年12月1日からは滋賀県・和歌山県にも拡大)。 「radiko」ではステレオ配信を実施している。 2011年(平成23年)7月24日 - この日正午をもって地上アナログテレビ放送を終了(TBSテレビ制作『』の放送中に終了)。 新聞・テレビ情報誌の表記が「毎日テレビ」「毎日ラジオ」から「MBSテレビ」「MBSラジオ」に変更される。 アナログ放送停波前に特別なが放送され、こちらの映像は同局の公式Youtubeチャンネルにアップロードされている。 2011年(平成23年)9月1日 - 開局60周年を迎えることを記念として、を刷新。 "MBS"及び"毎日放送"ロゴマークの変更、に黄緑色を制定する。 (テレビ中継車の一部を黄緑色を基調としたデザインに変更。 同時に4マーク及び1179マークも変更。 社旗は黄緑地に白抜きで「MBS」の新ロゴ、その下に黒字で「Mainichi Broadcasting System,Inc. 」と表記された物に変更。 また社章(バッジ)は2011年度入社分までは従来の物を使用しているが、2012年度分から新デザインにて使用される。 )テレビでの製作・著作クレジット表示を 毎日放送から MBSに統一。 2013年(平成25年)10月1日 - 地球環境保護、電力供給不安の解消、社会への貢献を目的に、(大阪府)の敷地内で「毎日放送高石太陽光発電所」の運営を開始。 これを機に、在阪の放送局では初めて太陽光発電事業に乗り出した。 なお、同発電所で生み出された電力は、20年間の予定で全量をに販売する。 2011年8月まで使用されたロゴ。 現在も一部に限り継続使用され、ミリカセンター、ベリカード、デジタル放送のSTLパラボラ、子会社などは現在も使用。 (平成26年)4月4日 - 午前 11時 7分 9 秒に、本社「 B館」がグランドオープン。 このオープンを機に、「 あらためまして、MBS」というキャッチフレーズを使用。 (平成27年) - 本社B館にマスターを移転し、災害時でも確実に放送を継続できるように対応した新マスターの運用を開始 NEC製。 (平成28年) - この日の正午放送の在阪3局共同制作特別番組『』より、朝日放送ラジオ・と共に、奈良県生駒市の生駒山にあるからFM補完放送(ワイドFM、90. 6)を開始。 2016年(平成28年)7月28日 - 認定放送持株会社に移行する計画であると発表、同日付で分割準備会社である「 毎日放送分割準備株式会社」を設立。 2016年(平成28年)9月 - 在阪の放送事業者では初めて、からとしての実施許可を受けた(許可第202号)。 この許可によって、近畿地方などを対象に、毎日放送が独自に調査した天気予報(ピンポイント予報など)をテレビ・ラジオ番組で放送できるようになった。 2016年(平成28年)9月1日 - 開局65周年。 2016年(平成28年)9月6日 - 同月1日にラジオの本放送開始65周年を迎えたことから、ワイドFMの周波数 90. 6MHz にちなんで、 9月6日を「MBSラジオの日」にすることを発表。 に申請したところ、記念日として正式に認定されたため、この日に放送された『ありがとう浜村淳です』内で登録証の授与式が催された。 放送局によるワイドFM用周波数にちなんだ記念日の登録・認定は日本初の事例で、AM用周波数にちなんだ記念日を含めても、文化放送・ニッポン放送に次ぐものである。 また、当時と同じ阪急百貨店うめだ本店屋上に、「民間放送誕生の地」記念プレートを設置。 2016年(平成28年)10月 - 開局65周年を記念した特別企画として、からまでの期間に、「」のチャーターによる有料のスペシャルツアー「」を開催。 船上では、テレビ番組(『ちちんぷいぷい』『せやねん! 』)・ラジオ番組(『』『』)向けの生中継や、テレビ・ラジオのレギュラー番組(『』『こんちわコンちゃんお昼ですょ! 』)からの派生企画などのイベントを連日実施した。 最終目的地のに到着したには、『あっぱれ! 屋久島ツアー 神秘の島でパワーをもらっちゃおうスペシャル』(系列局・とのによる開局65周年特別番組)を同局と同時に生放送(11:58 - 12:54)。 また、(元・アナウンサーで『こんちわコンちゃんお昼ですょ! 』パーソナリティ)やアナウンサーの案内によるオプショナルツアーを開催した。 (平成29年)1月6日 - 前年9月に気象庁から気象予報業務の実施許可を受けたことを背景に、この日放送の『ちちんぷいぷい』から、毎日放送の独自調査による「ピンポイント天気予報」(特定の地点に向けた天気予報)の放送を開始。 2017年9月29日まで、毎週金曜日の第2部(関西ローカルパート)エンディングで放送していた。 2017年(平成29年)4月1日 - 放送法などの手続や総務大臣の認可などを経て、同日付で(旧)毎日放送の商号を「 」に変更。 全国で8社目、在阪準キー局では初めて放送持株会社体制へ移行した。 また、分割準備会社である毎日放送分割準備に放送事業などを承継させたうえで、「(新) 毎日放送」(以下「新社」と略記)を発足。 新社ではテレビ放送事業とラジオ放送事業を分割せず、従来のラ・テ兼営体制を維持する ほか、旧社に所属していたアナウンサーや番組スタッフも新社に自動転籍したうえで引き続き勤務している。 2017年(平成29年)4月3日 - テレビの『ちちんぷいぷい』に続いて、ラジオの平日生ワイド番組『』『こんちわコンちゃんお昼ですょ! 』や、ラジオのプロ野球中継『』(からの主催試合を中継する場合)でも毎日放送の独自観測に基づく天気予報のレギュラー放送を開始。 (平成30年)5月11日 - 『あどりぶランド』の復活版に当たる『』を、深夜に特別番組として放送したうえで、7月12日からレギュラー化。 2020年3月29日まで、1年9ヶ月にわたって放送された。 2018年(平成30年)7月29日 -(28日深夜)午前3時半頃〜午前6時10分まで、台風12号の影響で高石ラジオ送信所に落雷があり、約2時間半中波での放送が停止した。 落雷による放送停止は同社が1951年にラジオ放送を開始して以来初めて。 茶屋町の本社にある予備送信所を使用して代替放送したが、出力が1kWなため電波は大阪市内と北摂地域周辺にしか届かなかったと見られる。 なおFM補完中継局やradikoでの放送に異常は無かった。 (平成31年)1月8日(7日深夜) - 3体(せんた・れふた・らいた)が人間の悩みに答えるテレビ番組『』を、この日からレギュラーで放送。 (特別教授)を初めとするの研究者と毎日放送による産学連携プロジェクトに沿った共同研究実験(番組表上の略称は「阪大MBS」)の一環で、人間が一切登場しない代わりに、だけで進行するテレビのレギュラー番組は日本の放送局で初めてとされる。 2019年(平成31年)1月28日 - 本社M館の2階に新装された「ライブセンター」の運用を、この日の『ちちんぷいぷい』の生放送から開始。 2019年(平成31年)3月29日 - 『VOICE』の放送終了。 2019年(平成31年)4月1日 - 『ちちんぷいぷい』の放送時間を番組史上最短の1時間54分(13:55 - 15:49)まで短縮したうえで、同日から全編を同時ネット番組として放送。 また、同番組の関西ローカルパートと『VOICE』の放送枠を統合したうえで、平日の15:49 - 19:00で総合情報番組『』の放送を開始。 2019年(元年) - 千里丘ミリカセンターが閉鎖。 2019年(令和元年)11月1日 - 「日本一早い応援番組」と銘打ったラジオ番組『』を、この日から2025年(令和7年)までの6年間にわたってレギュラーで放送。 (令和2年)3月30日 - 2014年10月からJNN加盟局の一部で同時ネットを実施していた『ちちんぷいぷい』を、この日から再び関西ローカル番組として編成。 また、前月まで単独番組として放送されてきた『コトノハ図鑑』を、この日から「へぇ~のコトノハ」というレギュラーコーナーに移行させた。 2020年(令和2年)4月 - 年頭から日本国内でことへの対応策として、テレビ・ラジオ番組の制作・放送体制を平時から大幅に変更。 その一方で、テレビ制作局のプロデューサー時代に『ちちんぷいぷい』などの番組を立ち上げた取締役が、感染に伴う心筋症のため9日に60歳で急逝した。 以上の事態を受けて、20日(月曜日)からは、同番組と『ミント! 』の放送枠を暫定的に統合。 』)というタイトルで、5月29日(金曜日)まで放送している。 2021年(令和3年)9月1日 - 開局70周年(予定)。 2021年(令和3年)10月1日(予定) - 毎日放送(新社)が保有するラジオ事業とラジオ放送免許を、吸収分割方式で 毎日放送ラジオ分割準備株式会社 (MBSメディアホールディングスの全額出資で2020年5月28日に設立)へ承継。 毎日放送(新社)は、テレビ単営局として商号を変更する(承継・変更後の商号はいずれも未定)。 設立 [ ] 終結から間もない(昭和22年)、が「放送基本法」と「」(・・)の立法措置を指令し、(昭和25年)に施行された。 これを契機に「民間放送」の設立が日本各地で相次ぎ、施行前の1950年、民間放送会社16社に予備免許が下りた。 そのうちの1つ、 新日本放送株式会社(しんにっぽんほうそう、略称 NJB、 New Japan Broadcasting System,Inc. )は、・の支援の下、と(現:)と(NEC)を中心に設立された。 実際に創立の中心となったのは、毎日新聞社を依願退職したであった。 詳細は「」を参照 京阪神急行電鉄の資本が入っていた関係で、開局当初は系列企業であった(現・)屋上に本社・スタジオを構えており、スタジオで行われる公開録音の観覧者のために、百貨店の休業日に関係なく利用できるエレベーターが設置されていたという。 民放初の試験電波発射 [ ] 1951年(昭和26年)7月8日、22時00分 - 22時30分、日本の民間放送として初めて試験電波を発射。 電波管理局(「監理局」ではない)の指示により「NJB」と「JOOR」というアナウンス、レコード音楽のみ。 7月12日、26日にも実施。 1951年(昭和26年)8月15日、サービス放送開始。 12時00分、14時00分、16時00分、18時00分、20時00分から各1時間放送。 試験放送は民間放送で最も早く開始したものの、本放送の開始は1951年(昭和26年)9月1日正午と中部日本放送(現・CBCラジオ)より5時間半遅れているため、単独ではCBCラジオが日本初の民間放送として扱われる。 ただし日付上は同日の開局であるために、両者併記されることもある。 キャッチフレーズは「 あなたの民間放送」。 持株会社へ [ ] 近年のやなどの普及により、日本の放送業界全体にも変化が見え始め、2008年の(旧から社名変更)を皮切りに認定放送持株会社への移行が全国各地で進んでいる。 そんな中、毎日放送も2016年7月28日に認定放送持株会社に移行することを発表した。 同日付で持株会社の分割準備会社として「 毎日放送分割準備株式会社」を設立し、2017年4月1日に旧・毎日放送は「 株式会社MBSメディアホールディングス」に商号を変更し、放送免許・放送事業などの現業全般は、毎日放送分割準備から商号変更した「(新)株式会社毎日放送」が継承した。 日本の放送持株会社移行は、在京キー局以外では中部日本放送(CBC)、に次いで3社目となり、全国で8番目で、JNN系列局では4番目、在阪準キー局では初となる。 なお、TBSやCBCのようなラジオ・テレビの分社化 を実施しなかっため、RKBと同様にテレビ・ラジオの兼営は名実共に継続されていたが、2021年10月1日をメドにラジオ事業を分社化した上でラジオ・テレビをそれぞれ別法人とする予定である。 これにより広域放送局はすべて単営局となる。 社史・記念誌 [ ] 毎日放送では、新日本放送時代に発行した1冊も入れて、以下の5冊を発行している(2016年7月時点)。 NJBの四年(新日本放送株式会社・編) 1954年発行、108ページ。 毎日放送十年史(毎日放送株式会社・編) 1961年12月15日発行、284ページ。 毎日放送の40年(毎日放送40年史編纂室・編) 1991年9月発行、697ページ。 毎日放送の40年・資料編(毎日放送40年史編纂室・編) 1991年9月発行、382ページ。 毎日放送50年史(毎日放送50年史編纂委員会事務局・編) 2001年9月発行、519ページ。 施設一覧 [ ] スタジオ [ ] 「」および「」を参照 局データ [ ] マスコットキャラクター [ ] 在阪テレビ局各局はそれぞれ独自の名物を輩出しているが(内の土産店でこれらのキャラクターグッズ類も売られているほど)、毎日放送も例外ではない。 エムぞう [ ] 茶屋町への本社屋移転を機に設定された初代のマスコットキャラクター。 本社(現在のM館)の形を模していて、設定期間中は、本社1階のオフィシャルグッズ(MBSグッズ)ショップを「エムぞうの店」と称していた。 第2代キャラクターに ぷいぷいさん(後述)が起用されてからも、本社の玄関に「エムぞうの店」の看板を掲げていたが、第3代キャラクターに らいよんチャン(後述)が起用された頃に自然消滅。 ぷいぷいさん [ ] 『ちちんぷいぷい』のイメージキャラクター。 番組の開始(1999年10月)から一時ステーションキャラクターも兼ねていたため、「 ちちんぷいぷいMBS」というステーションフレーズを使用していた。 現在でも、本社M館の玄関上に(異常気象時を除いて)大型のバルーンを設置しているほか、「 ちちんぷいぷいMBS」というロゴ付きのアニメーション映像を、テレビCM枠のとして流している(主に深夜)。 現在の仲間に ひーさん、 わんわん、 くもくもとりさん、 げじー と、『』のイメージキャラクターの せやねんちゃんと ちゃうやろちゃんがいる。 らいよんチャン [ ] 2003年(平成15年)6月2日に、MBSテレビにおける番組宣伝のメインキャラクターとしてデビュー。 2004年から2007年まで「らいよんキング」としてオーサカキング宣伝隊長、2009年頃から毎日放送全体のマスコットキャラクター(ステーションキャラクター)としての役割を担っている。 本社M館1階の「ちゃやまちプラザ」には、「らいよんチャンハウス」が設置されているほか、「プルタブ・プラキャップ集積コーナー」の書割パネルなどに「らいよんチャン」の絵やイラストを採用。 冬期には、「らいよんチャン」をで浮かび上がらせるオブジェが、夜間のフォトスポットとしてM館のエントランス前に設けられている。 詳細は「」を参照 バルーン [ ] 社屋玄関にぷいぷいさんとらいよんチャンのバルーンも掲げられており『』放送時には、 あん! ちゃんのバルーンが掲げられていた。 ぷいぷいさんのバルーンは、現在のもので2代目で初代に比べて、やや小ぶりになった。 台風がに接近・上陸し一定以上の強風になった際、防災上の観点から空気を抜いて「避難」することもある。 なお、空気を抜き折り畳んだぷいぷいさんバルーンの大きさはに積める程度である。 また、らいよんチャンバルーンは初代は裸の姿だったが、2代目はTシャツ姿の物になった。 じゃがポテ仮面 [ ] 『』(2010年7月15日からMBSテレビで放送されていた天気予報シリーズ)向けのキャラクターとして誕生。 放送期間中に、やが発売されている。 同番組が終了してからも、毎日放送が自社で編成するのオープニング・エンディング映像に登場。 待遇データ [ ]• 初任給 大卒266,400円(2013. 4実績・住居手当込)• 諸手当 家族手当、通勤交通費など• 昇給・賞与 昇給・年1回 賞与・年2回• 勤務地 大阪・東京 他• 育児勤務者にはフレックス制導入。 休日 完全週休2日制・国民の休日・年末年始(12月30日・31日、1月1日 - 3日)、年次有給休暇(10 - 23日)、特別休暇(結婚・出産等慶弔時)、リフレッシュ休暇 ほか• 福利厚生 診療所、、喫茶、、・同好会、提携あり• 諸制度 育児・介護休業制度、年金および住宅資金融資制度、健康保険組合あり、各種社会保険完備、財形貯蓄• 教育研修 内定者研修、新入社員研修、新入社員フォローアップ、若手社員フォローアップ面談、若手社員集合研修、中堅社員集合研修、管理職集合研修、海外研修、資格取得祝金制度 その他 [ ]• 在阪の民放局では初めて、気象情報部(通称「お天気部」)を報道局内の部署として設置。 在阪の放送事業者では初めて気象庁から気象予報業務の実施許可を受けた(前述)ことから、2016年度の下半期からは、同部で独自に調査した天気予報をテレビ・ラジオの生放送番組やスポーツ中継で随時伝えている。 また、日本の民放ラジオ・テレビ兼営局では珍しく、ラジオでの報道系番組制作・ニュース取材を担う報道部(通称「ラジオ報道部」)をラジオ局内に設置している。 夜間から早朝にかけて緊急事態が発生することに備えて、制度を実施。 テレビ・ラジオニュース担当のアナウンサー(最低1名)と、制作・技術・報道部門のスタッフ数名が、毎日交代で本社内へ泊まり込んでいる。 『』で社名入りの特集が組まれるほど、女性社員に対する福利厚生制度が充実。 近年では、既婚の女性アナウンサーの大半が、産前産後・育児休暇を経て職場復帰を果たしている。 上記の休暇から復帰したばかりの女性社員には、育児との両立を図るべく、一定の期間まで(早朝・深夜の時間帯を除く)短期間勤務に専念させることを社内で規定している。 男性社員は、ある程度まで出世すると、60歳の定年を迎えても「シニアスタッフ」と称する嘱託社員として最長5年間残留することができる。 アナウンサーとして定年を迎えた男性社員の場合は「専属パーソナリティ」という形態で残留していたが、2016年9月定年の美藤啓文以降はアナウンサーの肩書を保っている。 なお女性社員には適用されるかどうか不明(アナウンサーとして定年を迎えた吉田智子、水野晶子は60歳の誕生月末日付で退職)。 ラジオのを、『 』という呼称で統一。 かつては、テレビの天気予報のタイトルにも用いていた。 週末や祝日に(JRA)が実施するをラジオで定期的に中継するほか、以下の重賞競走に対して「毎日放送賞」を寄贈している。 (1959年 - 1983年)• (1984年 - 1999年)• (2000年 - )• 阪急電鉄大阪梅田駅2階JR線連絡通路、大阪梅田駅地下1階東側出入り口、大阪駅御堂筋口に広告スペースを常設している。 阪急大阪梅田駅通路にはドラマの広告、阪神大阪梅田駅には野球中継の広告を掲示。 かつては、茶屋町の本社社屋に近い阪急中津駅の西側フェンスに、大量の広告看板を設置(現在は撤去)。 JR大阪駅には、駅構内の改良工事で巻き取り式の広告スペースが設けられた当初から、自社制作のバラエティ番組やドラマ、の広告を出していた(2008年10月で終了)。 また、2020年3月までは長らく、の南西側に建つ道頓堀観光ビルの東側壁面にも番組単位での大型看板を設置。 『』、『』、『ちちんぷいぷい』(2014年度)、『』(2015・16年度)、『』(2017年度上半期 、『』(2017年度下半期 - 2018年度下半期)、『ミント! 』(2019年度)の順にPR看板を出していた(『ちちんぷいぷい』『サタデープラス』『ミント! 』以外は東京支社制作の全国ネット番組)。 この場所は「大阪を代表するスポット」として日本の国内外で頻繁に紹介されているため、上記の看板が他局のテレビ番組のロケ映像へ写り込むことも多かった(2020年度上半期からはの看板を設置)。 2004年(平成16年)から2008年(平成20年)までの夏季には、(を中心に実施されたイベント)を主催。 開催期間中には、特別番組や『ちちんぷいぷい』内で連動企画を放送していた。 などにらが登場することはほとんどないが、ディレクターがなどとして、出演することなどがある。 リポーターなどは出演しないが、独自の目線で独占インタビューなどを頻繁に『ちちんぷいぷい』内などで放送しており、やなどのこれまでとは違う一面を引き出しているためリポーターを出演させなくてもやっていけるということを証明している。 2005年(平成17年)シーズン、は前半戦首位を独走したものの、後半戦に入るとの猛追を受け、ついに0. 5ゲーム差まで迫られてしまった。 このままでは逆転されてしまうということで、「阪神優勝してよん ドリームズカムつる〜」というイベントを実施した。 これはタイガースの優勝をファンと、『ちちんぷいぷい』の、『せやねん! 』の、『』(当時)ので後押ししようというキャンペーンで、毎日放送社屋内と内に特別ブースが設けられた。 その後阪神が優勝したので優勝特別番組で100万羽の折り鶴が舞った。 「この企画が無かったら本当に逆転されていた」とは語っている。 その後、この折り鶴は近くので燃やされた。 2007年(平成19年)シーズンも、9月18日から阪神の日本一を祈願して、阪神がナゴヤドームで行われたクライマックスシリーズ第1ステージで敗退した翌日の10月15日まで「ドリームズカムつる〜2007」を『ちちんぷいぷい』と『せやねん! 』の共同キャンペーンとして開催した。 2007年(平成19年)シーズンでは、阪神タイガースのに加え、(外野手、背番号6)の活躍を祈って、(外野手、背番号53)の活躍を祈って、(投手、背番号22)の活躍を祈って、(外野手、背番号51)の活躍を祈っての折り紙で鶴を折ることが出来た。 それと同時に、毎日放送玄関前では『ちちんぷいぷい』のコーナー「今日のポン」が「目指せ! 阪神ニッポンイチ」と題して行われた(ポンの時間: 平日は午後2時、午後2時50分ごろ、午後4時ごろ、午後5時ごろの4回、土・日・祝日は午後3時の1回)。 終了後、その折り鶴は前と同じく廣田神社で奉納された。 2008年(平成20年)シーズンには、8月26日から「MBSめざせ阪神優勝キャンペーン 笑虎 (タイガースマイル)2008」が行われた。 内容は阪神タイガースがセントラル・リーグ優勝を決めた夜に毎日放送で放送される「優勝特番」で選手が最高の笑顔を見せるような"一品"をプレゼントするというもの。 "一品"の情報を提供し、特番で紹介された場合、その視聴者には"一品"とともに、笑顔の選手の生写真をプレゼント。 しかし阪神がセ・リーグ優勝を逃したため、この企画は幻となった。 2012年(平成25年)以降のシーズン中には、毎日放送グループ(MBSテレビ・MBSラジオ・GAORA)のコラボレーションによる阪神応援キャンペーン「」を展開している。 詳細は「」を参照• 毎日放送の公式サイトがリニューアルした際にトップページに、「今週のMBSには、こんな人が出ます! 」と題して1週間の内にローカル・全国ネット問わず、毎日放送で放送されるテレビ番組に出演するタレント・俳優・スポーツ解説者・アナウンサーがレギュラー・ゲスト問わず表記されている。 毎日放送以外にもキー局TBSテレビ・ラジオや他の系列局の番組に出演する者も含まれる。 再放送の関係で故人も名を連ねることもある。 人名の横には回数も併記されている。 ほぼ全員載せているのは珍しい。 ただし、自社制作・他系列問わずアニメ番組(枠や枠など)に出演しているの名前は表記されない。 トップページにある当日の番組表で、MBSテレビで放送されるすべての番組を対象として「おもしろかった番組投票」を実施している。 結果は翌日に発表される。 公式サイトにあるアナウンサーのウェブページから、全員の顔が載ったものや、特定の人のみが載ったが無料配信されている。 設立当初から放送局の方針上、テレビでは長らくとのを流していなかった。 ただし、ラジオでは1990年代初期まで流し、一時中断後2009年(平成21年)から提供番組内のみ再開しているほか、や、期間中に限りも流している。 テレビでは2010年(平成22年)9月から「キー局の名のもとに」との立場から、TBSテレビ発の『アッコにおまかせ』のスポンサーネットで聖教新聞のCMが放送され、MBSテレビもそのまま受けている(2011年9月末まで)。 また、TBSテレビやCBCテレビ制作の全国ネット番組で聖教新聞がスポンサーの場合もそのまま放送される。 また、2012年4月から自社制作番組の番組スポンサー参加及びスポットCMへの出稿を段階的に受けて入れている。 テレビ番組に使用されるフォントは、『痛快! 明石家電視台』や『』などを中心にのロゴGやロゴ丸を多く使用している。 の取材を担った放送局として、ラジオのレギュラー番組(『』『』)や自社制作のラジオCMを通じて、普段から地震・防災関連の情報を積極的に提供している。 また、本社内では毎晩、大地震発生直後の報道を想定したリポートなどの訓練を実施。 さらに、大地震や大津波の発生に備えて、報道局の主導による本格的な災害放送訓練を毎年実施している。 阪神・淡路大震災が発災したには、前夜から「阪神・淡路大震災 1・17のつどい」(震災犠牲者追悼行事)が開かれる(神戸市中央区)からの生中継リポートを、テレビ・ラジオとも発災時刻の15:46前後に関西ローカル向けに放送している。 の発災直後には、ラジオを中心に、独自の方針による報道特別番組や被災地の復興支援番組『』を長時間にわたって放送した。 また、「MBS災害復興基金」という名義で、自社専用の義援金口座を設置。 2011年3月30日までは、本社やサービスエリア内の繁華街(大阪・梅田、神戸、京都)において、複数のアナウンサー・ラジオパーソナリティや同局と縁の深い芸能人・スポーツ関係者が交代で街頭に立って義援金への協力を呼び掛けていた。 2012年以降も、『ちちんぷいぷい』『ネットワーク1・17』などのレギュラー番組や、『映像』シリーズ(テレビのドキュメンタリー番組枠)で東日本大震災被災地への追跡取材企画を定期的に放送している。 2011年9月にも、で和歌山県・奈良県の南部に甚大な被害が出たことを受けて、「MBS災害復興基金」の下に同様の活動を展開している。 同年6月には、ラジオのに合わせて設定される「MBSラジオ スペシャルウィーク」において、被災地の復興支援キャンペーンを実施した。 また、2016年4月に発生したの直後にも、アナウンサーが番組やイベントなどで「MBS災害復興基金」への協力を呼び掛けた。 (2020年6月18日 - 、妻は毎日放送の社員で元・アナウンサーの) 現職アナウンサー [ ]• 1981年 (2018年10月31日の定年後も「シニアスタッフ」として在職)• 2017年6月からアナウンス部長を務めた後に、2019年6月からチーフアナウンサー)• 1994年• 2003年• 2008年• (1968年:2005年に定年退職後、毎日放送専属パーソナリティを経てに転身)• 青木克博(1957年)• 現在は情報公開審査会会長)• 』などの番組を担当)• 2011年の定年後は、嘱託契約のシニアスタッフを経て、フリーのプロデューサー・パーソナリティとしてMBSラジオの番組へ出演中)• 現在は講演活動を中心に活動)• 岩佐一穂(1952年)• 定年退職後は映画「」の上映実行委員長を務めるかたわら、同作品に出演)• 宇野省也(1952年)• 太田亀雄(1956年)• ラジオ営業部員時代にも、「ビッグムーン大月」という名義で、MBSテレビ・ラジオの番組・コーナーへ随時出演)• 2005年10月から2014年3月までは、MBSテレビ『』のメインキャスターを担当。 現在は)• 2017年7月から2018年6月まで事業局でコマース事業部長を務めた後に、2018年7月からアナウンサー室へ復帰したが、2019年4月で早期定年退職。 退職後の2020年にティプラムアナウンススクールを設立)• 1994年の定年退職後はフリーのスポーツアナウンサー)• 退職後は、体験取材に基づく著述活動を主に展開。 2015年以降は、「中沢彰吾」という名義で活動している)• その後は2011年まで、フリーアナウンサーとしてMBSテレビ『』のナレーターを務めた。 アナログ停波の挨拶を勤めた翌年の2012年に逝去)• 小林昌彦(1959年)• (1985年:1999年の退職直後に、映像制作会社のを設立。 現在は、同社の代表取締役社長を務めながら、としてMBSラジオ『』でを担当)• 』などでメインパーソナリティを担当)• 斎藤市郎(1964年)• 2000年の退職後は、産業社会学部教授・副学長を経て、2012年4月から名誉教授・株式会社ウィズ代表取締役社長)• 2004年の定年退職後も、2010年までGAORA専属のスポーツアナウンサーとして活動)• (1968年:2004年の定年退職後は、毎日放送専属パーソナリティを経てフリーアナウンサーに転身。 『ちちんぷいぷい』初代パーソナリティで、勇退後も2019年3月までMBSテレビ・ラジオの番組にレギュラー出演)• 1997年の定年後は、2年間の嘱託契約を経て、大阪芸術大学芸術学部放送学科の教授に就任)• 高村昭(1958年:在職中にNETテレビ系列全国ネットのテレビ番組『』の司会を務めたほか、1982年10月から3年間BBCの日本語放送へ出向。 定年退職後は、アナウンスアカデミー大阪や早稲田セミナー梅田校・京都校の講師に転身)• 多仁治(1952年)• 現在は東京支社制作室の番組アドバイザーとして、『』『』『』などを担当)• 経営戦略室エグゼクティブを兼務した後に、2019年4月で定年を迎えたが、定年後も「シニアスタッフ」として役員室で勤務)• MBSラジオ『』でニュースキャスターを担当)• 専属パーソナリティ時代から、MBSラジオで複数のを担当)• 現在は競艇中継の実況を担当)• 同選挙で当選後に、2011年まで)• 退職後に仏門へ入るとともに、「古瀬日宇」という名で第302世貫首などを歴任)• 現在はコンプライアンス室に勤務)• 2006年の定年退職後も、2009年7月まで、MBSラジオの専属パーソナリティとして月 - 木曜日昼帯の『』のキャスターを担当)• 毎日放送への復帰後は、報道局大阪府庁キャップ・JNNベルリン支局長・報道局ニュースセンターのデスクを経て、2016年4月から後述する解説委員へ就任)• 2003年の定年退職を機に、GAORAのチーフアナウンサーとして実況に復帰した。 現在は毎日文化センター梅田校講師)• 森本宏(1954年)• 矢部貢(1952年)• 2017年3月の定年退職後もフリーアナウンサーとして活動)• 明石光子(1953年)• 阿部洋子(1965年:現姓・志風)• 安良淑(1955年)• 石黒静(1969年)• ただし、アナウンサー職からの異動後も、不定期でドキュメンタリー番組のナレーターを担当。 2017年10月から2019年3月まで、アナウンサー時代にリポーターやアシスタントを務めた『ちちんぷいぷい』へ再びレギュラー出演)• 石田美紀(1958年)• 伊藤美代子(1966年)• 井上知津子(1962年)• 2020年6月からアナウンサー室長を務める小林亮とアナウンサー時代に結婚)• (2001年:2006年に退職)• (1997年:2000年の退職後に医師へ転身)• 岡田美智子(1954年)• 岡本郁代(1952年)• 川上小夜子(1968年)• 現在は契約扱いで報道センターのアナウンサー)• 小林優子(1961年:元・夫人)• 紺野馨代(1958年)• ただし、異動後もMBSラジオのスポットCMの一部でアナウンスを担当していた。 退社後はフリーアナウンサーとして活動)• 1980年の定年退職後は、大阪芸術大学芸術学部放送学科の教授を歴任)• 坂元毬子(1956年)• 桜井良子• 斎藤努との結婚・退職後は、フリーアナウンサーとして昭和プロダクションに所属するとともに、2012年から羽衣国際大学の教授へ就任)• 佐藤昌子(1960年)• 1983年に契約期間を満了してからは、2013年4月から1年間『』にアシスタントとして出演していた)• 塩川美枝(1956年)• 塩田信子(1952年)• 鈴木佳代子(1966年)• 鈴木延枝(1958年)• 田井員子(1960年)• 高橋明子(1964年)• 鶴見寿子(1962年)• (2013年:在職中は『ちちんぷいぷい』『痛快! 明石家電視台』『プレバト!! 』でアシスタントを担当。 2017年の結婚・2019年1月の第1子出産を経て、2019年4月から半年間『ミント! 』の初代アシスタントを務めた。 2019年10月の退社後は、育児を優先する一方で、フリーアナウンサーとして『ミント! 』のナレーターを担当中。 2020年2月からに所属)• 永井玲子(1968年)• 長田淑子(1957年:『アップダウンクイズ』の2代目出題者)• 2005年に異動)• 二木洋子(1957年)• 野沢秋子(1958年)• 契約満了後はフリーアナウンサーとして活動するかたわら、アドバンス朗読教室で講師を担当)• (2006年:への移住を兼ねた結婚を機に2017年9月で退職)• (1987年:1995年の開局を機に同局へ移籍。 2014年3月に退社するまで、報道部でアナウンサーとディレクターを兼務した。 現在は映画監督)• 退職後も、フリーアナウンサーとしてMBSラジオの番組へ引き続き出演)• 宮川ヒロミ(退職後の1970年代後半からフリーアナウンサーとして、日本テレビ・読売テレビ『』などのリポーターを担当)• 村上多美子(1959年)• (2001年:2011年4月からフリーアナウンサーに転身。 2014年3月までに所属した後に独立)• 八島洋子(1984年:から移籍。 『』で共演した・との結婚を機に退職)• 柳原百代(1961年:現姓・水谷。 娘はアナウンサーの)• 山岸幸子(1959年)• 山添洋子• (2007年:2014年1月で退社した後に、所属のへ転身)• (1965年:2002年の定年退職後に個人事務所「吉田智子事務所」を設立。 フリーアナウンサーとして朗読などで活動するかたわら、大阪芸術大学短期大学部広報学科の教授に就任)• 吉田彌生(1958年) 解説委員 [ ] 以前から報道局に設けられていたが、2016年度からスポーツ局にも新設。 いずれの委員も、自社で制作する報道・情報番組で、定期的にニュース解説を担当する。 奥田信幸(報道局報道部長・番組編集部長を兼務。 かつては報道局ニュースセンターの記者として、大阪府政・大阪市政などを担当)• を専攻していたからの卒業後に入社すると、テレビ営業局・テレビ制作部を経て、2016年の気象情報部設立を機に初代の部長を務めた。 『ちちんぷいぷい』のディレクター時代から、「お魚博士」と称して、水産・魚類関係のリポートや解説を随時担当。 2011年には、全国ネットの特別番組『クニマスは生きていた! ~』のプロデュースで、・テレビ教養番組部門の優秀賞を受賞した )• (報道局ニュースセンター所属で、解説委員としては経済分野を担当。 1997年に入社してから、スポーツ局やラジオ報道部の記者を経て、2015年3月までJNN上海支局に支局長として赴任。 『ちちんぷいぷい』では、2017年10月から月 - 水曜日のニュース解説、2018年2月の期間中に現地での周辺取材を担当した。 2019年4月からは、『ミント! 』の月 - 木曜日にレギュラーで出演中)• (報道局ニュースセンター所属で、『VOICE』の初代女性キャスター。 キャスター降板後も、長年にわたってなどの医療問題などを取材)• JNNベルリン支局からの帰任を機に、同番組でニュース解説やメインキャスター代理を担当。 2017年7月に東京支社へ異動してからは、国政・裁判・災害関連の取材へ従事している。 同年の10月以降は、『VOICE』や金曜日の『ちちんぷいぷい』にレギュラーで出演。 『VOICE』終了後の2019年4月からは、『ミント! 』にも随時登場している)• 『』の制作にも携わった。 解説委員就任後の2016年8月から、「スポーツのおっちゃん」と称して『ちちんぷいぷい』『』へ出演) 主な記者 [ ] アナウンサー出身の主な記者(経験者)や、解説委員は前述。 ラジオ報道部からは、毎日放送の東京支社に、国会担当として記者を常時駐在させている。 現在 [ ] 2020年6月29日21時13分現在、およそ40名の記者を擁している。 『映像』シリーズでディレクターを担当した後に記者へ復帰)• 神﨑智大(東京支社付の国会担当記者などを経て、2014年4月から2019年3月まで『VOICE』のフィールドキャスターを担当)• 米田佳史(こめだ よしふみ:テレビのドキュメンタリー番組『映像』シリーズのディレクターなどを経て、2015年4月から2018年3月まで辻の後任でJNN上海支局へ赴任)• 森岡紀人(2018年4月から米田の後任でJNN上海支局へ赴任中)• 亘佐和子(わたり さわこ:ラジオ報道部の所属で、ドキュメンタリー番組のディレクターを務めるかたわら、記者やデスクとして報道系の番組へ随時出演)• 仁熊邦貴(2005年に入社後、・司法担当記者などを経て、2015年度から大阪府警察本部記者クラブ付のキャップ)• 成相宏明(テレビ制作部でバラエティ番組のディレクターなどを担当した後に、『ちちんぷいぷい』『VOICE』『ミント! 』へ記者として出演)• 奥西亮太(テレビ営業部を経て、京都支局で主に科学・学術分野を取材。 大阪大学の学部生・大学院生時代にの研究へ携わったことから、自然科学関連の話題を『ちちんぷいぷい』などで取り上げる際にはスタジオ解説も担当。 とは別人)• 稲村晴日(京都支局)• 帯刀総司(大阪府警察記者クラブでキャップを担当)• 辻本敬詩(阪神・淡路大震災発災直後の1995年3月に神戸市長田区で出生。 2017年の入社後に地元の神戸支局へ配属)• 阿部雄気(2015年入社。 大阪府警担当)• 冨永晋平(2015年入社)• 石倉真衣(2016年入社。 東京支社ラジオ部での営業職を経て、大阪府政を担当)• 飯坂侑士(2016年入社。 編成局員や報道局のカメラマンを歴任後に記者へ転身)• 河東宏樹(2017年入社。 大阪府警察本部記者クラブ・捜査1課担当)• 柳瀬良太(東海テレビで愛知県警や愛知県政・名古屋市政などの記者を経て、2018年に中途採用。 大阪府警のサブキャップを経て、現在は大阪府政・市政のキャップ)• 法花直毅(ほっけ なおき:・放送センターなどの記者を経て、2019年に中途採用)• 富永高史• 原田康史• 鹿毛裕輝• 渡紗也子• 梅田新平• 入口茉莉• 山田ひかる• 木村富友佳• 宇治宮汐梨(2018年入社)• ビジャン亜里沙• 大里奈々 過去 [ ]• 『ちちんぷいぷい』では、1999年10月の番組開始当初から2017年9月まで、「ニュースのおっちゃん」と称してニュース解説を担当していた。 2019年7月の定年後も、ラジオ局ラジオ制作センター所属の「シニアスタッフ」として、ラジオ番組への出演を続けている)• (1975年に入社後、報道局社会部の記者としてに遭遇。 犯人への取材を試みる一方で、への通報によって、犯人の逮捕につなげた。 その後は、『映像』シリーズやニュース番組で、人権と平和に関するドキュメンタリーを多数制作。 退社後は、人権研究所の客員教授や、近畿マスコミ倫理懇談会の顧問などを務める)• (2006年に一般職で入社後、記者として報道部に配属。 しかし、アナウンサーになることを学生時代から強く希望していたため、2007年2月に退社した。 退社後は、所属のフリーアナウンサーとして、『』のキャスターなどを歴任。 への移籍や闘病生活などを経て、『』シリーズの月曜キャスターを担当していたが、2015年9月19日に32歳で逝去)• (1987年に入社。 報道局社会部の記者や、報道・ドキュメンタリー系テレビ番組のプロデューサーとして、多数のスクープ・受賞歴を持つ。 現在は、テレビ営業局営業開発部次長として勤務するかたわら、個人の立場で東日本大震災の被災地を定期的に取材・撮影したドキュメンタリー映画「うたごころ」シリーズを発表)• (1971年に入社したが、同年にへ移籍。 政治・経済記者、外国通信員、編集委員を経て、現在は・「」シニアライターとして活動) その他の著名社員 [ ]• (元選手。 スポーツ局勤務)• 川中恵一(への在学中に、の選手として200mで5位に入賞。 大学卒業後の1994年に入社すると、ラジオ局ラジオ制作部のプロデューサーとして『』、テレビ制作部のプロデューサーとして『ちちんぷいぷい』などを担当した。 2018年6月にテレビ営業局タイム営業部のマネジャーへ異動)• 宮瀬永二郎(日本国内の大会で優勝するなど、学生時代に・男子シングルの選手として活躍したが、からの卒業を機に1999年入社。 2016年には、テレビ営業局スポット営業部の副部長を務めながら、『情熱大陸』900回記念特別番組でへの密着取材や演出を担当した。 妻は現職アナウンサーの松川浩子)• 丸尾陽樹(卒業後の2011年に入社する一方で、「岡山CA」所属の男子の選手として、2013 - 2015年のに出場。 最高成績は4位だった。 現在は、報道局映像センターカメラマンとしての活動に専念) 正社員ではないが、2009年からの市長を務めるは、市長就任前の1987 - 2008年に、同市内で家業(カメラ販売店の経営)へ就くかたわら、報道局から新宮駐在員(和歌山県南部および近隣地域の映像取材を担当する駐在カメラマン)の職を委嘱されていた。 その他 [ ] ロゴ [ ] 毎日放送の現行ロゴ使用開始後、旧ロゴは徐々に使用を中止され、や一部中継局ではすでにロゴ変更作業が完了された。 今後も子会社のロゴが変更され、旧ロゴは淘汰される見通しである(すでに社の封筒やなどではロゴの変更が行われた)。 その一方で本社社屋(M館 )の壁面にある旧ロゴはその後もしばらく残っていたが、2013年9月の新館(B館 )の完成と同時に取り外された。 新館には、毎日放送の現行ロゴが取り付けられている。 会見等で使われるマイクも変更されている。 旧ロゴについては、放送中のテレビ映像の上部で気象警報・地震速報を表示する際の字幕にも組み込まれていた。 ロゴの変更後は、新ロゴを字幕へ組み込まない代わりに、タイトル(「MBS気象警報」「MBS地震速報」)と本文の字体を丸ゴシック体で統一している。 アニメ製作 [ ]• 毎日放送テレビはアニメの製作に積極的な局でもあり、アニメシャワー、といった枠などでアニメを製作し放送している。 現在TBSテレビ系全国ネットの放送におけるアニメ製作は毎日放送テレビとTBSテレビである。 また、近畿地区における歌手・のライブコンサートの後援につくことも多い。 在京局との関係 [ ] 毎日放送は毎日新聞社が創業に関わった関東の放送局であるラジオ東京(現・)およびラジオ関東(現・)、そして旧の時代から支援してきたテレビ東京の3局と関係性が深い。 の局でもとはNRNやFOLネットを通じて緊密な関係を有し、後にラジオ日本を傘下に収めたのとも比較的良好な関係があるなど多くの局に対して対等に渡り合っているが、一方でネットチェンジ後のテレビ朝日と、フジサンケイグループの影響が一時薄れて・テレビ朝日との関係が強くなっていた時期のに対しては、過去の様々な経緯から距離を取っている面があった。 「」および「」も参照 特にTBSグループはラジオにおいては朝日放送ラジオとの並列ながら開局当初からネットワークを組んでいる。 テレビにおいても開局時からラジオ東京テレビ(KRT、現・TBSテレビ)とネットワークを組むつもりだったが、諸事情によって日本教育テレビ(NET、現・テレビ朝日)と組まざるを得なくなり、1975年(昭和50年)3月30日まではANN系列となっていた。 一方、1969年からは東京12チャンネル(現・テレビ東京)とも一般番組に限り相互ネット関係を結んでいたが、1975年(昭和50年)3月31日に朝日放送テレビとの間でが行われ、以後はJNN系列となっている。 なおNET主導で設立された教育・教養番組専門のネットワークであるにも参加していたが、1992年に脱退し、1年間暫定的に独立放送局が番組販売扱いで放送した後、1993年に関西地区の加盟社が朝日放送グループ(テレビ・ラジオの分社後は朝日放送テレビが加盟し、朝日放送ラジオが番販参加)に移譲された。 詳細は「」および「」を参照 ネットチェンジを前にした事前協議では、TBSテレビ系時代の朝日放送テレビよりも多く全国ネット番組を抱えていたことから、それらの製作・放送枠確保をめぐりTBSテレビとの調整が難航した末に、一部の番組や主催スポーツイベントを打ち切らざるを得なくなり、ネットチェンジ後は、NET系時代にキー局志向を持ち、在京局と対等に亘り合っていたMBSテレビと、「民放の雄」という意識が強く、MBSテレビとの関係を主従関係と捉えたTBSテレビとの企業体質や認識の違いなどもあり、次第にTBSとの関係に齟齬が生じるようになった。 鎌田正明は『』にて全国ネットレベルの特ダネがに横取りされてしまったことを証言している。 鎌田はの原因とされるにいち早く着目したものの、JNNの全国ニュース取材に対する仕組み を理由にTBSが事実上「召し上げ」てしまったと述べた。 鎌田らMBS報道局のスタッフはTBSに抗議したものの、TBS報道局のデスクは「お前らは素材を上げていればいいんだよ!! 」と言い放ったという。 また、TBS・MBSの双方の番組に多数出演しているは、関西テレビ『』にて『(他の在阪局におけるキー局との不仲ぶりを挙げながら)TBSとMBSの関係が特に酷い』と漏らしている。 詳細は「」および「」を参照 近年はTBSテレビ製作ドラマの好調のためか、関係は以前より改善はされているが、深夜帯に関しては自社製作の番組を優先しているため、TBSテレビ製作の深夜番組の放送は、同時・遅れネットともに比較的少なく、深夜アニメに関してはなど関西圏の独立放送局に回す場合もある。 アール・エフ・ラジオ日本に対しては、同局が得意としているで関西主場のメインレースと最終レースの実況をネットする等の関係がある。 2010年にそれまで関係の深かったが日曜の競馬中継を終了したことを機に、競馬番組におけるラジオ日本との関係を切った後は、でイレギュラーが発生した際に、MBSラジオが極力支える体制を取っている。 また、2018年以降のTBSラジオの野球中継制作業務縮小後は、JRN担当だった金曜日のとの対戦時と予備カードの戦時にラジオ日本との相互ネットが可能な体制を取っている。 詳細は「」および「」を参照 江戸笑芸番組に対する扱い [ ] MBSテレビ放送開始以来、上方笑芸を大事にする姿勢に徹し、ローカル・西日本ブロックネット枠では数々の人気番組(『』シリーズ」『』『』)を世に送り出している。 その反面、「 上方(関西)では江戸笑芸は受け入れられないだろう」との考えから江戸笑芸番組の放送を抑制する方針に徹している。 [ ] その典型的な例として、腸捻転時代の(昭和38年)6月、NETテレビが製作した江戸笑芸番組『』が開始され、MBSテレビでもネット受けを行ったが、関東と比べて視聴率が振るわず、これを知った高橋ら当時の毎日放送首脳陣は「やはり、我々の考えは正しかった」と判断し、同年10月の改編で『大正テレビ寄席』が水曜12時台の30分枠から日曜正午の45分枠へ移動したのを契機にネットを打ち切った。 この枠では既にあった『サモン日曜お笑い劇場・吉本新喜劇』がNETテレビにもネットされていたが、スポンサーのはそのままでとしてMBSテレビのみ放送を継続、事実上差し替えた。 結果視聴率が伸びネットチェンジまで日曜の正午から午後2時台の視聴率が安泰となるが、この事が放送界きっての江戸笑芸啓蒙主義者として知られるの逆鱗にふれた。 「」および「」も参照 [ ] ただ、永は毎日放送とは直ちに絶縁とはならず、その後もMBSテレビ制作ながら江戸笑芸も一部扱っていたテレビ番組『』(当初の半年間はNETテレビへ、その後は東京12チャンネルにネット)や選抜高校野球中継の客席リポート等への出演を継続し、ラジオ番組にも出演していた他、MBS関連企業のミリカスポーツ振興が1970年にボウリング場『MBSミリカレーンズ』をオープンさせた際に、同社が『ボウリングファン』()に出稿した見開き広告に永からのメッセージが掲載されるなど一定の関係を持っていたが、 その後関係を緩やかに縮小し、2011年9月3日(TBSラジオ・CBCラジオ。 MBSラジオは9月11日)放送のTBSラジオ・MBSラジオ・CBCラジオ開局60周年記念ラジオ番組『永六輔・・の御三家ラジオ』(TBSラジオ主管の3社共同制作)までMBSラジオが関与する番組への出演がなかった。 [ ] TBSラジオ制作の『』の番組本編は、近畿ではかつてラジオ大阪で放送されていたが、ラジオ大阪が放送を打ち切った後のMBSラジオ・ABCラジオへのネット引継ぎは、 永の意向 [ ]や自社制作番組などの編成の兼ね合いもあり実現せず、MBSラジオでは2013年9月の同番組終了までスポンサーののCMのみがネットされていた。 「」および「」も参照 『大正テレビ寄席』打ち切りから8年後の1971年(昭和46年)12月、毎日放送は同じくNETテレビが制作した深夜の『23時ショー』のネット受けを、「低俗である」として打ち切ることを突然発表した。 打ち切りの理由は、お色気関係の話題を興味本位でとらえていたこの番組の姿勢を、当時の社長だった高橋信三が否定したためといわれた [ ]。 このことは朝日放送テレビや関西テレビなどにも影響し、他の在阪局による、在京キー局発のお色気番組のネット受け打ち切りが相次いだ。 この一件は「準キー局のキー局に対する反乱」ととらえられ大いに話題となった [ ]。 在京キー局でも、1990年代以降お色気番組では徐々に減少し、独立ローカル局では、デジタル1本化直後に姿を消した。 なお『23時ショー』の近畿地方向けネットは、のちに(昭和47年)10月から、とサンテレビへのでされ、実質的に再開されている(参照)。 その一方で、ドラマやバラエティなどの娯楽番組については、『』を東京12チャンネルからネット受けしたり、バラエティショー『』を自社制作して同局に配信するなど、お色気色が強いものを取り扱っていた。 日本初の海外衛星中継 [ ] 1963年(昭和38年)11月のの模様を、・に当時駐在していた毎日放送社員で元同局アナウンサーの前田治郎(まえだ じろう)が克明に情報を伝えていた。 当初、日本初の海外衛星中継(宇宙中継)実験として、大統領のスピーチを放送することになっていたが、その最中に遊説していた・でのパレード中に暗殺されたことを受けて、急遽前田がその状況を克明に放送。 その他の問題・不祥事 [ ]• のされた(昭和59年)深夜、この事件に関するが成立する前に、MBSテレビで江崎社長の誘拐を伝えるニュースの第一報が報じられた。 [ ]• 2005年(平成17年)4月に放送された『VOICE』で、兵庫県在住の経営の女性が、関係者らと共に同市内のに対して嫌がらせを繰り返し、喫茶店を廃業に追い込んだとの報道を行った。 これに対し、女性が名誉を傷つけられたとしてにを起こし、同は2007年2007年(平成19年)に原告の名誉を毀損したとして、40万円の支払いを毎日放送に命じた。 でのではという取材手法が問題とされたが、名誉棄損は認めず一審判決を変更して10万円に減額し、最終的に(平成21年)には両者のを退け、二審の大阪高裁判決が確定した。 2005年(平成17年)の同局の報道番組での、兵庫県の疑惑に絡んだ報道で、同町が約2億8,000万円を支出した造成工事について、・元同のファミリー企業が予定価格通りに落札したなどとした報道を行った。 これについて、森元町長が毎日放送とを行ったを相手にそれぞれ1,000万円の支払いを求め、神戸地裁に訴訟を起こした。 同地裁は2008年(平成20年)にを認め、毎日放送に100万円の賠償を命じた。 (平成18年)に放送した「2006」中継では、の成績を首位に立っていないにもかかわらず「首位に立った」と表示したため、に近畿総合通信局から厳重注意を受けた。 2008年(平成20年)に放送されたMBSテレビ制作の全国ネットバラエティ番組『』で健康チェック「ティッシュ箱飛ばし」を紹介した際、この番組を視聴していた在住の60代女性が実践した際に怪我を負ったことが同年に明らかになった。 同年には、同番組のエンディングでお詫びと視聴者に注意喚起を促すテロップをアナウンス付きで放送した。 2008年に収録された同局の内で行われた「番組対抗駅伝」企画で、大阪校に当時在籍していた男性が同年に行われた同企画の野外リハーサルで走らされた際、を発症してが残った。 当時、気温は35度以上あり、運動を原則中止すべき気象条件だったにもかかわらずリハーサルを実施したことで熱中症になったことが原因で障害が残ったとして、男性は毎日放送と吉本総合芸能学院を運営する『』を相手取り、4月に訴訟を起こした。 男性側は「速やかな病院搬送など適切な対応を怠った」などと主張している。 毎日放送は7月に、この男性に対して約177万円を支払っているという。 に同地裁は「熱中症の後遺症ではない」などとして、原告の訴えを退けた。 2010年(平成22年)に、内ので『』の収録が行われ、「の選手と子ども100人が(の)試合をしたらどんなスコアになるのか」との企画で、の選手らや同球団傘下のサッカースクールに通う児童らが参加して行った。 ところが、この収録中にセレッソ側のゴール前へ児童らが殺到し、うち3年生の男子児童1人が転倒したうえ、この児童は他の児童に左腕を踏まれて左で全治3か月の重傷を負った。 2011年(平成23年)放送の『イチハチ』で、富裕なを紹介する特集『お坊ちゃまお嬢様芸能人No. 1 決定戦』に出演していたの女性を、本人の事前申告を基に「・の内の部屋に居住する資産家」と紹介したが、放送後には視聴者からの指摘をきっかけに、このビル内の物件を女性タレントが所有した事実がなかった疑いが浮上した。 毎日放送では同年2月4日に事実確認が不十分だったことに対する謝罪と、放送後の現地調査を基に「事実と異なる内容を放送したと客観的に疑わざるを得ない」とする見解を記した文章を同番組の公式サイトなどで発表した。 2011年(平成23年)に、複数の報道番組での被害者とは別人の写真を被害者として報じた。 誤報事件を受け、毎日放送はチェック体制を強化すると発表した。 2013年(平成25年)放送の『せやねん! 』では、コーナー「今週の気になるお金」で「特殊詐欺・ダイヤモンド詐欺」を取り上げた。 しかし、同コーナーで紹介した具体的な手口・実例・被害金額が、前々日()に読売テレビの『』で放送されたばかりの独自取材特集「モクゲキ〜ダイヤモンド劇場型詐欺」の内容に酷似していることが、同局からの指摘で判明した。 毎日放送で社内調査を進めたところ、『せやねん! 』のスタッフが、読売テレビの公式サイトで配信されていた当該特集の動画の内容を同局に無断でナレーションの原稿などへ引用したことが判明した。 このため、毎日放送では2013年付で「読売テレビや取材に協力された方に多大な迷惑をおかけしたことをお詫びします。 放送人としてモラルを徹底させるとともに、チェック体制を見直したい」という謝罪コメントを広報部から発表する とともに、『せやねん! 』の公式サイトに謝罪文を掲載した。 2014年(平成26年)にTBSテレビ系列全局で放送された『』で、合唱部に出演を依頼したが、放送前日に出演依頼を取り下げたことを公表した。 その理由として、東京のスタジオと中継を結ぶ『』(にて開催)において、冠スポンサーがであること、ならびに会場内でアサヒビール社製品を販売していた事から、毎日放送側が未成年の出演を社会通念上避けるべきと判断したが、そのような状況を社内で充分に認識していなかったため。 毎日放送は同日付で高校に謝罪し、当日の放送ではブルーバックで「このあと放送される『音楽の日』に大阪府立清水谷高校の皆さんが出演される予定でしたが、毎日放送の不手際のため、出演していただくことができなくなりました。 関係者の皆さんに深くおわび申し上げます。 」と謝罪のテロップを放送した。 mazda(マツダ)も同じく会場内での実車展示をしていた。 2017年に神戸市で、高齢男女など5人が殺傷される事件が発生したが、この事件に関連して、17日に放送された『』と『ちちんぷいぷい』に於いて、の顔写真として紹介した写真が、別人のものであったことが判明し、同局は同日夕方以降のニュース番組内で繰り返し謝罪した。 2017年にラジオで放送された『こんちわコンちゃんお昼ですょ! 』でにおける基地反対運動を取り上げた際に、パーソナリティの近藤光史が、「やの勢力が内部から日本を分断しようとしている」との私見や「これらの勢力が基地反対運動でも活動しており、純粋に反対運動をしている人は少ない」という趣旨のコメントを発した。 この発言について、社長の三村景一は、の定例記者会見の席上で「近藤の発言は不適切だった」と謝罪した。 近藤に対して、沖縄の現状を改めて取材・報告させる方針を示した ため、翌2月には近藤の冠番組(「こんちわコンちゃんお昼ですょ! 」「日曜コンちゃん おはようさん」)で上記の方針に沿ったリポートが放送された。 関連会社 [ ] 詳細は「」を参照 連結子会社 [ ]• 出典 持分法適用関連会社 [ ]• スポーツニッポン開発(スポーツニッポンカントリー倶楽部)• その他非連結子会社・関連会社 [ ]• クリエテ関西(との合弁。 雑誌「」発行)• デジタルウェーブ• 友好会社・系列放送局 [ ]• 関係の深い系列外放送局 [ ]• (旧:東京12チャンネル。 かつてのキー局)• (旧:NETテレビ。 かつてのキー局)• (テレビ開局当初、一部番組をネット。 MBS制作の一部番組もフジテレビでネットしていた)• (1959年のを共同で製作した経緯がある。 が発覚した際、であるととの関係は悪化したが、ととの関係は悪化しなかった。 奇しくも、のデジタル放送のチャンネルだけでなく、のチャンネルは、 4だった)• (旧:ラジオ関東。 毎日新聞が設立にかかわった縁で競馬・野球中継限定のネット関係がある)• (MBSが1990年代まで放送していた土曜日のラジオ競馬中継を移管し、引き続きMBSが制作を受託している) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』(ラジオ番組)、『』など• 但し暫くは、ラジオ番組の一部を梅田の内にあった「ラジオポートMBS」で制作して、『』などのテレビ番組制作は千里丘に残った。 MBSテレビでは、TBSテレビからの同時ネットで『』を放送していた。 在京キー局の本社周辺に在阪準キー局が東京支社を構えているのは、毎日放送とのの2局のみである。 読売テレビの東京支社は以前に構えていたが2009年(平成21年)11月にの日本テレビ本社などが入居する「」に移転し、在阪準キー局の東京支社で唯一読売テレビが、在京キー局の本社ビルに入居する形となった。 受信報告書はテレビ・ラジオとも視聴者センターで受け付け• 澤田隆治「上方芸能笑いの放送史」、『NHK人間大学』1994年10月 - 12月期、日本放送出版協会、1994年、90頁。 「くもくもとりさん」は2006年4月から、「げじー」は2015年7月から登場。 2019年11月時点の現役アナウンサーでは、関岡香・高井美紀・古川圭子・武川智美・松井愛・西村麻子・松川浩子・上田悦子・松本麻衣子が該当。 出典 [ ]• (大阪市経済戦略局企業立地部企業立地課2011年4月11日付プレスリリース) [ ]• () - 毎日新聞・2013年9月4日付掲載記事• - 公式Facebookアカウント(2013年2月12日エントリー)• (『』付記事)• 毎日放送 2019年1月18日. 2019年1月20日閲覧。 (『』付記事)• - (2012年8月25日閲覧)• - 日本郵便• MBSテレビのネットチェンジ以前は朝日放送(現・)、以後はTBSテレビが「JNNパリ支局」を開設していた。 を参照。 (毎日放送付プレスリリース)• ラジオの周波数 1179kHzから• THE PAGE 2016年2月29日• 気象庁• 毎日新聞 2016年12月20日• スポーツ報知 2016年9月6日• MBSテレビでは、通常編成の『せやねん! 』第2部を、当番組の放送枠に充てた。 ちなみに、南日本放送(MBCテレビ)では、2016年10月3日(月曜日)から『ちちんぷいぷい』前半(13:55 - 15:50)の同時ネットを実施している。 (『』2018年12月12日付記事)• 国税庁法人番号公表サイト• (毎日放送2020年5月28日付プレスリリース)• 在阪局では、2018年4月1日に「朝日放送グループホールディングス株式会社」への商号変更・放送持株会社体制へ移行した朝日放送が、同日付でテレビ放送部門とラジオ放送部門を分社化。 持株会社の子会社として、「」と「」が発足した()。 朝日航洋 2009年4月1日• (『AERA』2007年4月5日臨時増刊号「カラダ AERA」)を参照。 (『』「在阪民放アナのリレーコラム『アナランド』」2019年4月29日付記事)• - MBS毎日放送• などを参照• 毎日放送編・著『まるのまんな あどりぶランド』(、1987年)に掲載の「開局以来のアナウンサー名鑑」などを参照• 2013年3月6・13日放送『』出演時に紹介。 (付配信記事)• 当番組のディレクターからテレビ営業局タイム営業部へ異動した時期の尾嵜のプロフィール]を参照• (『』付記事)• (『』付記事)• (『』付記事)• 系列局取材のニュースが全国級になった場合、JNNの基金から補助金が支払われる代わりに、系列局単独ではなく「JNNの取材」と表記される。 鎌田正明「テレビよ、誇りはあるか」『週刊現代』第51巻第35号、、2009年9月、 pp. 152-153、 2009年9月18日閲覧。 ニュース 2016年8月1日、同16日閲覧。 『テレビ史ハンドブック 改訂増補版』、1998年 p. - YAHOO! ニュース2006年12月12日19:28配信• 読売新聞 2011年6月1日• 毎日新聞 2015年4月18日• 読売新聞 2011年1月27日• (「」2013年12月26日付記事)• 毎日新聞 2017年7月18日• 毎日新聞 2018年1月19日 参考文献 [ ]• 辻一郎『私だけの放送史』清流出版2008。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式サイト•

次の

毎日放送「ミント!」放送記念セット♪/本日ロスゼロに会いに来てください!(2019/10/30)

毎日 放送 ミント

3月27日(金)午後3時49分から放送 毎日放送「ミント!」にガル探偵学校が紹介されます。 視聴可能地域の方は是非ご覧くださいませ。 mbs. なぜ、浮気・不倫調査専用のホームページを作成したのか?と言いますと。 まず、探偵が行う調査というのは、さまざまあります。 行動調査、素行調査、盗聴調査、盗撮調査、身辺調査、行方調査、家出人調査、所在調査など、多岐にわたります。 探偵選びに失敗したために十分な結果が出せず、思うような解決につながらなかったと後悔される方が多くいらっしゃいます。 これからの人生に大きく影響を与える可能性の高い、そんな大切な浮気・不倫調査の為、失敗することが無いように、ご相談者様の絶対的な味方で、お力になりたいと考えています。 きっと満足のいく調査結果を提供することを、お約束いたします!感動する浮気・不倫調査結果をご提供します。 【浮気・不倫調査の需要増加傾向】 ここ数年、明らかに浮気・不倫調査のご相談が増えています。 このような状況で、一般の方もあの人がそんなことしているんであれば、私も・・・ そんな風に軽く思てしまうのでしょうか。 不倫が違法な行為になるとちゃんと理解しているのでしょうか? 恐らく安易に考えているのでしょう。 まさか誰もが行っているこのような行為が、違法なまでなることは無いだろう。 バレルと慰謝料を請求される対象となることなど、みじんも考えていない人が大方でしょう。 殆どの人が、そこまで真剣に考えている人はいないでしょうね。 軽い気持ち、遊び心のような人が多いように感じます。 そして、突然、弁護士から内容証明郵便が届き、慰謝料の請求書が送られてくると、慌てふためいてしまうことでしょう。 既婚者であれば、配偶者に分かってしまう場合もあるでしょう。 どうしたらいいか分からず、家庭が崩壊してしまうかもしれません。 そこまでのリスクを考えている方はほとんどいないのでしょうが、そのようになってしまう可能性が非常に高いのも現実です。 当事者にしてみれば、自分の過程が浮気や不倫行為によって、夫婦関係、親子関係をズタズタにされて、浮気相手の夫婦、家族関係が良好なのは許せるはずがありませんから、ところん責めることになるでしょう。 最近の弁護士事務所は、このような依頼も増加傾向にあるようです。 出会いを求めて、好奇心もあり、最初は軽い気持ちで・・・しかし、深みにはまって現実逃避の世界へ。 知らない人とLINEやチャットでのやり取りで最初は軽い気持ちで入っていくのでしょうが、だんだん楽しくなってきて、一度会ってみようか?どんどん深みに入っていく。 お互い、そのような期待も持っていたのでしょうから、どんどんエスカレートしていくことに、挙句、浮気・不倫の関係に発展。 もうブレーキが利かなくなる。 従来であれば、人と出会うことはそうそうなかったことでしょう。 親しい関係になることも無かったことでしょう。 それを、大きく変えてしまったのが、スマートフォン。 出会い、個別の連絡がいとも簡単にできてしまう。 この影響が、不倫や浮気の可能性を広めているのは間違いないでしょう。 最近は、ネットでのゲームで親しくなり、浮気・不倫の関係になっていく方も多いようです。 趣味が合うと一気に親しくなって、意気投合するようです。 趣味が合うから、楽しく、昼も夜も常につながって抜けきれなくなるようです。 この状況は今後も続くのでしょうね。 スマートフォンがきっかけになる、社会に与えてしまった悪しき影響のひとつでしょう。 【アフターフォローも充実】 ご相談者様に必ず有利になるような結果をご提供したい。 証拠をきちんととれるか?また、その後、いかに有利になるように戦うか。 これまでの経験を踏まえ、色々なアドバイスをさせていただきます。 法的な手続きが必要な場合は、夫婦トラブル・浮気・不倫・離婚問題専門の顧問弁護士をご紹介させていただきます。 一口に弁護士と言っても、色々な弁護士がいますし、それぞれ得意としているものも違います。 これまで色々な弁護士や弁護士事務所をご紹介させていただきましたが、どこも一緒ではありません。 自身を持って紹介できる弁護士事務所を、お伝えいたします。 大きな事務所が必ずしもベストとは限りません。 以前あったケースでは、紹介させていただいたのですが、若い経験の浅い弁護士が担当となり、思うように対処していただけないケースがありました。 それよりはスタッフは少なくても責任を持って対応していただける、弁護士事務所の方が必ず安心していただけると思います。 経験豊富で信頼できる弁護士が担当してもらえることが大変重要です。 不安な状況で、これからどのように進んでいくのか?弁護士に色々と頼ることになるわけですから、安心して頼める方の方がいいに決まっています。 そのように必ず力になってくれる弁護士を自信をもって、ご紹介します。 必ず結果が左右されます。 【アクセス】 大阪府大阪市に3店舗 それぞれに事務所がありご都合の良い事務所へお越しください。 新大阪(最寄り駅、地下鉄御堂筋線 新大阪 西中島南方各駅) 大阪以外から新幹線を利用しお越しいただくことも可能です。 北摂地域の方も便利です。 梅田キタ(最寄り駅、地下鉄御堂筋線 梅田駅 JR大阪駅 阪急梅田駅 阪神電車梅田駅)大阪のキタ地区、大変利便性の良い地域にあります。 1Fにはセブンイレブンがあります。 大阪中央(地下鉄御堂筋線 心斎橋駅 なんば駅)アーケードのある心斎橋筋商店街に面しています。 お買い物のついでにお立ち寄りください。 大阪の中心部から大変交通の便のいいところへ事務所を設けております。 【ガルエージェンシーとは】 探偵業界最大手 全国に100を超える事務所数 専属の調査員 探偵を育成するための、ガル探偵学校も経営 関西地区には大阪校しかありませんが、私(津田聡)は大阪校の校長も兼任しています。 調査には自信を持っておりますので、ご安心ください。 調査員は学校を卒業したものしか雇用しません。 調査に関することはもちろんですが、法令に関する事項も教育を徹底したものしか雇用しません。 関西にいながら、日本全国の調査が無駄な経費を負担することなく可能です。 大阪から出向く必要が無く、地元の調査員が効果的、効率的な調査を行います。 Copyright 2018 Office NIKE Inc. All Rights Reserved.

次の

MBS「ミント!」出演キャスター&アナウンサー一覧

毎日 放送 ミント

3月27日(金)午後3時49分から放送 毎日放送「ミント!」にガル探偵学校が紹介されます。 視聴可能地域の方は是非ご覧くださいませ。 mbs. なぜ、浮気・不倫調査専用のホームページを作成したのか?と言いますと。 まず、探偵が行う調査というのは、さまざまあります。 行動調査、素行調査、盗聴調査、盗撮調査、身辺調査、行方調査、家出人調査、所在調査など、多岐にわたります。 探偵選びに失敗したために十分な結果が出せず、思うような解決につながらなかったと後悔される方が多くいらっしゃいます。 これからの人生に大きく影響を与える可能性の高い、そんな大切な浮気・不倫調査の為、失敗することが無いように、ご相談者様の絶対的な味方で、お力になりたいと考えています。 きっと満足のいく調査結果を提供することを、お約束いたします!感動する浮気・不倫調査結果をご提供します。 【浮気・不倫調査の需要増加傾向】 ここ数年、明らかに浮気・不倫調査のご相談が増えています。 このような状況で、一般の方もあの人がそんなことしているんであれば、私も・・・ そんな風に軽く思てしまうのでしょうか。 不倫が違法な行為になるとちゃんと理解しているのでしょうか? 恐らく安易に考えているのでしょう。 まさか誰もが行っているこのような行為が、違法なまでなることは無いだろう。 バレルと慰謝料を請求される対象となることなど、みじんも考えていない人が大方でしょう。 殆どの人が、そこまで真剣に考えている人はいないでしょうね。 軽い気持ち、遊び心のような人が多いように感じます。 そして、突然、弁護士から内容証明郵便が届き、慰謝料の請求書が送られてくると、慌てふためいてしまうことでしょう。 既婚者であれば、配偶者に分かってしまう場合もあるでしょう。 どうしたらいいか分からず、家庭が崩壊してしまうかもしれません。 そこまでのリスクを考えている方はほとんどいないのでしょうが、そのようになってしまう可能性が非常に高いのも現実です。 当事者にしてみれば、自分の過程が浮気や不倫行為によって、夫婦関係、親子関係をズタズタにされて、浮気相手の夫婦、家族関係が良好なのは許せるはずがありませんから、ところん責めることになるでしょう。 最近の弁護士事務所は、このような依頼も増加傾向にあるようです。 出会いを求めて、好奇心もあり、最初は軽い気持ちで・・・しかし、深みにはまって現実逃避の世界へ。 知らない人とLINEやチャットでのやり取りで最初は軽い気持ちで入っていくのでしょうが、だんだん楽しくなってきて、一度会ってみようか?どんどん深みに入っていく。 お互い、そのような期待も持っていたのでしょうから、どんどんエスカレートしていくことに、挙句、浮気・不倫の関係に発展。 もうブレーキが利かなくなる。 従来であれば、人と出会うことはそうそうなかったことでしょう。 親しい関係になることも無かったことでしょう。 それを、大きく変えてしまったのが、スマートフォン。 出会い、個別の連絡がいとも簡単にできてしまう。 この影響が、不倫や浮気の可能性を広めているのは間違いないでしょう。 最近は、ネットでのゲームで親しくなり、浮気・不倫の関係になっていく方も多いようです。 趣味が合うと一気に親しくなって、意気投合するようです。 趣味が合うから、楽しく、昼も夜も常につながって抜けきれなくなるようです。 この状況は今後も続くのでしょうね。 スマートフォンがきっかけになる、社会に与えてしまった悪しき影響のひとつでしょう。 【アフターフォローも充実】 ご相談者様に必ず有利になるような結果をご提供したい。 証拠をきちんととれるか?また、その後、いかに有利になるように戦うか。 これまでの経験を踏まえ、色々なアドバイスをさせていただきます。 法的な手続きが必要な場合は、夫婦トラブル・浮気・不倫・離婚問題専門の顧問弁護士をご紹介させていただきます。 一口に弁護士と言っても、色々な弁護士がいますし、それぞれ得意としているものも違います。 これまで色々な弁護士や弁護士事務所をご紹介させていただきましたが、どこも一緒ではありません。 自身を持って紹介できる弁護士事務所を、お伝えいたします。 大きな事務所が必ずしもベストとは限りません。 以前あったケースでは、紹介させていただいたのですが、若い経験の浅い弁護士が担当となり、思うように対処していただけないケースがありました。 それよりはスタッフは少なくても責任を持って対応していただける、弁護士事務所の方が必ず安心していただけると思います。 経験豊富で信頼できる弁護士が担当してもらえることが大変重要です。 不安な状況で、これからどのように進んでいくのか?弁護士に色々と頼ることになるわけですから、安心して頼める方の方がいいに決まっています。 そのように必ず力になってくれる弁護士を自信をもって、ご紹介します。 必ず結果が左右されます。 【アクセス】 大阪府大阪市に3店舗 それぞれに事務所がありご都合の良い事務所へお越しください。 新大阪(最寄り駅、地下鉄御堂筋線 新大阪 西中島南方各駅) 大阪以外から新幹線を利用しお越しいただくことも可能です。 北摂地域の方も便利です。 梅田キタ(最寄り駅、地下鉄御堂筋線 梅田駅 JR大阪駅 阪急梅田駅 阪神電車梅田駅)大阪のキタ地区、大変利便性の良い地域にあります。 1Fにはセブンイレブンがあります。 大阪中央(地下鉄御堂筋線 心斎橋駅 なんば駅)アーケードのある心斎橋筋商店街に面しています。 お買い物のついでにお立ち寄りください。 大阪の中心部から大変交通の便のいいところへ事務所を設けております。 【ガルエージェンシーとは】 探偵業界最大手 全国に100を超える事務所数 専属の調査員 探偵を育成するための、ガル探偵学校も経営 関西地区には大阪校しかありませんが、私(津田聡)は大阪校の校長も兼任しています。 調査には自信を持っておりますので、ご安心ください。 調査員は学校を卒業したものしか雇用しません。 調査に関することはもちろんですが、法令に関する事項も教育を徹底したものしか雇用しません。 関西にいながら、日本全国の調査が無駄な経費を負担することなく可能です。 大阪から出向く必要が無く、地元の調査員が効果的、効率的な調査を行います。 Copyright 2018 Office NIKE Inc. All Rights Reserved.

次の