育児 英語。 子育てって英語でなんて言うの?

小学生からのバイリンガル育児

育児 英語

子育て中でも学びたい! ママの勉強時間はどう作る? 子どもと過ごす時間は大切。 だけど自分のスキルアップもあきらめたくない! 「子どもがまだ小さくて自分の時間なんて全くないけど、英語を学びなおしたい!」そんな読者さん、たくさんいらっしゃると思います。 乳幼児を抱えたお母さんは目がまわるほど忙しい。 何もかも子ども最優先で、自分のために使える時間なんてほとんどありません。 一方で、子育て期間に上手に勉強してスキルアップしているママも実際に存在します。 彼女たちが特別恵まれた環境? いいえ、そんなことはありません。 どのママも限られた時間をやりくりして勉強時間をひねり出しているのです。 育児期間をどう過ごすかによってその次の10年20年の充実度がまったく違うと言っても過言ではありません。 同じくらいの英語力を持つ二人の女性がたまたま同じ日に出産したとして、一人は工夫して勉強を続け、もう一人は育児中に勉強なんてムリと最初から諦めてしまった場合、子どもが小学校に入学する頃には前者は英語教室がオープンでき、後者はやっとこれから学びなおし、くらいの差がついてしまうのです。 このように、忙しくても勉強できる人は夢が叶う確率が高くなります。 なので、英語をマスターしたいと思っているならぜひ勉強し続けて欲しいのですが、育児中でも勉強できる人と勉強できない人、一体どこが違うのでしょう? 英語大好きママにアンケートを実施。 そこで見えてきたタイムマネージメント術とは?そこで今回は、育児期間にどうすれば勉強時間を捻出できるのかを調べてみました。 調査方法はアンケート。 育児真最中の英語大好きママに、ご自身の英語学習に関する質問に答えていただきました。 ご協力いただいたのは、子育て英語教室や認定講師養成教室を開催している英会話スクール「」の認定講師及びレッスン受講中の皆さん。 フェリーモでは母子一緒に受講できるので、育児中でも安心して通うことができます。 子育て中でも自分の英語磨きを忘れないママたちに、時間のやりくりについて答えていただきました。 また、数年来の友である私の英語子育て仲間にもアンケートに協力してもらいました。 彼女たちの子どもは既に就学しているので、時間のやりくりが最も難しかった時期を振り返ってもらい、先輩的立場からコメントしてもらいました。 勉強時間を捻出する知恵や工夫は、英語に限らずどんな勉強にも通用します。 勉強とは新しいことを知ること。 勉強できる人は世の中がどんなに変化しても怖くありません。 勉強好きなママたちのタイムマネージメントの知恵を次ページで大公開します!.

次の

子育てママの勉強時間の作り方(前) [英語] All About

育児 英語

赤ちゃん・幼児から始めて、まずは3年、そして10年、毎日かけ流しと時々は意味づけができれば、子供は自然とバイリンガルになります。 小学生のうちに始められれば、十分バイリンガルに育てることができます。 私がそう確信しているのは、小学4年生の女の子にバイリンガル指導をした経験からです。 当時、うちの子供達はまだ小さかった上に、私は通訳学校に通っていて、他人様の英語どころではなかったので、人に頼まれても英語を教えることはしていなかったのですが、そのお宅は、お父さんの転勤で1年後にアメリカに行くことが決まって、お母さんが「何とかしてほしい」と相談してこられたのです。 その子(Cちゃん)の下にも弟と妹がいたのですが、下の二人はまだ小さかったので、 「下の子達はいいけど、Cだけは、向こうの5年生に入るのに英語が全然できなかったら可哀想だから」 とおっしゃるのです。 Cちゃんはその時点でアルファベットもまだきちんとは読めませんでしたし、週1回30分私が見てあげたとしても、たった1年でどれだけのことができるか分かりませんでしたが、何とかしてあげたい気持ちと、小学生がどこまで耳で英語を習得できるのか見てみたい気持ちの両方から、渡米前の英語指導をお引き受けしました。 と言っても、もちろん私のレッスンに来ただけでそんなにみるみる英語が上達する訳はありません。 家でしっかり取り組みをしてもらうように宿題を出し、レッスンではその宿題(家庭での取り組み)をきちんとやったかチェックするだけでしたから、Cちゃんの上達は「おうち英語」の成果だったと言えます。 その時使った教材が、「トーキングトレーナー」(現在のの1年目)でした。 それは、 「文字から入らないこと」と 「英語の意味をすべて日本語で説明(理解)しようとしないこと」です。 小学生は、もうしっかり日本語ができあがっていますし、自分の周りのことも日本語で理解しています。 また、日本語でもひらがな、カタカナ、漢字を読めるようになっていく時期です。 なので、つい、英語の意味も一語一語日本語で説明(理解)したり、文字を読んで読みを覚えたりさせそうに(しそうに)なってしまいます。 ですが、過去記事「」にも書いたように、 言語と言うのは「音」ですから、英語の音を与える時に、 文字から入ろうとしたり、日本語で理解しようとしてしまう と、英語が英語の音のままで入って来なくて、 途中で日本語に変換されて入って来てしまうので、 「音としての言語」(英語)の習得が遅くなってしまうのです。 日本語ができあがっているから日本語を介した方が近道のように思えるのですが、それをやってしまうと、英語の「音」をそのまま身につけることができません。 英語の「音」を日本語の音と意味に変換する癖がついてしまうと、大人が英語を勉強する時のように、 日本語が逆にバリアになってしまって、英語の習得が難しくなってしまうのです。 これを私は 「自我が邪魔する」と言っているのですが、小学生は、この「自我」がしっかりしてくる時期なので、意識して注意する必要があります。 (過去記事「」「」) とは言っても、日本語をまったく使ってはいけない訳ではなく、ざっくりと内容を理解させるために日本語で説明してあげてもいいのですが、全部の単語や表現を一言一句日本語に訳すようなことはしない方がいいです。 それをやってしまうと、日本語に訳して考える癖がついてしまい、英語回路(英語を英語のまま理解する力)ができづらくなるので、早くに頭打ちになってしまいます。 でも、 小学生だったら、まだ耳が良いので、英語を音からそのまま習得することができます。 ですから、遠回りのように思えても、 「文字から入らない」 「日本語で理解しようとしない」 を徹底することが、結果的にバイリンガルにする近道です。 そのための具体的なやり方について、以降、書いていきたいと思います。 ・ ・ (なお、小学生でパルキッズを使う場合は、低学年と高学年でおススメのやり方が変わります。 使いこなすコツなどもお伝えしますので、ご購入をお考えの方は、よりご連絡ください。 興味のある方は、お気軽にください。 「おうち英語アドバイザー」のちえみ です 大人になって英語をやり直し、通訳学校を経て、日英通訳者になりました。 妊娠中から英語育児をやってきて、バイリンガルに育った子供が2人います。 現在、世界の標準語は「英語」です。 日英通訳者として、英語で苦労している日本人をたくさん見てきました。 だけど、子供のうちなら簡単な「おうち英語」で、将来英語で苦労しないバイリンガルに育ててあげることができます。 おうちの人が英語をしゃべれなくても、高い教材を買わなくても、英会話レッスンに通わせなくても大丈夫。 そんな「おうち英語」が広まるように、おうち英語のノウハウをお伝えするこのブログを書き、おうち英語コミュニティ「おうち英語の会」を主宰しています。 日本の子供達が世界に出て行った時に、英語で苦労しなくて済むように。 そして、お父さん・お母さんがお子さんに「英語という贈り物」をあげることで、子育ての達成感を一つでも多く感じていただきたい。 そんな思いで活動しています!.

次の

英語育児は【語りかけナシ】でもいいの?

育児 英語

彼女は育児に専念している• She devotes herself to the care of her children. 育児院a children's home;〔孤児の〕an orphanage• 育児休暇[休業] a child-care leave• 育児休業制度a child-care leave system• 育児時間nursing time• 育児室a nursery• 育児書a book on child care• 育児食baby food• 育児手当a nursery allowance• 育児ノイローゼpost partum depression; a nervous breakdown caused by the stress of child care• 育児費child-care expenses• 育児法 a method of child care; nursing.

次の