営業アシスタント バイト。 東京都の営業のアルバイト・バイト求人情報

株式会社ビジョナリー 銀座店(営業アシスタント)のアルバイト・バイト求人情報

営業アシスタント バイト

営業アシスタントの仕事内容や1日のスケジュール 1. 営業アシスタントの主な仕事内容 営業担当者が外回りで不在時の時、お客様からの問い合わせに対応し、簡単なことであれば代わりに解決します。 また、すぐに担当者からの連絡が必要であれば即座に報告しトラブルを未然に防ぐなど、そんな心強いサポート役として活躍するのが営業アシスタントです。 具体的な仕事内容としては、商品の受発注や伝表・請求書の発行、お客様からの電話やメール応対など事務業務があります。 さらに、すでにお付き合いがある会社を訪問して、お客様の状況を伺うことで新しい提案のきっかけをつくる業務を含むこともあります。 そのため、必要なスキルや資格としては以下が挙げられます。 ExcelやWordを使ったPCスキル• 営業部からの請求書をもとに売上伝票を作成するなどの起票経験のスキル• 簿記資格 これらのスキルのある人は歓迎される傾向にあるようです。 また、一口に営業アシスタントと言っても、 外資系と日系では仕事内容やそれに伴う必要なスキルも全然違うようです。 また、顧客が必ずしも英語圏とは限らないため、他の国の語学力が必要な場合もあります。 営業事務との仕事の違いは? 業務領域の似ている職種として「営業事務」があります。 その違いとして、営業アシスタントは「お客様への訪問」が業務に含むことがあります。 すでにお付き合いのある不動産会社を訪問して、お客様の状況を伺ったり、データの共有やご不明点のご案内などをしていただきます。 定期的にお客様のもとへ訪問してヒアリングを行なうことで、お客様満足度を高めるとともに、営業担当が新たな提案の機会を逃さないようにしていただきます。 また、営業資料のサポートや庶務業務などもバランスよく行なっていただくので営業スキル・事務スキル両方の良いとこ取りができちゃいます。 【営業事務スタップ】 入居者様の家賃の入金処理・電話応対・書類送付などをお任せします。 入社後には1年間の研修をご用意。 銀行から送られてきた入金データをもとに金額をチェックします。 その後、物件のオーナー様に送金していきます。 入居者様とオーナー様にお送りします。 1日100~200件ほどを必ずダブルチェック。 チームで協力して作業を進めますから、残業はほとんどありません。 営業アシスタントの1日のスケジュール こちらの実際の不動産業界の求人情報を例に、1日のスケジュールをみてみましょう。 デスクワークとお客様への訪問の両方があること、営業メンバーとのコミュニケーションがあることが分かります。 経験者に聞く 営業アシスタントのやりがいや悩み 1. 営業アシスタントの仕事やりがいとは• 実施にお客様に会うことで営業アシスタントに連絡してくれる機会が増え、より心を込めた対応をできるようになった。 決められた事務作業を行うイメージがあるが、業務改善など工夫する余地も十分にあるので、業務の効率や質を高めていける面白さがある。 問い合わせをいただいた方にネットの情報だけでは伝わりきらない部分を伝えることで、契約の後押しになり、チームの達成に貢献できる。 営業アシスタントの仕事の悩みとは• もともと黙々と作業をするのが得意なタイプだったが、テキパキとしている営業メンバーとどのようにコミュニケーションを取ればいいか分からないので、何事も遠慮がちになってしまう。 取引先とトラブルが起こらないようにする、書類のミスが無いようにするのが大事にされる職場のため、努力が目に見えづらく、周りから評価されづらいのが悩み。 営業と同じような仕事内容をしているにも関わらず、営業アシスタントという立場のため昇給されにくい。 関連相談• 営業アシスタントの平均年収は? 20代から徐々に上がり30代で平均333万円 営業アシスタントの給料は20代前半で平均年収が 292万円です。 その後徐々に増えていき30代では平均年収が 333万円になります。 より給料を増やしたいと思う人は営業職へのキャリアアップを目指しましょう。 他にも、経理や税務などの資格を取得して管理職への異動を考えることも可能です。 転職エージェントを利用することで年収アップも可能 面接まで1週間ほどもしくはそれ以上の準備期間がある方は、転職エージェントに一度相談するのもおすすめです。 転職エージェントを利用すれば、親身に転職活動をサポートしてくれます。 さらに非公開求人など、自分では見つけることができなかった求人も見つけることが可能です。 既にエージェントの登録をしている方も、複数登録してみると世界観が変わるのでおすすめです。 公式HP• リクルートエージェント:• doda: 関連相談• 営業アシスタントがキャリアアップしていくには? では、実際に営業アシスタントに就いた後、キャリアアップをしたいと考える時はどんなキャリアがあるのでしょうか。 すぐ思い浮かぶのは営業職へのキャリアアップなのですが、実際はいかがでしょう。 営業アシスタントからキャリアアップする方法はありますか? キャリアアップの方法について悩んでいる40歳の男です。 現在営業アシスタントとして外資系企業で約5年働いています。 勤務先企業では、外資企業ということだけあって仕事は工夫して仕事をしているつもりです。 この先、将来のことを考えたとき自分はアシスタントとしてではなく、キャリアアップをしたいと思っています。 転職エージェントに一度話を聞きに行ったのですが、アシスタントしか経験がないので、希望条件にあった職は難しいと言われました。 やる気はもちろんありますが、どうしたら、アシスタントの経験しかないと見られずにすむのでしょうか? 年齢的にもきついと思います。 その他、社内異動で、キャリアアップを望める会社ではありません。 どなたか回答お願いします。 実務経験がないのは仕方ないと思います。 なので、… このように、営業アシスタントからのキャリアアップには営業職へとステップアップすることが多いようです。 そのため、実際に営業の実務をどれほどこなしているかが重要となるようです。 営業経験以外の多様な経験もアピールできれば転職するチャンスが増えるでしょう。

次の

東京都の営業アシスタントのアルバイト・バイト求人情報

営業アシスタント バイト

固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 株式会社Grace 訪問看護ステーション ブロッサム : お仕事番号 3604313 TEL受付時間• 固定電話などの別の端末からTEL応募する場合 050-5841-5500• 株式会社フィールドサーブジャパン[002] : お仕事番号 2959925 前のページへ• 毎年様々な新施設がオープンしています! 飲食などの定番アルバイトから、メディア関係のちょっとレアなアルバイトまで、選択肢が豊富なところが最大の特徴。 "東京にない職種はない!"といっても過言ではありません。 東京都は経済の中心地「23区」と市町村から成る「23区外」の大きく2つに分類されます。 23区はオフィスワークや飲食系のお仕事がたくさん!テレビで話題の企業、日本初上陸のお店など、トレンドのスポットで働けるのも魅力のひとつです。 一方23区外は都会の喧騒から離れ、落ち着いた環境で働きたい方にピッタリ。 飲食、販売などの接客業はもちろん、裏方タイプの工場や倉庫内での軽作業をはじめ、警備、清掃のお仕事も多くあります。 人気どころからマニアックなお仕事まで、すべてがそろう東京都。 ぜひピッタリのアルバイトを見つけてくださいね。 「東京都」なら、あなたの希望にあったお仕事が見つかる! 日本の首都である「東京都」には、お仕事がいっぱい!全国の中でもかなりの求人数を占めています。 「丸の内・大手町」などのビジネス街には、オフィスワーク系をはじめとして、クリエイティブなお仕事もたくさん。 憧れの大手企業や出版社、話題のIT企業で働けることも……! メディア話題の飲食店やオシャレなショップが多い「渋谷・新宿・原宿」などの繁華街は、トレンドに敏感な10~20代に大人気のエリアです。 都心からちょっと外れた下町や郊外には、定番のコンビニ、軽作業、塾講師などのアルバイトも揃っています。 また最近は外国人観光客が増えてきているので、語学力を活かせるお仕事も人気です。 他にも、アーティストのライブや人気フェスで働けるイベントスタッフや、高収入、短期・単発、日払いなど好条件のお仕事……と、ご紹介しきれないほど! そんな東京都ならきっと、あなたにピッタリのお仕事が見つかるはずです。 東京都のアルバイト・バイト求人情報はマイナビバイトで決まり! 東京都では、アパレル販売、飲食店(カフェ・ケーキ屋)などのお仕事が人気です。 東京都内ではイベントが頻繁に催されるのでイベントスタッフの求人も多く、大学生に人気のお仕事です。 外国人観光客も多く訪れるので英語や中国語など語学を活かせるお仕事も。 東京都内の人気エリアは、新宿・渋谷・池袋といったターミナル駅エリアを始め、洗練されたオシャレな街、銀座・恵比寿、日本のポップカルチャーの中心地、原宿・秋葉原など、23区内だけでも個性豊かなエリアがたくさん。 他にも多数の勤務地からお仕事を選べます。 通勤に便利な山手線・丸ノ内線・有楽町線・副都心線・京王線の駅近くの求人情報も多数掲載中です。 時給やシフト、日払いOKなど、自分の希望の働き方に合ったバイト・アルバイト情報がきっと見つかります。 家庭教師のアルバイトについての情報を記載します。 家庭教師のバイトは、何と言っても時給が高く、大学生を中心に人気があります。 相場は、未経験者が初めて家庭教師のバイトをする場合、時給1,500〜1,800円位が多いようです。 例えば、1回90分の授業を週3回受け持った場合、月収は約3万円ほどになります。 担当する生徒数を増やしたり1回あたりの授業時間を増やしたりすることで、一ヶ月10万円程度までは稼ぐことが出来るでしょう。 さて、皆さんは家庭教師と聞くとどんなイメージがあるでしょうか。 生徒の両親と話すのが辛い、通勤時間が取られて効率が悪い、ある程度の学歴が求められる…決して良い印象ばかりではないのではないでしょうか。 しかし昨今、IT技術の進化や教育への関心の高まりといった背景もあり、前述のようなデメリットが解消され、新たなニーズが生まれてきています。 まず、オンラインでの授業を採用する企業が増え、通勤時間が無くなり在宅で指導を行うことが出来るようになりました。 次に、大学生だけでなく「高卒」あるいは「高校生可」というお仕事も出てきています。 中学受験の対策や小学生の成績を上げたいといった家庭が増えたからです。 とくに最近は、小学生にプログラミングを教えるお仕事も人気です。 このように、家庭教師のお仕事の枠が広がってきています。 あなたも自分のスキルや専門知識を活かして、家庭教師に挑戦してみてはいかがでしょうか。 家庭教師に求められるのは、単に決められた内容を相手に伝えるだけではなく、解答に至るまでのやり方や技術を相手に合わせて丁寧に解説するというスキルです。 人に何かを教えるという体験は、その後のあなたの人生にもきっと役に立つことでしょう。

次の

株式会社ビジョナリー 銀座店(営業アシスタント)のアルバイト・バイト求人情報

営業アシスタント バイト

Contents• 営業アシスタントの仕事内容 営業アシスタントの仕事はひとことで言えば、 営業の担当者をサポートすることです。 担当する案件に関する事務処理や資料作成のほか、電話やメール対応などが主な業務になります。 基本的には デスクワークがメインです。 ただし、企業によっては 顧客とのやり取りや営業活動への同行もアシスタントが行うことがあります。 アシスタントという名前がついていますが、能動的な姿勢が求められる職種です。 周囲の状況を随時把握して、急な問い合わせやトラブルに対応することもあるでしょう。 ルーティンワークをコツコツとこなすというよりも、チームのメンバーとの調整や顧客対応なども行う活動的な側面を持った職種といえます。 営業アシスタントに似ている職種として「営業事務」があります。 こちらはデスクワークのみで、顧客や取引先への同行はしないことがほとんどです。 実際に営業アシスタントとして具体的にどのような業務を担当するかは、事前に企業に確認をしておくと安心できますね。 営業アシスタントのやりがい 営業アシスタントは企業の営業活動の最前線に関わることができる点が、仕事の魅力となるポイントです。 この職種のやりがいとしては、次の3つが挙げられるでしょう。 変化のある仕事内容 営業の担当者がスムーズに営業活動に専念できるよう、いかにサポートできるかが大切です。 周囲の状況を見て 臨機応変に仕事に取り組む姿勢が求められます。 また、顧客やチームのメンバーの反応が即座に返ってきますので、自分の仕事の達成感が得られやすいでしょう。 スキルが身につく実感が得られる 書類作成やスケジュール管理といった、多岐にわたる仕事に素早く対応する力が必要です。 ExcelやWordなどの 基本的なオフィスソフトを扱うスキルが日々磨かれます。 さらに 電話やメール対応、来客応対を通じて基本的なビジネスマナーの習得も可能です。 また、相手に応じてわかりやすい説明をする力や社内外向けに資料作成をする機会も多くあるため、豊富な経験を積むことができます。 社会人として自分の成長を着実に感じられるでしょう。 数値目標に貢献できる 営業では必ず目標が設定されています。 営業担当者のサポートを通じて、チームや企業への貢献をはっきり感じるチャンスが多いです。 そのため、 目標となる数値の達成にやりがいを持って取り組めるでしょう。 また、目標達成のために業務を見直したり、効率化を図ったりするチャンスもあります。 アシスタントとして業務改善を提案して、その結果が実を結んだときの達成感は格別です。 営業アシスタントに向いている人 正確な事務作業ができる人 営業アシスタントはサポート業務という仕事柄、納期の管理や必要書類のチェックなど細かい確認を行う機会が多々あります。 そのため、営業アシスタントは臨機応変に素早く対応するとともに、 細かい部分に目配りできる人に向いている職種です。 また、営業の担当者は忙しいというイメージは何となくお持ちかと思います。 そのため、営業アシスタントは先を見越して、 計画的に仕事に取り組むことがよいサポートにつながります。 人とのコミュニケーションが苦にならない人 営業アシスタントは、必要に応じて 社内の関係部署との調整や取引先への連絡も担当します。 そうした仕事上の電話、メールや対面でのコミュニケーションに苦手意識がない人も営業アシスタントに向いているでしょう。 加えて、丁寧にコミュニケーションを取るだけでなく「 切り替えの早さ」も必要です。 営業アシスタントの業務上、取引先や顧客からお叱りや苦情を受けてしまうケースもあります。 そんな時は誰しも落ち込んでしまいがちですが、業務に影響が出ることは避けるべきだからです。 仕事として意見を受け止めつつ、マイナスの感情を長く引きずらないことが大切です。 調べることが好きな人 営業アシスタントは、取り扱う商品や取引の状況等をはじめとして様々な問い合わせを受ける機会が多くあります。 個別の問い合わせは営業の担当者へ連携するケースが多いです。 ただ、一般的な商品内容や報道に関することは、アシスタントでも回答できるほうがよいでしょう。 そのため、最新の商品情報やニュースにアンテナを張り、 正確な情報を調べる姿勢を持っている人が向いています。 志望動機の書き方 営業アシスタントを志望した背景を記載する 営業アシスタントを志望するようになったきっかけや理由を記載しましょう。 「 サポートが得意」「 結果がはっきりと分かる仕事に携わりたい」などの、前向きさを感じられる理由がおすすめです。 営業アシスタントに活かせる知識やスキルを記載する 営業アシスタントの経験がある場合は、志望企業での 業務に活かせる知識やスキルがあれば積極的に志望動機に記載しましょう。 基本的なPCスキルや顧客対応の経験、文書作成の経験なども盛り込むと、実際に活躍している姿がイメージしやすいのでおすすめです。 自分が営業アシスタントになることのメリットを記載する 営業アシスタントは営業の担当者をサポートする役割を担います。 性格面や 営業アシスタントの業務に取り組む姿勢もしっかりアピールできると、より効果的です。 「 マルチタスクが得意」「チームで働くことが好き」などの、チームへの戦力となるポイントをはっきり伝えましょう。 心構え 営業アシスタントの業務に必須となる資格はありませんが、 求められる役割やスキルは多岐にわたります。 最初はすべてがうまくできなくてもOK!業務経験を積んでいくことで着実に成長しよう!という心構えを持っておきましょう。 基本的なビジネスマナーや、WordやExcelといった 代表的なオフィスソフトを扱えるスキルは必要とされます。 ブランク等があり心配な点があれば、自発的に学んでおくようにしましょう。 また、営業の担当者以外にも、社内への報告や顧客とのやりとりが大事になります。 対人コミュニケーションスキルもとても役立つ力です。 取り扱う商品に関する知識等もすすんで身に付けるなど、自律的な姿勢で業務に取り組みましょう。 まとめ 営業アシスタントはデスクワークがいいけれど、変化のある環境のほうがやりがいを感じるというタイプの人に比較的向いている職種です。 さらに、未経験でもOKという求人も多くありますので、事務職希望の方にはチャレンジしやすい職種といえます。 「オフィスソフトのスキル」や「ビジネスマナー」などの実務上のスキルは必須です。 加えて、先を見越してサポートする姿勢や社内外でのコミュニケーションを取れるなど、ヒューマンスキルも重要になってきます。 また、実際に働き始めた後のミスマッチを防ぐためにも、応募先を検討する際は、具体的な業務範囲を必ず確認しましょう。 あわせて、営業アシスタントとして役立つ経験や資格があれば、面接などで積極的にアピールしてくださいね。 営業アシスタントを目指す方に少しでも参考になりましたらうれしいです!.

次の