百 日 後に 死ぬ ワニ 100 日 目。 『100日後に死ぬワニ』の最終回(100日目)の意味は?Twitter考察・伏線まとめ

【100日後に死ぬワニ】最終回ⅬINEの謎は?ワニのモデルや死因は?(ネタバレあり)

百 日 後に 死ぬ ワニ 100 日 目

インターネット上で大きな話題を集めた「100日後に死ぬワニ」。 20日に運命の100日目を迎えて完結したが、感動の嵐から一転、批判が噴出して炎上状態に。 21日には作者が涙ながらにネット上のうわさを否定した。 いったい何が起こったのか。 「100日後に死ぬワニ」は、漫画家でイラストレーターのきくちゆうきさんが昨年12月12日から自身のツイッターで連載を始めた4コマ漫画。 100日目を迎えた20日夜に完結し、「マジ泣けた」「最後まで素敵なワニでした。 ありがとう」などと感想が飛び交ったが、完結と前後して発表された告知が批判を集めた。 「電通案件」否定、作者は涙の釈明 書籍化決定、映画化決定、グッズ販売やイベント開催も、といった内容。 個人のツイッターアカウントから始まった漫画の大がかりな展開に、全ては広告会社が裏で仕組んでいたのではという見方が広がり、21日には「電通案件」という言葉がツイッターでトレンド入り。 「ワニはステマ(ステルスマーケティング)」「怒濤(どとう)のメディア展開されると冷めた目で見てしまう」と、感動から一転して否定的な意見が次々に投稿された。 批判を受けて21日昼に、「100日後に死ぬワニ」とのコラボムービーを手がけた歌手いきものがかりの水野良樹さんが、ツイッターで作者のきくちさんとの対談動画を配信。 水野さんは「電通案件とか言われるけど、電通さんは絡んでないです」とうわさを否定。 きくちさんは「僕が個人的に始めたことに色んな人が共感してくれて盛り上げてくれたことに感謝しかない。 裏で大きな組織が動いているんだろうと言われると、悲しいし申し訳ないと思う」と涙ながらに語った。 作品連載を始めたのは、友人が事故死した経験から「何があるか分からない中で、限りある時間を大切にしてほしいとのメッセージを伝えたい」との思いだったという。

次の

【最終話】「100日後に死ぬワニ」100日目の解釈と考察まとめ

百 日 後に 死ぬ ワニ 100 日 目

・ついに最終回となる100日目が掲載された そんな「100日後に死ぬワニ」がツイッターに掲載されはじめたのが2019年12月12日で、毎日1話ずつ掲載されていき、2020年3月20日に最終回となるされた。 最終回の内容は漫画のタイトルのとおり、ワニが命を落とすというものだった。 読者は「ワニの死」を知っていたにもかかわらず悲しみを隠しきれず、インターネット上に感想を書き込みをしている。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 「100日後に死ぬワニ」 99日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 「100日後に死ぬワニ」 — きくちゆうき yuukikikuchi ・ストーリーに多くの謎が残る ストーリーを簡単に説明すると、ワニを含む仲間同士で花見をする約束をしていたが、なぜかワニが現れない。 心配したネズミがバイクでワニを迎えに行くなか、赤信号で止まっている最中、桜が美しかったのでスマホで撮影。 そしてシーンは変わり、車道を歩くヒヨコをワニが助けて歩道に導いたところで終わりだ。 漫画の描写が非常に意味深なため、上記のストーリー説明には憶測部分も入っているが、大半の人が「ワニはヒヨコをクルマ等から守って死んだ」と推測しているようだ。 しかし、ここでひとつの謎が浮上してくる。 ・ネズミとワニがいた道は同じ道か 漫画の描写から推測するに、ネズミのバイクが走っていた道と、ワニとヒヨコがいた道が、同じではないかといわれているのである。 そして、ネズミのバイクがワニをひいたため、ワニが死んでしまったのではないかというのだ。 実際に漫画を見てみると、確かに同じ道のように思える。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi ・ネズミに対する疑惑 しかしワニがヒヨコを助ける直前のコマでは、レッドとグレーの車体とタイヤが少しだけ描かれており、その車体がワニをひいたとしても、それはネズミのバイクとデザインが一致しない車体だ。 「ならばネズミはひいてないのではないか?」と思うかもしれないが、ネズミが赤信号時にスマホで桜を撮影したいたとき、周囲から「ぷっぷー」というクラクションと思われる音が出ていた。 おそらく、ネズミが桜を撮影している最中に青信号に変わったのだろう。 クラクションで焦ったネズミが周囲を確認せず発進してワニを轢いてしまった可能性はある。 また、青信号になっても進まないネズミを避けて、後続車がネズミのバイクを追い越して急発進し、ワニをひいたのかもしれない。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi ・読者の皆さんにお任せします系か? さまざまな説が浮上しているが、ネズミがワニをひいたのかどうかは不明なままだ。 おそらくだが、このような意味深な最終回の作品の多くが「どうなったかは読者の皆さんにお任せします」というケースであり、今作もそれなのではないかと考えられる。 ・ワニの死の状況に大きな注目 しかしながら、そういう作品でも作者の頭の中にはしっかりとラストが設定されており、正しい考察というものが存在するものだ。 はたして、作者はどのようなワニの最後を頭に描いているのだろうか。 そこに読者は到達できるのか。 ワニの死の状況に大きな注目が集まっている。 【続報】 【続報】 【続報】.

次の

有吉弘行、「100日後に死ぬワニ」炎上イジる 「あとは我々電通に任せて...」: J

百 日 後に 死ぬ ワニ 100 日 目

インターネット上で大きな話題を集めた「100日後に死ぬワニ」。 20日に運命の100日目を迎えて完結したが、感動の嵐から一転、批判が噴出して炎上状態に。 21日には作者が涙ながらにネット上のうわさを否定した。 いったい何が起こったのか。 「100日後に死ぬワニ」は、漫画家でイラストレーターのきくちゆうきさんが昨年12月12日から自身のツイッターで連載を始めた4コマ漫画。 100日目を迎えた20日夜に完結し、「マジ泣けた」「最後まで素敵なワニでした。 ありがとう」などと感想が飛び交ったが、完結と前後して発表された告知が批判を集めた。 「電通案件」否定、作者は涙の釈明 書籍化決定、映画化決定、グッズ販売やイベント開催も、といった内容。 個人のツイッターアカウントから始まった漫画の大がかりな展開に、全ては広告会社が裏で仕組んでいたのではという見方が広がり、21日には「電通案件」という言葉がツイッターでトレンド入り。 「ワニはステマ(ステルスマーケティング)」「怒濤(どとう)のメディア展開されると冷めた目で見てしまう」と、感動から一転して否定的な意見が次々に投稿された。 批判を受けて21日昼に、「100日後に死ぬワニ」とのコラボムービーを手がけた歌手いきものがかりの水野良樹さんが、ツイッターで作者のきくちさんとの対談動画を配信。 水野さんは「電通案件とか言われるけど、電通さんは絡んでないです」とうわさを否定。 きくちさんは「僕が個人的に始めたことに色んな人が共感してくれて盛り上げてくれたことに感謝しかない。 裏で大きな組織が動いているんだろうと言われると、悲しいし申し訳ないと思う」と涙ながらに語った。 作品連載を始めたのは、友人が事故死した経験から「何があるか分からない中で、限りある時間を大切にしてほしいとのメッセージを伝えたい」との思いだったという。

次の