始祖 ユミル かわいい。 【ネタバレ】進撃の巨人 122話『二千年前の君から』 あらすじと感想

始祖ユミルの巨人化における「寄生」の仕組み⇒彼女の自由の条件

始祖 ユミル かわいい

始祖ユミルの記憶 奴隷だったユミル 以前、ヒストリアとフリーダが絵本を見ながら会話をしていた時の事です。 ヒストリアから女の子らしくって何?と聞かれて、フリーダは絵本に書かれている、リンゴを持った女の子みたいな子かな?と言っていました。 いつも他の人を思いやっている優しい子だと。 戦争で捕虜になったのか、他にも戦争で焼かれた家や殺された人など、酷い目に遭っている人がいます。 そして少女の視線の先では、勝利した側と思われる人たちが祝杯をあげています。 豚を逃がした奴隷がいるようで、その者に名乗り出よ、でなければ全員から片目をくり抜くと平然と言います。 しばらく奴隷達は黙った後、少女を全員が指差します。 支配者の男から豚を逃したのは、お前かと問われ少女は周りを見渡します。 少女は諦めた様にうつむいた後、男の前にひざまずきます。 男は少女に、お前は自由だと言いますが、次の場面では肩を弓矢で撃ち抜かれて、多数の兵士や犬に追われています。 木の根に足を取られて転んだ後、顔を上げると視線の先には巨大樹があります。 背骨の辺りに接触されたようにも見えます。 これが恐らくユミルが巨人になった経緯なのだと思います。 相変わらずユミルの事を奴隷と言って見下していますが、ユミルの働きのおかげで部族エルディアは大きくなったようで、男から褒められています。 ユミルは褒美だと称して男の子種を与えられ、次はフリッツの名の元に、憎きマーレを滅ぼせと命じられます。 また、ユミルは子供も三人産んでおりますが王の子を産んだからか、ユミルの待遇もよくなっているようです。 隣にはユミルと三人の子どもがいますが、次の瞬間ひざまずいていた兵士が、隠していた槍を王に向かって投げ、王を殺害しようとします。 悲しむ三人の子どもたち、そしてユミルは倒れたまま、王の顔を見上げます。 そしてユミルがやりごときで死なぬことはわかっておる、起きて働けと言い、この場でもユミルの事は、奴隷呼ばわりでした。 諦めたように目を閉じるユミルです。 しかし、死んだ後のユミルの死体は切り刻まれ、王はユミルの三人の子どもに食べる事を強制します。 ユミルの三人の子ども、マリア、ローゼ、シーナにユミルの力を引き継がせるために、ユミルの体をすべて食い尽くせと言います。 そして娘が死ねば背骨を孫に食わせ、孫が死ねばその背骨を子から子へ食わせ続けるように言います。 我が巨人は永久に君臨し続ける、我が世が尽きぬ限り永遠に…、と言いかけたところで、エレンが終わりだと叫びます。 そしてユミルにお前は奴隷じゃないし、神でもない、ただの人だと言い、誰にも従わなくてもいいとユミルに語ります。 ジークはユミルにすべてのユミルの民から生殖能力を奪えと命令しますが、エレナはユミルにずっと待っていたんだろ、と優しく語りかけます。 そして再び、現実の世界に戻り、エレンが頭部をライフルで吹き飛ばされた辺りに戻ります。 ただエレンの頭部から下は脊髄のようなものが胴体まで生えていて、直後壁にヒビが入ります。 さらに壁内で戦っていた他の者たちも崩壊していく壁に驚きます。 崩壊しかけてくる壁の近くにいるガビになんとか手を伸ばそうとするライナーは、ガビの名を叫びます。 そして、その光景に驚くガビです。 そしてマリア、ローゼ、シーナ誕生から、王の身代わりになり死につつも、巨人の能力がユミルの民に継承される過程が一気に描かれました。 本当にユミルの血肉を子孫に与えているフリッツ王、かなりドン引きです、残酷すぎますね。 そして、エレンの願いで、壁の崩壊が始まり、いよいよ壁の中の多数の超大型巨人が姿を現しそうです。 物語の謎もどんどん明かされていきますが、個人的にはリヴァイ兵長がまだ出てきませんが、リヴァイ兵長の出番はあるのでしょうか。 次回、始祖の巨人の力を掌握したエレンが地鳴らしを発動します。

次の

【ネタバレ】進撃の巨人 122話『二千年前の君から』 あらすじと感想

始祖 ユミル かわいい

始祖ユミル(ユミル・フリッツ) ユミルの民の始祖 始祖ユミルは ユミルの民の始祖となった女性。 エレンらユミルの民の先祖となる。 3人の娘が存在 始祖ユミルにはマリア、ローゼ、シーナという3人の娘がいる。 パラディ島の三重の壁の名前はこの3人の娘の名前からきている。 フリッツ王の奴隷だったことが明らかに 始祖ユミルについては長らく詳細が明かされないまま話が進んでいったが、122話でついに始祖ユミルの過去が明らかになった。 始祖ユミルはかつてエルディアの王であるフリッツ王の奴隷の一人だったことが明らかに。 始祖ユミルは豚を逃した罪を着せられ、村を追放され兵士にも追い立てられるていく。 謎の生物に触れられ巨人の力を手にする 村から追放されて逃げた先で偶然見つけた大木の中に入ると、その中で 脊髄に似た謎の生物に触れられ、そこで巨人の力を手にすることになる。 始祖ユミルの巨人の力に目をつけたフリッツ王は、追放した始祖ユミルを妻に迎え、巨人の力を軍事兵器として利用し、エルディア国を拡大させていった。 フリッツ王をかばう形で死亡 始祖ユミルの巨人の力でマーレを屈服させてマーレの兵士を捕らえるが、兵士の一人が地面に隠していた槍を手に取り、フリッツ王目掛けて投げつけてくる。 始祖ユミルはとっさに身を呈してフリッツ王のことを守ったが、その時に言われた「起きて働け お前はそのために生まれてきたのだ 我が奴隷ユミルよ」という言葉を聞いて生きる気力を失ったのか、巨人の再生力が働くことなくそのまま死んでいった。 しかし、 巨人の力を手放したくなかったフリッツ王は、始祖ユミルの3人の娘であるマリア、ローゼ、シーナの3人の娘に始祖ユミルの体を食べさせ、巨人の力を継承させていった。 こうしてが生まれていったのである。 ちなみに始祖ユミルは巨人の力を手にしてから13年しか生きることができなかったので、九つの巨人の継承者も13年しか生きることができないにかかってしまう。 死後も道で巨人を作り続けていた 生前奴隷のように働かされ続けられた始祖ユミルだったが、死後も解放されることはなかった。 始祖ユミルは死後も道に飛ばされ、そこで2,000年もの間巨人を作り続けさせられていたのであった。 始祖ユミルは王家の人間を主人だと思い込むまるで奴隷のような存在となってしまっていた。 ただ、エレンがに来たことで流れは変わった。 エレンの「この世界を終わらせる」という言葉を聞き、涙を流しながらエレンにを操る力を託すことにしたのであった。

次の

【進撃の巨人】120話にて始祖ユミル再登場!!正体は奴隷!?

始祖 ユミル かわいい

「オレは生まれた時からこうだった」 エレンは父親に洗脳されているわけではない、と分かったジーク。 「だとしたら… なぜお前は俺を裏切った?」 「父親に何も知らされぬまま巨人を継承させられ 父親の望み通り戦い続けている」 そう。 ここは、エレンがどう思ってるか疑問だったんですよね。 で、このセリフ。 「オレは… 生まれた時から オレのままだ」 そして、ミカサを救うために強盗を殺した場面に。 「他人から自由を奪われるくらいなら オレはそいつから自由を奪う」 「父親がオレをそうしたわけじゃない オレは生まれた時からこうだった…」 なぜなんでしょう。 その話の前に。 エレン、ジークにまずは直面化 「あんたが望んだ哀れな弟はどこにもいない あんたの心の傷を分かち合う都合のいい弟も」 「ただここにいるのは 父親の望んだエルディアの復権を否定し続けることでしか自分自身を肯定できない男…」 「死んだ父親に囚われたままの哀れな男だ」 エレンらしい、おそらくあえての非常に率直な物言い。 ジークにとっては自分自身への直面化になる。 それに対してジーク。 「だとしたら… 男は父親に感謝している」 「この父親の行いが息子を目覚めさせエルディアの危機から世界を救うのだから」 エルディアの安楽死が世界を救う、という考えは変わらず。 もともとの性格もあるかもしれないが、もうそれが信念、生きる目的になっているので、なかなか変わりにくいでしょう。 まあ、このへんは正しい間違ってるではないだろうけど、エレンとは対照的。 一方、エレンの目指す自由も、ちょっと恐ろしい予感。 だが、その前にこれ。 進撃の巨人の能力 進撃の巨人は「未来の継承者の記憶をも覗き見ることができる…」 グリシャは、未来の継承者エレンの記憶、しかもエレン自身がまだ体験してない記憶を見ている。 ということは、未来の継承者の記憶であれば、その継承者の体験してない「未来の記憶」をも見ることもできる。 そのグリシャの記憶を通して、エレンが自分の未来の記憶を見た、でいいのかな。 あとは、エレンがグリシャに記憶を選んで見せたらしい。 これが自由に選べるのか、条件があるのかが分からないが。 結果的には、最新の継承者であるエレンが進撃の継承者全てを導いたことになりそう。 ここまでくると、自由というより未来からの束縛に近いが。 *ただ、自分のイメージしてる進撃のテーマ的に言うと、そんなにぶっ飛んだ設定でもない。 宿命と自由意志、または人間の自由とは(どうあり得るのか)?に沿っているかと。 その意味で、「自由の化身」のエレンが未来に縛られているのは非常に面白い(その未来を変えようとしてるのかもしれんけど)。 グリシャに(記憶を通して)語りかけるエレン グリシャが始祖の巨人を奪った場面。 「できない…」というグリシャに、詰め寄るエレン。 「忘れたのか? 何をしにここに来たのか?」 「犬に食われた妹に 報いるためだろ?」 こわい。 ミカサに詰め寄られてたエレンはどこに。。 ここは、過去に直接介入しているのではないのでしょうね。 この辺、ややこしくて理解しにくいんだけど。 グリシャの記憶の中でエレンが話すことによって、そのエレンの記憶をグリシャが見てるのかな。 「そのタイミング」で見てるのも、エレンがそうしてるから? たぶん(王家の)ジークと一緒に、記憶を見にいってるから、できる、と仮定しとく。 エレンの演出による?ジークの癒し あと、グリシャがジークに気づいて、抱きしめるシーンがありましたが、 これはエレンがリアルタイムで記憶映像を送っているのでは、という考察はあり得そうかなと()。 にしても、グリシャは言えてよかった。 ジーク、弟を救うつもりが、逆にエレンに救われた形。 しかし、、グリシャに始祖の巨人を奪うよう仕向けたのは、実はエレンだった。 「これは 父さんが始めた物語だろ」 たしかに「父親がそうしたわけじゃない」。 いや、それどころか、父親をそうさせたのがエレンだっという驚きの展開。 「生まれた時からこうだった」の意味は? 繰り返して出来る、「オレは生まれた時からこうだった」。 以前にも言ってましたね。 これは、普通に考えると、「もともとそういう性質だった」。 生まれつき、気性が強かった。 確かにそうだとは思います。 リヴァイのこのセリフも思い出します。 あの景色とは? 「しかし…始祖を奪い それをお前に託した」 「もっと先の未来を見たからだ…」 「…先にある何かを…」 このジークの言う「先にある何か」。 「オレは親父の記憶から 未来の自分の記憶を見た」 「あの景色を…」 エレンの見た景色と同じだとして。 グリシャは、 「まさかあんな… 恐ろしいことになるとは…」 対して、エレンは恍惚とした表情、に見えます。 ふつうに考えれば、この景色は、 地ならしとその後の壁のないパラディ島。 グリシャは前者のことを言って、エレンは後者のほうを思い出している。 だとしたら、地ならしは限定ではなく、全地ならしの可能性が高いと思う。 シガンシナだけだと、(全体としては)壁はほとんど変わらないですからね。 やはり、エレンはパラディ島以外の世界を全て破壊しようとしているのでは?.

次の