源泉 徴収 票 いつ もらう。 源泉徴収票とは|いつ必要?・もらうタイミングは?・なくした場合は再発行できる?

源泉徴収票はいつもらえる?その時期と年末調整での注意点

源泉 徴収 票 いつ もらう

源泉徴収票はいつもらえる? 配布時期は一般的には毎年12月 「源泉徴収票」は会社からの給与の金額や、天引きした社会保険、また扶養控除などの計算されて源泉徴収した所得税額が記された書類で、確定申告に提出しなくてはなりません。 その「源泉徴収票」は一般的には12月分の給与明細と一緒に受け取るのが一般的です。 なぜこの時期なのかというと、「源泉徴収票」に記載される1月1日から12月31日分の所得税の計算は、年末調整のときに行われます。 年末調整が行われるのは年末が迫った時期になりますので、年末調整の結果として作られる「源泉徴収票」も12月に配布されることが多いのです。 会社によっては翌年1月になるケースも ただ会社の源泉徴収票の公布は翌年の1月31日まででいいとされているので、会社によっては1月中か、または1月分の給与明細と一緒に渡されることもあるようです。 もしもその時期を過ぎても源泉徴収票をもらえなかった場合は、会社に個別に請求しましょう。 源泉徴収票がもらえない場合にはどうする? 確定申告に間に合うように源泉徴収票を請求 源泉徴収票は確定申告に提出する大事な書類です。 源泉徴収票がなくては確定申告ができなくなりますので、もし1月まで待っても源泉徴収票を受け取ることができなかったら会社に問い合わせましょう。 給与所得で会社と契約を結んでいる場合には、会社は源泉徴収票を発行する義務があります。 そのため雇用者には源泉徴収票を受け取る権利がありますから、受け取れない場合には会社にその旨を伝えることを忘れないでください。 公務員などの給与所得者はあわてない 給与所得者は会社が個人の代わりに税務署に納税や申告手続きをします。 そのため源泉徴収票を確定申告までに必ず受け取らなくても大きな問題はありません。 ただし給与所得者でも年末調整の対象外となる年収が2000万円を超えている場合などは確定申告が必要です。 また会社年末調整をしていても確定申告をしなくてはならない人は、源泉徴収票が必要になりますので、かならず受け取るようにしてください。 その該当者は次の通りです。 副業の収入が20万円を超えている。 給与収入が2ヶ所以上ある。 同族が経営する会社または親族から給与を受けていて、給与以外のアパートや貸家の賃貸料などの別収入は入った。 初年度の住宅ローン控除などの年末調整では手続きのできない還付を受けたい。 退職後はいつまでに源泉徴収票をもらえる? 退職所得の源泉徴収票は退職後一か月以内 退職者が会社から退職手当や退職一時金などを受け取る場合、「退職所得の源泉徴収票」が退職後1か月以内に交付されます。 一般的に源泉徴収票は12月の給与明細と一緒に源泉徴収票を受け取りますが、退職した場合は12月を待つ必要はなく退職時か、遅くとも退職してから1か月以内に発行することが義務付けられています。 転職先にいつまでに源泉徴収票を提出する? 前職の源泉徴収票を受け取ったら必ず提出 前職から受け取った源泉徴収票は、必ず転職先に提出します。 とくに決まった提出期限はありませんが、転職先が年末調整のときにその源泉徴収票を必要としていますので、忘れずに提出してください。 転職先は転職後の給与だけを元に所得税を計算するのではなくて、1月1日から12月31日までの収入をまとめて所得税の計算をしなくてはなりません。 つまり、1年の途中で転職してきた場合には、転職先の会社が転職者の前職での1月1日からの退職日までの給与も合わせて所得税を算出しなくてはなりません。 そのため前職の源泉徴収票を転職先が必要です。 バイトが源泉徴収票をもらえるのはいつ? 正社員と同じく12月が一般的 バイトや正社員に関係なく給与所得の場合は源泉徴収が行われているので、源泉徴収票はバイトでも正社員のように一般的には12月に受け取ります。 ただし確定申告をするかどうかは、月収が88,000円以上か未満で分かれます。 月収が88,000円未満なら確定申告をする必要はありません。 しかし1年のうち1か月でもバイトの月収が88,000円を超えた場合には、確定申告をする義務があります。 そのときに源泉徴収票が必要になりますので、必ずバイト先から源泉徴収票を受け取ってください。 まとめ 「源泉徴収票」は事業主と給与所得の契約を結んでいれば、必ず受け取る書類です。 確定申告をする人にはなくてはならない書類ですので、一般的には12月、遅くとも翌1月までに受け取ってください。 その時期が過ぎても受け取れない場合は、会社に問い合わせましょう。

次の

源泉徴収票はいつ、どこでもらえる?入手方法、見方、使い道を解説

源泉 徴収 票 いつ もらう

年末調整 の書類や還付金はいつもらえる ? 年末という言葉が着くのだから 1 年の終わりだろうという漠然とした認識がある方もいるでしょう。 年末調整の書類は、 10 月下旬頃から準備が始まり 11 月くらいに各企業などに郵送で届きます。 各企業はこれを受けて、 11 月末くらいまでに社員から 年末調整に関わる書類を回収することが多いです。 書類を集め終わったら、各人の所得税の額を計算します。 還付になるのか、徴収になるのかなど精査するのです。 早ければ 12 月の給与で還付がある場合還付金を支払ってくれる企業もあります。 ただし、年末調整後に企業が市町村に提出する給与支払報告書の 提出期限は 1 月 31 日 とされているので、遅くともこの日までには企業の事務処理は 済んでいるはずと考えるとより妥当でしょう。 11 月頃になると、所轄の税務署では「年末調整の説明会」と称して 年末調整の用紙の書き方や提出先などを開設してくれるセミナーを開くことが多いです。 不安な場合は参加してみるのも良いかもしれません。 源泉徴収票 はいつもらえるの? 源泉徴収票をいつ発行するかに関しては、企業で差があります。 一般的には 12 月 に配られることが多いです。 ただし、もし発行が間に合わなければ 1 月に配布されることもあります。 詳しく知りたい場合は、各企業に問い合わせをする方法が確実と言えるでしょう。 発行されないということはないですし いつ発行されるか質問しても失礼ということは全くありません。 気になったら知っている人に聞いてみると良いでしょう。 年末調整の用紙は再発行はできる? 年末調整に関わる書類としては 「扶養控除申告書」「保険料控除及び配偶者特別控除申告書」があげられます。 この2つをもし無くしてしまっても 会社の経理担当に問い合わせれば予備をもらえますし 国税庁の HP でダウンロードをすることもできます。 ただし、各企業の経理関係者に確認してからダウンロードした書類は使うようにしましょう。 社員などを押す欄がありますので、ひと声かけておかないと不備になってしまう可能性があります。 もし、年末調整に関わる各控除証明書を紛失した場合は 自分で再発行依頼をかけないといけません。 再発行が間に合わない場合 保険料控除証明書と国民年金保険料控除証明書に関しては 翌年 1 月末までに提出することを条件に 保険料を控除して年末調整を行うことも可能とされています。 再発行は時間がかかりますし、多くの人の手を煩わせてしまいますので できるだけ 紛失を避けることが大切です。 郵送書類が届いたら、しっかり中身を確認し 年末調整に関わるものを選別して時期が来るまで保管するようにしましょう。 特に保険料控除証明書は、早めに届くこともあります。 源泉徴収票 を紛失してしまったら…… 源泉徴収票は、会社に依頼すれば問題なく再発行してもらえます。 会社には源泉徴収票を発行する義務があるからです。 もしなかなか対応してもらえない時は、理由を聞いたり 再発行時期を教えてもらうと良いでしょう。 それでもどうしても対応してもらえない場合は 税務署へ行って相談する方法があります。 「源泉徴収票の不交付の届出書」を活用しても良いでしょう。 「源泉徴収票の不交付の届出書」を税務署に提出すれば 税務署からその職場に対して源泉徴収票を発行するように行政指導してくれます。 ただし、多くの場合全く問題なく再発行対応してくれますので あくまで、どうしても対応してもらえなかった場合の手段としておくことを推奨します。 もし、退職して以前の会社の源泉徴収票が欲しかったのに その会社が倒産していたという場合は、所轄税務署に相談しましょう。 その際、 当時の給与明細の提出を求められることもあります。 非常時に備えて書類はなるべく保管しておくことがオススメと言えます。 もちろん、紛失しないように注意を払っておくことも大切です。 年末調整は住民税にも影響する 年末調整もその結果もらえる源泉徴収票も所得税に関わる書類です。 ただし、これらは 住民税にも関係してきます。 住民税は、前年分の所得に対して課税されるので 前年分の年末調整の所得額で、今年の住民税額が決まってくるのです。 不備があると、住民税にも影響してしまう可能性があります。 しっかり適切に対応することが肝心です。 稀に勘違いしている人もいますが、 住民税は 前年の所得を基準に計算されますので もし会社を辞めて無職になっていた場合でも 住民税は、 以前の所得で計算されて請求が来ます。 気をつけましょう。 まとめ 年末調整や源泉徴収票をもらえる時期などに関してまとめてみました。 疑問があるときは、各企業の経理担当者に確認する方法が確実です。

次の

年末調整の紙と源泉徴収票はいつもらえるの?対応しないとマズイ!?

源泉 徴収 票 いつ もらう

源泉徴収票とはいったい何? 源泉徴収票とは、簡単に言えば、会社からの給与や差し引かれた金額などが記載された書類のことです。 給与を支払う会社は、あらかじめ税金を給与から差し引き、その税金を国に納めなければならないという決まりがあります。 この制度が、源泉徴収です。 社会保険料も給料から天引きされている 実際に給与が支払われるときは、税金だけでなく、社会保険料も給与から天引きされています。 そして、一年間の給与や保険料などを計算し直して、所得税に過不足がないかを確かめるのですが、これが年末調整です。 年末調整がいつ行われるかというと、文字通り12月です。 そのため、12月は会社からの給与明細に加え、源泉徴収票が発行されます。 年末調整の結果を的俣野が源泉徴収票 この年末調整の結果をまとめた表が源泉徴収票ということになります。 会社が年末調整してくれるおかげで、サラリーマンやアルバイトの人たちは確定申告をする必要がないのです。 源泉徴収票が必要になるのはいつ? 会社に源泉徴収票を発行してもらっている会社員やアルバイトの場合、会社が年末調整を行っているので、確定申告をする必要がありません。 しかしながら、源泉徴収票はただの明細書ではなく、会社員であっても必要になる場合があります。 アルバイトですら必要になる場面もあるので、会社から発行してもらったらいつでも出せるように場所を決めて保管しましょう。 源泉徴収票は医療費の控除などで必要 では、源泉徴収票が必要になるのはいつなのでしょうか。 確かに会社は年末調整をしますが、医療費の支払いがあった場合は、会社が手続きを行うことは出来ません。 年間の医療費の合計額が10万円を超えている場合、自身で確定申告を行うことで医療費控除を受けることが可能になります。 この時、源泉徴収票が必要になるのです。 住宅ローンの審査にも必要 他に、いつ源泉徴収票が必要になるのかというと、住宅ローンの事前審査のタイミングなどです。 銀行は住宅ローンを返済できるか判断するために、勤務している会社や年収を確認するのですが、そのための証明書類として源泉徴収票が用いられているのです。 そして、住宅ローンを組むと住宅ローン控除を受けることが出来ます。 こちらも医療費控除と同様、会社の年末調整に含まれていませんので、自分で確定申告する必要があります。 この時にも、源泉徴収票が必要になるのです。 ただし、自分で確定申告を行うのは初年度のみで、二年目からは年末調整に含まれます。 ハローワークから失業給付を受けたい時にも必要 さらに、会社を退職し、ハローワークから失業給付を受けたいときにも、源泉徴収票を提出する必要があります。 先述したとおり、源泉徴収票は年末調整を行った結果が書かれた表です。 そのため、一年間の給与が確定しないうちに作成することは出来ません。 手渡されるのは年末調整を行った後となり、12月の給与明細と一緒に渡されるのが正社員でもアルバイトでも一般的です。 給与を支払う側は、この源泉徴収票を翌年の1月31日までに税務署に提出しなければならない決まりがあるため、遅くてもそれまでには配布されるはずです。 源泉徴収票をもらったら必ずチェックすること 源泉徴収票には、一年間の給与や賞与、各種の控除額が記載されています。 支払金額の正誤に注意 受け取ったら、まずは支払金額が合っているか確認してみてください。 支払金額で税金の額が変わってきますので、一年間の給与明細と照らし合わせ、正しい金額になっているかどうかチェックすることが大切です。 源泉徴収票は退職後1か月以内にもらえる また、会社を退職する場合は、いつ退職したとしても年末を待たずに、最後の給与額が確定した時点で作成が可能になります。 失業給付を受け取る場合でも、転職する場合でも、この源泉徴収票が必要です。 源泉徴収票は退職後一か月以内に郵送してもらえますが、もし届かない場合は、忘れずに必ず会社に請求しましょう。 そもそも源泉徴収票は、雇用関係があり、給与所得がある場合にしか発行されません。 報酬が給与所得ではない場合はもらえないということになります。 請負や業務委託で仕事をしたから 具体的には、個人事業主やフリーランスの人が請負契約や業務委託で仕事をした場合。 この場合は会社と雇用関係にないため、報酬は給与所得ではなく、雑所得か事業所得となります。 給与所得があるかどうかで源泉徴収票が発行される この時、職種によっては源泉徴収されることもありますが、その場合はいつでも源泉徴収票は発行されず、代わりに支払調書というものが発行されます。 源泉徴収票が発行されるかどうかは、給与所得があるかどうかで決まるということです。 源泉徴収票をもらえなかったときはどうする? 先述したように、業務委託契約で仕事をした場合などは雇用関係にないので、いつまでたっても源泉徴収票はもらえません。 雇用形態に関わらず源泉徴収票は貰える しかし逆に言えば、雇用関係にあれば必ず源泉徴収票が発行されるはずです。 つまり、正社員やアルバイトといった雇用形態は関係ないのです。 源泉徴収票を発行しない会社は所得税法違反 雇用主の義務なのですが、退職する時に会社側ともめていたり、雇用主がいい加減だったりしていつまで待っても発行してもらえないケースもあります。 この場合は所得税法違反となりますので、その旨を会社側に伝えましょう。 それでも発行されない場合はすぐに税務署に相談し、源泉徴収票不交付の届出書を提出します。 この書類を提出すると、税務署からその会社の行政指導が入りますので、最終的には発行されるはずです。 勤務先が倒産すると発行されない場合も 破産管財人が事後処理を行っている場合など、まれに倒産していても源泉徴収票を受け取れることがありますが、事実上の倒産のケースなど、いつまで経ってもきちんと発行されない場合も多くあります。 次の職場で相談したら作ってもらえる可能性も もし転職先の会社が決まっていれば、前職の給与明細を転職先の総務部に提出し、年末調整表を作ってもらうことが出来ます。 転職先の会社が決まっていない場合は、先ほどと同様、税務署で源泉徴収票不交付の届出手続きを行い、給与明細をもとに自分で確定申告を行うことになりますので、まずは税務署に相談しましょう。 どちらにせよ、日頃から給与明細をいつでも出せるように保管しておくことが大切です。 吸収合併で前職場がなくなった場合はどうする? 転職後に前の会社が他の会社に吸収合併されてしまった場合、以前の会社の印鑑が残っていれば、勤めていた会社の名前で源泉徴収票が発行されます。 しかしながら、もし前の会社の印鑑がなくなってしまっている場合は、新しい会社名で源泉徴収票が発行されることになります。 この場合は、在籍していた会社と社名が異なってしまうので、注意が必要です。 転職する際には、不正ではないということを転職先に説明する必要があります。 そのため、正社員ではなく、アルバイトやパートであったとしても、雇用関係であることに変わりはないので、源泉徴収票は発行されます。 アルバイト先が複数ある場合は、その数だけ源泉徴収票を受け取るはずです。 退職した場合でも、税金が源泉徴収されている場合は発行してもらえますし、それをもとに確定申告を行えば、還付金を受け取れる場合もあります。 また、アルバイト先を増やす際にも提出を求められるため、正社員ではないからといってすぐに処分するのではなく、いつでも出せるように保管しておくようにしましょう。 源泉徴収票を無くしたときは必ず再発行 源泉徴収票は確定申告の際には必ず必要になる書類です。 確定申告だけでなく、転職やローンを組む際にも必要になります。 そのため、受け取ったら少なくとも一年間はなくさないように大切に、かついつでも出せるように保管しておく必要があります。 しかしながら、万が一失くしてしまったら、再発行の手続きを取る事が可能です。 もちろん、正社員だけではなく、アルバイトやパートの人でも再発行の手続きを取ることが出来ます。 また、退職した後でもその手続きは取れます。 すぐに発行されるものではないため、なくしたことに気が付いたらなるべく早めに手続きを行いましょう。 退職した場合は頼みづらいこともあるかもしれませんが、必要なものですからあきらめずに再発行してもらえるよう、前の会社に依頼しましょう。

次の