ライン 電話 相手 の 声 が 聞こえ ない。 【通話の不具合】相手の声が自分に聞こえない状態に効果的な対処法を紹介!【android】

LINEで電話が繋がらない!声が聞こえない!場合の詳細や対処法

ライン 電話 相手 の 声 が 聞こえ ない

LINE電話での相手との通話の声が聞こえない LINE電話であれば通話料を気にすること なく無料で通話が可能になるので、 長電話をしても何の問題もなく電話好き の人には欠かせない機能だといえます。 しかし、LINE電話を使用した場合に 相手の声が聞こえないというトラブルに 見舞われる場合があります。 せっかくの無料電話でも相手の声が 聞こえないのでは電話としての意味が ありません。 スポンサーリンク LINE電話の相手の声が聞こえないという状態には3つ考えられます。 一つ目がLINEのバージョンがお互いに違う場合 一つ目の LINEのバージョンが違う場合ですが、 LINEは定期的にアップデートを行っており、 その都度バージョンが変更になっています。 もしLINE電話をしている相手のバージョンが 自分のものとは異なる場合には、バージョン 違いによる不具合で正しくLINE電話の音声が 聞こえないというトラブルも考えられます。 Memoその場合にはお互いに最新の バージョンにアップデートすることで相手の 声が聞こえないという状態を改善することが出来ます。 二つ目が電波の状態が悪い場合 二つ目の電波状態の悪さに関しては、 電波が安定していないと音声のような 重いデータは安定して相手に届かなく なります。 そのため相手の声が聞こえないという場合、 相手のいる場所の電波が悪くて正しく 音声データが届いていない可能性があります。 Pointこの場合、電波の良い場所に 移動するかwifi経由で利用すれば改善するでしょう。 三つ目が相手がiPhoneの場合 三つ目の相手がiPhoneの場合は、 iPhoneの場合は設定の中にマイクという 項目があり、そのマイクがLINEでオンに なっていなければ音声を伝えることが 出来ません。 オンにすることで音声が通じるようになり、 声も届くようになります。 331,004件のビュー• 277,262件のビュー• 269,482件のビュー• 240,378件のビュー• 213,805件のビュー• 205,656件のビュー• 198,608件のビュー• 190,846件のビュー• 186,360件のビュー• 185,670件のビュー• 181,133件のビュー• 177,738件のビュー• 166,174件のビュー• 157,805件のビュー• 153,310件のビュー• 148,733件のビュー• 148,257件のビュー• 144,033件のビュー• 142,968件のビュー• 135,545件のビュー.

次の

LINE通話で相手の声が聞こえない場合の対処法

ライン 電話 相手 の 声 が 聞こえ ない

LINE通話が聞こえない場合の主な原因• 自分もしくは相手のマイクがミュートになっている• 受話音量が小さくなっている• 通信環境(電波)が悪い• 通信速度制限を受けている• イヤホンなど外部機器とBluetooth接続されている• そのほか、LINEアプリのバージョンや端末の不具合、故障など さらに、音声通話が上手くいかない原因が自分側ではなく相手側にある可能性もあるため、原因を特定するのは難しいところです。 自分か相手のどちらが原因なのかを特定するには「テスト通話」が便利 LINEには、自分のオーディオ環境をチェックできる「テスト通話」という機能があります。 これを使えば、音声が聞こえない原因が自分側にあるのか、それとも相手側にあるのか、という点だけでも特定することが可能です。 仕組みは簡単で、テスト通話に話しかけた声が録音・再生されるというもの。 通話相手に聞こえるのと同じ音声が再生されるので、ここで「ノイズがうるさい」「声が聞き取れない」状況であれば、自分側のオーディオ環境や通信環境になんらかの原因があるということになります。 「テスト通話の内容はすべて録音されます」といった注意書きが表示されるので、[OK](Androidは[確認])を選択して次に進みます。 録音された音声は通話品質の改善目的のみに分析・利用する、と案内されています。 テスト通話が始まると音声ガイドが流れ、「ピー」という発信音の後に10秒間音声を録音するように指示されるので、それに従って何か適当に話して録音してください。 10秒経つと、録音した音声が再生されます。 ここで自分の声が正常に再生されれば、自分側のオーディオや通信環境には問題がないことがわかるため、聞こえづらさの原因は相手にあることが考えられます。 マイクがミュートになっていないか確認する マイクのマークが緑色になっていたらミュート状態 マイクがミュート(オフ)になっていると、こちらの音声は相手に届きません。 また、逆に相手のマイクがミュートになっていると、相手の音声が一切聞こえなくなります。 ミュート状態では、音声だけでなくノイズや環境音なども一切聞こえなくなります。 通話中に不自然なほど静かになったら、相手がなにかの拍子にミュートボタンに触れてしまったことが考えられるでしょう。 安定したネット環境に接続する LINEの通話はインターネット回線を利用しているため、周囲の環境によっては聞こえなくなることや音声が途切れてしまうといった現象が発生します。 調子が悪いと感じたら、まずは通信環境を確認し、電波が悪い場合は移動するか、機内モードをオン・オフするなどで通信をリフレッシュしてみましょう。 これだけで改善することも多いものです。 また、Wi-Fi接続で通話をしていても安心はできません。 古いWi-Fiルーターや、多数の人が接続する公共のWi-Fiなどに接続していると、電波が強いような表示が出ていても実際には通信速度が遅いというケースがあります。 そんな時は、Wi-Fiからモバイルデータ通信に切り替えることで改善するケースがあります。 通信速度制限を受けていないかチェックする 月々のパケット使用量を上回ると通信速度制限がかかり、音声・ビデオ通話のような容量の大きなデータは上手くやりとりできなくなってしまいます。 今まで快適に通話できていた環境にもかかわらず音声が聞き取りづらいといった現象が起こった時には、データ通信量も確認してみましょう。 NTTドコモのデータ通信量確認の画面 通信量の確認は、キャリアなど通信会社の公式ページ・アプリなどでおこなえます(方法は下記記事を参照)。 速度制限が原因で通話の音声が乱れている場合、パケットを追加購入するか、安定したWi-Fiを利用します。 LINEの通話は通話料こそ無料ですが、モバイルデータで利用すれば通信パケットを消費します。 特にビデオ通話はそれなりの通信量を消費するので、モバイルデータ通信での長電話は避けたほうが賢明です。 ちなみにLINE公式サイトによれば、10分間の通話で音声が約3MB、ビデオ通話が約51MBの通信量という結果になっています。 イヤホンなど外部機器とのBluetooth接続を切る 端末がBluetooth接続のイヤホンやヘッドホンとペアリングした状態になっていると、音の出力先が切り替わります。 そうなると、端末の内蔵スピーカーから音が出なかったり、本体のマイクを使用しての通話ができなかったりといった現象が起こる可能性があります。 ただ、イヤホンなどを接続した状態であっても、LINEの通話ができないわけではありません。 相手側の声はイヤホンから聞こえますし、マイク付きのイヤホンであればそのまま会話をすることが可能です。 イヤホンを通してではなく、端末のスピーカーとマイクでLINE通話をしたい場合は、外部機器と端末のBluetooth接続を切りましょう。 しかし、一部の端末ではこれらのモードがトラブルの原因になるケースもあるようです。 この場合、手動でオフにすることで解決する可能性があります(オフにできるのはAndroidスマホのみ)。 ここで、[Full HD voice通話]と[OpenSL]のチェックを外します。 続いて、 「オーディオモード」の項目をタップし[コミュニケーションモード]から、[通常モード]に切り替えます。 それでも解決しない場合はLINEアプリのアップデートや端末の再起動をする 以上の点を確認しても解決しない場合、LINEアプリのバージョンアップや端末の再起動によって解決することがあります。 また、LINE通話以外のアプリでも音声の調子が悪い場合は、端末の受話口やスピーカー、あるいはマイクの故障も考えられます。 一度ショップなどに相談してみましょう。 単に無料通話ができればよいというのであれば、 ともにiPhoneユーザーの場合、iOS標準機能の「FaceTime」で無料通話が可能です。 またLINE以外にも、ビデオ通話アプリが多数リリースされています。

次の

【解決】PC版「LINE」の通話で相手の声が聞こえないバグ不具合障害の対処設定方法

ライン 電話 相手 の 声 が 聞こえ ない

タグ 100均 4人以上 アイデア おすすめ お呼ばれ お礼 お礼状 お祝い お車代 お辞儀 お返し クローク ゲスト コーデ ゴールド コツ ゴミ出し ゴミ出しルール コンクール ご祝儀 ご祝儀袋 サブバッグ スーツ スープ スエード スピーチ タイミング デザイン デメリット ドレス ナイフ ナフキン ネイル ネクタイ のり パーティー バブル バレエ ハンカチ ビジネス フォーク フォーマルバッグ ふくさ プレゼント ヘアアレンジ ポイント ポケットチーフ ポニーテール マナー メリット ライス リゾートバイト リメイク ルール レストラン 一人暮らし 上司 上手 中国 二次会 仕事 代用 住所 使い方 便利 傘 兄弟 先勝 入れ方 入学式 兼用 内祝い 処分 出席 到着時間 包み方 午前中 午後 卒業式 印象 参列 友人 友達 台紙 同僚 名前 商品券 基本 夏 大学生 夫婦 女性 妊娠 姪 嫉妬 子供 封筒 平均 年賀状 当日 必要 意味 慶弔両用 成人式 手ぶら 手帳 披露宴 持ち物 持ち込み 指輪 挙式 挨拶 掃除 教会 文書 料理 断り方 新婚 早め 時期 時間 書き方 有給消化 服装 朝 欠席 正式 歴史 母親 法事 注意 注意点 洋食 海外 渡し方 特徴 理由 甥 男 男性 番地 発表会 白 目安 相場 相手 短期 社会人 祝儀 祝儀袋 神棚 種類 簡単 結婚 結婚式 結婚祝い 給料 色 荷物 葬儀 葬式 袋 袱紗 親 親族 言葉 費用 転職 返事 退職願い 連名 連盟 遠距離 選び方 部下 金額 雨 面白い 靴 預ける 食べ方 食べ物 香典 髪型 魚料理 目次• 電話に出たけど相手の声が聞こえない…そんな時の電話の切り方 仕事において電話を取った際に、相手の声が聞こえない・・・ということがありますよね。 その電話をいたずらだと思ったり、電波が悪いから聞こえないんだ!と思って「ガチャッ!」と切ってしまっている方、いませんか? 聞こえないから切った!と思っているかと思いますが、それはあなたを主語にして考えた場合の話です。 つまり、相手も同じように聞こえていないのか?聞こえていたのか?ということはわからないのです。 聞こえま・・・」『ガチャッ!』といった感じになっているのです。 そうは言っても、きっと相手だって自分の声が届いていなかったんだとわかってくれるはずだから、大丈夫!と思うかもしれません。 確かにわかってもらえるかもしれませんが、正直ガチャ切りされるというのはなかなか気分が悪いものです。 ではどうすれば良いのかと言うと、相手の声が聞こえない場合はその旨を伝えて断りを入れてから切りましょう。 「大変申し訳ないのですが、お客様のお声が届いていないようですので、一旦切らせていただきます。 失礼致します。 」と言ってから、そっと受話器を置きましょう。 きっと相手はもう一度かけてくれるはずです! 電波が悪くて電話が聞こえない!そんな時の切り方やかけ直しのマナーとは 電波が悪くて電話が聞こえない!なんてことがありますが、どちらも地下にいる場合の時はどちらの電波状態が悪いのか、わからないこともあります。 そしてこのケースであれば、お互いに自分の電波が悪いと思いがちです。 電波が悪いと自然に切れてしまうことが多いですが、あまりにも相手の声が聞き取れないという場合には切ってしまっても失礼では無いでしょう。 どちらからかけ直すべきかについては、最初にかけた方がかけ直す方が良いでしょう。 固定電話でもビジネスマナーではこのようになっているので、合わせたほうが良いと思います。 最初にかけた方は相手の電話番号も確実に知っていますしね。 電話を受けた人がかけ直そうとしてしまうと、お互いに受話器を上げた状態になっていて話中になってしまう可能性があります。 かけ直して繋がった際には、「先ほどは電話が切れてしまい失礼致しました。 」と一言添えましょう。 電話が聞こえない時でも、切り方や相手を責めるような言い回しには注意! 仕事の電話をしている際に、相手が言っていることが聞き取れないことってありますよね。 話しを理解する為には聞き返す必要があるのですが、聞き方が悪いと相手も責められているように感じてしまう可能性がありますので、注意しなくてはいけません。 一番良いのは、「申し訳ございませんが、お電話が遠いようで・・・」「電波の調子が悪いみたいで・・・」と言って機械の調子が悪いということを理由にしましょう。 そうすることで、「悪いのはあなたでは無い」ということを示すことが出来ます。 「声が遠いようなのですが」というのはNGです!先ほどの言い回しと変わらないように聞こえるかもしれませんが、「声」という言葉を使うことで相手の声が小さいというニュアンスが出てしまうのです。 同じように「すみませんが聞こえませんでした。 」なんていうのもダメですよ。 実際に相手の声が小さくて聞こえなかった場合でも、「もう少し大きな声で話してください。 」というのは失礼にあたるのです。 仕事の電話においては、少しでも相手を不快にさせるような言い回しはしないように注意しましょう。 ビジネスマナーの基本!電話の切り方とは 電話を切る際は、切るタイミングというのもとても重要になります。 電話を切られる際の音というのは気持ちが良いものではありませんので、相手が電話を切ってから切るようにするのがマナーです。 電話の応対が良かったとしても、最後に「ガチャッ」と切られてしまっては印象が悪くなってしまいます。 最後の切り方一つで「感じの良い応対だったけど、本当は面倒くさくて早く切りたかったのかな・・・」なんて思われてしまう可能性だってあるのです。 最後まで気を抜かずに、出来ることなら相手が電話を切るまで待つようにしましょう。 ただ、相手もこのマナーを心得ている場合にはお互いになかなか電話を切らないなんてこともあります。 そういった場合は、先に電話をかけた方から切るようにしてください。 そして電話を受けた方は、相手が切ったことを確認してから切るのです。 もし、お互いにどうしても切るに切れない感じになってしまった場合には、一言「どうぞお先にお切りください。 」と言って譲ってください。 電話を切る際、こんな切り方をしてはいけません! 電話を切る際に、自分のタイミングで切ってしまう人がいます。 自分の用件が終われば、すぐにブチッと切っても良いと考えているのです。 相手がまだ話そうとしているのも気にせず、「失礼します」と言おうとしている「失礼しま・・・」くらいで切ってしまうのです。 もしこれがお客様相手であれば、クレームになってしまう可能性だってあります。 使っている電話が固定電話であれば「ガチャッ!」という音も聞こえるので、更に最悪です。 相手が不快な気持ちになるのは当然です。 その為、電話を切る際のタイミングは相手に合わせるようにしてください。 出来れば相手が電話を切ってから切るようにしましょう。 逆に相手が「ガチャッ!」と切るタイプの人であった場合は、自分の耳を守る為にも切られる直前に耳から受話器を離しましょう。 そんな風にしてでも、電話は相手から切るのを待った方が良いのです。

次の