ニート コロナ。 コロナウイルスでニート状態になった。|かなみん|note

高学歴ニートへ送るメッセージ・林修先生&橋下徹『林先生の初耳学』コロナ禍生きる若者たちへ伝えたいこと

ニート コロナ

「地方都市より都会的」な生活 著者の石井あらたさんは、和歌山県田辺市の山奥にある限界集落で、ニートや引きこもりになった若者の居場所づくりをしているNPOの代表。 自身も引きこもりから、この場所で暮らすようになった。 その体験をつづったのが本書。 生活の本拠地は「何十年も前」に廃校になった平屋建ての木造校舎。 ここに15人の若者が暮らしている。 限界集落ではあるが、その生活は「その辺の地方都市より都会的」。 大いに寄与しているのは「通信の発達」。 「電話にメールにブロードバンド」が使え、「都会と田舎の差はずっと小さなものになった」という。 「ポツンと一軒家」的なロケーションも、現代では、立派にテレワークの候補地であることがわかる。 元小学校の施設があるこの場所は、紀伊半島南部の山中で、最寄りの鉄道駅からクルマで2時間。 周りに商店などはなく、徒歩圏内にほかに住んでいるのは5人だけで、いずれも高齢者。 平均年齢は80歳オーバーだ。 都会の暮らしに疲れているテレワーカーの中には、ますます絶好の場所にもみえて来ている人もいるだろう。 都会的な暮らしも可能な山奥だが、実際に暮らしてみて、合うか合わないかは人それぞれ。 著者がこの地に住んで5年になるが、その間、都会で一流企業に勤めていたという人が、近くに引っ越してきたことが何度かあったという。 だが、その全員が1年以内に都会に戻っていったそうだ。 本書の舞台の元小学校の施設に住む人たちは「なるべく働かずに生きていく」ことを実践している。 生活費は月に1万8000円を施設側に納め、これで食費、光熱費はOK。 家賃はいらない。 入所者の主な収入源は梅の収穫などの報酬、集落の高齢者住人の手伝いをしてもらえる小遣いだ。 こうしたこと以外、仕事らしい仕事はしていない。 やっていることは、アニメをみることだったり、ゲームだったり、SNSだったりと、都会でひきこもりをしていたころと変わらないという。 著者の場合は「ただ、ひきこもる範囲は自分の部屋から、この集落に広がった」そうで「かぎりなく自由」を感じている。 山奥での暮らしは続けたいと感じる人の、その理由はこの「自由」に違いない。 都会の引きこもり時代は、「居場所がない」と引きこもっていた著者だが、この山奥の集落では「地域の爺さん婆さんに出会うと、あいさつするだけでいつも喜んでくれる」。 そして「僕に『いてくれてよかった』とさえ言ってくれる」のだ。 自らの存在をこの言葉で実感でき、頼りにされていることがうれしい。 著者はまた、ここで暮らして必要に迫られ軽トラを運転するようになり、ペーパードライバーだったにもかかわらず、マニュアル車を操り山道をスイスイ移動できるようにもなった。 細い道で対向車に合い、譲るべきは相手なのだが、自分のほうから渋々バックして道を譲り、お礼のクラクションに途端に気を取り直して顔がほころぶ......。 夜には自分の手足も見えぬほどの漆黒の闇に包まれるという山奥の集落で、引きこもりの人たちはイキイキとし、「できること」を増やしていく。 そのプロセスに読む側もなにやらウキウキした感じにもなる。 自分がするかしないか、できるかできないかにかかわらず、コロナ禍を経験した都会の人にとっては、「山奥ニート」の暮らしぶりは、「新しい生活」の選択肢がさまざまあることを教えてくれるはず。

次の

ワイニート、コロナで経済、教育、社会が無茶苦茶になって嬉しい

ニート コロナ

この記事を作成している5月1日現在で、コロナウィルスの影響は今もなお社会に大きな影響を与え続けています。 最近は入学時期を4月から9月にする案も出てきているような状況です。 このようにコロナウィルスが発生する前と後では、社会は大きく変化しました。 そして、就活市場においてもそれは同様です。 合同説明会がほとんど中止になったり、Webでの面接が行われたりしています。 そんな中、このサイトではニートがいかにしてホワイト企業に就職したかまでを説明してきましたので 今回はこのコロナウィルスがニートやフリーターの就活にどのように影響を与えるのか そして、そのような人たちがどのように行動するべきなのかまとめていきます。 ニート・フリーターが受けるコロナの影響 まずはニートやフリーターの方たちが、今回のコロナによってどのような影響を受けるのか見ていきましょう。 親から金銭的援助が受けられなくなる 今はコロナの影響によりリーマンショック以上の不景気がきているとも言われています。 そうなれば当然ながら皆さんの親もその不景気にさらされています。 会社からもらえるボーナスが無くなったり、給与が減額されたり もっとひどい状況だと雇い止めや解雇など給料が支払われなくなるケースも少なくありません。 これらの影響で自主退学を考えている大学生も多くいるというニュースをよく見かけますよね。 それはニートやフリーターの皆さんにも同様です。 これは各家庭の事情に左右される部分ではありますが、コロナの影響により今までもらっていた親からの金銭的援助が受けられなくなる可能性があります たとえ、これまで金銭的な援助を受けていなかったとしても、親が金銭的に余裕がある状況とない状況では皆さんに与える影響は大きく違ってきます。 親に余裕があるから気にせずニートやフリーター生活を送れたという方も多くいるでしょう。 しかし、そんな状況は今回のコロナで大きく変わってしまったことを十分理解する必要があります。 就活がさらに厳しくなる 2つ目が、今回の本題でもある就活についてです。 ニートやフリーターというのは当然ながらブランクがあることで学生よりも就活は難しい状況にあります。 海外ではこう言ったブランクが気にされなかったりもしますが、残念ながら現在の日本は新卒主義を貫いています。 しかし、その学生ですら今回のコロナの影響で多くの方が就活に苦戦しています。 数少ない枠を多くの学生で取り合っているという状況が、今回のコロナの影響でより顕著になってきています。 また、先ほども説明したように現在はリーマンショック以上の不景気がきている、今後来る可能性があると言われています。 こう言った状況から見てもニートやフリーターの方の就活は今後さらに厳しくなっていくと考えられます。 ニート・フリーターの就活が厳しくなる2つの理由 それでは、なぜニートやフリーターの方の就活が厳しくなると考えられるのか 大きく以下の3つの理由について説明していきます。 企業が採用に慎重になる• 競争の激化• 企業とマッチングする機会の減少 企業が採用に慎重になる 今回のコロナの影響で、就活市場において企業がどのように動くかを考えた時に 一番言われているのが、この採用に慎重になるということです。 下記は東洋経済による就活中の学生向けの記事ですが、就活する人であればみんなに共通する内容になります。 新型コロナウイルスの感染拡大による企業側の新卒採用の動きとしては、 (1)消極路線 (2)様子見路線 (3)積極路線 の大きく3つに分かれると思われます。 すでに企業ごとに違いが見られ、なかでも、(2)の様子見路線が多いような気がします。 ただ、今後は(1)の消極路線が増えてくると思います。 〜一部省略〜 現時点では、業績にそれほど大きな悪影響を受けていない企業も、今後、悪影響を受けている企業や人の影響を間接的に受けていく可能性は高く、国がよほど適切な経済対策を行わない限り、業績への悪影響が企業全体に広がっていくことは避けられません。 だからこそ、就活中の学生は、様子見から消極に切り替える企業が増えるという前提で行動したほうが、いい就活には結びつくと思います。 引用: このように、コロナが今後どのように影響を与えるかということは誰にも分かりません。 そのために企業が採用に慎重になるのは当然の行動と考えられますよね。 これは就活をしている全ての人にとって良くない状況になります。 競争が激化する 2つ目は競争の激化についてですが、これは就活市場全体の観点とニート・フリーターの就活の観点と2種類あります。 まずは就活市場全体の観点からです。 先ほども説明したように今後の企業の動きとしては採用に慎重になることが考えられます。 それは採用の枠が少なくなるということを意味します。 そのため、これまでと同じように多くの就活している人たちの中で、これまでより少ない枠を取り合うという状況になるのです。 そうなれば必然的に就活自体が難しくなるということになります。 次にニート・フリーターの就活の観点です。 今回のコロナの影響で学生の就活はとても厳しいものになりました。 そのため、今年に内定をもらえず就職先がないまま卒業していく人たちも例年より多くなると考えられます。 そうして既卒になった人たちが今後どのような就職活動をするのかですが 就職浪人をして翌年に新卒採用を受ける人もいるでしょうが、多くの方は皆さんと同じように中途採用を受けることになるでしょう。 つまり皆さんのライバルとなる方が多くなるのです。 そして、そのライバルは最近まで就活をしていたので皆さんよりも就活慣れしているのも事実です。 来年からはそうした強力なライバルが生まれてしまうということを覚悟しなければなりません。 ニート・フリーターの正しい就活の方法 ここまで、コロナによってニートやフリーターの皆さんの就活は厳しくなると説明してきました。 ここからは、就活を考えている皆さんがどのように行動するべきかについてです。 就活すると決めた際は以下の2つを守ることが重要になります。 終息後すぐに行動する• 一人で悩まない 終息後すぐに行動する 緊急事態宣言が解除されて世間の就活が活発化された頃には、すぐに行動する必要があります。 先ほども説明したように、翌年には強力なライバルが発生することは目に見えています。 この不景気でどれだけの採用枠が残っているかも分からない状況です。 また、今回は世界全体の経済が止まっていることもあり、終息後に一気に回復することはないと考えられています。 終息後にさらに不景気になることも十分考えられます。 そのためにも活動できる状況になれば、すぐに就活を始めてください。 一人で悩まない これからの就活を見ると、どの業界が採用されやすいのか、どのような面接対策をすればいいのか こういったことはこれまでの就活と大きく変わってくるでしょう。 一人で対策をしていてもこれまでの方法が通用しないことも多々出てくるでしょう。 そうした時に一人で行動し続けたり、悩み続けるのは時間を無駄にすることにも繋がります。 そうした時に活用できるのがエージェントや就活サイトになります。 まずは一人で悩まず、就活のプロであるエージェントなどに相談することが就職への一番の近道になります。 現場の状況を知っている人と一緒に考え、一緒に対策することが最も重要なことになります。 全てのサービスを無料で受けることができますので、ぜひ活用してみてください。

次の

【コロナ解雇】仕事がなくなってニートになった感想

ニート コロナ

Contents 目次• 林先生と橋下徹先生の緊急メッセージ。 スポンサーリンク 高学歴ニートコロナ禍を生き抜くための2大授業SP 新型コロナウイルスの影響で若い人たちが内定を取り消されたり働きたくても働けない人がたくさんいる今、伝えたいことはありますか? 橋本先生が伝えたいこと。 むしろコロナ禍は若者にとってチャンスだと思います。 今回のコロナ騒動に関してはもちろんマイナスの面もある。 みんなこのニートのメンバーが「これからの時代どうなるんだろう」と不安に、何か・・・彼らは彼女らは思ってしまうのかな。 そこは・・・「違うよ」と言ってあげたい。 羨ましい。 最後繰り返しになるけれども 「燃焼できたな」死んでいってもらいたいと思うけどね。 スポンサーリンク 林先生が伝えたいこと。 これはもう・・・ 過去に例がないことが起きていて色んな企業が対応できないものも責めきれないとなったときに・・・。 色んな情報やネットワークを頑張って手に入れてほしい。 必ず自分を助けてくれる情報や人々がいる。 と思いますから・・・。 諦めないで自分を救ってくれるものと繋がる努力をしていただきたい。 そして、もう一つのの50を過ぎた人間から言わせてもらうと・・・ 確かに大変な状況ですけどまだ若い。 20年30年経ったとき若いから耐えられることもあってあの1~2年ホントにきつかったでも・・・。 「コロナを乗り越えたから今がある」・・・って言える可能性は非常に高いと思ってますから。 将来の財産になると思って歯を食いしばって何とか乗り越えていただきたい。 スポンサーリンク Advertisement フィットでは、WordPressのテーマのカスタマイズや新規制作、SEO対策、WEBコンサル、コンテンツマーケティング支援などのサービスも提供しています。 まずはお気軽にお問い合わせください。 2019. 28 お札を数える時にパチンと鳴らすのは? スポンサーリンク 銀行に関する問題です。 林先生知ってますか? […][…]• 2019. 13 冷奴には厳密な決まりがある。 スポンサーリンク 林先生知ってますか? かつお節の定番料理、冷奴 しか […][…]• 2019. 20 目次 1. キャビンアテンダントが「頼まれたくないドリンク」とは1. キャビンアテンダントが […][…]• 2019. 02 目次 1. 年末年始こそ知るべきゴミ分別の知識。 リチウムイオン電池の分別に注意1. 年末年始こそ […][…].

次の