広岡 達朗 コラム。 原辰徳に告ぐ。弱いチームを強くして勝て/広岡達朗コラム(週刊ベースボールONLINE)

広岡達朗の現在・今?伝説やコラムはどう!川上哲治や巨人の関係!長嶋茂雄

広岡 達朗 コラム

巨人にV9をもたらした川上哲治監督は、「ドン」と呼ばれたほどの絶対的な権力で選手を管理した。 その川上氏から疎まれ放逐された選手がいた。 広岡達朗氏(82)である。 きっかけはV9の始まる前年、1964年8月6日の国鉄戦だった。 2点を先制され、相手投手・金田の好投に手も足も出なかった巨人は、7回表、ようやく1死三塁の好機を掴む。 打者は5番・広岡。 しかしその3球目、三塁走者・長嶋がホームスチールでアウトになる。 打撃を期待されなかった広岡氏のショックは大きかった。 三振に倒れた広岡氏は激怒してバットを叩きつけると、ベンチを素通りして帰宅してしまった。 広岡氏があの事件をついに自分の口で語った。 * * * 1961年に監督に就任した時、川上さんは私に「現役時代はいい加減なことをしたが、すべて水に流して協力してくれ」と頭を下げてきた。 私はもちろん快諾しましたよ。 その後はコーチ兼任として、V9の初期を支えたつもりです。 しかしこの時ばかりは腹が立った。 私は信用されていなかったんだと確信した。 そこから川上監督との関係が悪化していったんです。 それで、この年のオフには私を中日へトレードする話が出た。 私は「トレードなら引退します」と正力亨オーナーに直訴し、結局この時は正力松太郎さん(亨氏の父。 巨人の初代オーナー)が取り持ってくれて残留することになった。 しかし川上さんは気に入らなかったのでしょう。 その後は露骨に出番を減らされました。 優勝した翌1965年はまだ良かったが、1966年には11試合しか出られず、結局この年を最後に巨人を辞めました。 川上さんによる「広岡排除」は徹底していましたよ。 引退後、私が評論家として巨人を訪れると取材拒否された。 米国・ベロビーチキャンプに取材に行くと球団に「広岡を入れるな」と通達する。 ならば個人で行ってやれとスタンドで観戦していると、練習をやめてしまう。 海外まで来てこの仕打ちを受けた時には涙が出ましたね。

次の

“初代優勝監督”広岡達朗が語る「2019年のスワローズ」

広岡 達朗 コラム

球界全体のレベルを引き上げる視点 15年限りでユニフォームを脱いだ原辰徳氏。 次に指揮を執る日は来るのか 原辰徳が巨人の監督を辞めてから3年がたった。 通算12年間の在任中は、リーグ優勝7回、日本一3回という実績を残した。 WBCでも世界一に輝いている。 立派なものだ。 だからこそ私は言いたい。 今度ユニフォームを着るときには古巣の巨人ではなく、一番弱いチームを率いて、そのチームを強くすべきだ、と。 なぜこういうことを書くかというと、プロ野球は巨人が単独で存在しているわけではない。 12球団があって巨人がある。 弱いチームを強くすれば、ほかのチームも切磋琢磨して強くなる。 引いては、球界全体のレベルが引き上げられるのだ。 原もそういう広い視野に立って物事を考える年齢に来ているのではないか。 では、巨人方式とは何か。 私の現役時代、巨人では、一つのポジションを巡って、熾烈な戦いが繰り広げられた。 意欲のない選手は容赦なく切り捨てられていった。 平安高で甲子園に3度出場した野口元三、早慶戦を沸かせた神宮のスター大橋勲(慶大)、六大学で戦後2人目の三冠王に輝いた立大の槌田誠ら。 当時の巨人はそうして選手の競争意識をあおった。 その結果、こいつなら大丈夫だと太鼓判を押された男がレギュラーを獲得していく。 当然、森にすれば面白くない。 「俺がいるのに、なぜ(新戦力を)取るんだ」と思うのは当然だ。 そこで森は、一人のライバルに対して腹の中とは正反対のアドバイスを送ったりもしたという。 手法はいささかえげつなかったが、そこまでしてプロの世界で生き抜こうする必死の姿勢は、認めるべきものがあった。 いまのように、AというポジションがダメならB、それでダメでもCというポジションがあるというユーティリテープレーヤーの発想など当時はあり得なかった。 要は、一つのポジションを奪うのに、選手がそれぞれ命懸けになっていたのだ。 こういうチームの監督であれば、やる気の見えない選手には、「じゃあ二軍に行け」と一刀両断すればよかった。 自分自身の勉強になる だが、巨人方式が他球団で指揮を執ったときにも通用すると思ったら大間違いだ。 若手に少し欠点やアラがあるからといって、そのたびに引導を渡していたら、一軍には選手がいなくなってしまう。 そこで、自分がいかに苦労してポジションを勝ち取ってきたかということを、なぜ言わないのか。 選手を丁寧に育て上げなければいけないのに、その教え方を知らないのだ。 だから失敗してしまう。 現在の球界を見ると、工藤公康(ソフトバンク監督)にしても辻発彦(西武監督)にしても、それなりに勉強はしている。 今年のパ・リーグの順位がそれを物語っている。 弱いチームを育てて勝つということは、何より自分自身の勉強になる。 原には、そろそろ新たなステージに進んでほしいと思う。 広島県出身。 呉三津田高、早大を経て54年に巨人入団。 大型遊撃手として新人王に輝くなど活躍。 66年に引退。 広島、ヤクルトのコーチを経て76年シーズン途中にヤクルト監督に就任。 78年、球団初のリーグ制覇、日本一に導く。 82年の西武監督就任1年目から2年連続日本一。 4年間で3度優勝という偉業を残し85年限りで退団。 92年野球殿堂入り。 写真=BBM.

次の

川上哲治氏が徹底排除した広岡達朗氏 涙が出た仕打ち述懐|NEWSポストセブン

広岡 達朗 コラム

野村という男はもともと良い素材を持っていた。 それを見抜いたのが南海・鶴岡一人監督だった。 こいつをリーダーにしなければいけないとの一心で帝王学を叩き込んだ。 そして一人前に育て上げた。 鶴岡さんの慧眼はすごかった。 鶴岡さんに厳しく鍛えられながら野村は発奮し、戦後初の三冠王になった。 三冠王というのはセンスがなければ獲れない。 野村が優れていたのは次の点だ。 苦手なコースに来たカーブは平然と見送る。 それを見た投手がタカをくくって甘いコースへ同じカーブを投げると、待ってましたとばかりに仕留めてしまう。 それを受け継いだのが野村の薫陶を受けた柏原純一(元南海ほか)だった 捕手としては、必ずしも肩は強くなかった。 盗塁は走られ放題も同然。 そこで、ささやき戦術で打者の集中力を殺ぐなど自身の弱点を補う術を研究したのが野村だった。 配球にも長けていた。 同じ捕手の森祇晶は現役時代(巨人)に日本シリーズの対戦相手が南海以外の場合は、プライベートで付き合いがあった野村の自宅を訪れて、パ・リーグ優勝チームの情報収集をしていたほどだ。 野村の野球理論は間違ってはいない。 「野球とは頭のスポーツである」を持論にしていた。 ミーティングにも長時間かけた。 私が野村の考えと少し違うのは、理論がどんなに正しくても、それを頭に叩き込むだけでは足りないということだ。 頭がよくて野球に勝てるのなら、東京六大学で東大がもっと勝っていけなければおかしい。 つまり、正しい理論を体で覚え込ませるべきなのだ。 いまの若い人は根気がなくなった。 だが、指導者は答えが出るまで手取り足取り丁寧に教えるべきだ。 野村の男気を感じさせるエピソードも紹介しよう。 私が監督時代に、球審の判定に抗議したことがあった。 当時は、ユニフォームのパンツの裾をふくらはぎまで下げてストッキング細い部分しか見せない着こなしが主流になっていた。 私はといえばパンツをヒザ下で折り返す昔ながらのスタイル。 その姿を見た相手チームの選手たちが私をヤジったときだ。 相手ベンチにいた野村はヤジを飛ばした味方の選手を「そんな失礼なことを言うな」と一喝した。 評論家・草柳大蔵との出会いで 晩年は著書を何冊も出していたように、野村は言葉を武器にしていた。 しかし、彼は先天的に言葉を持っていたわけではない。 私が知る野村はむしろ喋れなかった。 そんな野村を変えたのが評論家・草柳大蔵との出会いだ。 野村は草柳の著作を読み、最初はその受け売りだったかもしれない。 しかし、読書こそ自分の言葉を獲得する最大の手段であることを知った野村は、草柳以外にも多くの本を読むことで、 新聞記者が泣いて喜ぶような名コピーライターになっていった。 その代表作が「マー君、神の子、不思議な子」だろう。 人間は生まれたら死ぬ。 それが早いか遅いかだけだ。 桜と一緒。 どうせ散るなら生きているうちに世のため人のために尽くせばいい。 人に喜んでもらう。 それが本当の幸せだ。 野村の生涯は幸せだっただろうか。 その答えは本人にしか分からない。 広島県出身。 呉三津田高、早大を経て54年に巨人入団。 大型遊撃手として新人王に輝くなど活躍。 66年に引退。 広島、ヤクルトのコーチを経て76年シーズン途中にヤクルト監督に就任。 78年、球団初のリーグ制覇、日本一に導く。 82年の西武監督就任1年目から2年連続日本一。 4年間で3度優勝という偉業を残し85年限りで退団。 92年野球殿堂入り。 16 ID:nm7NUYIM0 落合との対談は面白かったなあ。 今の選手たちが練習しなくなったのはノムさんがそういう流れを作ったって 面と向かって言ったもんなあ。 68 ID:F6i2woRW0 さっき野村と落合の対談見てた。 落合はミーティング嫌いだ!練習量減ったのはノムさんのせいだ!と言って面白かった。 79 ID:H0dUVJYQ0 ほとんど知られてない事だけど、広岡さんは現役時代うまいだけではなくて下半身のしっかりした馬力のあるショートだった。 いくら広岡でもオープン戦で抗議に行ったとは思えんが。 89 ID:2RwzWEUw0 野村も凄かったけど、 当時のヤクルトはキラ星のごとく、 人材が集まったよな。 01 ID:UjDsdrHv0 野村は広岡を歴代No. こいつをリーダーにしなければいけないとの一心で帝王学を叩き込んだ。 そして一人前に育て上げた。 鶴岡さんの慧眼はすごかった。 別にノムさんもそう考えていたわけではないような。

次の