ガチッ と ゲット だ ぜ モンスター ボール トイザらス。 僕が「ガチッとゲットだぜ!モンスターボール」を使って感じるメリット・デメリット【使用感レビュー】

ガチっとゲットだぜ!モンスターボール : ポケモンセンターオンライン

ガチッ と ゲット だ ぜ モンスター ボール トイザらス

どうも2児の娘の父であるヤクタマです。 クリスマスプレゼントに「 ガチッとゲットだぜ! モンスターボール」を購入にしました。 購入して、1ヶ月たちましたが、飽きっぽい娘たちもまだあそんでくれています。 せっかくプレゼントして喜んでくれても数日であきてしまったらガッカリですからね。 ちなみに一緒に購入した「」は1日であきました。 これはアカンよ。 その点、この「ガチッとモンスターボール」はしばらく遊んでもらえるから安心です。 お値段は5000円くらいだから、クリスマスや誕生日のプレゼントにはちょうどよい価格帯だとおもいます。 ぼくもけっこう遊ばせてもらって楽しんでるから大人視点のレポートしようかなとおもう。 対象年齢:4歳~6歳におすすめ 我が家では、4歳と5歳の娘が楽しく遊んでくれています。 うちの娘基準で恐縮ですが、ガチッとモンスターボールは 5歳児が一人で遊ぶのにほどよい難易度だとおもいます。 ボク個人としてはニンテンドースイッチの「ソード&シールド」がほしかったんだけど、子供たちがテレビゲームをできるレベルにまだ達していません。 というのも、まだ文字をスラスラ読むことができないからなんです。 でも、安心してください。 そんな文字が読めない子供でも「ガチッとモンスターボール」は楽しむことができます。 文字がなくても音声ガイドだけでゲームをこなすことができます。 もちろん、なれてしまえば音声ガイドなしで遊べます。 ただね、文字がない子供向けのゲームはどうしても単調になりがちなんだけど、この「ガチッとモンスターボール」は色々な工夫が施されているから大丈夫。 すぐに飽きることはありません。 そもそも、キャラクターが300以上いるからね。 ポケモンを集めるワクワクだけでもしばらく楽しい。 4歳の娘にはむずかしいゲームもあるけど8割方あそべます。 5歳の娘であればほぼすべてのゲームルールを把握することができて楽しむことができます。 もちろんルールが理解できたとしても100%ゲットできるわけではありません。 ほどよくゲットに失敗する難易度だからこそ長く楽しめる。 といっても何ヶ月も楽しめるものではないから、せいぜい1ヶ月が限度だと思いますよ。 ポケモン好きならこのキャラクター図鑑がおすすめです。 我が家はどこに行くにも持ち歩いています。 フルカラーで見やすい大型本です。 これが1000円未満というのが不思議でしょうがない。 もしポケモンのキャラクター図鑑を購入するなら絶対これがオススメ。 7歳以上はおすすめできない ちなみに7歳以上に「ガチッとモンスターボール」はおすすめできない。 なぜなら、きっとすぐに飽きてしまうと思うからです。 だって、ゲームで使用するボタンが1個しかないんだもの。 いくら工夫したとしても1個のボタンだけで小学生をつなぎとめるって無理だよね。 すぐに飽きられてしまうなら、ニンテンドースイッチがいいとおもいます。 ボクもニンテンドースイッチがほしいよー。 とくに「ニンテンドースイッチライト」あれはイイよ。 小学生から大人までみんなやってるじゃん。 早くうちの子にもわたして一緒にゲームしたい。 「ガチッとモンスターボール」の遊び方 ディスプレイ付きのモンスターボールでミニゲームをこなしながらポケモンを集めていきます。 全部で300以上のポケモンをゲットしないといけないから、すぐに飽きえるということはありません。 6歳以上になるとちょっとゲームが簡単すぎるかもしれませんね。 それでは遊び方を説明していきます。 スゴロク形式でマスを進んでいきます。 マスにとまるとポケモンがでてくるからミニゲームをしてゲットします。 止まったマスには「タイプ」があります。 マスのタイプに応じたポケモンが出現します。 また伝説がでてくる特殊なマスもあります。 メインゲームは、ちょこまかと動き回るポケモンが「ワク」に入ったところでモンスターボールをガチッと閉じることでゲットする単純なものです。 単純ながら、伝説ポケモンはめっさ動き速いから大人でもゲットするのはむずかしい。 他にも 音で遊ぶゲームや タップで遊ぶゲームがあります。 タップで遊ぶ• タップして太鼓を叩く• タップして岩を砕く• タップして草をかる• タップして木のみを落とす• タップして釣り上げる ゲット方法もいろいろあるってことです。 ちなみに、タップするけどタッチディスプレイではありません。 てっきりタッチディスプレイだと思いこんでました。 たぶん子どもたちはタッチディスプレイだと思いこんでいます。 タッチではないのに、タップで操作で遊べるのは、音を認識しているからです。 爪でタップした「カッチ」という音を認識するので、指でタッチしたらダメなんです。 爪でタップして「カッチ」と鳴らすようにしましょう。 タッチディスプレイではないので画面が頑丈にできていて、子供が叩きまくっても大丈夫。 ボタン操作 遊ぶときはボタン操作は1つだけ。 左右ボタンが後ろについているけど、ほとんど使いません。 ゲームで使うのはセンターボタンだけです。 ちなみにセンターボタンは決定ボタンの役割をします。 だから、文字が読めない4歳児でも楽しむことができます。 左右のボタンはゲームを選択するときにつかうか、設定のときに使うかぐらいで、ほとんど登場することはありません。 「ガチッとモンスターボール」の攻略方法 300種類のポケモンをあつめるのは大変です。 ランダムに弱いものから強いものまででるから、たぶんコンプリートは無理だと思う。 それでも、伝説くらいは集めたいですよね。 そこで、ボクが伝説を集めるのに使った「小」テクニックを紹介します。 まず攻略に絶対に必要なテクニックとして自由自在にサイコロの目を出せるようになることです。 実際は、サイコロではなくルーレットなのですが、ルーレットの回転がおそいからよく見て決定すれば、だしたい目をだすことができます。 伝説を連続ゲットするための条件は、伝説がでるマスとその先に戻るマスがあることです。 伝説が出現するマスはキラキラと光っているのでわかるとおもいます。 そして、戻るますも「戻る」っぽいデザインしているのでわかります。 この2つがそろったらやることは決まってます。 伝説ゲット&戻るの繰り返しです。 いわゆるリセマラみたいなもんですな。 子供には難しいけど、大人ならできます。 それではガッチとライフをエンジョイください。

次の

ガチッとゲットだぜ! モンスターボール 男の子に人気のポケモンのおもちゃ

ガチッ と ゲット だ ぜ モンスター ボール トイザらス

ポケモンを捕まえた後で勝手にモンスターボールが開く演出はなんか嬉しくなっちゃいますね。 光、音、振動で本当にモンスターボールみたい 動画を見られた方は気付いたと思いますが、このおもちゃはボタン部分が光り、音が出て、振動します。 視覚、 聴 ちょう覚、 触 しょっ覚を使って楽しむことができるので、子供の好奇心をくすぐり 飽 あきがこないのだと思います。 音は基本的にサトシの声か曲です。 意外にもポケモンの声は入っていないのですが、さすがに数が多すぎるので製作者側も泣く泣く断念したのだと思います。 ステージや出現ポケモンが多い 確認できているのがステージは4つ。 ポケモンはなんと310種類もいます。 全部捕まえたらどうなるんだろうとか、ポケモンは310種類以上いるんじゃないか?とか気になることが色々ありますが、やりこみ要素が多いのは嬉しいですね。 ポケモンソードシールドのザマゼンタも捕まえることができました。 ・見た目がモンスターボールそのまま。 所有感を満たせる ・ポケモンを捕まえる時のミニゲームが多くて飽きない ・ゲームを進めるのがスゴロクなので、小さい子でも理解できる ・ボタンは中央の決定ボタン、背面の選択ボタン2つの計3つのみで操作簡単 ・ポケモンの数が多いので十分やりこめる 見た目の完成度が高い メリットの中でもやはり一番素晴らしいと思うのは、 その見た目の完成度の高さです。 完全にモンスターボールそのものです。 過去にもモンスターボールのおもちゃは様々出てきましたが、これほど 精巧 せいこうに作られているのは中々無いと思います。 スゴロクだからストーリーの進め方が分かりやすい スゴロクがこの世に生まれてから数十年も経っていると思いますが、内容を変えれば全く違うゲームになるので、いまだに大人も子供も飽きないゲームの代表的な存在ですよね。 でもスゴロクを採用しており、 ゲームの進め方を小さい子でも理解できるようにしてくれています。 また、止まるマスが基本的には属性で分かれており、属性に合ったポケモンが出てくるようになっています。 ですが、属性以外のマスもあったり、伝説のポケモンが出てくる場所がランダムだったりなど、予測ができないのでプレイするたびに楽しめます。 デメリット ・単4電池が3本、フタを開けるのにドライバーが必要 ・落とすと外装が壊れそうで心配 ・音を最小にしても結構大きい 電池は別売りなので、別途必要 音、光、ディスプレイときたら乾電池が必要なのは当たり前なんですが、電池が切れたりしたときのために電池が必要です。 ディスプレイがあるタイプのおもちゃにしては電池の持ちが良い方ですが、電池が無くなってしまった時のために、 電池をストックしておくことをおすすめします。 落とすと外装が壊れそうで心配 本体を軽く、小さくするためだと思いますが、外装のプラスチックはそんなに頑丈そうではありません。 運悪くコンクリートなどの硬い所に落とすと破損する可能性があります。 ストラップホールがあるので、ストラップを付けて首にかけておいた方が良いと思います。 音を最小にしても結構大きい 上の動画でも音を最小にしているのですが、それでも結構大きな音がします。 夜は遊ばないか、ミュートにすることをおすすめします。

次の

ポケモンがゲットできる!「ガチッとゲットだぜ! モンスターボール」

ガチッ と ゲット だ ぜ モンスター ボール トイザらス

モンスターボール 購入は ポケモンゲットの旅! 新感覚・体感型モンスターボール液晶トイ登場! — Color Color06917841 画面に出てくるポケモンに対し、タイミングを合わせて「 ガチッ!」と蓋を閉めることでゲットすることができます。 また、ときには息を吹きかけたり、トントンつついたり、ポケモンを呼んだり、体感的な遊び方も詰まっています。 対象年齢は4歳からとなっていますが、4歳の子供に与えるおもちゃとしては比較的高価ですよね。 ただ、 自分がポケモントレーナーになったような気分を味わうことができるということで、子供たちは本当に夢中になって遊びます。 そう考えると、親としては買ってあげたくなっちゃいますよね……。 苦笑 どこで買える? 大人気のおもちゃ「 ガチッとゲットだぜ!モンスターボール」ですが、どこのお店であれば購入できるのでしょうか。 実店舗に入荷する可能性は低い 僕が住む地域で取り扱いがありそうなお店に片っ端から電話してみましたが、どこも在庫はありませんでした。 トイザらス• ヤマダ電機• コジマ• ビックカメラ• 百貨店 お店の人が口を揃えて言うには、「 今年に入ってから入荷はなく、今後も予定はありません」とのこと。 どうやら、 実店舗へ出回ることは今はほどんどない状況のようです。 楽天・Amazonは在庫ありだが定価越え 楽天やAmazonであれば、常時在庫がある状態です。 ただ、 どこも定価越えの価格で、概ね1万円前後での販売となっています。 どうしても急ぎで購入したいという場合は、楽天やAmazonの利用を検討してみてくださいね。 なお、 モンスターボール系のおもちゃは他にも沢山あり見た目が似ているので、購入する際には間違って別の商品を購入してしまうことがないよう気を付けましょう! リンク タカラの公式ネットショップで不定期に販売 タカラトミーの公式ネットショップ「タカラトミーモール」でも基本的には在庫切れの状態ですが、 不定期に販売されることがあります。 最近では、4月7日と4月17日に販売がありました。 ただ販売開始から数分で売り切れてしまうので、かなりの瞬発力が必要です。 なお、 タカラトミーモールには入荷案内のサービスがあり、事前に登録しておくと、購入可能になった時点でメール案内をしてくれます。 会員登録後、欲しい商品のページで「入荷案内申し込み」というボタンをぽちっとするだけなので、是非利用しましょう!! タカラトミーにも問い合わせてみた あまりに売っていないので、発売メーカーであるタカラトミーの問い合わせ窓口にも直接聞いてみました。 昨年末から需要が高く、売り切れが続いている状態• 今後流通が増えるのかどうかはわからない• 生産終了になっているわけではない• こういった問い合わせやタカラトミーモールの入荷案内申し込みが多ければ、増産に繋がる可能性がある 注目すべきは最後の部分。 やはりお客さんからのニーズが高いことがわかれば、メーカー側も生産量を増やす可能性があるということですね。 これだけ人気のある商品ですから、是非とも増産してほしいものです!! まとめ 今回は、 「ガチッとゲットだぜ!モンスターボール」の在庫状況やねらい目の購入方法について解説しました。 生産終了になっているわけではないので、根気強く待てば購入できる可能性はあります。 特にタカラトミーモールは頻繁にチェックするようにしましょう! 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の