瞳 の 奥 を のぞかせ て 歌詞。 瞳の奥をのぞかせて(ポルノグラフィティ) / コード譜 / ギター

瞳の奥をのぞかせて(ポルノグラフィティ) / コード譜 / ギター

瞳 の 奥 を のぞかせ て 歌詞

この絵、見たことある? 『チェス盤のある静物』 リュバン・ボージャン ルーヴル美術館展で日本に来るから 国立新美術館に行きたいなぁと 思ってたところなの。 この絵、なんか一緒に来る フェルメールの「天文学者」とかと比べると 地味だし、 とっつきにくい感じだし、 とりあえずチラ見して フェルメールのとこに急ご! …ってなりやすそうなんだけど、 でも、実は結構面白い。 静物画(ヴァニタス画)って、 なんか退屈! この絵のどこが面白いの? …って、実は私も正直 そう思っていたこともあるんだけど、 でもある時、 ヴァニタス画の読み解き方を教わったら 今まで見てた世界が180度ひっくり返ったの。 えっ、この絵にそんな意味があったんだ…! 深い…!! って。 ヴァニタス画に描かれているものには ひとつひとつ意味があるの。 この絵でいうと、 楽器と楽譜は聴覚の、 カーネーションは嗅覚の、 パンとワインは味覚の、 チェスとトランプとお財布は触覚の、 それぞれの喜びを表してるんだって。 右手奥にかかってるのは鏡だから、視覚。 …でもこの鏡には何も映ってなくて真っ暗。 つまり、死の暗示。 五感の喜びはすぐに消え去る。 ヴァニタス画は静物の中に 「人生の儚さ」を表現する哲学的な作品なんだって。 面白いよね。 更に深読みすると、 この楽器はマンドーラっていうんだけど、 本来女性が奏でる楽器なので、 「女」を意味することもある。 そのすぐそばに贅沢を意味する真珠。 つまり、「高級娼婦」を意味してる。 トランプの絵柄はジャックで、 これは「男」を暗示するんだけど、 男と楽器の間に財布があることから 男女の金の結びつきを想像させる。 トランプ・チェス・財布・楽器等の 享楽を意味する物は画面前方に配置されて、 下方に傾けて描かれてる。 これは終末への暗示。 でも、パンとワインと花は 画面上方にあって、光も当たってる。 キリスト教では パンとワインはキリストの肉と血を、 カーネーションは純愛を意味する。 つまりこの絵の意味するところは、 「高級娼婦のようにつかの間の享楽をむさぼるより、 神の愛に生きよ」 「精神の高みを目指せ」 なんだって。 一枚の静物画にそんな意味が隠されてるとか、 めっちゃ面白いよね。 高級娼婦そのものを キャンバスに描いてるわけじゃないのに、 そういうメッセージをしのばせられる。 静物画なんて退屈と思ってたのに。 描かれてる物も配置も 全部意味があるんだ…! ってびっくりしたの。 …何の話だ、って感じ?笑 いえいえ、前置きにも意味があるんです。 直接的な表現では決してなく、 一見バラバラに表現されているものを、 ひとつひとつ丁寧に読み解いていくと、 実は全部がつながっていて、 ある意味が浮かび上がってくる。 現場に残された遺留物から 動機や犯人を突き止める、 プロファイリングみたいだよね。 実はそんなふうにして描かれてる曲が ポルノにもあって。 なにしろ主人公も惑わされてばかりなので なかなか真実にたどり着くのは難しいけど。 でも今日はちょっと頑張って、 歌詞に描かれた表現から 主人公の想い人の謎を解いて、 瞳の奥をのぞいてみたい。

次の

安全地帯 プルシアンブルーの肖像 歌詞

瞳 の 奥 を のぞかせ て 歌詞

確認後に対応予定となりますが、しばらく対応が遅れることがありますのでご了承ください。 更新まで待てないという方は、やをチェックしてみて下さい。 ポルノグラフィティ 「瞳の奥をのぞかせて」の動画やMP3のダウンロードの提供は一切行っておりません。 -い-• -う-• -え-• -お-• か行 アーティスト• -き-• -く-• -け-• -こ-• さ行 アーティスト• -し-• -す-• -せ-• -そ-• た行 アーティスト• -ち-• -つ-• -て-• -と-• な行 アーティスト• -に-• -ぬ-• -ね-• -の-• は行 アーティスト• -ひ-• -ふ-• -へ-• -ほ-• ま行 アーティスト• -み-• -む-• -め-• -も-• や行 アーティスト• -ゆ-• -よ-• ら行 アーティスト• -り-• -る-• -れ-• -ろ-• わ行 アーティスト•

次の

瞳の奥をのぞかせて(ポルノグラフィティ) / コード譜 / ギター

瞳 の 奥 を のぞかせ て 歌詞

この絵、見たことある? 『チェス盤のある静物』 リュバン・ボージャン ルーヴル美術館展で日本に来るから 国立新美術館に行きたいなぁと 思ってたところなの。 この絵、なんか一緒に来る フェルメールの「天文学者」とかと比べると 地味だし、 とっつきにくい感じだし、 とりあえずチラ見して フェルメールのとこに急ご! …ってなりやすそうなんだけど、 でも、実は結構面白い。 静物画(ヴァニタス画)って、 なんか退屈! この絵のどこが面白いの? …って、実は私も正直 そう思っていたこともあるんだけど、 でもある時、 ヴァニタス画の読み解き方を教わったら 今まで見てた世界が180度ひっくり返ったの。 えっ、この絵にそんな意味があったんだ…! 深い…!! って。 ヴァニタス画に描かれているものには ひとつひとつ意味があるの。 この絵でいうと、 楽器と楽譜は聴覚の、 カーネーションは嗅覚の、 パンとワインは味覚の、 チェスとトランプとお財布は触覚の、 それぞれの喜びを表してるんだって。 右手奥にかかってるのは鏡だから、視覚。 …でもこの鏡には何も映ってなくて真っ暗。 つまり、死の暗示。 五感の喜びはすぐに消え去る。 ヴァニタス画は静物の中に 「人生の儚さ」を表現する哲学的な作品なんだって。 面白いよね。 更に深読みすると、 この楽器はマンドーラっていうんだけど、 本来女性が奏でる楽器なので、 「女」を意味することもある。 そのすぐそばに贅沢を意味する真珠。 つまり、「高級娼婦」を意味してる。 トランプの絵柄はジャックで、 これは「男」を暗示するんだけど、 男と楽器の間に財布があることから 男女の金の結びつきを想像させる。 トランプ・チェス・財布・楽器等の 享楽を意味する物は画面前方に配置されて、 下方に傾けて描かれてる。 これは終末への暗示。 でも、パンとワインと花は 画面上方にあって、光も当たってる。 キリスト教では パンとワインはキリストの肉と血を、 カーネーションは純愛を意味する。 つまりこの絵の意味するところは、 「高級娼婦のようにつかの間の享楽をむさぼるより、 神の愛に生きよ」 「精神の高みを目指せ」 なんだって。 一枚の静物画にそんな意味が隠されてるとか、 めっちゃ面白いよね。 高級娼婦そのものを キャンバスに描いてるわけじゃないのに、 そういうメッセージをしのばせられる。 静物画なんて退屈と思ってたのに。 描かれてる物も配置も 全部意味があるんだ…! ってびっくりしたの。 …何の話だ、って感じ?笑 いえいえ、前置きにも意味があるんです。 直接的な表現では決してなく、 一見バラバラに表現されているものを、 ひとつひとつ丁寧に読み解いていくと、 実は全部がつながっていて、 ある意味が浮かび上がってくる。 現場に残された遺留物から 動機や犯人を突き止める、 プロファイリングみたいだよね。 実はそんなふうにして描かれてる曲が ポルノにもあって。 なにしろ主人公も惑わされてばかりなので なかなか真実にたどり着くのは難しいけど。 でも今日はちょっと頑張って、 歌詞に描かれた表現から 主人公の想い人の謎を解いて、 瞳の奥をのぞいてみたい。

次の