決まり手 足とり。 とっくり投げ

わんぱく相撲大会と、足とり: 山村留学と私の日記。

決まり手 足とり

昨日、下伊那郡のわんぱく相撲大会が行われ、センターのこどもがふたり入賞、団体戦でも3位と健闘しました。 こどもの活躍はうれしいものです。 でも、私はわんぱく相撲大会に大いなる不満があります。 いえ、別に主催者のことをどうこういうわけではありません。 土俵の上での勝負で、「」という技を使う子がとても多いのです。 「ハッケヨイ、のこった!」の掛け声と同時に、相手のどちらかの足を両手でかかえ、自由を奪ってバランスを崩し、そして転倒させるのが「足とり」。 全部で82手ある相撲の決まり手(技)のひとつですから、ルール違反ということではありません。 しかし、不満に思うのは、体格が同じ程度の子はもちろん、体格のいい子が明らかに自分より小さい子に対してこの技を使い、勝ち進んでいって優勝したりするんです。 毎年のように見られる光景です。 「足とり」という技は、体格に恵まれない者が窮余の策として使う技だと認識しています。 決まり手にはあっても、ほいほい使う技ではない。 大相撲でも滅多に見ない技じゃないですか。 幕内力士が使ったの、私は見たことがないです。 かつて舞の海が使ったかもしれませんが、彼は本当に小さい力士だった。 体重差で階級わけをしない相撲は、小よく大を制すための技もあります。 足取りはその最たるもののひとつでしょう。 それを、少年少女の健全育成の一環であるはずの「わんぱく相撲大会」の主流の技になっているなんて、なんたることか。 そうまでして勝ちたいか、と本当に苦々しい気持ちになってしまいます。 いえ、こどもに対してじゃありません。 親や、指導者に対してです。 「足とっちゃえ~」「こら、足とれ足!」土俵のまわりを取り囲む大人たちの声援で、実際に聞こえる声です。 別に相手と体格差がなくても、あるいは体格的に有利でも、この声がやむことは稀です。 私は心底情けなくなります。 これは「足とり相撲大会」か??? わが国の国技、相撲を見たことがない人はいないでしょう。 NHKでは大相撲を必ず生中継で放送しています。 そこで繰り広げられている相撲と、わんぱく相撲は、まったく違う競技になってしまっています。 こどもがそうしているわけじゃない、大人です。 ある先生が、「足取りをする子が所属する学校」をチェックされたら、やはりきっちりと傾向が出たそうです。 ここでその学校の名前をあげるつもりはありませんが、しかしこれは、その学校で相撲で勝つために足をとれと指導している、その証左なのでしょうか。 もしそうだとすれば、暗澹たる気持ちになります。 どこらへんにスポーツマンシップがあるのでしょうか。 私に言わせれば、無用の「足とり」は恥知らずの技です。 (いいすぎでしょうか?) 幸い、浪合の学校は、「足とり」を潔しとはせず、立ちあいからすばやくまわしをつかみ、力と技を比べあう相撲を指導してくださっています。 センターでもそれは同様です。 ですから、センターのこどもたちの入賞は、実に誇りに満ちています。 彼らはベスト8突破、あるいはベスト4突破のかかった勝負で、それぞれ足とりに敗れました。 でも、私は思います。 彼らは勝負には敗れても、心では勝っています。 少年少女の健全育成のための「わんぱく相撲大会」ということを考えたとき、本当の勝者がどちらか、明らかでしょう。 かつて一度、3年生の個人戦優勝決定戦で、浪合の子が相手に足をとられるも、それを渾身の力でふりほどき、豪快に投げ勝った勝負を見たことがあります。 土俵のまわりには、実にさわやかな賞賛の拍手と歓声が鳴り響きました。 しかし、その2年後、やはり同じく3年生の個人戦優勝決定戦で、浪合の子が相手に足をとられたまま敗れた勝負がありました。 この時のなんともいえない土俵まわりの気まずさ。 喜んでいるのは、勝った子の関係者だけ。 その他のギャラリーは苦笑いを浮かべています。 そりゃそうでしょう。 それがまともな神経ってやつです。 しかしそんなギャラリーも、自分の子が土俵にあがると、何割かの人が「足とれ~」と叫んでしまうのです。 冒頭、主催者に文句はない、と書きましたが、しかし主催者にも考えていただきたい。 これは「足取り相撲大会」なのですか?私は覚えています。 数年前、主催者代表の方が閉会の辞で、「足とりばかり使うのはよくない。 正々堂々と戦ってほしい」という趣旨の発言をされました。 私はまったくわが意を得たりでうれしい気持ちがしたもののです。 しかしその後、何か変化があったかといえばそんなことはありません。 禁じ手にすることはないと思いますが、しかし「わんぱく相撲」は教育の一環なのだから、行司がこの対戦における足とりが適切でないと判断したら、そのことを勝負の最中でも宣言して、仕切りなおしにするなどすればどうか。 足とりに来ることがわかっているなら手の施しようもありそうなものですが、小学生の身体能力でそれを求めるのはどうやら酷なようです。 その証拠が、ここ10年ほど続く、下伊那の「わんぱく相撲大会」における「足とりブーム」なのです。 ・・・実は今年、センターの子も足とりをして勝った子がいました。 しかし彼は「どうしても勝ちたかったから足とりしたけど、しなきゃよかった。 うれしさも半分くらいだ」と後悔しています。 「次は足とりしないでも勝てるようになる」そう言っています。 昨日お世話になった古武道の先生は、「なかなか結果がでない。 うまくならない。 だから、いいんです」とおっしゃっていました。 本当にそうだなあと思います。 勝つことは大切ですが、何に勝ちたいのか、それを見失っちゃ、いけませんよね。 わんぱく相撲のルールについて、ネット上を検索していたらこの記事を見つけました。 足取りについてはとても共感が持てます! 息子もやはりこの足取りにやられました。 私は子供達には「足取りはやるなよ。 」って教えていましたので、平気で足ばかり狙ってくるやつは卑怯者ににか見えませんでした。 足取りで勝ったやつには回りも「きたねーやつ!」と野次が・・・ それをやらせる親にもやはり問題ありですね。 せめて両手で相手の片足をもったら反則とかのルールを作ってほしいものです。 足取りがこのまま了承されていくようなら わんぱく足取り合戦 に改名してもいいくらいじゃないかと・・(^^; それは言いすぎかもしれませんが、正々堂々と正面からぶつかっていくわんぱく相撲が見たいものです。 今頃のコメントでしたが、同じような気持ちの人がいたことがうれしかったです。 投稿: 近所の通りすがり 2009年3月23日 月 14時57分.

次の

相撲をとる

決まり手 足とり

おはようございます コメントありがとうございます 昨日から初場所が始まりましたね。 期待の新大関稀勢里は白星、琴奨菊は黒星スタートでしたね。 以前は相撲取りの資格に日本であること、が条件だったと記憶しています。 その条件がなくなり、外国人にも良くなったと思います。 今でも残っている条件は、髷が結えなくなったらダメ、すなわち、禿げてしまったら相撲取りを廃業しなければならないことです。 私がお相撲さんのサインをもらったのは小学3年生の時に「三根山」からでした。 関取それぞれの得意なスタイルがありました。 「松登」のぶちかまし・「岩風」のもぐりからの攻め・「身伏谷」の長身を生かしての釣りだし等見ている観客を田無ませてくれました。 今はスピードの相撲に変わってしまい、相撲の技を楽しむことができないようになってしまった感じがします。 前置きが長くなりすみません。 今場所は是非日本人力士に優勝して、新国技館に写真を飾って欲しい気持ちです。 日本人が優勝出来なくなったのは? やはり体格のちがいでしょうか。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

わんぱく相撲大会と、足とり: 山村留学と私の日記。

決まり手 足とり

質問者様の最後に書いた通り、突っ張り自体を禁じ手に含めるか否かは各指導者の解釈の違いがあり、概ね使わないという流れのようです。 あとは他の回答者の回答にありますが、突っ張りは難しい。 稽古なしで繰り出すことは非常に困難な技(意外かも知れませんが)です。 まずわんぱく(学童)相撲のレベルでは、突っ張りを教えられる環境が普通ありません。 相撲の稽古に「てっぽう」というものがあります。 これは左右で柱を突き、その際に左右の足もすり足で寄せて戻す、それを繰り返す稽古です。 突っ張りはただ両手を前に出して繰り出すだけでは何の意味もありません。 何より、腕を前に出すことで重心は普通に前のめりになりますから、それを引き戻せるだけの足裁き・腰の強さがなければ、相手にはたかれておしまいです。 何しろ関取級の力士の突き押しは、片手1発で軽く1トンを越える衝撃…こんな力士はザラにいます。 そのため、大相撲の殿堂とも言える両国国技館を始め、大阪・名古屋・福岡の各本場所会場、各地巡業の体育館にも、いかにもてっぽう稽古をしそうな柱には必ず「てっぽう禁止」の張り紙が出ます。 建物全体に衝撃を与えることもある、とされるほどですから。 この「相手に引かれて・はたかれて倒れる」…ここがわんぱく相撲にとってのネックです。 相手力士にはたかれた際、突っ張りを繰り出した側が前のめりに土俵に倒れる。 その際にどのような負傷を負うか分かったものではありません。 まだ骨格的に成長途中ではたして前にすっ飛んでいった自重を前に出した腕だけで支えた時にどうなるか。 実際アマの大会でもこれで頭部・頸椎などに重篤な負傷を負うケースはあります。 わんぱく相撲に出場するちびっ子力士は今や立派な体格ばかり。 でも、体重はいくら重くてもまだ骨組織は子供です。 よって、不意に横転するような技、骨格に負担がかかる技はわんぱく相撲ではほとんど禁じ手になっています。 (蹴手繰り・蹴返しなどの足への蹴り、首投げ、閂(かんぬき)、合掌・徳利(両手で相手の頭を挟む)など。 もちろん、大相撲でも禁じ手の逆指・鯖折り・グーパンチは禁止) 突っ張りは難易度が高く、また掛ける側にケガのリスクもある技、ということでしょう。 張り手と突っ張りの見分け方は、腕が横から出なければすべて突き押し、という解釈で統一出来ているようです。 それに、何といっても子供同士の相撲です。 突っ張り合った場合に一線級のアマ力士やそれこそ大相撲の力士のように、落ち着いて土俵を務めることが出来るでしょうか?間違いなく「子供のケンカ」になるでしょうね。 対突っ張りというより、相手の差し手を裁く稽古さえしていればいい。 四つ相撲相手の対策・稽古で突き押し相撲相手に十分対応出来ます。 この辺は普通にわんぱく相撲の稽古でも教えるものですし。 むしろ一番危険なのは、お互いが突っ張り合う場合。 参考の動画リンクを載せますが(突っ張り合いの名勝負というなら、過去から現在までこの一番しかありません。 麒麟児vs富士櫻は毎回名勝負になったのですが)、これを子供にやらせるのはいくら何でも無理だと思います。 長文失礼しました。 A ベストアンサー patapata1さん、こんばんは。 立ち合いで、頭から相手に激しく当たることを『ぶちかまし』と言います。 突き押しを得意とする力士がよく用いるようです。 なぜそんなことをするかと言えば、突き押しは、相手の体が棒立ちになったときに、最大の効果を発揮します。 そこで、頭からぶつかることによって、相手の体を起こすことができますし、相手が自分のまわしを取るのを防ぐ効果もあります 突き押しにとって、まわしを取られることは命取りになりかねません。 これを逆から見れば、ぶちかましをしない力士は、四つ相撲=まわしを取っての投げや寄りを得意としている人たちだということがわかるでしょう。 さて、頭と頭がぶつかったときですが、痛みはほとんど感じないと思われます。 というのも、音がするほど激しくぶつかり合った力士は、ほとんどがそのままの勢いで相撲を取っているためです。 ただ、相撲が終わって土俵から下りた力士が、顔をしかめて頭をさすっている場面はTVでもよく見ることができるので、痛みは確かに存在するようです。 ただ、普通の人よりは受ける衝撃は少ないと言っていいでしょう。 相撲の稽古場には、たいてい太い柱が立っています。 これは『鉄砲』という突き押しの基本練習を主にするためのものですが、そこに頭をゴンゴンと打ち付けて頭を固くするなど、日々鍛錬をしているためです。 また、力士の結っている大銀杏 マゲ も、緩衝材として働いているのではないでしょうか。 patapata1さん、こんばんは。 立ち合いで、頭から相手に激しく当たることを『ぶちかまし』と言います。 突き押しを得意とする力士がよく用いるようです。 なぜそんなことをするかと言えば、突き押しは、相手の体が棒立ちになったときに、最大の効果を発揮します。 そこで、頭からぶつかることによって、相手の体を起こすことができますし、相手が自分のまわしを取るのを防ぐ効果もあります 突き押しにとって、まわしを取られることは命取りになりかねません。 これを逆から見れば、ぶちかましをしない力士は、... A ベストアンサー 私も回答はNo. 1さんの北勝海で同じです。 北勝海の大ファンでしたので、少し語らせてください。 北勝海は典型的な押し相撲の力士でした。 ちょうど今の千代大海のようなタイプです。 印象深いのが、あの大きな小錦と真正面からがっぷりと組んで、がぶってがぶって力で寄り切って勝った相撲です。 小さな力士が大きな力士を寄り切って勝つ姿に感動しました。 北勝海が横綱にまで上り詰めたのは、兄弟子の横綱千代の富士の猛稽古に耐えたからだと言われています。 本人が引退してから語っていましたが、とにかくぶつかり稽古をやり込んだそうです。 それで力をつけたんですね。 逆に、組まれると弱かった、という弱点もありました。 今の千代大海もそうですね。 同時期に活躍した旭富士との対戦が印象的だったのですが、最初から力で押し切ると北勝海の勝ち、組み止められて勢いが止まると旭富士の勝ち、というパターンでした。 それから、千代の富士との、史上初めての同部屋横綱同士の優勝決定戦 後に若乃花対貴乃花がありましたが で千代の富士と戦った相撲がそうだったのですが、最初の10~15秒ほどは北勝海が突き押して千代の富士がそれに耐えていたのですが、千代の富士にがっぷりと四つに組み止められると、北勝海は身動きがとれず、じたばたするだけで、千代の富士が投げを打つと、見事に土俵上で一回転して敗れました。 千代の富士も好きだったのですが、悔しかったです。 それから、これはあまり言いたくはないのですが、北勝海は、千代の富士と同じ部屋だったから有利だったと言われていました。 他の部屋の力士は、優勝するためには強い横綱の千代の富士と戦わねばなりませんでしたが、北勝海は千代の富士と同じ部屋だったために、千代の富士と対戦することなく優勝できた、という説です。 これも間違ってはいませんが、15日間のうちの1日を除いても他の14日で優秀な成績を収めていないと優勝などはできないと思いますから、北勝海ファンとしては、一言申したくなる噂です。 長々と済みませんでした。 大好きだったものですので、つい話しすぎてしまいました。 最後に一つ、取り組み前の、互いに蹲踞 そんきょ して向き合ったときに、手を一回「パン」とたたくしぐさが大好きでした。 勝負に向かう集中力を感じさせるしぐさでした。 あまり素質がある方でもなかったし、体も大きいほうではなかったのに、努力で横綱にまで上り詰めたのは立派だったと思います。 大好きな力士でした。 私も回答はNo. 1さんの北勝海で同じです。 北勝海の大ファンでしたので、少し語らせてください。 北勝海は典型的な押し相撲の力士でした。 ちょうど今の千代大海のようなタイプです。 印象深いのが、あの大きな小錦と真正面からがっぷりと組んで、がぶってがぶって力で寄り切って勝った相撲です。 小さな力士が大きな力士を寄り切って勝つ姿に感動しました。 北勝海が横綱にまで上り詰めたのは、兄弟子の横綱千代の富士の猛稽古に耐えたからだと言われています。 本人が引退してから語っていましたが、とにかく... A ベストアンサー 今日は。 単なる相撲好きです。 >中学で相撲部の担当になりました お疲れ様です。 頑張って下さい。 mext. htm これは文部科学省が刊行している指導書です。 amazon. amazon. goo. html 大相撲のHPですが、決まり手一覧、相撲規則などが載ってます。 cs-club. htm 元佐渡ヶ嶽部屋の力士が書いたちゃんこ本です。 季節毎のメニューは解り易く、栄養学的にも相撲には欠かせません。 あとは、柔道も相撲とは密接?な関係にある武道ですので、勉強されて損は無いと思いますよ? 現に柔道出身の力士の多いこと。 相撲でも一本背負いがありますし。 柔道は引きますが、相撲は押す(引くのは宜しくない)という違いは大きいですけど。 nihonsumo-renmei. html にでも聞いて見たら如何でしょうか?アマチュア相撲の団体です。 今日は。 単なる相撲好きです。 >中学で相撲部の担当になりました お疲れ様です。 頑張って下さい。 mext. htm これは文部科学省が刊行している指導書です。 amazon.

次の