週足チャート。 週刊ゴールデンチャート全銘柄週足集・全銘柄日足集 / ゴールデン・チャート社

分足・日足・週足・月足・年足とは(見方)|株式投資大百科

週足チャート

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

初心者が覚えるべき長期足チャートの分析のコツ【週足、日足の正しい目線の身につけ方】

週足チャート

週足チャートで大きな流れを掴む スインガーならともかく、デイトレーダーで週足チャートをしっかり見ている人はそう多くはないでしょう。 ですが、あきチャン先生によればチャートの基本は週足とのこと。 これはダウ理論のチャールズ・ダウの時代には週足がメインだったということでもあるようですが、大きな流れ・目線を掴むためには週足チャートの分析は欠かせないようです。 トレンドを確認する 高値切り上げ・安値切り上げのアップトレンドがあるか、または安値切り下げ・高値切り下げのダウントレンドがあるのかを確認します。 上のニュージーランドドル・米ドルの場合は左側に矢印のアップトレンドが確認できます。 これがいわゆる親波となります。 トレンドラインを引く 次に高値と、その高値を更新した新高値の間にある安値を結ぶトレンドラインを引きます。 蟻の一穴、水や砂がだだ漏れしてくるように、 再度トレンドラインを割って下落してくることが想定されます。 抜け足、またはラス押し(戻り)を抜けたかどうかを確認する 再度の下抜けが、前回の抜け足を下抜けするか、またはラス押しを下抜けしたかを確認します。 このいずれかを下抜けすることによって、いよいよだだ漏れが始まります。 もしトレンドラインの下抜け、あるいは上抜けが確認出来ない場合は、週足チャートをズームアウトして広く見て確認をします。 必ずどこかでトレンドラインをブレイクしているはずです。 狙いは戻り売りです。 日足チャートの確認 日足チャートは、週足の戻り売りが発動している部分になりますが、週足チャートが3つの山を作ったのと同様なフラクタル構造になっています。 まとめ 週足3波目かつ日足3波目を狙うこと 今回の手順をまとめます。 上位足の分析さえ出来れば常勝トレーダーになれる 動画で語られた、あきチャン先生の言葉です。 同時に「長期足の分析は本当に難しい」とも。 おそらくトレードをやり続ける限り、週足や日足の長期足の分析の勉強はし続けなければならないものなのでしょう。 チャート分析テクニック 通貨ペアについては、絞る派とたくさん見る派に分かれるかと思いますが、あきチャン先生の流派?の場合は「より多くの通貨ペアを監視する」ことが必要になります。 通貨ペアの動きについて クロス円とドルストレートが同時に動き始めることはほぼなく、今週は頭ドルが動き、次に後ろドル、次にオセアニア系、そしてクロス円が動くというように順繰りに動くことが通常。 なので通貨ペアをより多く監視しておけば、まったくトレード出来ない週が続くということはほぼないとのことです。

次の

相場表・チャート

週足チャート

日足・週足・月足チャート ローソク足チャートには、期間によっていくつかの種類があり、投資戦略にあったチャートを見ることが大事です。 1日の株価で1本のローソクを書く 日足のほかに、週の株価で1本のローソクを書く 週足、一ヶ月の株価で1本のローソクを書く 月足などがあります。 基本は日足チャート ローソク足チャートの基本は日足チャートで、1日の始値・終値・高値・安値で1本のローソクを作ります。 通常チャートを見るときはこの日足を見ます。 ローソク足の基本形なので、日足で値動きを読めるようになれば、月足や週足のチャートも読むことができるようになります。 この日足チャートは株価チャートでも一番良く見る基本のチャートですので覚えておいて下さい。 これを基本に、例えばもっと長期で見る場合(1年間のチャートなど)は、毎日の値動きだと細かすぎるため月足チャートや週足チャートで表示されたり、またデイトレードなど1日の中での動きをチャートで見たい場合はより細かく値動きが見れる日中足チャート(5分足・1分足など)もあります。 順番に見ていきましょう。 月足チャートで大きな流れを見る 月足チャートでは株価の大きな流れを見ます。 月の最初の日の始値・月の終わりの日の終値・月内の高値・安値で1本のローソクを作り、株価の長期的にみた大きな流れを見るのに使います。 長期投資をする際などは、年単位で過去の値動きをチェックすることがあります。 その際に日足チャートでは細かすぎて逆に見にくくなってしまうので、月足チャートを使います。 会社四季報に載っているチャートもこの月足チャートです。 通常は長期の株価チャートは10年くらい前のものまで見ることができますが、中にはを見ることができるものもあります。 週足チャート 週足チャートは日足・月足の中間の中期的な流れを見るのに使います。 月曜の始値・金曜の終値・週の高値・安値で1本のローソクを作ります。 株価の長期的な流れを見たいけれど、月足では流れが大きすぎてもう少し細かく見たい場合などに使います。 また、1日の中での株価の推移を見るためには日中足チャートを使います。 デイトレードなどで使用するチャートで、日足よりももっと細かい、分単位で1つのローソクを作るチャートもあります。

次の