血管 を 強く する お茶。 ゴースト血管対策。毎日摂るのはNG、血管を強くする食材は?

ゴースト血管対策。毎日摂るのはNG、血管を強くする食材は?

血管 を 強く する お茶

血管年齢という言葉をよく聞くと思いますが、若くて健康な人の血管は、 柔軟性があり多少血圧が高くなっても、破れることがありません。 しかし、老化現象により動脈硬化が進むため、加齢とともに血管 は柔軟性を失いボロボロになった古いホースのようになるため 心臓や脳の血管事故を起こす引き金になるのです。 しなやかで柔軟性のある血管を維持することは、血管を丈夫に強くします。 血管の柔軟性があれば、血液の流れを良くし血圧を下げるメリットと共に 圧力がかかっても血管が破れない2つのメリットがあるというわけです。 血管を強くするために! 血管を強くする方法は、以下の3ステップが基本ですが、仕組みを理解せずに行っても期待する効果が得られません。 しっかりとメカニズムを理解した上で実践することをお勧めします。 動脈硬化の悪化を止める! 肌や髪の細胞は一定のサイクルで入れ替わっています。 これをターンオーバー(新陳代謝)と言いますが、血管の細胞も同じように一定のサイクルで新陳代謝を行っています。 傷ついた血管を強くするには、血管の新陳代謝によって古い細胞を新しい細胞に入れ替えることです。 新しい細胞に入れ替わると新しい血管に生まれ変わるのですが、この時に動脈硬化を引き起こす原因を排除しておかなければ、 細胞の入れ替えスピードよりも動脈硬化の悪化が継続した状態ですので、いつまで経っても新しい血管に生まれ変わることが出来ません。 動脈硬化の進行を止める!これが強い血管を作る第一ステップです。 血管の細胞にパワーを与える! 動脈硬化の原因を排除したら、次は新陳代謝を促すために血管の細胞へパワーを与えます。 血管の細胞を作るために欠かせない栄養素は「タンパク質」です。 そして血管の弾力性を作るのは、細胞同士を 結び付けている「コラーゲン」です。 そしてコラーゲンを作るために必要な栄養素が「珪素」です。 この3つの栄養素(タンパク質・コラーゲン・珪素)を積極的に摂ることで、新しい細胞を作るチカラが高まります。 新しい細胞に入れ替える時、古い細胞は体外へ排出しますが、 同時に動脈硬化で傷ついた細胞も排出してくれるので動脈硬化も改善されます。 新しい血管を痛めない! 新しい血管に生まれ変わったら、二度と動脈硬化を起こさないようにします。 またストレスや喫煙による血管へのダメージを防ぎ新しい血管を保護します。 この間も細胞の新陳代謝は行われ、常にフレッシュな血管を維持できるようになります。 以上が「血管を強くする」3ステップの理論です。 では早速、実践編を紹介しましょう。  スポンサーリンク 強くて丈夫な血管を作る方法の実践編 弾力性のある強い血管にするための理論編では、考え方を3ステップに分けて解説しましたが、実践においては3ステップを同時に実践する必要があります。 ここに注意して今すぐ出来る事から実践を開始してください。 ちなにみ期間については、生涯継続することが健康を維持する最も賢い考え方です。 食事の改善が必須項目ですが、私がお勧めしているのは、話題となっている珪素濃縮溶液を活用する方法です。 古来より難病治療に使われた貴重な水晶エキスです。 水晶とは必須栄養素の珪素の結晶で、特殊製法で溶解したのが珪素濃縮溶液です。 血管壁に附着したコレステロールや中性脂肪を分解排出し、体内の活性酸素を除去します。 さらに血管の細胞を強くする作用があります。 最も効果的なの方法は、珪素濃縮液を水やコーヒーお茶などに10滴ほど入れ毎日飲み続けます。 すると毛細血管を修復し、血液の循環を改善し、細胞の隅々に血液がめぐるようになります。 細胞の新陳代謝に必要な酸素、栄養、ホルモンが全身に届くようになるメリットが!すると臓器や器官が正常に働きだし、本来持っている免疫力で高自然治癒を促すというメカニズムです。 血管を作る栄養素:良質のタンパク質を摂る 次は血管の細胞を作るために必要な栄養素「タンパク質」を摂取する方法です。 タンパク質は、乳製品や大豆製品、牛・豚・鳥など食用の肉や魚介類に多く含まれています。 血管を作る細胞の材料となるので、良質のタンパク質を食事で摂るようにします。 動物性の脂肪は避ける人が多いようですが「脂肪を含まない赤身」は、良質のタンパク質です。 誤解している人が多いのですが、カロリーなど気にせず積極的に食べても太る心配は無用です。 逆に食べてはいけないのが炭水化物などの糖質です。 中性脂肪を高くする原因であると同時に体内を酸化させる原因となります。 アディポネクチンの分泌を増やす 奇跡のホルモンとか長寿ホルモンと呼ばれているのがアディポネクチンというホルモンです。 このアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されているホルモンで糖尿病や高血圧を予防したり、傷ついた血管を修復する作用が認められており、世界中が注目しています。 アディポネクチンの分泌には、個人差があり長寿のご老人や生活習慣病にならない人を調べると共通して分泌量が多いことが分かっています。 つまり分泌量が多い人は、血管の状態が良い為に全身に血液が巡っていると考えられています。 アディポネクチンを増やすには、テレビでおなじみの岡部先生監修のアディポネクチンサプリ【DSアディポ】が人気です。 興味のある方は、公式ページをご覧ください。

次の

血管年齢を若返らせる本を紹介します

血管 を 強く する お茶

近年、テレビなどでも血管を強くする食事内容とかが 紹介されるようになりましたね。 くるみやアーモンドなどの ナッツ類や チョコレート、 ハチミツなどが血管強化にお勧めだといいますが、 気になる摂取方法について紹介します。 くるみなどのナッツ類やチョコレートで血管強化 血管強化にお勧めな食べ物は種類豊富にありますが、 近年注目されている食べ物が実は チョコレートなのです。 チョコレートには、抗酸化作用のある ポリフェノールが 含まれているので、体のサビ、つまりは老化を防ぐ 働きがあるためアンチエイジング効果あるのです。 また、この酸化防止作用は血管にも効果がありますので、 チョコレートやココアを摂取する際には 色が濃くて砂糖が あまり使われていないものを選ぶといいでしょう。 この成分には動脈硬化の発症を防ぐ作用がありますので、 毎日くるみを摂取し続けることにより血管年齢の改善にも つながることが判明しています。 ナッツを毎日食べ続けることで注意しないといけないポイントは、 塩分が使われているナッツを避けることです。 健康のためにアーモンドやくるみを摂取するためにも、 出来るだけ無塩タイプのものを摂取するといいでしょう。 食塩の過剰摂取することで、水分の摂取量も増えてしまい 結果的に血管に負担を与えてしまい、 動脈硬化などにも つながりますので食塩は極力避けたほうがいいでしょう。 ハチミツを毎日摂取して血管を強化 ハチミツといえば、古来より世界的にも愛されている健康食品の 一種で、美容・健康とともにお勧めの食品として愛されています。 ハチミツといえば、栄養が豊富で甘い食べ物として知られていますが、 実はカリウムが豊富に含まれておりその中でも特にこりんという成分の 働きにより 血管の流れをよくしてくれる働きがあるのです。 ハチミツを摂取し続けることにより、 コレステロール値が減少することが 判明しているので、コレステロール値や動脈硬化が気になる方は 是非積極的に食事などで取り入れたい食べ音のですよね。 もし、ハチミツの独特の甘みが苦手だという方は、コーヒーや紅茶、 プレーンヨーグルトなどに混ぜて飲むことでよりおいしく摂取 することが出来るでしょう。 もし、ハチミツそのものに抵抗がないという方はスプーン一杯分で 毎日摂り続けることがおすすめです。 ハチミツは加熱しても成分そのものが変質することがないので、 料理などに積極的に取り入れるのもいいですね。 水分をとりつつバランスのよい食事を 血管の強化につながる食べ物は種類豊富ですが、一番大切なのは その食べ物を摂り続けることではなく、 バランスのよい食事を 心がけるということです。 食事を心がけながら 1日2リットルを目安に水分を 摂取することで、水分不足を避け、血管の過剰な 負荷を防ぐことが可能です。 特に、年配の方は水分を摂取しない傾向にあるようですので、 少なくとも1日1リットルは水またはお茶を摂取し、血管年齢の 改善を心がけていくことが肝要です。 関連ページ 血管を強くするにはどうしたらいいのでしょうか?こちらではその方法についてご紹介しています。 血管年齢の若返りに効果的な飲み物とは?こちらではその成分と血管の関係についてご紹介しています。 血管を強くする運動とは?こちらでは効果的な運動方法と注意点をご紹介しています。 血管を強くするにはサプリの使用も効果的です。 こちらではお勧めのサプリをご紹介しています。 血管年齢は運動や入浴で改善することができます。 こちらではその効果的な方法についてご紹介しています。 血管年齢を知るにはどのような方法があるのでしょうか?こちらではその測定方法や費用についてご紹介しています。 血管について正しい知識を持つと予防や改善方法につながります。 こちらでは血管年齢の調べ方についてご紹介しています。 血管年齢を下げるおすすめの成分とは?こちらでは血管年齢を改善する食材や成分についてご紹介しています、 日頃の食生活や生活習慣を見直すことで血管年齢は改善できます。 こちらではその方法についてご紹介しています。

次の

血管を強くする「食事の3原則」とは? (2ページ目):Goodayクイズ:日経Gooday(グッデイ)

血管 を 強く する お茶

私のような年齢になってくると、身体のあちこちに経年劣化が現れてきますね~。 日本人の死因の第一位はがんなんですけど、がんに匹敵するくらいの割合なのが心疾患と脳血管疾患を合わせた 心血管疾患で、血管の老化によって重篤な病気が引き起こされることもあるんですよ。 血管系の疾患を予防するには、血管の老化を防ぎ強くすることが重要になってきます。 今回は、血管を強くしてくれる食べ物と、水煮缶が血管に良いと言われている理由をご紹介します。 血管を強くする食べ物 玉ねぎ 玉ねぎが血液をサラサラにしてくれる、ということは今では多くの人が知っていますね。 血液に良いということは、血管にも良いということです。 玉ねぎが血液や血管に良いと言われているのは、 アリシンという成分の働きによります。 アリシンとは? アリシンは強い匂いを持った硫黄化合物の一種で、生の食材に含まれているアイリンという物質が切ったり、つぶしたり、加熱したりすることで作られます。 アリシンには血液が凝固するのを遅らせる働きがあり、血液をサラサラにするのに役立つと言われています。 また、アリシンには悪玉コレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化の予防にも効果が期待されています。 アリシンは疲労回復に役立つビタミンB1と結びついて体内に長く血液中に留まらせるので、長時間に渡ってビタミンB1の効果を持続させる効果があります。 そのほかにも、アリシンのもつ抗酸化作用によって血管の老化防止にも効果があるとされています。 玉ねぎを毎日食べるのはちょっと大変ですね。 そんなときには、時間があるときに最近話題の 玉ねぎ氷を作っておくこともいいかもしれませんよ。 毎日のお味噌汁や煮物にポンと入れるだけで手軽にアリシンが摂れますからね。 大豆製品 大豆には悪玉コレステロールの減少に効果があるとされる良質なタンパク質や、抗酸化作用があるポリフェノールの一種の大豆サポニンや大豆レシチンを多く含み、老化防止に役立つと考えられています。 大豆製品のなかでも特におすすめなのが 納豆です。 納豆に含まれる ナットウキナーゼという成分には血栓を溶かす働きがあり、さらに血栓を溶けにくくする物資を阻害する働きがあることも分かっています。 このことから、納豆には血管と血液を良好な状態に保つという効果が期待されています。 納豆なら毎日でも食べられますよね。 でも、食べ過ぎには注意しましょう。 黒酢 しばらく前から健康食品として知られるようになった黒酢。 黒酢に含まれる クエン酸は疲労回復物質として有名ですが、クエン酸にはそれだけでなく血小板の結合を防ぎ、中性脂肪の燃えカスを減少させる働きがあります。 つまり、血液がドロドロになるのを防いでくれるということです。 トマト トマトが赤いのは、含まれている リコピンという成分のせいです。 リコピンには強い抗酸化作用があります。 「酸化=老化」ということなので、リコピンの抗酸化作用で血管も若返ってしなやかになると言われています。 青みがかったトマトよりも赤く熟しているトマトの方がリコピンは多く、トマトよりもミニトマトの方がリコピンが多く含まれています。 青魚 青魚の健康成分と言えば、 EPAとDHAですね。 EPAはエイコサペンタエン酸、DHAはドコサヘキサエン酸のことです。 どちらもオメガ3系不飽和脂肪酸という栄養素で、EPAには中性脂肪を減少させ、赤血球を柔らかくする働きがあり、DHAには血管の老化を予防する働きがあるとされています。 また、DHAは脳の栄養素と呼ばれていて、記憶力や学習能力に関わっている海馬に多く存在していて、研究によるとDHAを摂取したほうが記憶力やIQが高くなったという報告もあります。 なお、EPAやDHAは赤みの部分には余り含まれていなくて、脂がのった部分に多く含まれています。 水煮缶が身体に良い訳 数年前から水煮缶が身体に良いと人気を集めていますが、その理由はもうお分かりですね。 今回ご紹介した食べ物のうち、玉ねぎと黒酢は水煮缶になっていませんが、ほかの食べ物は水煮缶になっています。 つまり大豆、トマト、青魚の水煮缶は血管を強くしなやかにしてくれるので、 血管系疾患のリスクを低減し、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などの予防に役立つというわけです。 ですから水煮缶のなかでも大豆、トマト、青魚、この三つの水煮缶が血管を強くする身体に良い水煮缶ということになります。 水煮缶は塩分も少なく、しかも一缶100円ちょっとで買えるのでヘルシーで経済的な食べ物です。 調理済みなので手間入らずで、薄味なので味付けもしやすくとても便利な水煮缶が血管の強化にいいなんて嬉しいですね。 血管を強くする食材は単体で食べるよりも、2つ、3つと食材を合わせて食べたほうが血管を強くする効果がより期待できます。 トマトと大豆の水煮缶を使ったミネストローネなんかいいですね。 ここで私がたまに作る、とても簡単にできるミネストローネの作り方をご紹介します。 豚と牛の合いびき肉(150g)を鍋で色が変わるまで炒める• 鍋に一缶分のトマトと大豆(混合豆でも良い)を入れる• ローリエの葉を1~2枚入れて煮る• コショーと塩で味を整える 手間がかからず、寒い夜にもぴったりですよ。 終わりに 非常食というイメージがあって、メインの料理にはちょっと向かない感じがある水煮缶なんですけど、血管を強くしてくれるなんて非常にありがたい食べ物ですね。 低カロリー、低塩分で薄味なので味付けもしやすいし、しかも安い。 時期によってはスーパーの特売で「2個98円」なんてこともあります。 さらに、圧倒的な消費期限の長さ。 水煮缶は一石二鳥どころか、三鳥も四鳥もある食べ物です。 私も安いときにたくさん買ってストックしておくことにします。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の