仏像 額。 仏像の眉間の点はホクロではなく白毫=丸まった毛 | 雑学王

仏像・ご本尊の処分の方法、魂・お性根抜き供養の仕方、料金・費用の相場

仏像 額

「仏足石」は釈迦如来の偉大な業績を足跡としてシンボル化としたものです。 仏足石は 石の上に立って説教されていた釈迦如来の足跡そのものです。 釈迦如来の足は偏平足と 言う特徴があったため、足跡がきれいに残ったのです。 「薬師寺」には貴重な「仏足石」がありますが、その足の大きさたるや「ジャイアント馬場」さんも顔負けの20文 48センチ であります。 「菩提樹」は釈迦如来が菩提樹の下で、悟りを開かれたことからシンボルとなったもの です。 その菩提樹ですがインドの「菩提樹」とわが国の「菩提樹」とは、木の種類が違うら しいです。 「蓮華」については話が長くなりますので後日掲載いたします。 「舎利塔」は五重塔など色々な塔があります。 法隆寺夢殿の屋根に乗っている宝珠露盤 も舎利塔です。 「塔」の詳細については後日掲載いたします。 これら釈迦如来のシンボルはキリスト教の魚、羊、十字架などとシンボルと言う意味 では本質は同じでしょう。 当初は釈迦如来の舎利 遺骨 を安置した「塔婆」を拝んでおりましたがそのうちに釈迦 如来そのものである釈迦如来像を拝みたいと言う願望が強まりました。 そして、釈迦如 来像が造られるようになったのは釈迦入滅数百年後のことでした。 それからは、釈迦如来以外に多く種類の仏が考えられて出現し、それらの像が造られ ました。 我が国でも釈迦如来が自分たちを救うためにお越しになったと感激し、「舎利 崇拝」から「仏像崇拝」へと変わりました。 時代がさらに下ると思想も変わり、浄土真宗の 中興の祖「蓮如上人」にいたっては有名な「木像よりも絵像、名号」を拝むように奨励され ました。 名号とは「南無阿弥陀仏」「帰命尽十方無碍光如来」「南無不可思議光如来」で、文 字を拝むことになります。 禅宗も開山した師の像容を写した頂相 ちんぞう または揮毫 きごう された書を礼拝いたしました。 これらの出来事は仏教彫刻が鎌倉時代で終わったと言われる所以であります。 事実、鎌倉時代を過ぎて制作された仏像で国宝指定は存在いたしません。 しかし、建築物は江戸時代建立でも多くの国宝指定があります。 「仏像の造形」は制作された土地の人の顔、趣向が取り入れられるものです。 今までの 「偶像崇拝の禁」を破って仏像が作られたのはアレクサンドロス アレキサンダー に支配 されたガンダーラでした。 ですから、ギリシャ人に似て髪はウエーブを描き、顔は面長 な輪郭、鼻筋が通り、眼は大きく表現されております。 ところが、仏像のモデルはギリ シャ人でなく当時のガンダーラ人であるとも言われております。 いずれの日にかパキス タンに訪れて自分の目で確認したいものです。 「仏像の大きさ」のルールは普通の人間の身長を8尺 2. 4メートル としてその倍1 丈6尺 4. 8メートル が基準となります。 当然坐像は立像の半分の8尺です。 なぜか、 平安時代からは髪の生え際から下に測ることもあります。 「大仏」と言えるのは立像の場合1丈6尺、坐像の場合8尺以上の像高があれば呼称で きますが大仏を名乗らない仏像の方が多いことも事実です。 しかし、人間の身長が2. 4メートルもあったとは考えられません。 6メートルで、まあまあ納得できる寸法です。 仏像の衣裳の付け方で「通肩 つうけん 」とは法衣で両肩を覆うもの 、「偏袒右肩 へん たんうけん 」は右肩を露にするものです。 偏袒右肩は仏陀や偉い方の前で合掌礼拝する ときの正式な着付けで、通肩は瞑想、外出など通常の着付けです。 インドでは身体の右 は清浄、左は不浄でですから右肩を露出することは清浄な部分を出して敬意を表すこと になります。 我が国の偏袒右肩は中国の作法を真似たのかインドのように右肩を完全に 露出するのでなく薄い衣を右肩に掛けております。 「一刀三礼」とは尊像を制作する場合一彫りするごとに三回礼拝することです。 これは 当初は「神木」ないし神が乗り移った「霹靂木」か何か謂れのある「木」を、素材にしており ましたことも関係あるでしょう。 ひよっとすると当時の仏師は、素材に下書きせずに尊 像を頭の中に描きそれを確認するための三礼だったかもしれません。 その証拠に、仏師は「仏」そのものを造っており「彫刻」ではないという考えから仏像に記 銘することを控えました。 仏像とは直接関係ありませんが僧の衣裳の「糞掃衣 ふんぞうえ 」とは、袈裟のことで ぼろの布切れを縫い合わせたものを脱色して黄色に赤みがかった色となった法衣のこと です。 糞塵の中から拾ってきた衣とか便所掃除用の粗末な衣とか釈迦如来が長年苦労し て悟りを開かれたときの衣裳とか言われるだけにそれはひどい服装だったことでしょう。 そうは言え粗末な衣裳でお坊さんにお経を上げていただいても我々凡人はさほど有難味 を感じないことでしょう。 「仏像の種類」は「釈迦如来」「菩薩」「天部」「羅漢」ですが平安時代には菩薩と天部の間に 「不動明王」が入ります。 「如来」とは長い苦行の末悟りに到達した仏陀のことです。 釈迦如来、薬師如来、阿弥 陀如来、大日如来ですが大日如来だけが菩薩形です。 釈迦如来は釈迦族の王子で結婚さ れてお子さんもある現存された方です。 その昔、朝に薬師如来、昼に釈迦如来、夕べに阿弥陀如来を拝むのが最高の信心と言 われておりました。 「法隆寺の金堂」は東の本尊が薬師如来、中央の本尊が釈迦如来、西 の本尊が阿弥陀如来で、法隆寺で朝、昼、夕べに礼拝されますと大変な功徳になること 間違いなしです。 「菩薩」とは釈迦如来の出家以前の王子時代の姿がモデルで、まだ悟りまで至っていな い修行中の悉達太子 しったたいし のことです。 ですから菩薩は煌びやかな装飾で彩ら れております。 「天部」とは梵天、帝釈天、四天王などです。 それ以外にわが国では歴史上の偉人や高僧、例えば「行基菩薩像」までが仏像の総称となります。 これらの詳細については後日掲 載いたします。 「仏像の姿勢」には「立像 りゅうぞう 」「坐像」「臥像 がぞう 」 「結跏趺坐 けっかふ ざ 」「半跏趺坐 はんかふざ 」「倚坐 いざ 」「跪坐 きざ 」 「輪王坐 りんのうざ ・箕坐 きざ 」「半跏倚坐 はんかいざ 」「交脚倚坐 こうきゃくいざ 」などがあります。 立像とは直立不動の姿勢で立っている像のことでいつも立っているのが観世音菩薩です。 立像でも一歩踏み出すのを「遊脚 ゆぎゃく 像」と言い「法華寺像 後述 」がそうです。 「坐像」とは坐っている像のことでいつも坐っているのが大日如来です。 他の如来は当 初は坐っておられますが、時代が下りますと衆生のお願いを直ちに応えられるように立 像に変わっていきます。 「臥像」とは横になっておられる像のことで「涅槃像 ねはんぞう 」「寝釈迦像」があり ます。 涅槃像、寝釈迦像共に釈迦像です。 小乗仏教の国では信仰の対象が釈迦如来だけ に涅槃像、寝釈迦像が多いですが我が国は大乗仏教ですので少ない存在です。 法隆寺で は2月15日を釈迦如来の命日として「涅槃会 ねはんえ 」の法要が行われます。 「涅槃」とは我々が言う死ぬことではなく煩悩の火を吹き消したことですので入滅とか 入涅槃と言います。 釈迦如来の涅槃は頭を北向き、お顔を西向き、横臥する姿勢で右手 の手枕をしますが右手の手枕でない涅槃像もあります。 この涅槃像の作法を取り入れら れたのが死人の北枕です。 ただ、以前は横臥していた死人が仰臥しているのは、現在の ように出棺の際お別れのセレモニーを行うようになったからでしょうか。 頭北面西の姿 勢にすれば自然と右脇が下になり、右脇を下にして休むことは身体の左にある心臓に負 担を掛けない理想の寝姿です。 法 隆 寺 像 寝 釈 迦 像 「結跏趺坐」とは一種の胡坐で両足を組み、両足首を反対足のももの上に乗せ足裏を上 に向けた座り方です。 禅定坐とも言い、仏像の代表的な坐り方で僧が座禅の組むときの 坐り方です。 インドでは身体の右は清浄、左は不浄ですので右は仏で左は我々と言うことになります。 それゆえ、右足が上にくるのを吉祥坐、左足が上にくるのを降魔 ごうま 坐と言い ます。 後述の「薬師寺本尊」の場合左足が上にきておりますので降魔坐となります。 両足 が法衣で隠れて確認できないのが「唐招提寺本尊」です。 結跏跌坐が全跏と言われるのに対し「半跏趺坐」の半跏とは片足だけを我々の胡坐のよ うに反対足の下に置いた坐り方です。 主に菩薩像で見られます。 「倚坐」とは倚像とも言い、椅子に腰掛けた像でわが国では数少ないです。 「深大寺の釈 迦如来倚像」などがあります。 「手足千輻輪 しゅそくせんぷくりん 相」と は手の掌や足の裏に千輻輪相 青矢印 千本の スポーク状の車輪 という紋様があります。 輪 の外周には矢尻のような武器が千個付いており、この武器で敵をなぎ倒します。 このこと は煩悩を蹴散らして我々を仏教に帰依させる ことです。 輻を千本刻むのは現実には難しい ので制作の際には省略されております。 それ でも手間が掛かるのか薬師寺本尊以外は見当 たりません。 吉祥相として指先には卍花紋相、足裏には 宝瓶相のなどが表わされております。 薬師寺本尊には足紋と違った千輻輪相が手 の掌にも設けられております。 残念ながら足 紋も手紋も高い位置にあるため確認できません。 千輻輪相 中央部分 薬師寺 「手指繊長 しゅしせんちょう 相」とは指が細く長いことです。 仏像の指はなぜそこま で力を入れて刻むのかと疑問に思うぐらい美しいです。 その昔、仏像の指に頬ずりして 折ってしまったという事件がありましたね。 「手足指縵網(しゅそくしまんもう)相」とは手と足の指と指の間にアヒルのような水 かきがありその皮膜のことを縵綱と言います。 これは悩む衆生を漏れなく救い上げて個 々の願いを聞き遂げて頂けるためのものです。 我が国と違って石像の多いインドでは石像の指を切り離すと破損の恐れがあるのでわ ざわざ彫り残したのを追認する形で三十二相に取り入れた説もあります。 もし、如来が 水泳競技に出場すれば競泳の全種目で優勝間違いなしでしょう。 「丈光 じょうこう 相」とは身体の周囲に一丈 3 メートル の光を放っておりその光の中に仏陀がお られることです。 この放光 を象徴的に形象化したも のが「光背」です。 「東大寺像の光背」は放射状で放光 そのものです。 まるで仏陀が大スターのようにスポットライトを 浴びておられるので、たやすく確認でき、何処から でも拝むことが可能です。 「真青眼(しんしょうげん 相」とは眼の瞳が紺青 で青蓮華 しょうれんげ の花のようであると言う特 徴です。 我が国では紺青の瞳を見かけないですが 「青い眼をしたお人形…」のように西洋人に似せたか ら青い眼になったのでしょうか。 仏教では「紅蓮華」「紫蓮華」「白蓮華」それと「青蓮 華」ですが我々の黒眼のような「黒蓮華」はありません。 東 大 寺 像 「肉髻相 にっけい 相」 青矢印 とは頂髻 ちょうけい 相とも言います。 仏の頭の頂 上に椀状で一段隆起している部分すなわち、大きなお餅が地髪部の上に乗ったような形 を肉髻と言います。 如来の肉髻の形や大きさはまちまちです。 これは如来は智慧が多く脳みそが多く詰まっていることを象徴しています。 多分、衆 生のデータが詰まっているからでしょう。 もし、我々が救済を求めたならばその者のデ ータをアウトプットして適切な手段で救ってくださることでしょう。 また、大きな徳も 表しております。 この肉髻相は菩薩では見ることが出来ません。 時代が下ると肉髻部と地髪部の境の正面に「肉髻珠」 赤矢印 肉髻朱 という赤い玉が 挿入されることもあります。 「白亳 びゃくごう 相」 緑矢印 とは眉と眉の間で額の中央の眉間に一丈五尺 4. 5 メートル もある右めぐりする柔らかい白毛が生えており、それが巻尺のように巻きつ いて白い玉の如く額にぴったり張り付いていることです。 亳光、眉間光とも言います。 全世界のすみずみの何処まででも慈悲の光が届き、悩む人、苦しむ人を見通すことが 出来ます。 制作に関しては所定の位置に穴を開け、その穴に白土で塗りこめた後水晶を埋めて 光 り輝きを 表現いたします。 インドの初期の仏像では「白亳」はありませんでしたが、何故か我が国でも飛鳥時代に は白亳がない仏像があります。 しかし、白亳のない弘仁・貞観像は特殊な事情によるも のです。 「耳朶 じだ 紫矢印 が長い」とは耳が大きくて耳朶 耳たぶ が肩まで届きそうに長い と言うことです。 耳朶には穴が開いていて耳朶環と言います。 耳が大きいということは 全世界の衆生の声を聞く能力があると言うことです。 今なら福耳とも言いますね。 当時の耳璫 イヤリングの一種 はピアス式で釈迦如来の前身は王子だったため耳たぶ が長くなるほどボリュームのある豪華な耳飾りを付けておられたからだとも言われてお ります。 余談ですがそれ以外に宝冠 王冠 、瓔珞 胸飾り、腰飾り 、腕釧 腕輪 、臂釧 腕輪 などを身に付けておられるのが菩薩の表現となっております。 「螺髪(らほつ 」とは 群青 紺青 色した 頭髪が巻き貝のように右に巻いたものです。 今のパンチパーマのような髪型です。 奈良市にある五劫院 ごこういん には螺 髪が異常に大きい「五劫思惟阿弥陀如来像」 が安置されております。 五劫 ごこう と言 えば 落語でお馴染みの「寿限無寿限無五劫の 擦り切れ……」があります。 五劫とは気の遠 くなるような長い年月で、その間思惟苦行 されて菩薩から如来へと悟りを開かれた時、 髪の毛が恐ろしいほどぼうぼうと伸びてい たのを表現したものです。 五 劫 院 像 また、剃髪というのもあり、法隆寺金堂の薬師如来坐像、蟹満寺の釈迦如来坐像、深 大寺の釈迦如来倚像などです。 また螺旋状の頭髪は法隆寺の橘夫人念持仏の本尊です。 清涼寺の釈迦如来立像の螺髪は変わっていて大きなラッキョウの皮を一枚ずつ貼りつ けたような形状です。 「三道 さんどう 」 緑矢印 とは頚に三本の くびれがあり、円満な人格で優しさを表して おります。 古いのは三本の線ですが「薬師寺 の本尊」は見事な形で三段重ねの鏡餅のよう です。 三道も白亳と同じように飛鳥時代の仏 像には無いものがあります。 胸に「卍 まんじ 」の瑞祥があります。 薬師 寺本尊の卍相 青矢印 は左万字相で肉眼では 無理ですが双眼鏡であれば確認出来ることで しょう。 この卍は地図に寺院の所在地として記載さ れておりますが戦後間もなくヨーロッパから 来られた方がナチスの標章の右万字と勘違い して驚かれたとのことです。 薬 師 寺 像 卍も古代インドの神の胸毛から来ているとのことです。 「白亳相」 「螺髪」と言い 「毛」が身体を守ると言うことを信仰に取り入れられたからでしょうか。 我が国では左万字、右万字とも吉祥相ですがインドでは左、右の区別があります。 卍崩しの高欄 法隆寺 参考写真 画 中西 雅子.

次の

仏像の額のコブ――「白毫」(びゃくごう)とは何か?

仏像 額

仏像の価格 多くの方が寺院にお参りに行き仏像を目にします。 しかし仏像とは非日常的なもので、その適正価格について昔からわかりづらいところがあり、骨董品だとなおさら値段があってないようなものだとよくいわれます。 多くのお客様は仏師や収集家でもない限り仏像の価格についてよくわからないと思います。 私自身も今思えば、過去にずいぶん高く購入してしまったと思うものもあります。 もし日本の仏師が30センチほどの仏像を造った場合は、その仏師や材質、大きさ、制作時間にもよりますが一か月の時間を要したとすると平均的な価格は約30万円〜50万円ぐらいかと思います。 これはおおまかには「材料費+日数代=価格」で導き出されます。 この金額を単純に高いといってしまうのは簡単ですが、一か月の間の生活費や材料費も当然かかってきますので時給に換算するとそんなに高くないといえるでしょう。 仏像制作に用いられる木材も特別で、芯の部分はそこから放射状にひび割れを生むので除去され、使える部分は一つの木から少なくなります。 当店は主として海外の仏像を、主としてネパールで制作された仏像を多く扱っております。 ネパールは日本に比べて物価が安いのですが、それでも一つの仏像を造るのに最低でも1か月を要します。 金銅仏でしたらさまざまな方の手によって仏像が造られますので、それぞれの方に経費が掛かります。 多羅堂は現地にさまざまなパイプがあり、現地直輸入ですので他店に比べてコストダウンを実現いたしました。 それぞれの仏像の中で、仏師の熟練度によりますが、特に有名仏師の作品は他の仏師の作品と比べ、価格がいくばくか高価になります。 単純に年数では計れませんが、3年修行された方と20年修行をされた方だと作品に違いがあり価格も違います。 しかし必ずしも有名な仏師の作品が全ての方の満足を得られるかと言えばそうではありません。 それぞれの好みや大きさ、材質、求めている仏像の種類などそれぞれ違いがありますので一概には言えません。 例えば若い仏師の荒々しく彫刻された作品でも返ってそれがむしろ作品に勢いを感じさせる時があります。 サイズや材質、その仕事ぶりにも関係があります。 基本的には大きなサイズの物は小さなサイズに比べて材料費や作業時間の関係から価格は高くなります。 しかし小さい仏像でも細かなところまで細工がしてあるものは、特別な技術が必要で、仏師を選び、さらにそのぶん制作時間がかかりますので仮に大きなサイズのものよりも価格が高価になることもあります。 また仏像は、非常にたくさんの工程を経て出来上がりますので、その内容にも関係があります。 金銅仏でしたら約10の工程を経て出来上がり、それぞれの工程ごとにスペシャリストがいて、作品を完成させていきます。 鍍金や金箔であしらわれた仏像はその素材上、高価になりますし、技術的にも必要です。 白檀・沈香なども同様に素材自体が高いのと、非常に硬い素材なので技術が必要です。 沈香は非常に貴重で硬さにむらがありますので、のみを研ぐ時間が非常にながくなるようです。 仏像の表面に、様々な彫金が施された仏像など、手間暇がかかっている仏像も同様です。 手間がかからなければ、当然日数も減るので価格は低くなります。 仏師の熟練度、知名度の違いによっても変化し、日本製か中国製か、大量生産なのか一点物なのか等、様々な要因が絡み合い、決定されていきます。 多羅堂では本格的な仏像を出来るだけ多くの方に手に取って頂き、その魅力に触れて頂きたいという想いから、本格的なものをリーズナブルにご提供できるように日々務めております。 少しでも皆様の日々の生活での癒しや活力の一端のお手伝いをさせていただけるのであればこんなに嬉しいことはありません。

次の

仏像の額のコブ――「白毫」(びゃくごう)とは何か?

仏像 額

白毫は長く伸びた毛が丸まったもの 仏(仏陀)とは仏教における最高の悟りである「仏の悟り」を開いた者の意です。 様々な仏が仏像として形作られており、その額には「白毫」を持っています。 仏像によっては白毫をよくよく見ると髪の毛の一まとまりと同じぐるぐる巻きの構造をしています。 そういった仏像を見るとホクロではないことがよく分かりますね。 白毫は右巻きに回転して丸まっており、伸ばすとなんと1. 5尺=4. 5mにもなるそうです。 そんなに長いのであれば毛一本でも十分な大きさになりそうですね。 くるくる巻きと言えば仏像の髪の毛もそうですね。 あのパンチパーマのような髪型は「螺髪(らほつ)」と言い、古代インドの貴人の髪型に由来すると言われています。 螺髪は悟りを開いた者に現れる特徴であり、仏教における十号(仏陀の称号)の中でも最高位の「如来」のみが螺髪となります。 螺髪は基本的に右回りに渦巻いていますが、時々左回りに渦巻いている仏像もあります。 鎌倉の大仏が左回り螺髪を持つ仏像として有名ですが、その理由は諸説あるものの不明です。 螺髪も白毫も「凄い人にのみ現れる凄い特徴」という訳です。 そういえば中学生時代にパンチパーマで額にホクロのあった奴のあだ名が「ブッダ」でしたが、彼の言動は中学生にして達観したものだったように思います。 悟りを開いたから螺髪になったのでしょうか?.

次の