毛布 春。 憂鬱な春…花粉症の時期の洗濯、どうする!? 花粉のシーズンの洗濯方法 プロのクリーニング師のアドバイス

【楽天市場】毛布 春 シングル 暖かい マイクロファイバー ブランケット 大判 ふわふわ もこもこ おしゃれ かわいい あたたかい あったかい 秋 フランネル 薄手 軽量 掛け毛布 丸洗いok おすすめ140×200cm 宅配便送料無料 父の日:生活良品厳選かん

毛布 春

天然繊維である綿を使用した毛布は、アレルギーの方や化学繊維などを使用できない方、小さなお子さまでも安心して使える、とても人気の高いアイテム。 春や秋などの肌寒い時期にぴったりです。 また寒い冬には、暖かい空気を逃がさないようにするために羽毛布団の上にかけて使用することもできます。 年間を通じて便利なアイテムなので、昭和西川でも自社ブランド「イヤシヤ」などで多くの綿毛布をご用意しています。 太めの繊維がかさ高を出すので、生地の間に暖かい空気が入り込みやすく、空気層ができるため保温力に優れています。 繊維が細く強度が高いため、縮みにくい特徴があります。 軽くて使い勝手が良い毛布です。 それぞれの動物によって毛の形や性質に特徴があり、触り心地や温かさなども異なります。 なかでも、アンデス山脈の乾燥地帯に生息する「ビキューナ」の柔毛は、抜群の肌触りや吸湿性などを備えた高級な毛布となっています。 選び方ポイント2 軽さ 寒いからといって布団をかけすぎると、布団の重さで体が圧迫されて、逆に体温が冷えてしまいます。 そこで注目したいのが毛布の軽さ。 軽い毛布を使うことで、体を圧迫することなく朝までぐっすりと眠れます。 綿毛布 シール織り毛布:1,000~1,300グラム その他の織毛布:800~1,000グラム アクリル毛布 1,000~1,500グラム ポリエステル毛布(ニューマイヤー毛布) 700~1,500グラム ウール毛布 800~1,500グラム カシミヤ 700~1,300グラム 2枚合わせ毛布(ポリエステル) 1,800~2,400グラム 2枚合わせ毛布(アクリル) 2,500~3,000グラム 選び方ポイント3 肌触り 肌に直接触れることの多い毛布だからこそ、肌触りはとても重要なポイントです。 毛玉になりにくく、毛も抜けにくいので、ホコリが出にくくなっています。 特徴は、軽くて取り扱いが楽なこと。 現在の主流の毛布です。 ポイントは、素材と軽さと肌触り!お気に入りの毛布で快適な睡眠を 毛布の選び方をご紹介しましたが、いかがでしたか? お気に入りの毛布が1枚あるだけで、布団に入った瞬間の暖かさや心地良さがぐっと上がります。 昭和西川でもたくさんの毛布をご用意していますので、是非、あなたにぴったりの毛布を見つけてください。

次の

毛布を洗濯する適切な頻度は?洗わないとどうなる?

毛布 春

春から初夏のシーツ、カバー、寝具の衣替え 目次• 春の寝具の衣替えで、しまう寝具としまい方 あったかシーツや、あったか毛布、羽毛布団など、寒い夜に大助かりした冬用寝具。 春の寝具の衣替えは、冬にしか使わない寝具をしまうことから始めます。 片づけるのは、次の寝具です。 秋冬用あったかシーツ• 秋冬用あったかカバー• 秋冬用あったか敷きパッド• 2枚合わせの羽毛布団(掛け布団)の薄掛け など 上記リストの寝具のしまい方を、順を追ってお伝えします。 毛布 洗える毛布 洗える素材の毛布、例えば、ニューマイヤー毛布、フリース毛布や化繊素材の毛布は、洗濯機でお洗濯して、十分に乾燥させた後に収納します。 毛布は、圧縮袋を使っても問題がありませんので、圧縮袋などを活用なさると、コンパクトにして収納いただけます。 洗えない毛布 洗えるタイプのあったかボア敷きパッドあったかシーツ、カバー、あったかしきパッドなどは、ご家庭で洗濯が可能なものばかりと思いますので、洗濯をして、十分に乾燥をさせてから収納してください。 こちらも、圧縮袋などを利用すると、コンパクトに収納できます。 2枚合わせの羽毛布団(掛け布団)の薄掛け 2枚合わせの羽毛布団の場合は、2枚のうちの薄いほうの肌掛け布団(ダウンケット)のみ、しまいます。 2枚が合わさった掛け布団の、薄いほうだけ、取り外し、厚いほうは、そのまま使います。 薄いほうの肌掛け布団も、をご参考に、湿気を十分乾燥させてから収納してください。 羽毛が肌がけ布団(ダウンケット)の場合も、布団圧縮袋は、絶対に使わないでください。 次の年に使えなくなってしまいます。 羽毛布団は? あえて、リストに入れなかったのが、冬用の羽毛布団です。 羽毛布団のしまう時期は、それぞれのご家庭の寝室の温度の状況によるからです。 マンションなどの機密性の高い寝室の場合は、4月に入るともうすでに暑く感じる方もおられますが、北向きの寝室や木造などの場合は、梅雨の季節までお使いになる方もおられます。 冬の羽毛布団は、ご家庭の寝室の温度に合わせて、しまう時期をお決めくださいませ。 羽毛布団の収納には、絶対に圧縮袋は使わないでください。 羽毛が潰れてしまって戻らなくなってしまいます。 しまい方は、をご覧くださいませ。 羽毛布団を長く快適にお使い続けるためのコツがございます。 春から初夏に、快適に眠れる寝具のおすすめ 春、夜の気温が上がり始めてからは、下記の寝具に取り替えましょう。 お布団の中が、暖かすぎてしまう不快さから解消され、心地よくお休みいただけます。 冬のお布団や毛布のままですと、暑さを感じ、汗を多くかいてしまいます。 その汗が夜中に冷えて、体を冷やして、体調を悪くしてしまうことがあります。 健康維持のためにも、春から初夏の気温に合った寝具に衣替えすることは大切です。 春の衣替えにおすすめの掛け寝具• 中厚タイプの合い掛けふとん• 綿毛布と肌掛け布団(ダウンケットの組み合わせ)• シルク(真綿)の肌掛け布団 中厚タイプの合い掛けふとん 2枚あわせの掛け布団の、厚めの掛け布団の方を1枚でお使いになるのが、おすすめです。 2枚合わせの2枚のうち、合い掛け布団と、称されている方の1枚です。 春先に、ちょうどよい保温性になります。 2枚合わせの掛け布団は、人気が高まる一方で、デュエットタイプ掛け布団、2枚重ね掛け布団などとも呼ばれています。 掛け布団の中に使われている詰め物は、羽毛のほか、洗えるポリエステルのわたも使われています。 合い掛け布団の掛けふとんカバーは、冬の間、2枚セットにして使っていたカバーと、同じサイズを、お使いいただけます。 掛け布団の厚みの違いで、掛けふとんカバーのサイズを変える必要はありません。。 綿毛布と肌掛け布団(ダウンケットの組み合わせ) 次におすすめするのは、夏用の肌掛け布団(ダウンケット)と綿毛布を組み合わせです。 合い掛け布団のご用意がない場合には、この組み合わせのが、この季節にぴったりです。 肌掛け布団だけでは、まだ寒く感じますが、綿毛布を重ねることで、適度な保温性になります。 とは、起毛している毛羽の部分に、綿が使われている毛布です。 肌に直接掛けると、柔らかな保温性で、とても掛け心地のよいケットです。 使い方により1年中お使いいただけますので、1枚お持ちになると便利な寝具です。 シルク(真綿)の肌掛け布団 シルクの肌掛け布団は、春の季節に身体を心地よく温めてくれます。 高価な掛け布団ですが、この季節の掛け布団として、最適です。 睡眠の質が向上し、寒い冬に体に蓄積された疲労の回復にも役立ちます。 シルク(絹)の適度な保温性は、春から初夏にちょうどよい心地よさです。 シルクは、湿気の吸収発散性にも優れ、肌に触れることのよるリラックス効果があり、ぐっすりと安眠を楽しめます。 成分のセリシンが肌をすべすべにしますので、掛け心地もとびきりです。 触っただけでも、心地よく眠れる掛け布団だと、実感していただけることでしょう。 睡眠の質を良くしたい方に、特におすすめします。 春から初夏におすすめのシーツやカバー 春におすすめのシーツ、カバーは、• 肌触りがさらさらとして、汗の吸水性もある、綿素材のシーツやカバー• 汗の吸水性が特に高い、タオル素材のシーツ• さわやかなきぶんにな、明るい色のシーツやカバー です。 さわやかで、やわらかな肌触りのパイルのシーツ汗を多くかく方は、タオル地で、吸水性が抜群のをお使いになると、べたっとすることなく、朝まで快適にぐっすりとおやすみいただけます。 さわやかで明るい色のシーツやカバー シーツやカバーは、色を明るめの、さわやかなお色になさってみてください。 季節の変化に合わせて暮らす楽しみになります。 のライトブルーなどはおすすめです。 こまめなお洗濯で清潔に この季節に大切なのは、シーツ、カバーのお洗濯をこまめにすることです。 汗も多くなる季節で、特にシーツは、汗でじっとりする朝もあります。 シーツは特に清潔に保ちましょう。 清潔なシーツで、健康的な睡眠をとっていただけます。。 春先の体の変調に合わせて枕の高さ調節 最後に、枕についてお伝えします。 この季節は、身体が変わりやすい時期でもあります。 そのため、がございます。 その場合は、ご自身で、枕の高さ調節をされて、寝姿勢をきちんと保って、快眠くださいませ。 枕と敷き寝具の高さをあわせて、寝姿勢をきちんと保っていただくと、睡眠の質が確実に変わり、安眠していただけます。 以上です。 冬から春にかけての寝具の衣替えは、冬の寝具の洗濯と収納があり、一年の中では一番大変な寝具のお手入れ作業です。 気持ちと体力に余裕があり、湿気の少ない晴れた日に、やってしまいましょう。 春から初夏にかけて、心地よく快適に睡眠を楽しんでいただけます。 ご参考になれば幸いでございます。 寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にくださいませ。 今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

次の

快眠に導く毛布のおすすめ10選。毛布の使い方や素材も紹介

毛布 春

天然繊維である綿を使用した毛布は、アレルギーの方や化学繊維などを使用できない方、小さなお子さまでも安心して使える、とても人気の高いアイテム。 春や秋などの肌寒い時期にぴったりです。 また寒い冬には、暖かい空気を逃がさないようにするために羽毛布団の上にかけて使用することもできます。 年間を通じて便利なアイテムなので、昭和西川でも自社ブランド「イヤシヤ」などで多くの綿毛布をご用意しています。 太めの繊維がかさ高を出すので、生地の間に暖かい空気が入り込みやすく、空気層ができるため保温力に優れています。 繊維が細く強度が高いため、縮みにくい特徴があります。 軽くて使い勝手が良い毛布です。 それぞれの動物によって毛の形や性質に特徴があり、触り心地や温かさなども異なります。 なかでも、アンデス山脈の乾燥地帯に生息する「ビキューナ」の柔毛は、抜群の肌触りや吸湿性などを備えた高級な毛布となっています。 選び方ポイント2 軽さ 寒いからといって布団をかけすぎると、布団の重さで体が圧迫されて、逆に体温が冷えてしまいます。 そこで注目したいのが毛布の軽さ。 軽い毛布を使うことで、体を圧迫することなく朝までぐっすりと眠れます。 綿毛布 シール織り毛布:1,000~1,300グラム その他の織毛布:800~1,000グラム アクリル毛布 1,000~1,500グラム ポリエステル毛布(ニューマイヤー毛布) 700~1,500グラム ウール毛布 800~1,500グラム カシミヤ 700~1,300グラム 2枚合わせ毛布(ポリエステル) 1,800~2,400グラム 2枚合わせ毛布(アクリル) 2,500~3,000グラム 選び方ポイント3 肌触り 肌に直接触れることの多い毛布だからこそ、肌触りはとても重要なポイントです。 毛玉になりにくく、毛も抜けにくいので、ホコリが出にくくなっています。 特徴は、軽くて取り扱いが楽なこと。 現在の主流の毛布です。 ポイントは、素材と軽さと肌触り!お気に入りの毛布で快適な睡眠を 毛布の選び方をご紹介しましたが、いかがでしたか? お気に入りの毛布が1枚あるだけで、布団に入った瞬間の暖かさや心地良さがぐっと上がります。 昭和西川でもたくさんの毛布をご用意していますので、是非、あなたにぴったりの毛布を見つけてください。

次の