リンクス 効果ダメージ。 【高速周回】ステージミッションで役に立つおすすめカードまとめ!【デュエルリンクス】

【体験談】リンクスで髭脱毛!効果・費用など筆者の感じたことを赤裸々告白

リンクス 効果ダメージ

ガムシャラは、自分の守備表示モンスターが攻撃対象になったとき、攻撃表示にして戦闘を行う。 相手モンスターの戦闘破壊に成功した場合、相手モンスターの攻撃力分の効果ダメージを与える。 守備力の低いリバースモンスターがいるサブテラーにマッチするカードだ。 しかし、オート操作はその価値を理解していなかったようである。 守備力の低いサブテラーモンスターは、基本的に攻撃表示でターンを譲った。 ガムシャラを捨てて「THE トリッキー」を特殊召喚するなど、もはやカードの存在を無視していた。 このようなトリッキーなカードは、オート操作がうまくやってくれない。 そこで、 できるだけ単純な方法で効果ダメージを与えたい。 効果ダメージ30万達成のためには、単純なカードを使う必要がある。 ジャンク・アタック:戦闘破壊でダメージの装備魔法 そこで紹介したいのが、装備魔法「ジャンク・アタック」だ。 装備モンスターが相手モンスターを戦闘破壊したとき、その攻撃力の半分のダメージを与える。 「ガーディアンの力」「魔導師の力」と組み合わせれば、上級モンスターも倒せる。 単独で効果を発揮するので、盤面が埋まっていない限り、使ってくれる。 攻撃力が低いモンスターに装備して、フィニッシャーの補助にしてくれる場合もある。 一方で、勝ちの見込みが強い盤面になると、ジャンク・アタックを装備したモンスターを直接攻撃のフィニッシャーにしたりする。 とはいえ、オート操作でも効果ダメージを与えてくれるので、オススメのカードである。 相手にジャンク・アタックを装備すると ジャンク・アタックを使った小技に、相手のモンスターに装備するというものがある。 相手モンスターに装備しても、戦闘破壊で 効果ダメージを受けるのは相手だ。 ジャンク・アタックを装備した相手のモンスターに自爆特攻すれば、自分モンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与えられる。 ちなみに、「聖剣アロンダイト」を相手の戦士族モンスターに装備して、セットされたカードを破壊すると、相手モンスターの攻撃力を下げられる。 テキストに「相手フィールド上にセットされたカード」と明記されているのを利用する。 発想としては、上の技に近い。 「ジャンク・アタック」は戦闘破壊したモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与える。 装備した相手モンスターが自分のモンスターを戦闘破壊しても、ダメージを受けるのは相手。 ガーディアンの力:ロックに近い破壊耐性 ガーディアンの力はロックに近い状態を簡単に生み出せるカードである。 ロックとは、相手が攻撃するのを封じる戦法のこと、 攻撃できるので厳密にはロックではないが、攻撃されても破壊できない状況を作れる。 翻弄するエルフの剣士:攻撃力アップで破壊耐性 ガーディアンの力を、何らかの戦闘破壊されない効果を持つモンスターに装備すると、簡単にロックできる。 例えば、「翻弄するエルフの剣士」は攻撃力1900以上のモンスターとの戦闘では破壊されない。 ガーディアンの力で攻撃力を上げれば、簡単にロックできる。 効果破壊の耐性もつくが、攻撃自体は受けてしまう。 「エネミー・コントローラー」などの表示形式変更には注意。 ダーク・リゾネーター:そのままでは戦闘破壊できない 「ダーク・リゾネーター」も1ターンに1度、戦闘で破壊されない。 このカードにガーディアンの力を装備すると、耐性が増強される。 1回目の攻撃で魔力カウンターが1つ置かれるので、2回目の攻撃でも破壊されない。 2回目以降の攻撃でも魔力カウンターがたまるため、攻撃だけでは破壊が難しい。 ガーディアンの力を破壊するか、除外やバウンスなどの方法で除去すれば倒せる。 「ガーディアンの力」を攻撃耐性を持っているモンスターに装備すると、破壊されづらくなる。 「翻弄するエルフの剣士」「ダーク・リゾネーター」など。 サンライト・ユニコーン:デッキから装備魔法を発掘 装備魔法を中心としたデッキに必要不可欠なのが、「サンライト・ユニコーン」だ。 このカードは1ターンに1度、デッキの上から1枚めくり、装備魔法なら手札に加える。 そうでなければ、デッキの一番下に戻すので、2体目のサンライト・ユニコーンでも同じ効果を使える。 この記事で紹介したカードは種族・属性を問わないので、サンライト・ユニコーン自身にも装備できる。 ガーディアンの力などを使ってフィールドに維持すれば、毎ターン、デッキから装備魔法を発掘できるチャンスがある。 通常であれば、装備魔法の入れすぎは事故のもとである。 だが、サンライト・ユニコーンさえあれば、事故を防止できる。 ぜひ3枚入れよう。 「サンライト・ユニコーン」は、デッキの一番上にある装備魔法を手札に加えられる。

次の

【デュエルリンクス】ダメージ・ゲートデッキレシピ|使い方解説| 野良決闘者ブログ

リンクス 効果ダメージ

【結論】「RINX(リンクス)」の髭脱毛は髭を薄くしたい人にオススメ! リンクスは 「髭を薄くしたい人」「髭脱毛を気軽に脱毛を始めたい人」にオススメです! リンクスで採用されている「フラッシュ脱毛」は、医療レーザー脱毛などと比べると脱毛効果が高くありません。 ですので、 少し毛量を減らしたい方や 安い金額で脱毛を始めたい方にオススメします。 ツルツルにするにはどうしても回数が増えるので、ランニングコストで見たらを行う脱毛クリニックの方が安くなるでしょう。 他の髭脱毛ができる有名脱毛サロン・クリニックとの比較 RINX(リンクス)は髭脱毛へ行くなら非常にオススメの脱毛サロンです。 特にオススメのポイントとしては、• 「1回あたりの料金の手頃さ」• 「サービス品質」• 「日本人の体毛に効力を発揮する独自技術での施術」 これら3点が他のサロンと比べRINX(リンクス)ならではの優位性のあるポイントです。 他店と比較してリンクスがどのような面で優れているのか、表でわかりやすく解説していきます。 フ ラッシュ脱毛は基本的に脱毛料金が安いことが多いです。 リンクスではさまざまなキャンペーンや割引サービスを実施しており、ホームページに載っている料金よりも安く脱毛をできる場合があるのが特徴的な面です。 最大の特徴2:フラッシュ脱毛なのに高い脱毛効果 フラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛よりも脱毛の威力は劣ります。 しかし、RINX(リンクス)の脱毛機器は医師監修の元、メーカーと共同開発している 日本人の体毛に最大のアプローチをかける脱毛機器です。 脱毛効果が高まり、従来のフラッシュ脱毛とは違い高い脱毛効果を実感することができるのが特徴です。 最大の特徴3:男性専用サロン RINX(リンクス)は 男性専用の脱毛サロンです。 カウンセラーの方も男性の方のみのため、男性特有の髭や体毛の悩みにもしっかりと回答してくれます。 脱毛するのに恥ずかしいVIO部分も男性の施術者しかいないので、恥ずかしさも和らぐのではないでしょうか。 脱毛サロンRINX(リンクス)の基本情報 RINX(リンクス)の店舗 RINX(リンクス)は下記で記載させていただいている通り、 日本全国の主要都市に店舗を展開しています。 全ての店舗は比較的アクセスもいい立地にあり、仕事帰りや隙間時間にも通いやすいサロンです。 RINX(リンクス)の脱毛の仕組み:リンクスの髭脱毛は『フラッシュ脱毛』! フラッシュ脱毛とは フラッシュ脱毛は、 光を当てその熱エネルギーで毛や周辺組織、毛髪細胞にダメージを与える脱毛方式です。 フラッシュ脱毛で得ることができる脱毛効果は毛の発毛を衰えさせる効果があります。 毛の黒いメラニン色素に反応して脱毛をしていくので、白髪などにはあまり効果が発揮されません。 毛の周辺の肌が黒い場合にも脱毛効果が弱まってしまいます。 フラッシュ脱毛による髭脱毛のメリット・デメリット フラッシュ脱毛による髭脱毛のメリット 1. 脱毛費用が安い フラッシュ脱毛はエステサロンで施術され、他の2種類の脱毛方法(医療レーザー脱毛、ニードル脱毛)よりも 脱毛費用が安いです。 そのため 気軽に始められる、試してみることができるのがメリットでしょう。 脱毛時の痛みが少ない 脱毛時の痛みが少ないのがフラッシュ脱毛の特徴です。 フラッシュ脱毛の照射威力は医療レーザー脱毛よりも弱いので、痛みが少なく安心して髭脱毛を受けることができます。 特にアゴの部分は毛が密集しており、痛みを感じやすいですが、フラッシュ脱毛だと痛みが少ないです。 施術時間が短い 照射範囲が広いのがフラッシュ脱毛の特徴です。 よって1ショットで脱毛できる範囲が広く施術時間が短時間で終了します。 髭脱毛だと15分以内には終了するでしょう。 フラッシュ脱毛による髭脱毛のデメリット 1. 脱毛効果が弱い フラッシュ脱毛はエステサロンで行われる脱毛方法であり、医療行為ではなくエステ行為として認定されています。 そのため、発毛細胞などを破壊する行為ができません。 医療レーザー脱毛やニードル脱毛では20年後も毛が生えてこない施術となりますが、フラッシュ脱毛では長期間脱毛された状態を維持することが難しいのがデメリットです。 脱毛回数が多い フラッシュ脱毛は照射威力が弱いです。 そのため1回の脱毛で得られる効果が弱く、数十回脱毛を受けなければなりません。 髭は毛が濃ゆい場合が多いので、個人差にもよりますが20回以上は脱毛に通いましょう。 1回の施術時間は短いので、仕事終わりに通うことも可能だと思います。 RINX(リンクス)のフラッシュ脱毛の特徴 日本人の体毛に特化した脱毛機器 前項でも説明しましたが、 リンクスの脱毛機器は日本人の体毛に1番効果を発揮するように作られています。 従来のフラッシュ脱毛よりも高い脱毛効果を得ることができるのが特徴です。 医師の元で開発したフラッシュ脱毛機器 「INNOVATION」は、痛みを軽減するための瞬間冷却装置も搭載。 脱毛者の肌質や毛質に合わせて設定を変更することで、ひとりひとりに適した脱毛を施してくれます。 またさまざまなキャンペーンを実施しており、顔全体10回で10万円以下で脱毛を受けることが可能な場合もあるのがリンクスの魅力です。 2、コース終了後の割引 フラッシュ脱毛では回数が多くなったり、後々気になってコース終了後にもう1度照射したいという方に向け、コース終了後の割引を実施しています。 11回目以降無期限で80%OFFになるのが非常に魅了的な部分です。 3、痛みの少なさ リンクスの脱毛機器は 瞬間冷却装置を使用しており、非常に痛みが少ないです。 光による熱を瞬時に冷やすことで痛みを極限まで感じさせないようになっています。 髭は毛が太く量も多いので痛みを感じやすいのですが、RINX(リンクス)ではほとんど痛みを感じませんでした。 4、肌の負担が少ない RINX(リンクス)では、脱毛される方の肌質に合わせて、照射威力などを細かく変更して施術をしています。 そのため肌へのダメージが少ないながらも、高い脱毛効果を得ることができるのです。 実際に脱毛で1番懸念される肌トラブルもほとんど起きないのが魅了的な部分だと思います。 5、脱毛途中の部位変更可能 RINX(リンクス)では脱毛途中で部位を変更できるのが魅力の1つです。 例えば、両ほほ部分を10回保証コースで髭脱毛を受けてたとします。 5回ほど脱毛を受けて自分が気にならなくなった場合に、残りの回数を別の部分へ移すことが可能なのです。 アゴ下部分などは脱毛回数が多くなるので、あご下などに余った5回分を照射できるのです。 このように、 別の箇所へ部位変更できるのは他店ではあまり見ないサービスでしょう。 RINX(リンクス)のヒゲ脱毛の3つの気になる点 1、脱毛回数 脱毛回数が多くなってしまうのが気になる点です。 リンクスのフラッシュ脱毛が効果が高いといってもそこはやはりフラッシュ脱毛なので、20回以上脱毛するとツルツルの状態を維持することができます。 実際に体験してわかったこととして、10回程度の脱毛回数では、半年ほどすると、だんだん髭が生え始めるので20回以上脱毛するのをオススメします。 2、冷却用アイスパック 髭脱毛時には、照射する部分にアイスパックを数秒当てから照射をしていきます。 アイスパックを当てる行為は冷やして痛覚を鈍らせるので、脱毛時の痛みを和らげるために大事なことです。 しかし、冷やされすぎて痛みを感じる場合があるのが気になる点でした。 もちろん担当者によりさまざまですが、比較的長めにアイスパックを当てる方もいたので、冷たすぎて痛みを感じる場合には担当者に報告することが大事です。 3、脱毛後のジェル 髭脱毛後には、肌の保湿と冷却のために冷やしたジェルを塗ります。 このジェルがなんともいえない感触をしており、ジェルを塗られるが苦手な方も多いようです。 しかし、照射後すぐは肌が熱を持っており乾燥しやすくなっています。 軽い火傷のような状態なので、何もせず放置しておくと肌トラブルを引き起こす可能性が高まるのです。 脱毛後にリンクス特製のジェルを塗ることにより、万が一の肌トラブルも起こらないように配慮しているので、我慢してジェルを塗られましょう。 ボディ脱毛では、アイスパックではなくジェルを塗って照射していくので苦手な方には気になるかと思います。 RINX(リンクス)のヒゲ脱毛で使っている脱毛機器「INNOVATION」とは? RINX(リンクス)のヒゲ脱毛で使っている脱毛機器「INNOVATION」の特徴 INNOVATIONの特徴1:医師監修の開発で開発 RINX(リンクス)の脱毛機器「INNOVATION」の特徴は 医師監修の元、メーカーと共同開発された脱毛機という点です。 リンクスの高い脱毛実績と国産脱毛機メーカーの技術力により実現されたINNOVATIONは、高い脱毛効果を発揮しています。 INNOVATIONの特徴2:男性専用オリジナル脱毛機器 RINX(リンクス)の脱毛機は 日本初の男性専用脱毛機です。 男性の濃ゆくて太い体毛に特化していて、剛毛から軟毛までさまざまな毛質に最大限のアプローチをかけられるように製作されています。 また、INNOVATIONは瞬間冷却装置を採用しており、痛みを最大限まで抑えることができるのです。 そのため、脱毛の痛みが原因で脱毛を始められなかった方も安心して施術を受けてもらうことが可能になっています。 INNOVATIONの特徴3:パーソナルな男性脱毛 RINX(リンクス)の脱毛機「INNOVATION」は 常に最新のプログラムへと更新されるようになっており、脱 毛者の毛質や肌質に合わせて最適な脱毛が可能になっています。 脱毛は細胞にダメージを与えるので、きちんとケアをしないと肌トラブルが起きる可能性が高まります。 しかし、 INNOVATIONでは12段階で設定を変更することができるので、肌が弱い方にも合わせて脱毛を行うことができるのです。 肌トラブルに悩まされることなく、安全な脱毛を実感することができるでしょう。 体験者が語る!RINX(リンクス)のヒゲ脱毛機「INNOVATION」の使用感 INNOVATIONで脱毛をすると 脱毛時の痛みがほとんどありませんでした。 初めて来店した際に、テストショットとして足首に2、3回ほど打たれましたが、 痛みがなく「あれ?今何かしたかな?」ぐらいの感覚でした。 髭脱毛では、両ほほや首下に関してはほとんど痛みを感じません。 毛が細く、量も少なかったので。 しかし、あごになると若干の痛みを感じます。 毛が密集しているのでしょうがないことですが、輪ゴムで弾かれた程度の痛みでした。 INNOVATIONは、脱毛のネックとなっている『痛み』に関して安心できる機械です。 【公式以外】RINX(リンクス)の髭脱毛の口コミ〜効果や評判まとめ〜 RINX(リンクス)の髭脱毛の「料金」に関する口コミ 髭脱毛をしている人にとっては、 リンクスの脱毛料金の安さは、やはり非常に嬉しいようです。 社会人なりたてや、大学生などお金があまりないと思われる人でも、RINX(リンクス)の髭脱毛であれば、気軽に始められることができるでしょう。 「朝のヒゲ剃りの時間が面倒でした。 リンクスは他のお店より 料金が比較的安く、痛みが少ないと思って決めました。 com 「リンクスは コース料金が安いです。 ヒゲが濃くて、老けて見えるし、ひげを剃ると肌荒れしてしまうので脱毛することにしました。 痛みが心配でとても緊張しましたが、 思ったよりも痛くなく、 日ごとにヒゲが減っていくのでうれしい。 」 引用元: 「まず顔は契約の施術回数を既に終えており追加で数万円を払って今は20回目を超えています。 確かに薄くはなってきていますが、まだ濃い毛がチラホラ残っています。 」 引用元: RINX(リンクス)の髭脱毛の「効果」に関する口コミ やはり、 リンクスのフラッシュ脱毛でも回数を重ねなければツルツルにはならないようですね。 「20回目まで終わりましたが減り具合を報告します。 頬は9割、鼻下7割、顎周り2割、顎下2割 といった感じです。 」 引用元: 「ヒゲ脱毛と胸毛の脱毛のコースで4回通いきったとこ。 両ほほのヒゲと胸毛はもうほとんどはえなくなった。 髭が濃いほうだし体毛も濃い。 こんなに早く効果がでるとは思わなかった。 これらかも楽しみ」 引用元: 「とにかく体毛が濃いので、どうにかしたいとこちらを訪れました。 どういうわけだか、ヒゲに関しては「それは、毎日剃ればいいだろう」と思い込んでいて。 どうせならばとヒゲ脱毛も行いました。 ヒゲ脱毛に関しては「手入れが楽になるだけ」と思い込んでいましたが、つるつるとキレイになってうれしいです。 」 引用元: RINX(リンクス)の髭脱毛の「サービス品質」に関する口コミ 人気が高まっているようなので、 非常に多くのお客さんがいるなかでもひとりひとりに丁寧な接客を心がけているようです。 「土日は確かに混むけど、施術したその日に予約するとだいたい1か月後の土日のどこかで予約とれる。 1度その日にいけなくなって当日キャンセルにしたことあったけど、キャンセル料とか1回分の消化するとかがないので、助かった。 」 引用元: 「既に5回通っておりますが毎回店舗のスタッフさんが丁寧に対応してくださり非常に感じの良いお店です。 脱毛効果も良く、以前は青髭が目立ち1日1回~2回髭剃りをしていたのですが 最近では2日に1回程度の髭剃りで大丈夫です。 会社の先輩からも清潔感が増したと言われて非常に満足しております。 」 引用元: 「カウンセリングを受けてみると、 男性スタッフのみなので、 気軽に通える雰囲気で、ヒゲの悩みも話すとわかってもらえて相談しやすい。 ヒゲもだんだんと減ってきて、脱毛を始めてよかったと思っています。 カウンセリング:無料• さらに、18歳以上の学生やフリーターでも申し込みができる月定額500円〜の料金プランなどもあり、一度に高額な金額の支払わずに自分のペースで支払いができます。 RINX(リンクス)の各部位ごとのヒゲ脱毛の料金は他のフラッシュ脱毛のクリニックと比べて安いのか? フラッシュ脱毛を採用している代表的な2社と比べて見ましょう。 リンクス• ヒゲ脱毛1部位・・・3,150円〜5,250円• 10回保証パス・・・24,700円〜38,000円 ラ・パルレ• ヒゲ脱毛セットプラン10回・・・194,400円 このように、他社のフラッシュ脱毛料金と比較しても リンクスのヒゲ脱毛の料金は非常に安いことがわかりますね。 RINX(リンクス)の髭脱毛にかかる期間と施術時間 RINX(リンクス)の髭脱毛は完了するのにどのくらいの期間がかかるのか 個人差にもよりますが目安は2年ほどと予想しておきましょう。 リンクスでのヒゲ脱毛はどのくらい脱毛したいかによって脱毛期間が変化してきます。 脱毛開始6、7ヶ月(脱毛回数10回) 毛量、毛質ともに多少の変化はあるものの、ひげを剃る回数はそこまで変化しません。 脱毛開始1年と2. 3ヶ月(脱毛回数20回超え) 毛量はかなり減り、毛質も柔らかくなりカミソリ負けすることも無くなります。 ツルツルの状態ではないですが、髭をそる回数も1週間に1回ほどと減ってきます。 脱毛開始2年(脱毛回数30回超え) 脱毛開始から2年ほどすると脱毛回数が30回を超えてくるでしょう。 この期間になると、ほとんど脱毛が完了している状態になる場合が多いです。 RINX(リンクス)の髭脱毛はどのくらいの頻度で通うべきなのか 髭脱毛の頻度は、脱毛回数が増えていくにつれて変化していきます。 担当者の方が髭の状態を見ながら期間を指定してくれるので安心です。 脱毛回数1〜10回・・・2,3週間に1回• 脱毛回数10〜20回・・・3,4週間に1回• 脱毛回数20回以上・・・1ヶ月に1回 RINX(リンクス)の髭脱毛の施術時間はどのくらい? リンクスの髭脱毛は顔全体でも 15分程度 脱毛後の冷却を合わせて)程度で終了します。 非常にスピーディーです。 RINX(リンクス)のヒゲ脱毛は髭が抜けない!? 脱毛直後はヒゲは抜けません。 無理に抜こうとすると、かえって肌トラブルの原因となってしまいます。 脱毛後1週間ほどすると自然にヒゲが抜け出すので、それまでは何もしないようにしましょう。 Q、RINX(リンクス)のヒゲ脱毛は予約は取りやすい?? 店舗によってまちまちですが、土日は混雑するため、予約が取りづらい場合も多いです。 脱毛終了後に担当者の方と次の脱毛日を一緒に決めます。 1ヶ月先などは比較的スムーズに予約が取れるでしょう。 Q、RINX(リンクス)のヒゲ脱毛は前日予約・当日予約できる? 空きがあれば可能かと思います。 ですが、毛の毛周期により施術しても効果がない期間があるので、なるべく担当者と話し合って決めた日がいいと思います。 Q、RINX(リンクス)のヒゲ脱毛は予約キャンセル料はかかる? 当日キャンセルでもキャンセル料はかかりません。 脱毛回数も加算されないので、どうしても都合がつかない場合にはキャンセルしても大丈夫でしょう。 Q、RINX(リンクス)の髭脱毛無料カウンセリングを受ける方法 まずは、ホームページからお近くの店舗を探してください。 店舗へ電話をかけるかメールを送り、無料カウンセリングを受けたいことを伝えると、段取りを進めてくれます。 メールで申し込んだ場合には、再度店舗側から電話がくるので、そこで予約完了となるので注意しておきましょう。 上半身だと乳輪周りや腹部、指毛まで細かく脱毛をすることできます。 下半身も足の指毛から足全体もくまなく脱毛することができるでしょう。 VIOそれぞれで料金が違ってくるので確認をしておきましょう。 VIO部分はアイスパックで冷やしながら脱毛をしていきます。 下半身は気にならないから上半身を全部脱毛したいという方はこちらのコースがオススメです。 全身といっても、自分が脱毛の必要がないと思う部位は外すことができます。 特に背中や肘上など、 硬毛化 脱毛後に硬くなり、余計に濃ゆい毛が生えてくる現象)の可能性がある部分はなるべく外したほうがいいと思います。 まとめ 髭脱毛は非常にポピュラーになりつつあり、年々脱毛をしている人が増えています。 今回ご紹介したリンクスは、脱毛サロンではトップクラスの人気を誇る非常にオススメの店舗です。 脱毛料金も安く、業界トップクラスの店舗数を誇るリンクスは通いやすさも圧倒的です。 フラッシュ脱毛なのに高い脱毛効果を誇るリンクスで髭脱毛を始めてみましょう!! おすすめ関連記事はこちら リンクスの体験記事はこちら.

次の

【遊戯王デュエルリンクス攻略】ユニオンアタック従者デッキのレシピと回し方!

リンクス 効果ダメージ

効果ダメージが生じた時にをできる(する) いずれも、乗せることができるが複雑なので注意。 (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (に対応するも持つ)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (一部のにも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• 効果ダメージを0にする、もしくはに変換する• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (・にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (・にも対応)• (自身の以下の数値にのみ・にも対応)• (・にも対応)• (およびだけ0にできる。 後者はにも対応)• (・にも対応)• (・にも対応)• (・にも対応)• (とのみ)• (にも対応)• (・にも対応)• (の少ない・にも対応)• (・にも対応)• (・にも対応)• (・にも対応)• (のみ)• (・にも対応)• (・にも対応)• (・にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (・にも対応)• (にも対応)• (にも対応)• (にも対応).

次の