セリ 育て 方。 セリの育て方

【せり(山菜)のまとめ!】育て方(水耕栽培や増やし方)と花言葉等12個のポイント!

セリ 育て 方

セリは植え替えのタイミングで「株分け(水耕栽培)」をして増やします。 庭や鉢で本格的に栽培するとなるとハードルが高いけれど、簡単に手軽に増やせるのなら育ててみたいという場合には、スーパーに売っている根の付いたセリで増やすことをおすすめします。 セリを食べる際に、根っこから5センチ程度のところで茎をカットし、茎が付いた根っこを残します。 コップに水を張って、根っこが全部浸かるようにセリを挿しておきます。 半日くらいそのまま置いておいて、土に植え付けてもいいですし、そのまま水耕栽培をすることも可能です。 セリを水耕栽培する場合は、根っこの部分だけが水に浸かるようにします。 水が腐らないよう、こまめに水を取り換えて下さいね。 セリの手入れ セリは湿り気のある土壌を好みますが、前述のとおり風通しが悪く株が蒸れてしまうと、病害虫の原因となってしまいます。 そのため、株が蒸れるほど茂るようなら、茂りすぎた茎を間引いて風通しを良くしてください。 また、セリは暑さに弱いので、日当たりが良すぎるようなら遮光するなど、状況に応じた日照管理も必要です。 セリを食す場合には、30センチから40センチくらいに育ったところで収穫しましょう。 セリの育て方で注意すべき病気・害虫 セリにはアブラムシが付くことがあるほか、ナメクジやカタツムリ、ガの幼虫による食害に注意しましょう。 害虫は、みつけたらすぐに殺虫剤等で駆除してください。 また、セリは湿り気のある土壌を好むものの、株が蒸れてしまうと病害虫の原因となります。 風通しを良くして病害虫を予防しましょう。 セリの花言葉 セリには、清楚でかわいらしい白い花を咲かせることから、「清廉で高潔」という花言葉があります。 セリを水耕栽培で増やしてみよう! ここでは、日本全土に多く自生しているセリの育て方についてご紹介しました。 日当たりが良くて湿り気のある土壌で育つセリですが、暑さには弱いので、夏場の日照管理には注意が必要です。 しかし、スーパーで買った根の付いたセリから育てることも可能ですので、初心者も手軽に育ててみることができるというのが嬉しいですね。 また、野生のセリの中には、猛毒を持ったドクゼリが混ざっていることもあります。 ドクゼリは、通常の食べられるセリよりも大きく育ち(1メートルほど生長)、根っこは中が空洞になっていて、まるでタケノコのようなので、見分けることはそれほど難しくありませんが、間違えないよう十分注意が必要です。

次の

セリ(芹)を育てる(スーパーで買った根付きセリ)|ハーブ栽培記録

セリ 育て 方

春の七草と呼ばれる草があります。 七草粥にそれらを食べると病気にならないなどと言われています。 これらについては確かに一理あるようです。 食用の植物などについては、その旬において栄養価が最も上がることが知られています。 今はいろいろな食材が1年を通して栽培されることが多いので旬を気にしないことがあります。 一応形などは整っていても、栄養価が少ない場合があるので、味なども落ちることがあります。 その七草の中でも代表的な野菜として知られるのがセリになります。 この植物に関しては日本において古くからあるとされます。 原産としては北半球全般とオーストラリアなどで見られ、日本においても例外なく生えていたようです。 歴史においてはいつ頃から生えていたか、食べられているかについてはよくわからないこともありますが、七草粥についてはかなり古くからあったとされあす。 古代より年初に雪の間から芽を出した草を摘む習慣があったようです。 そう考えるとこの草についてもかなり古くから食べる習慣があり、もちろんそれ以前から自然に生えていたのでしょう。 現在においては生息地として宮城県などが知られていますが、こちらにおいては仙台せりとして知られています。 江戸時代の初期には栽培が始まっているとされています。 その頃のお雑煮に入れていたとされますから、寒い時期において食べられていた記録があります。 食べ物としても、香りと食感を楽しむことができます。 特徴としては種類がどのようになっているかです。 キキョウ類、セリ目となっています。 別名としてシロネグサとの名前がついています。 多年草の植物になっています。 草の丈としては20センチほどで、花が咲く時期になると70センチまで伸びることがあります。 生え方として特徴があります。 通常は横に這うように伸びていきます。 花が咲く時期になると直立してきます。 花は白い花が咲きます。 この植物は草のほうがよく知られていますが、花がどのようなものが咲くかについてはあまり知られていません。 非常に小さな花が付くようになっています。 一つの茎に一つの花が咲くのではなく、たくさんの花がつきます。 主に白い花がいくつも付くことがあります。 葉っぱがつき始めるのは早春からとなります。 葉っぱの特徴としては、2回羽状複葉です。 葉軸がどんどん分岐して、各葉軸の左右に小葉が並んだようについていきます。 葉っぱに関しては2センチから3センチです。 そうすると花は1センチにも満たないかもしれません。 そういった花がたくさんついています。 葉っぱに関しては粗めのギザギザがついています。 葉からは独特の香りがあります。 道端に生えているとその香りが漂ってくることもあります。 花が咲く時期としては春ではなく夏の終わりからになります。 茎の最も上のところに複散型花序の形で花をつけるようになります。 名前の由来としては、せるようにどんどん生育する植物であることがよく知られています。

次の

芹(セリ)の栽培と花言葉!育て方のポイントは?

セリ 育て 方

セリは種や株分けで育てる事ができますが、今回はスーパーで売っている根付きセリを育ててみようと思います。 セリはスーパーの野菜売り場に行けばたいてい置いていると思います。 根がついたまま売っている事が多いので、それを購入します。 (2014年4月6日) 近くのスーパーで180円で購入したセリをそのまま根から3〜5cmほど上の茎の部分でカットします。 そのまま植えても良いかもしれませんが、収穫してから時間が経っていると思いますので、 根を元気にする意味で数時間ほど水につけておきます。 根の部分がすべて水につかるような深さの容器にセリを入れて、 根がかくれるぐらい水を入れます。 そのまま数時間ほど水につけておきます。 水に5時間ほどつけたセリの根を庭の隅に一本づつ植えました。 土は腐葉土を混ぜで軽く耕しておきます。 間隔は10cmほどですが適当でOKです。 根の部分が土に隠れるように植えたら水をたっぷり与えます。 乾燥や真夏の暑さには弱いので植える場所は露地の場合には少し日陰のほうがよいでしょう。 鉢植えの場合は数日は日陰に置いておきますが、 その後も半日陰の場所においたほうがよいでしょう。 (2014年4月23日) セリを植えてから1週間ほどで茎の部分から新しい芽が出て、 伸び出してきました。 写真は植えてから2週間ほど経った写真です。 水は、土の表面が乾く前に与えます。 (2014年5月3日) セリを植えてからまだ1カ月経っていませんが、もう収穫できるぐらい成長した茎もあります。 (2014年5月14日) 植えてから1か月を過ぎてこんなに成長しました。 これぐらいになったら育った葉や茎を収穫できます。 収穫は、株を残して収穫すると、またそこから新しい芽が成長してきますので 何度も収穫できます。 肥料は特に気にする必要はありませんが、収穫した後で化成肥料などを土の表面にぱらぱらとまいておくとよいと思います。 鉢植えの場合は液体肥料が手軽で良いでしょう。

次の