有機elテレビ 買い時。 有機ELテレビのオススメ人気比較ランキング 2019

有機ELテレビの寿命について徹底解説!おすすめの買い時は?

有機elテレビ 買い時

関連記事• 広告 有機ELテレビの欠点 液晶と比較して有機ELが劣っている点を紹介します。 値段が高い 有機ELテレビは、最安値のモデルがようやく17万円台まで値下がりしてきたものの、それでも液晶テレビと比べるとやや高いです。 とはいえ、国内メーカーの参戦から半年が経ち、価格も月を追うごとにどんどん下がってきています。 「高くて手を出せない」状態だった2017年夏頃までと比べると、だいぶ手の届きやすい値段になりました。 現在、中国や韓国のメーカーが数千億円規模の投資を行っており、2019年頃までに続々と巨大工場が稼働します。 今後も長期的には値下がりが進み、液晶テレビと遜色ない水準になる可能性があります。 関連記事• 寿命が短い プラズマディスプレイ 10万時間 液晶ディスプレイ 6万時間 有機ELディスプレイ 3万時間 ブラウン管 1〜2万時間 液晶テレビの寿命が6万時間と言われているのに対し、有機ELテレビの寿命は現時点では3万時間と半分程度にとどまります。 とはいえ、一日5時間の視聴で16年ほどもつ計算になりますし、かつてのテレビの主役だったブラウン管よりも長寿命です。 LG社が「 10万時間を過ぎると発光量が少しずつ減っていく」と主張している通り、長寿命化はどんどん進んでいます。 一般家庭での使用であれば、寿命を気にしなくてはならない程の物ではありません。 関連記事• 直射日光で見えづらくなる 液晶と比べて最高輝度が低いため、直射日光が当たると見えづらくなります。 屋内で使う分には特に不満になる程ではありませんが、日当たりの良い南向きのタワーマンションなどでは不満に感じる可能性も無いわけではありません。 なお、今後発売が予定されているパナソニックの有機ELテレビは、従来型と比べて「明るさ2倍」を謳っています。 輝度が低いという弱点は過去のものになろうとしています。 関連記事• 消費電力が大きい(現状) 有機ELテレビ BRAVIA KJ-55A1 液晶テレビ BRAVIA KJ-55X9000E 消費電力 370W 181W 年間消費電力量 226kWh 158kWh 理論上では、液晶よりも圧倒的に低消費電力になるはずの有機ELディスプレイ。 ですが、今現在発売されているモデルで比べますと、液晶のブラビアが181Wなのに対し、有機ELのブラビアは370Wもの消費電力となっています。 1kWhあたり25円とすると、年間の電気代は1700円高くなる計算です。 スマホ向けの小型パネルでは、既に液晶と比べて圧倒的な低消費電力を実現し、電池持ちの改善に貢献しています。 今後の省エネ化に大いに期待したいところです。 関連記事• お手頃なサイズを選べない 現在国内で販売されている有機ELテレビは、 最低55インチです。 55インチというサイズは「8畳程度の部屋」で「1m以上離れて」視聴するのに適したサイズだとされています(4Kの場合) 適切でない大きさのテレビを置くと部屋が狭くなってしまいますし、目や肩の疲労の原因にもなります。 日本の住宅事情を考えると、手を出しづらいことは否めないです。 新技術は高級機種から順々に大衆モデルへと拡がっていくものです。 数年待てば日本で売れ筋の「40インチ台」の有機ELテレビも登場するのではないでしょうか。 関連記事• それでも有機ELが注目される「圧倒的な」理由は? 有機ELテレビの欠点をズラズラと列挙しましたが、それでも有機ELが「液晶の次」と言われるのは 液晶と比べて圧倒的に優れている点が多々あるからです。 有機ELテレビの利点については以下の記事をご覧ください。 関連記事• 有機ELテレビの記事 現在発売中の機種を一覧表で比較できます 液晶ディスプレイよりも優れている点は? どの液晶テレビも太刀打ち出来ない、圧倒的な画質の魅力とは 欠点の一つと挙げられることが多い「寿命」の問題について 消費電力が小さい、というのは必ずしも本当ではない?.

次の

有機ELと液晶の違いは?テレビを買うならどっちが良い?

有機elテレビ 買い時

タグ 4K 4Kテレビ 4Kブルーレイ 4K対応テレビ 8K 8Kテレビ Acer aiwa AMAZON Amazonプライム Android TV Apple TV DIGA DisplayPort1. だいたい55インチで平均50万円程で販売されていました。 正直、普通の家庭は買えないお値段です。 それが、毎月少しづつ価格が下がり、18年7月になった今、平均で35万円程、最安値を探せば30万円を切って販売されています。 参考: 気になる方は、価格. comのBRAVIA KJ-55A1 [55インチ] の価格推移グラフを見てください。 そして、4K有機ELテレビの価格そのものが下がったと感じるのは、2017年6月に発売した BRAVIA KJ-55A1 [55インチ]と、 2018年6月発売のBRAVIA KJ-55A8F [55インチ]ですが、この新旧モデル、2018年7月の価格はだいたい同じだからです。 ということは、 「4K有機ELテレビの平均価格が下がったと言える」と思います。 だいたいですが、1年間で15万円も安くなっています。 これは、ソニーに限らず、東芝、LGと4K有機ELテレビを販売しているすべてのメーカーで、平均して1年間で10-15万円ほど値段が下がっています。 有機ELテレビは安くなったといえますね。 4K有機ELテレビは、かなりお値段も高いハイエンドモデルと位置づけされているので、これから他の4Kの液晶テレビもお値段が下がっていくのでは?と期待値もあります。 各メーカーの販売動向 ソニーが強い! 参考: 各メーカーの売り上げを見ていくと、LGエレクトロニクスはもともと4K有機ELテレビを販売していて、ちょっと前までこの市場は、LGの独壇場でした。 その後、ソニー、パナソニック、東芝が参入してきましたが、参入当初はLGが他メーカーの半額程度で販売していたので、正直太刀打ちできませんでしたね。 その後、パナソニックとソニーが追い上げ、2018年7月の現段階では、ソニーが売れています。 ソニーは、今年の夏のボーナスの平均額166万円だそうですから、それほど好調なのでしょう。 ソニーは高価格帯モデルが好調で、今では有機ELテレビの市場で累計シェア40%弱と、トップとなっています。 4K液晶テレビについてはこちらも参考に 有機ELテレビは「自発光方式」と言い、発光材料に有機物を使っています。 有機物は電圧がかかることで発光するので、液晶の様なバックライトやプラズマテレビの様な発光に必要な放電スペースが不要。 4K有機ELテレビは、画面に何万とある画素1個づつ調節することができ、 自発光のため、発光を止めることで黒が明確に表現可能で、高コントラストなのです。 また、有機ELパネルには、自発光なので色が濁らないという メリットもあります。 (色が濁らないと、出せる色が多くなる) 星空や花火、夜の街並みというような「黒とピクセル単位での輝き」で表現できる映像が、特に得意です。 ソニーの4K有機ELテレビのどこが凄い? ソニーの4K有機ELのどこが良いのか?凄いのか見ていきます。 一言で「黒」と言ってしまいましたが、映像の中での黒の役割は大きいです。 「黒」だけではなくソニーのこれまで培ってきたノウハウが詰まっています。 また基本的には、2017年モデルと2018年モデルのスペックは同等だと思われます。 お値段が下がった今、2017年モデルのA1が売れるのも納得ですね。 キレイなのはもちろんですが、音にも定評のあるソニーのテレビ。 他にも魅力がいっぱいです。 「A1」と「A8F」プロセッサーは共通「X1 Extreme」 「X1(エックスワン)」より映像処理速度を40%向上したソニー最高峰のプロセッサー「X1 Extreme」搭載。 ソニーは、業務用モニターなど長年の研究で培ってきた有機ELパネルのノウハウを存分に活用し「X1 Extreme」を有機ELに載せています。 有機ELパネルに「X1 Extreme」のデュアルデータベース分析・Super Bit Mapping 4K HDR・HDRリマスターなどの技術を加えることで、暗いシーンで黒つぶれしがちな奥行き感や微妙な階調表現を滑らかに表現してくれます。 また、色の違いもしっかりと表現することができ、その結果、引き込まれるような美しい映像になるのです。 デュアルデータベースでノイズの少ない映像を再現 コンテンツを高精細な映像に作りかえるエンジン「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」を搭載。 フルHD映像を4Kにアップコンバートするデータベースと、4K映像をさらに高精細化するさまざまな映像に対応したデータベースを参照して、高精細化処理を行います。 ノイズ低減のデータベースを持つことで、より高精細でノイズの少ない映像を実現します。 Super Bit Mapping 4K HDR モアレがなく、スムースなイメージですね。 HDRリマスター さまざまな映像をHDR相当の高コントラストにするのが「HDRリマスター」 映像の被写体に応じてコントラストを向上させます。 さまざまな映像をHDR相当のコントラストにまでアップコンバートすることが可能。 Dolby vison対応テレビ 現在、Dolby vison対応のテレビは、ソニーとLGとハイセンスのみ。 ソニーの4K有機ELテレビは全モデル、Dolby vison対応になります。 参考: 「Dolby vison」は、NetflixやひかりTV、またUltraHDブルーレイで楽しむことが可能です。 Dolby visonを楽しむなら、対応したテレビが必要ですし、の場合は、対応のプレイヤーと対応ソフトが必要です。 Dolby vison対応のプレイヤーは? Dolby vison対応のVODサービス やについて なぜ、Dolby visonが綺麗なのか? カメラマン、映像監督の意図したものに近い表現が可能なのが、Dolby Visionと言われています。 (Dolby Visionは、明るさ10,000nits、暗さも0. 005nitsに規定) SDRの8bitに比べると、「HDR10」の色深度は10bit、「Dolby vison」の色深度は12bitと言われ、人間の目では見えない領域(バーテン曲線)を超え、滑らかな色階調を実現可能だと言われています。 説明はともかく、まずは見てみて下さい!「Dolby vision」は見れば綺麗だとすぐに分かります!! スマートテレビ 「android TV搭載」のソニー 正直、これだけでもソニーを選んでしまいそう・・・便利ですからね。 これが意外と便利です。 ブラビアでおなじみのAndroid TVを引き続き採用。 出荷時のAndroid TVはAndroid 7. 0(N)ですが、2018年内にAndroid 8. 0(O)へのアップデートも予定。 「Googleアシスタント」に対応 「Googleアシスタント」に対応しています。 現在はボリューム操作だけ可能ですが、2018年中に、スマートスピーカーと同じ機能が丸ごと組み込まれる予定です。 便利です! 例えば、ブラビアに「OK,Google」と声をかけると、ニュース、天気予報、検索も可能。 音声認識は子供から老人まで認識しますよ。 2017年4K有機ELテレビ デザイン性抜群「没入感」と音 スピーカー?ディスプレイ?「アコースティックサーフェイス」が凄い!私もショールームで初めて見た時びっくりしました。 昨年から継続販売するA1シリーズは、デザインセンスの高い方にも好評です。 このテレビは、正面からほぼ画面部分だけに見えます。 没入感にこだわり、ほぼベゼルレス(縁なし)です。 また、スピーカーも没入感を高めるべく、画面を響かせる仕組みになっています。 通常のスピーカータイプと比べると画面との一体感があります。 これが、横から見たところです。 正面から見るとA1シリーズは画面しか見えない構造になっています。 2017年モデル スピーカーは画面一体型+リヤウーファー テレビ画面がなぜスピーカーにできるかと言うと・・・テレビの背面にアクチュエーター(振動板)を左右2つずつの計4つ、背面のスタンドにサブウーファー1つを配置しています。 アクチュエーターは、1枚のパネルの左と右でちゃんとチャンネルに分かれるように、内部は特殊な構造になっているそうです。 過去に発売のガラス管を加振して音を出す「サウンティーナ(NSA-PF1)」や、平面スピーカーの開発ノウハウを経た結果、このテレビ画面が振動して音を出すスピーカーが出来上がったそうです。 ソニーの4K有機ELテレビ KJ-77A1 KJ-65A1 KJ-55A1 2017年のA1シリーズになります。 2018年有機ELテレビ 音質を重視し、トータルで進化? 「A8F」は一般的なテレビらしいスタンドになっています。 と言ってもかなり省スペースなので気になりません。 昨年の「A1」と違うのは、正面からスタンドが見えることですね。 2018年モデルも スピーカーは画面一体型+リヤウーファー 2018年モデルも「アコースティックサーフェイス」搭載。 本体背面中央に薄型のサブウーファーを2基搭載し、重低音を再生。 また、背面左右にもアクチュエーターを搭載しています。 とくに、サブウーハーは、「A1」シリーズではスタンドにが搭載されてましたが、「A8F」シリーズは画面背面にそのまま取り付けられ、音の一体感も向上しているように感じました。 実際、プロの方の記事を見ても、「A8F」と「A1」を比べると、音に限ってはA1より進化してるようだと書いていました。 デザインが違うことでスピーカーの構造も違うので、全く同じではないと私も思います。 ソニーの4K有機ELテレビ KJ-65A8F KJ-55A8F 2018年のA8Fシリーズ 新4K衛星放送チューナー搭載していない、けど・・ これは、もう続々と「新4K衛星放送チューナー」が別売りで発表されています。 ソニーの発表はまだですが、発売するとは言っているので私ならテレビは4K対応テレビを購入して、別でと「新4K衛星放送チューナー」購入しますね。 もちろんテレビはソニーの4K有機ELテレビで・・・ だいたい3万円前半の予定の様なので、少し待てばもっと安くなるのでは?と思います。 ただ、最近のテレビのまわりはぐちゃぐちゃ色々なものが並んで嫌だというなら、もう少し待つしかないですけど・・・・ 今どうしても買いたいなら、東芝のREGZAもアリです。 さいごに 「A8Fシリーズ」と「A1シリーズ」を比べるとあまり差はなさそうです。 となると私ならデザイン性が優れたA1シリーズを買うかなと思います。 4Kの機器の紹介 おもに、私が持っている4K機材の紹介になります。 これらを見ながら自分に合うものを見つけてください。 PCから4Kビデオ、4Kカメラ、4K対応携帯電話、4Kテレビ、VRろいろ持っています。 全部個人で購入しています。 我が家は、さすがにソニーの4K対応テレビがすでに2台もいるので、買い替えるなんてできません。 そして、なぜがソニーのDolby Visionのアップデートも同時期に発売したモデルは出来るのに、うちのテレビは出来ないのです。 それを考えると買い替えたいくらいです。 今からでもDolby Visionのアップデートなんとかして欲しいと、思うのです。

次の

有機ELテレビの買い時は今じゃない。

有機elテレビ 買い時

各大手テレビメーカーが独自に研究していましたが、さまざまな課題を解決できず、次々と独自開発を撤退。 そこで、各社がLG社からパネル供給してもらい、それぞれ映像エンジンなどを組み合わせて、各社の特徴を活かした映像制御やUIの作り込みを行い発売したのが、3年前かな。 その上で、2018年12月1日から始まった地デジ・衛星放送での4K放送。 各社、今年になり4Kチューナーを内蔵したモデルを出しつつ、有機ELテレビの価格自体が少しこなれてきたのがこの夏以降ということになります。 そんな2019年末にの商戦で各社照準を合わせて、新機種を出してきました。 まさに、今が、映像の熟成具合い、テレビとしての全体的な仕上がり、そして価格がこなれてきて、やっと買いどきがキターって感じです。 今回は、そんな中、ハイエンドモデルでのイチ押しテレビを見てきたので紹介です。 ビエラ GZ2000 今回、おすすめしたい有機ELテレビは、「Panasonic Viera GZ2000」です。 これは、実は以前から紹介している中の1機種です。 ただし、スペック的には普通によいものの、コスパという面では「Hisense」には及ばないし、スピーカーはハイスペックのものが付きすぎていて、ハイエンドを求めるような人からすると既に別にサラウンドスピーカー(ステレオスピーカー)を組んでるし、みたいなことで冗長なスペックという印象でした。 ところが今回、実際に映像を電器店で比較して見てみると、他社の映像とは全く別物だということに気がつかされました。 GZ2000の何がそんなに「オススメ」なのか この、有機ELテレビは他社と全く出来が違います。 一応、パナソニックの公式な宣伝では、 「Dynamicハイコントラスト」有機ELディスプレイとなっています。 何かと言うと・・・ 国内各家電メーカーは、LG社の有機ELパネルをユニット(完成品)で供給してもらって、それに自社の映像エンジンなどを組み込み、テレビとして仕上げると、言うことはご存知のこととともいます。 ところが、今回、パナソニックは、有機ELテレビをセルで供給してもらい、 独自にパネルとして組み上げて行く手法をとっている。 そこで、何ができるかというと、直接有機EL部分をチューニングすることで輝度を高めるなど、ハイコントラストを実現できている。 言ってしまえば、エンジンを外部からシステム制御のプログラムを調整したりして何とかしていたチューニングレベルを、殻をこじ開け、直接エンジンのメカ部分をいじりに行ってしまった、という感じ。 これにより、これまでパナソニックがプラズマディスプレイで培った、その経験と技術を惜しみなく、有機ELテレビの画作りに注ぎ込むことができた。 そのことで、圧倒的な階調表現だったり輝度コントロールということができた。 これが、他社とまったく次元の違う画質になった理由。 圧倒的立体感とリアリティ 僕が、感じたのは、 圧倒的立体感。 と、 その立体感が生み出す、 リアリティ さ。 立体感は、階調表現の自然さにより生まれたものだと思います。 少し前に、シャープの8Kテレビで感じたものと近いものです。 シャープの8Kテレビといえば、8K解像度によるその緻密で細かな映像が、まるで肉眼でものを見ているかのような自然さと、それによる立体感でとてもリアリティな映像を実現している液晶テレビです。 2018-11-17 16:58 が、今回、パナソニックの「GZ2000」でもそれを感じることができたんです。 輝度の広がりによるハイコントラストが、より自然な階調表現を可能にしたものと思います。 それが、そんなに光を強くしなくともくっきりとした輪郭の映像を表現でき、奥行き感を持たせることができる。 結局それが、自然な光の量のためにとてもナチュラルなリアリティある映像を実現できているものと考えます。 そこにプラスして、パナソニックの自然な色使い。 それぞれ各社特徴がありますが、パナソニックはプラズマで培った自然な色合いの画作りをする土壌が根底にあると思います。 有機ELテレビがどうしてもくっきりとした輪郭が出る反面、光量が少ないためにこれを無理やり上げてやるとのっぺりとした映像で派手目の発色になる傾向にあると感じています。 なので、少しどぎつい映像になりがちで、これも光量を落としてやればそこまで気にすることはないレベルになるのだけれど、その分滲みが気になる。 光量を落としてもハッキリするように、ソニーは赤を強調したり、LGは青っぽかったり、なんか色々でした。 (青が強いのは有機ELの特徴??サムスンも青いよね) が、今回の独自チューニングを施したパナソニックは、よりプラズマに近い色使い、しかも輪郭などもキレイに表現できていて、実はプラズマよりもよくなって、ブラウン管に近くなったのかもしれません。 ハリボテ、のっぺり感がかなりなくなっている。 とにかく、従来の真っ黒を表現できることに加え、明るいところも光量を最大まで引き出さなくても自然に明るくできる、ぎらぎらしない、ぎらぎらさせたい時はそれも可能だし、表現の幅が格段に広がって、余裕をもった画作りを実現させることに成功しました。 これが見ていて、心地よい、疲れの少ない映像になっているのだと思います。 とにかく兎に角、体験してみてください。 めっちゃくちゃ、いいです。 いくらで買えるか 「そんなに、手をかけているならさぞかし、高いんでしょう?」 と、思ってしまいます。 が、実は、昨年はじめのフラッグシップより安いくらい。 有機EL出はじめは、ほんと高かった。 そこで、「FUNAI」や「Hisense」などが、コスパがよいモデルになっていた。 もしくは、本家のLGの有機ELテレビが、コスト的には優れていた。 けど、普及が進むにつれ、一般庶民の我が家でも手を出すことが出来るレベルになっています。 9月現在、価格コムでは、55インチで約36万円が最安。 もしかすると、実店舗では、増税前の駆け込み需要に合わせたセールでもっとお安く手に入れられるかも知れません。 僕がチェックしたお盆には、ポイント込の実質価格で税込33万円ほどでした。 年末の商戦が始まる頃には、30万円を切ることを願っちゃいます。 GZ2000の他の特徴 重要なもう一つの特徴が、スピーカーです。 0チャンネル」を組んでいる我が家では、あまり関係ないのですが、今回のパナソニックのフラッグシップモデルにはハイエンドスピーカーがセットです。 しかも、これ、イネーブルドスピーカーが搭載されています。 イネーブルドスピーカーとは、上方向からの音響効果を足すことでさらに臨場感のある音響システムを作り出すことのできるドルビーアトモスで、上方向のスピーカー設置が難しい時に、天井へ反射をさせることで同様の効果を実現することのできるスピーカーです。 長くて、わかりづらいすね。 つまり、テレビの裏側に上方向にスピーカーが2基ついてます。 これが、上方向に音を反射させる役割があってより立体的で臨場感のある音響サラウンドを実現しています。 さらに、、スピーカーの出力も140Wと大きめです。 なので、薄型テレビにありがちな薄っぺらい昔のラジオのような音ではなく、人のセリフもはっきりと大音量にしなくてもハッキリと聞き取れる聞きやすい音になっています。 わざわざ別で組んでいるサラウンドスピーカーの電源を入れることなく、テレビだけつければ音もいいので、既にサラウンドスピーカー完備の我が家でも、手軽さという点ではメリットもありますね。 その他は、デザインもすっきりしていてオーソドックスになっており、質感の高さが醸し出され、リビングに置いても出しゃばることなく存在感のあるテレビとなっています。 まとめ このブログの記事では、これまで有機ELテレビを強く推してきましたが、そのリアリティの面では、シャープの8Kテレビには及ばない差があると感じていました。 それだけに、 有機ELテレビの8K化も待ち望んでいました。 どおしても、有機ELテレビや液晶テレビもそうなのですが、輝度を増やすと、画像に「のっぺり感」が出てしまうというのが、僕のこれまでの印象でした。 まぁ、 輝度を落とせばだいぶ気にならないレベルになるのですが、地デジ放送のテロップや映画の日本語字幕などが入った時には、そののっぺり感が顕著に感じられました。 この部分で、8K液晶テレビの立体感と光量の余裕さがもたらす最終的な映像と言う点においては、リアリティで及ばない点がどうしてもあったわけです。 それが、今回、パナソニックの独自の技術を投入できたことにより有機ELテレビの弱点を解消し、自然な質感の立体感のある映像を実現することが出来ています。 これは、圧倒的にコスパがいいモデルになったのではと思います。 ハイエンドのモデルを購入することが可能な方は、ぜひともGZ2000はオススメです。 4Kチューナーも搭載されて、間違いなくオススメです。 パナソニックの画作りが好きな方は、ぜひ! もちろん、好みによってソニーのダイナミックな映像が好きという方もおりますし、そもそも価格的にもっと安いのが、って方もいると思います。 購入にあたっては、電器店で、ライブの地デジ放送の映像や、一般的なリビングを想定して光量を落としてもらって試聴してみてください。 また、じーっと5分くらいは、眺めて見てください。 そこで自分にあったものが一番のおすすめにはなるのですが、GZ2000も試して見てください。 Panasonicの他の有機テレビとも画質は違います。 検討されている方の、助けになれば嬉しいです。 最後までお付き合いくいただきありがとうございました。 それでは、また!!! 関西在住の普通の会社員。 ブログ初心者です。 平凡な人生を送ってきたブログど素人管理人が人生に刺激と変化を求めてブログに挑戦中。 ここへ来て会社員としてサラリーマンという会社の収入だけに頼る危うさを実感。 つまり現在の収入に不満もあり、副業として何かに挑戦しようと考えていました。 そこで、以前から好きだった文章を書く事で生計のたしにできるようブログを始めました。 何にでもこだわりの強い性格を活かし、こだわり目線でのコスパ家電や食べ物などを紹介し、またマイホームや節約生活のアイデアなど、自分にとって大事なことを備忘録的に記事にしながら、ほかの人にも参考になるような内容のブログになればと思います。 ゆくゆくはブログで生計を立てれるようになりたくて、その暁にはサラリーマンを卒業し、子供との時間をもっと持つという平凡かもしれませんが、僕にとっては大切で大きな夢に向かって、できる限りいろいろやってみます。 また、同じように悩む中年の代表になれるよう頑張ります! みなさま、どおぞよろしくお願いいたします。 カテゴリー• 1 アーカイブ• 最近のコメント• に ずっきー より• に ふらん より• に ずっきー より• に 東の天パー より メタ情報•

次の